2018年5月31日

5/28

休肝日

 

 

 

5/29

ハードなポルトガルツアーのダメージが大きく今日もまだヘロヘロ。

夜中に足がつり激痛が走りました。

 

 

 

1本目 ラクロワ グラシオ ピクプールドピネ 2016  1380円

家で久しぶりのフランスワイン。

一番お気に入りのワインを抜きました。

飛び抜けて豊かな果実の風味とミネラル感。

美味しいよお。

間もなくヴィンテージが2017年に切り替わります。

このヴィンテージ飲みたい方は、お早めに。

 

 

2本目 ペスキエ エレヴェーション 1912  2014  1380円

こちらもお気に入りのローヌワイン。

標高が高く冷涼な気候にある葡萄園のおかげで、南ローヌの赤とは思えないエレガントでさらっとした飲み口。

なんだかんだ言っても、ポルトガルでは濃厚フルボディな赤ワインが多かったので、ほっとしました。

美味しい。。。

 

 

May 28

No Wine Day

 

 

May 29

I still had a big damage from the Portugal Wine Tour last week.

I was so sleepy and felt a pain at my legs.

 

1st La Croix Gratiot Picpour de Pinet 2016  1380 yen

I tasted France wine first time at home since 10days ago.

I picked up my most favorite one from the house stock.

It was so tasty.

I felt outstandingly fine fruits and minerals.

Very nice!

 

 

2nd Pesquie Elevation 1912  2014  1380 yen

I picked up my favorite France red wine, too.

Even though it is South Rhone wine, it is a very cool and elegant style because the vineyards are located high altitude with cool climate.

I tasted a lot of dark wines in Portugal last week.

This elegant wine was very good for my palate.

2018年5月31日

5/27

朝、成田に到着。

で、自宅についたのはお昼過ぎ。

 

ここまで46時間、3時間ほどの機内での仮眠のほかには横になって寝ていないので、すごく眠いです。

 

でも、ここで寝ちゃうと夜寝られなくなって、時差ボケがひどくなると思い耐えました。

結局夜10時半に寝たので、ポルトガルから56時間もまともに寝ないで耐えることになりました。

人生寝ない時間、新記録かな。

 

 

 

1本目 小布施ワイン ソガ ペールエフィス シャルドネ ノンボワセ 2017

帰国後、久しぶりの日本ワインは小布施にしようと決めてました。

うーん、やっぱすげー美味しい。さすが小布施。

ポルトガルワインも良かったけど、日本ワインも良いですねえ。

 

 

2本目 奥出雲ワイン 赤  1,950円

ポルトガルのワイナリーでも再確認してきましたが、そのワイナリーのエントリークラスのワイン、平たく言えば一番安いワインが良いところは、実際とても信用ができます。

逆は、上位クラスにお金をつぎ込んで、それなりに評価をあげて、とんでもない品質の安いワインをバカバカ売ってもうけるワイナリーも。。。

さて、この奥出雲の赤。これも美味しいです。実に美味しいです。

山葡萄系とは思えぬエレガンス。

日本ワイン、うれしいですねえ。

 

 

May 27

After the arriving at Narita Airport in the morning, I finally came home afternoon.

 

I didn’t sleep for 46 hours except a 3 hours nap on the plane.

I was very sleepy.

 

However, if I take a day sleeping, I can’t sleep well in the night I think.

Then I kept waking up until 10:30 pm.

I didn’t take a real sleeping for 56 hours.

It is probably my new record.

 

 

1st Obuse Sogga Pere & Pils Charodonnay Non Boise 2017

I have decided that the first wine after I came back to Japan is Obuse.

It was outstandingly tasty for me.

I was sure again that my best wine country is Japan!

 

 

2nd Okuizumo Wine Red NV 1950 yen

It is the entry class wine of the winery.

I was sure again in Portugal that the winery, which produces fine entry class wines, is fine winery.

You can sometimes find the winery, which produces a few very fine wine and sells many NG cheap wines.

This red was so nice, too.

It was a really fine Japanese red produce from Japanese own local grapes.

I came back to Japan!

 

2018年5月29日

5/26

帰りはリスボンから、パリ経由で成田です。

深夜、3時時にジョセ君がホテルに迎えに来てくれました。

 

 

11時にホテルの部屋に入ってので、結局寝るのはやめて日記を書いてました。

リスボンーパリ間も隣りの陽気なポルトガル人のおじさんのお喋りに付き合って、一睡も出来ませんでした。

2時間半のフライトで、彼の人生のおよそ全てを知ることが出来ました。

 

 

シャルル・ド・ゴール空港で、久しぶりのフランスワイン。

 

 

 

 

エールフランス航空は、エコノミークラスでも、ウェルカムにスパークリングワインではなくシャンパーニュが選べます。

 

 

さすがですねー。

 

 

翌朝の27日に無事に成田に到着。

42時間のうちに、機内で3時間くらい寝たかな?

お疲れさまでした。

 

 

 

May 26

I took Air France to Tokyo via Paris.

Jose picked up us at 3:45 am at our hotel.

 

 

I gave up a sleeping last night and wrote a diary.

I left the Lisbon Airport at 5:40 am.

 

 

A Portuguese gentleman, who had my next sheet, kept me talking with him during the flight.

I was able to know almost all his life on the 2 hours 30 minutes flight.

I tasted a small bottle of Languedoc white wine at Charles de Gaulle Airport.

 

 

I tasted a glass of Champagne, white wine and red wine on the airplane.

 

 

I arrived at Narita Airport in the morning on 27th safety.

 

 

I could get sleeping about 3 hours in these 42 hours.

 

 

Good Job!

2018年5月29日

5/25

13世紀の歴史的建造物を改装した豪華なホテルの滞在時間は9時間弱。

庭の散策、プール、歴史的建物・調度品の見学など多彩な楽しみ方があるホテルなのですが。

 

 

寝るだけならビジネスホテルの方がかえってよかったかもですね。

 

 

 

さて、長かったような、あっという間だったようなポルトガル弾丸ワイナリーツアーも5日目最終日。

 

 

午前中、アレンテージョ 南端にあるエルダーデ・アローナを訪問しました。

ドイツの大手金融機関が投資するビッグビジネス。

 

 

酪農、観光牧場、農園、ホテル、レストランとワイナリー。

 

 

1万ヘクタールの敷地の中に100ヘクタールのブドウ畑があるそうです。

1万ヘクタールって、縦10キロ横10キロですよね。

どんだけ広いのよ?

 

 

 

 

農園とワイナリーを見学後、アレンテージョの2つのワイナリーが加わってワインテイスティングです。

 

 

一つ目のワイナリーのオーナーはお釈迦さまか、大阪のオバチャン風のヘアスタイル。

 

 

 

二つ目のワイナリーのオーナーは、松方弘樹と高橋英樹を足して2で割らないくらいの大貫禄。 

 

 

南ポルトガルは、ワインだけでなく人もとても濃いです。

 

 

 

エルダード・アローナのワインはさすがの味わい。

お金がかかっていますねー。

 

 

ランチは、南ポルトガルの郷土料理を洗練させたガストロミー。

 

 

 

 

自家牧場のアレンテージョ牛のステーキは感動ものでした。

 

 

 

ごちそうさまでした!

 

 

 

 

ワイナリー後にして、一気に約250キロ北上。

再び爆睡タイム。

 

 

今回のツアー中、ワタシのバス席は両隣に美女が座るパラダイス。

 

 

実はこの席、シートベルトが壊れている席だったので、リスクをワタシがとって座らせていただきました。

結果、両手に華、ハイリスク、ハイリターン?

 

 

2時間ちょっとのドライブ。

途中、延々と交互に続くコルク樫、オリーブ畑にブドウ畑。

先ほどから雲がずうっと、ジブリっぽいです。

 

 

ポルトガルは広いですねー。 

 

 

時間がおしているので、イケメンドライバーのジョセ君が空気を読んでバスを飛ばします。

で、ツアー最後の訪問先リスボン近くの大規模農園、エルダーデ・デ・ペゴス・クラロスに予定よりやや早く到着。

 

 

でも早く着いたからといって、早くツアーは始まりません。

 

 

予定よりやや遅れ、ワインメーカーのベルナルド・カルバス さんのリードでワイナリーを見学します。

 

 

まずはブドウ畑の見学です。

 

 

ここは、なんと午前中の農園を上回る1万8000ヘクタールの敷地があるそうです。

競技用のサラブレッドの飼育でも有名らしい。

 

 

ブドウ畑は130ヘクタール。

普通なら、わー広いと思うところですが、慣れって不思議。敷地のわりには、こじんまりとしてるのね、とか思ってしまいます。

 

 

実は敷地の90%は自然保護を目的に、開発を禁止して自然のままにしてあるのだそうで、世界的にも貴重な白フクロウの生息地とのこと。なるほど。 なるほど。

 

 

 

ワインのテイスティングは、4つのワイナリーが参加しました。

これが最後のテイスティングかと思うと長かったトンネルの先に光を見る思いです。

さあ、いくぞ!

 

 

 

4つの地域の異なるワイナリーですが、お互いにアライアンスを結ぶお仲間だそうです。

 

 

おっと、ちょっと待って、ちょっと待って。

 

 

ここに集まったワイナリーは、どれも皆、極めて秀逸ではありませんか!

作り込み過ぎない自然の味わいと混じりっけのないピュアな果実とミネラル感。

 

 

ベルナルドさんとワイン談義を進めていくと、予定にはなかったボトルを抜いてくれました。

おっと、これ美味しいです。

 

 

うん、美味しい。これ、今回の試飲したのこのクラスのワインの中では一番美味しい。

これなら、いけるかもしれないぞ。 

 

ワタシの探していたワインに、やっと最終日に出会えたかもしれません。

 

 

ここまで来て、もう半分あきらめていただけに、うれしさも増します。

詳しくは、またのちほど。

 

 

最後のディナーは、農園の中にある馬術競技場のレストランで。

 

 

お料理も秀逸。

 

 

 

 

 

 

美味しいよお。

ちょっと怖そうなポルトガル美女、ベルナルドさんの奥さまとも話が弾みました。

 

 

 

新しいご縁に感謝です。

 

 

最終日も無事終了。

明日は、早朝5時40分のフライトです。

国際線なので2時間前には、空港に着かなければ、行けません。

明日は深夜2時起きですね。どんだけ過酷なスケジュールなのでしょう。

 

 

 

 

でもイケメンドライバーのジョセ君が、午前3時にホテルまで迎えに来てくれるそうです。ありがたいです。

 

 

 

今夜は10時すぎと、とても早い時刻にホテルにチェックイン。

ツアーの打ち上げにホテルのバーで、ポルトガルの生ビール。

 

 

 

うめえー!!!

これまたイケメンのバーテンダーのお兄さんに女性陣は、ハイテンション。

明日のフライトは出発がバラけるので、これが最後の集合自撮り写真になりました。

 

 

 

ハードなワイナリーツアーでしたが、毎日毎日、濃密なプログラムのとても素晴らしい体験となりました。

いろいろ収穫もありました。

皆さん、ありがとうございました。

 

 

凄いぞ、凄いぞ、ポルトガル。

いいぞ、いいぞ、ポルトガル。

ポルトガルワインについてワタシは大きな出遅れ感が否めませんが、これからはなんとか追いついていきたいと思います。

ウチにはプロフェッサー別府もいるし。

 

でもこのツアー、来月もう一回いかがですか? とお誘いをいただいたら、それはご遠慮いたします。

ちょっと休ませて。。。

 

 

 

May 25

The hotel, we arrived at last mid night, is a historical structure built in 13th Century. It was so luxury.

However, we stayed there only less than 9 hours.

 

It was the fifth and the last day of our winery tour in Portugal.

 

We visited to Hedade Alorna in south Alentejo, which is own by a big German Financial Company.

It seemed to be a very big business.

The total size of the ground is 10,000 hectare!

How large is this?

 

There are pastures, farms, hotel & restaurant and vineyards & winery, etc.

 

The winery is big, modern, clean and very well-organized.

 

Then other two wineries joined to the event and had a wine tasting.

 

Each winery was had a big passion and very unique.

 

The atmosphere of the wineries in south area was different form the other ones.

 

After the tasting, we had a very nice lunch.

Every South Portugal dish was so delicious.

 

I was moved by the Alentejo Beef Steak came from the estate farm.

So delicious!

 

Thank you very much.

 

 

 

Then we moved to the final winery located 250 km north from the first winery.

 

Everybody slept well in the bus again except me.

 

By the way, there were two beautiful ladies seated both of my side on the bus during the tour.

 

As I chose the seat with broken seatbelt, I accidently got (?) the two ladies.

Choice a risk made me a big success (?)!

 

 

During the drive, I kept seeing cork-oaks, olive-fields and vineyards.

How large Portugal is !

 

The bus driver named Jose was a very good driver.

His driving technic was very well and safety.

Also his looks were very good.

Every lady of tour loves him.

 

 

 

At last, we arrived at Herdade de Pegos Claros, which was the final destination of the tour.

 

Mr. Bernardo Cabral welcomed us and guided to the vineyards and cellar.

 

Amazingly, they have about 18,000 hectare area.

They were well-known by breeding thoroughbred horses.

 

They had 130 hectare vineyards.

They kept 90% their ground to be natural for the environment conservation.

 

 

The vineyards and cellar were very well-organized.

 

Then we tried to the final tasting.

 

There were four wineries.

Each winery has an affiliation named Wine & Winemakers.

 

Oh! All of the wines here were very, very fine.

There was any no good wine here.

 

I was sure again, good winemakers know good wine makers.

 

 

I may find my purpose of the visit to Portugal at the last visit.

 

 

We were invited to the final dinner in the tour at the fine restaurant in hippodrome of their estate.

 

 

All of the dishes were very good, very delicious.

 

I enjoyed talking with Bernardo and his beautiful wine.

 

The all of the programs are finished.

 

We will take a very early morning flight tomorrow at 5:40.

Because of the international flight, we must arrive at the airport two hours before.

I must wake up at 2:00 am.

 

How hard schedule is this!

 

However, Jose will come to our hotel at 3: 00 am and send us to the airport.

 

How good driver is he!

 

 

We arrived at our hotel at 10:00 pm and had a small beer party there.

The bartender at the hotel bar looked very cute.

Every lady of the tour loves him.

 

 

Anyway, it was very hard winery tour but also very impressive.

I was educated a lot by this tour.

I become a Portugal wine lover and supporter.

 

Please expect me with Portuguese wines.

 

 Thank you so much!!

2018年5月29日

5/24

ポルトガルワインツアーも4日目になりました。

今日は雨。この土地でこの季節ではかなり珍しいみたいです。

 

 

豪華なホテルの滞在時間は、約9時間半。ああ、もったいない。

 

 

午前中の訪問先は、リスボンの北に位置するボアビスタにあるワイナリー、カーサ サントス リマです。

1996年からワインのボトリングを始めた比較的新しいワイナリーですが、独自のマーケティングで急成長。

早くも最大手のワイナリーに肩を並べるほどになっているそうです。

 

 

今日訪問するセラーは、4年前に建てられたばかり。

うーむ、大きなワイナリーですね。

 

 

大型で最新の醸造設備、お金がかかっていますねー。

ニューワールドの大手ワイナリーみたい。

 

 

輸出マネージャーのペドロさんが我々を迎えてくれました。

ワインメーカーのディエゴさんのリードでワインテイスティング。

 

 

ポルトガル全土のワインを扱い、マーケットのニーズに合わせて、あらゆるタイプのポルトガルワインを供給できるそうです。

 

 

なるほど、なるほど。

その後、ポルトガルワイン委員会が招待した4つのワイナリーが加わって、さらにハードにテイスティングが続きます。

 

 

 

これは!と思うワインもいくつかありましたよ。

 

 

詳しくは、また別の機会に。

 

 

テイスティングのあとはランチです。

 

 

 

 

ポルトガルに来て5日になりますが、毎日のスケジュールは毎日ほぼ一緒。

 

6:00 起床、メールチェックと昨日バスの中で書いた日記をアップ。

9:00   ホテル出発。

10:00 最初のワイナリー到着。セラー見学とワインテイスティング。

14:00 ワイナリーでランチ。

15:00 ワイナリー出発。

(バスで移動中、日記を書く)

17:00 次のワイナリー到着。セラー見学とワインテイスティング。

20:30 ワイナリーでディナー。

22:00 ディナー終了、ワイナリー出発。

(バスで移動中、日記を書く)

23:30 ホテル到着、宿泊。

 

 

滞在するホテルは、毎晩異なります。

とても豪華なホテルばかりですが、滞在時間は約9時間ほど。

ああ、もったいない。。。

 

 

 

というわけでランチ終了後、ポルトガルを300キロほど一気に南下。

 

 

 

バスの中で日記を書いてるワタシ以外は、皆さん爆睡。

 

ポルトガル南部の広大なワイン産地、アレンテージョに到着。

地域を代表するワイナリー、エルダーデ・ド・エスポランを訪問します。

 

 

13世紀から続く領主さまの家系。

1980年代半ばに南ポルトガルで最初の近代的ワイナリーを設立し大成功をおさめ、ポルトガル最大手のワイナリーの一つに数えられています。

 

 

ワインメーカーのアナ・アルヴィスさんが我々を迎えてくれました。

若くてとてもチャーミングなお嬢さんです。

てっきりワインツアーのガイドのお姉さんだと思いました。

4名いるワインメーカーの一人で、白ワインの醸造責任者だそうです。

この若さで凄いですね。

 

 

笑ってしまうほどの規模感。

 

 

最新の設備。

あれ、アンフォラがあるぞ。

 

 

ユニークな形のコンクリートタンクもならんでいます。

規模拡大による効率の追及の一方で、地域に伝わる伝統的のワインづくりの継承にも力をいれているそうです。

 

 

アンフォラの前で記念撮影。

 

 

ワタシのとなりにいるベッカム似(?)のイケメンは今回のツアーバスのドライバー、ジョセ君です。

ツアー女子、みんなメロメロ。

 

 

この樽熟成庫もすげえー!

 

 

その後、アレンテージョの3つのワイナリーが加わって、ワインテイスティングです。

 

 

それぞれ、特徴的な個性を持つワインでした。

 

 

エスポランのワインは、どれもお見事。

 

 

 

この人のワイナリーのロゼワインがデラうま。ワタシのツボの中のツボ。

 

 

あとでディナーの席がとなりになったので、いろいろと細かいディテールを聞くことができました。

例えば、ブドウの収穫は暑さを避けるために夜中の2時から開始して朝までに終わらせるんだそうです。

 

 

素晴らしいワインには、必ずストーリーが存在すること、改めて確認できました。

 

 

 

ふうっ。。。。

で、ディナー終了後、またまた2時間あまりのドライブでポルトガル南部の都市ベージャまで移動。

 

 

13世紀の修道院を改装した最高級ホテルに真夜中12時にチェックイン。

すごいぞっ!!

 

 

 

 

May 24

It was rainy on the fourth day of Portuguese Wine Tour.

 

We stayed a gorgeous resort hotel, which we arrived at last midnight, only 9 hours 30 minutes.

 

 

We visited to Casa Santos Lima in Lisboa.

The winery started bottling wine since 1996 and grew up rapidly.

 

We saw the cellar.

It was very modern and so big.

All of the equipment is very well organized.

 

Then we had a wine tasting.

They produce Portuguese wine from all of the area in Portugal.

They said their winery can produce any style of Portuguese wine as the clients’ inquiry.

 

 

Then other three wineries joined to the tasting.

 

 

I could find some very good wines.

 

 

After the tasting, we had a very nice lunch at the luxury dining room at the winery.

 

 

Then we moved to Alentejo by driving 2 hours 45 minutes.

 

Everybody had a sleeping in the bus except me, who wrote this diary in the bus.

 

 

Then we arrived at Herdade do Esporao, which is a major winery in this area.

The winery got a huge success as the first modern industry in Alentejo.

 

We were guided to the very big modern cellar.

It’ so huge!

 

We also guided to the old cellar where produces traditional style wine in this area.

 

After the cellar tour, the other three wineries in Alentejo joined to the event.

We had a wine tasting as well.

 

Each of the winery was very different.

Each of them had their own unique character.

 

Every wine of Esporao was excellent.

 

 

Personally, the rose wine made by Nunes Barata was most my favorite.

 

Because I had the chair by the owner of the winery, Mr. Luis Miguel, I got the detail of his wine making detail.

I am sure again that every outstanding wine has a lot of serious stories.

 

We enjoyed a very nice dinner, too.

 

After the dinner, we went to Beja with 2 hours drive.

 

We checked in the top luxury hotel there about 12 o’clock in mid night.

It was the hardest day in this tour.

2018年5月28日

5/23

過酷なポルトガル・ワインツアーも3日目に突入。

 

 

午前中は、ダンワイン委員会の本部を訪問しました。

 

 

ダンの中心都市、ビゼウにある歴史的建造物がワイン委員会の本部になっています。

この場所にダンの4つのワイナリーが集まって、ワインテイスティングです。

 

 

書くのが大変なので、それぞれのワインの構評は割愛しましょう。

 

 

一言で言うと、ワインはいろいろ。

 

ワイナリーもいろいろでした。

 

 

 

ランチもダン委員会のダイニングルームでご馳走になります。

 

 

こちらも地元の郷土料理をブッフェスタイルで。

ポルトガル料理は、本当に美味しいです。

 

 

日本人にとっては、全くストレスがない味わい。

 

 

毎日でも大丈夫です。

必ず美味しいデザートとフルーツが最後に出てくるのは危険ではありますが。。。

 

 

 

午後は、ダンをあとにして大西洋岸のバイラーダに向かいます。

 

1時間ちょっとのドライブで、地域を代表するワイナリー、ルイス・パトに到着。

今回のポルトガルツアーで、個人的にはいちばん楽しみにしていたポルトガルを代表する銘醸ワイナリーです。

 

 

オーナーのルイス・パト氏が直々のお出迎え。

いきなりオーナーみずから出てくるとは予想していなかったので驚きました。

 

 

パトさんの案内で、ブドウ畑とセラーを見学します。

有機栽培で管理された素晴らしい葡萄園です。

 

 

あ、ガチョウの赤ちゃんがいる!

 

 

超カワイイ!

 

 

パトさんは、無名の産地に過ぎなかったバイラーダを、これまた無名のローカル品種に過ぎなかったバガ種を使って独学で試行錯誤を重ね、わずか 30年ほどでバイラーダを世界の銘醸産地に育てあげたポルトガルワイン界のレジェンドです。

 

 

レジェンドが目の前にいます。

はじめは緊張しましたが、パトさん、ラテン系のノリの陽気で気さくな方です。

 

 

どんな質問にも、ていねいに答えてくれます。

本当に気さくな方です。

 

 

 

ブドウ栽培とワイン造りへの並外れた情熱を感じます。

サービス精神も並外れています。

 

 

サービス精神だけなら、ワタクシも。

 

 

要は、笑いがとりたい?

 

 

サービス精神は、テイスティングでもいかんなく発揮されます。

 

 

白ワインはもちろん、赤ワインもアルコール度数は決して13%を超えない冷涼なスタイル。

自然でエレガントな果実の風味と酸、豊かなミネラル感があふれる素晴らしいワインです。

 

 

バガから造られた瓶内二次発酵のスパークリングワインは、飛び抜けたクオリティー。

 

 

2013年と2000年のバガから造られたトップキュヴェは、まさに驚愕の味わい。

このフレーズ久しぶり、でも本当に驚きました。

 

 

バガ種が、ピノノワール、ネビオーロと同じ先祖を持つということが、はっきりとわかりました。

貴重なテイスティング、ありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

 

 

ディナーもワイナリーのダイニングで。

 

 

すべてのワインをパトさん自ら全員にサービスします。

 

 

メインは郷土の名物料理、仔豚の丸焼き。

 

 

人生今まで食べてきた豚肉料理の中でいちばん美味しかったです。これは絶品と言っても過言ではないです。

 

 

 

その後もサプライズのワインが続きましたが、この日記ではキリがないので割愛します。

パトさん、最後の最後まであふれるホスピタリティーで私達をもてなして下さいました。

凄いなー、凄いなー。

 

 

今日も長い1日でしたが、人生の中で忘れられない1日になりました。

久しぶりにワインで感動しました。

長いディナー終了後、約2時間かけて今夜の宿泊先のリスボンに移動。

ホテルについたのは、真夜中の12時前。

お疲れさまです。

 

 

 

May 23

It was the third day of our grueling wine tour.

 

At first, we went to the head office of Vinhos Dao Wines.

 

The four wineries in Dao waited for us to serve a wine tasting

 

There were a lot of kinds of Dao wines.

We were educated very much.

 

Then we had a lunch at the dining room of the office, which was a converted historic building.

 

We enjoyed very much for the local Portuguese foods in Dao.

 

The taste was very good for our Japanese.

 

After the lunch, we moved to Bairrada with 1 hour 30 minutes’ drive and visited to Luis Pato, the top winery in this area.

 

Personally, I expected most to visit this famous winery in this tour.

Mr. Luis Pato welcomed us and guided us to the vineyard and cellar.

I was surprised that the famous Luis Pato guided us by himself.

 

He is a legend of Portuguese wine.

He has grown Bairrada as a world well-known fine wine by using Baga, which was a nameless grape variety before.

 

The legend was at the front by me.

 

I got nervous at first but he has very frank personality.

 

He answered our any question in careful.

 

 

He has a big service mindedness.

 

He has a huge service mindedness.

 

Is it too much?

 

I felt a big, very big, a lot of passion for wine of him.

 

The tasting was served by Mr. Pato himself.

I was moved a lot by tasting outstandingly fine his wines.

 

Especially, old vintage red wines made from Baga were amazingly.

The elegance of the wines was super outstanding.

 

Everybody in this tour felt the same feeling of mine.

 

 

Then we had an excellent dinner at the dinning of the winery.

I was amazed again because all of the wines at the dinner were served by Mr. Pato himself.

 

 

A roasted baby pig!!

 

All of us enjoyed the fabulous dinner tonight.

 

 

Thank you so much for Mr. Pato.

 

It was a dreaming dinner for us.

I never forget the marvelous visit here tonight.

2018年5月28日

5/22

ポルトガル2日目。

 

ワイナリーでの朝食後、ドウロ川を上流へとさかのぼります。

 

 

川の両岸の急斜面に、これでもかっ!とブドウ畑が続きます。

 

 

いやいや、本当に凄いです。。

 

 

かつてポートの積み出し港として栄えたピニャオンを越えて、さらに山を登ります。

 

 

半端じゃない山ワインの急峻に、まだまだブドウ畑が続きます。

 

 

もう信じられない。もう本当に凄まじい。

30分ほど山を登ると、突然高原の景色が広がり今日最初の訪問先、シークレット・ワイン・スポットに到着しました。

 

 

オーナーのルイさんが、出迎えてくれました。

 

 

ワインコンサルタントとして成功をおさめ、10年ほど前にこの贅沢なワイナリーを持つにいたったそうです。

 

 

テラスの前には素晴らしい景色が広がります。

 

 

 

モダンなセラーを見学後、ワインテイスティング。

 

 

 

ワインのスタイルも、自然で繊細なブドウの風味を丁寧に引き出したモダンなスタイル。

 

 

ワタシがドウロのワインは、濃厚でアルコール度数の高いと勝手に思い込んでいたスタイルとは全く違います。

 

 

うーむ。

 

 

ランチは、テラスで素晴らしい景色をみながら。

 

 

ワイン談義がはずみ、話題が南アフリカワインになったところで、ビックサプライズ!

 

 

 

ルイさん、なんとスターク・コンデ、パンゴリンの大ボス、ハンスさんのお友達でした。

 

 

びっくりです。

 

 

ワインの世界は狭いですねー。

 

 

 

 

午後の訪問先は、ドウロ川に戻ってポルトガル最大のワイナリー、ソグラペ社か所有する

ワイナリー、キンタ・ド・セイショ です。

 

 

アジア地区担当マネージャーのミグエルさんがお出迎え。

 

 

丘の上から見下ろすドウロ川は、これまた絶景。

お取引の関係で、ミグエルとは旧知が関係。

久しぶり、っていうか、今日彼がここにいるとは知らなかったので、これまた驚きました。

 

 

ここはポートの名門サンデマンの創業に関わる古いワイナリー。

セラーの案内もマント姿のイケメンです。

 

 

 

さすがの設備。

 

 

お金がかかっていますねー。

 

 

セラー見学のあとは、テイスティング。

 

 

ソグラペ社の地域別のワインを醸造責任者(すごく偉い人)、アントニアオ・ブラガ氏のリードで試飲します。

さすがは、ソグラペ。

 

 

おかしなワインはありません、っていうかとても美味いです。

 

 

さらに、ヴーニョ・ヴエルデから二つのワイナリーが加わって、さらにテイスティング。

なんか、ファンキーなお姉さんがいます。

 

 

鼻ピアスしてますね。

 

 

ワインのラベルもファンキーです。

ペッソーアという新しく出来たばかりのワイナリーだそうです。

ヴーニョ・ヴエルデとドウロの二ヵ所にレンタルでセラーを借りてワインを作っているそうです。

 

 

彼女はソムリエで、ワインメーカーのダンナさんはポルトガル人とドイツ人のハーフだそうです。

 

 

 

え? ちょっと待って。

 

それ、まさか、もしやと思うけどそれってもしかして、ジョージじゃない?

ダンナ、南アフリカのワイナリーで働いてなかった?

ええ、そうよ。私たち、最近結婚してワイナリー始めたのよ。。

 

ひ、ひ、ひ、ひ、ひ、ひ、ひええええええーーー!!!!!

 

 

 

 

その、ジョージよく知ってます。

パンゴリンのホセの友達でパンゴリンつくるの手伝ってましたよ。

あなたの前の奥さんは日本人で、我が家にも泊まったことあるんですよ。あなたの前じゃ、言えないけど。

 

 

香水と刺青と鼻ピアス、凄いですね。あなたの前じゃ、言えないけど。

またまたまた、なんという偶然。ワインの世界は狭すぎ。

で、ペッソーアのワインは、皆とても美味しいです。さすがパンゴリンを手伝っていただけのことはあります。

これ、買いかも?

世の中、こんな偶然ってあるんでしょうか?

 

 

 

デイナーは、ワイナリーのテラスでブッフェ。

サラダとハムをメインにしたブッフェの食事は本当に助かります。

 

 

日本人は、重いコース料理より、こっちの方がうれしいって知ってるようです。

 

 

 

ファンキーなお姉さんは、リビアさんというブラジル出身のソムリエで、ポルトガル人初のマスターオブワインを目指して頑張っているんだそうです。

 

 

ひえー!

レストランで働いているときにジョージと出会って、強引に求愛されたらしいです。

 

 

何はともあれ盛りだくさんの一日でした。

ホテル到着は、午後11時ちょっと前。

皆さん、おつかれさまでした。

ワタシ、おつかれさまでした。

 

 

 

May 22

It was the second day in Portugal.

After a breakfast at the winery, we drove up the Douro liver.

There are so many vineyards at the unbelievably steep hillsides.

It is really amazing.

After we left from Douro liver side road, we climbed up mountain road for about 30 minutes.

Finally, we arrived at Secret Point Wines, a up-and-coming modern winery.

Mr. Rui Walter, the owner of the winery, welcomed us.

After his big success as a wine consultant, he got his own winery.

What a beautiful view is this! 

We were guided to the modern cellar.

Then we had a wine tasting.

Every wine was very natural and elegant.

They were quite different from the old style Douro wine, which was dark and full-bodied.

Very tasty!

After the tasting, we had a nice buffet lunch at the terrace of the winery.

I enjoyed a wine talk with Rui.

Then I was surprised very much because he is  a friend of Hans, who is the big boss of the winery of Pangolin in South Africa and a real friend of mine.

What a small world is this!

Then we drove down the mountain and went back to the Douro liver side.

We visited to Quinta do Seixo, the old winery related with Sandiman Port owned by SOGRAPE.

Mr. Miguel Nora, the Asia Area Manager, welcomed us.

What a beautiful Douro view is this!

We were guided to the cellar by Mr. Sandeman.

The cellar is so beautiful.

After the cellar tour, we had a producing wine tasting led by Mr. Antonio Baraga, the General Wine Maker of SOGRAPE.

All of the wine were very nice.

Then two more wineries joined to our tasting.

I was surprised at seeing the funky label of wines from Vigno Verde and Douro named Pessoa.

The presenter, who name is Livia, was a beautiful and funky lady, too.  

Even though funky label and lady, the quality of the wine was very fine, extraordinary. 

Then we had wine talks a lot.

Then, then, then,

Surprise, Surprise, Surprise!!! 

She is the wife of Jorge!

I know him!!!

He is a friend of Jose, the owner and winemaker of Pangolin.

He used to stay South Africa and assisted to produce Pangoline.

What a, what a small world the wine business is!

Then we had a very nice dinner at the garden of the winery.

We enjoyed very nice wine, foods, wine talks in extraordinary atmosphere on the top hill of Douro liver side.

After the dinner, we moved to Viseu by 1 hour 30 minutes’ drive.

It was so nice and so long day, too!

2018年5月22日

5/21

ポルトガルワインツアー1日目。

朝一番でホテルにツアーのメンバーが揃いました。

 

小林さん (ベルーナ)

成澤さん (カクヤス)

上野さん (ワインキュレーション)

辻さん (ヴェリタス)

鈴木さん (ソペクサ・ジャポン)

 

さらに、通訳の須賀さんと、ヴィーニョ・ポルトガルのイザベラさんを加えて総勢8名。

本当に女性ばかりです。

自撮りしてみたら、

 

 

こんな感じでしたっ!!

 

 

5日間移動でお世話になる小型のバスは、なんとベンツの高級車。

バスは、ポルトからヴーニョヴエルデを通ってドウロに向かいます。

 

 

 

 

1時間半ほどのドライブで、ドウロに到着。

 

 

写真でよく見ていた急斜面のブドウの段々畑でしたが、実際に目の当たりにするとその規模の壮大さと、本当に急な斜面に驚きました。

まさに百聞は一見にしかずです。

 

 

最初の訪問先は、キンタ・ド・ヴァラード。

有名なポートワイン、フェレイラの創業ファミリーが経営するワイナリーだそうです。

フェレイラ家6代目当主のフランシスコさんが、セラーを案内してくれました。

 

 

うーん、素晴らしいワイナリーですね。

 

 

 

セラー見学の後はテイスティング。

 

 

素晴らしいドウロの景色を見ながらテラスで試飲です。

 

 

キンタ・ド・ヴァラードに加えて、同じくドウロのワイン&ソウル と

 

 

ラヴラドレス・デ・フェルトーラ という2つのワイナリーが我々を迎えてくれました。

 

 

やっぱり、ドウロには凡庸なワインはありません。

 

 

ワインはどれもみんな凄く美味しいです。

 

 

特に日本ではあまり見ることのないドライタイプの白ワインのクオリティーの高さに驚きました。

 

 

テイスティングのあとはワイナリーのレストランでランチ。

 

 

地元ドウロの郷土料理をいただきました。

どのお料理もとっても美味しいです。

 

 

 

最後はキンタ・ド・ヴァラードのレゼルヴァ・ポート30年。

いや、これは、まさにやばい味わいでした。

ランチでの飲むワインじゃないよなあ。。。

 

 

 

予定の時間にかなり遅れて2軒目の訪問先は、同じくドウロの谷を挟んで向かい側にあるキンタ・ドス・アヴィダゴス。

こちらも長い歴史のあるファミリー・ワイナリーです。

 

 

オーナーのペドロさんが我々を案内してくれました。

 

 

こちらも素晴らしいワイナリーです。

 

 

 

 

手入れの行き届いたブドウ畑に感銘をうけました。

 

 

 

 

 

テイスティグには、ヴィーニョ・ヴェルデの大きなワイナリー“ヴェルコープ”のワインメーカー、ジョアンさんが加わりました。

 

 

キンタ・ドス・アヴィダゴスのテイスティングは、ワインメーカーのエウリコさんが我々をリード。

 

 

ドウロの赤の素晴らしさは言うまでもないのですが、驚いたのは辛口の白とロゼ。

年産7000本足らずの白のトップキュヴェには、本当に驚かされました。

 

 

夕食はワイナリーのゲストハウスのダイニングで。

 

 

食事の前にペドロさんが、ドローンを飛ばして我々の訪問を記念撮影。

 

 

 

長旅疲れの我々を気遣っていただいた、やさしいドウロの郷土料理。

 

 

 

 

いや、シンプルでありながら、どれもこれも本当に美味しかったです。

 

 

 

ヴィーニョ・ポルトガルのイザベラさんとラブリーなツーショット。

 

 

クニちゃん、初日から飛ばしましています。

 

 

今日の泊まりはキンタ・ドス・アヴィダゴスのゲストルーム。

ロゼワインをちびちび飲みながら、この日記を書いてます。

 クニちゃん、飛ばしすぎ。早く寝なくちゃ。。。。

 

 

 

May 21

It was the first day of our Portugal Wine Tour.

All of the tour members gathered at our hotel in Port.

 

 

The members are,

Ms. Kobayashi from Kakuyasu

Ms. Narisawa from Belluna

Ms. Ueno from Wine Culator

Ms. tsuji from Veritas

Ms. Suzuki from SOPEXA Japon

Additionaly, Ms. Suga, the translator and Ms. Isabella, a member of staff in Vigno Portugal.

Oh!  All of them are women except me!

 

 

At first, we went to Douro by the tour bas.

 

After 1 hour 30 minutes ‘drive, we arrived at Douro.

I was really amazed at seeing the steep vineyards and the huge scale.

At first we visited to Quinta do Vallado in Douro, which is a very old winery owned by famous Ferreira family.

Mr. Francisco Spratley Ferreira, who is the sixth generation of the family, welcomed us.

 

He guided us to the winery.

It is a very well-organized cellar & vineyards.

 

After the visit to the cellar, we had a wine tasting at the terrace of the winery with a beautiful Douro view.

 

The other two wineries in Douro joined to the event.

 

Wine & Soul

 

 

Lavradores de Feitoria

 

 

Every wine was very fine, very dekicious.

You can’t fine any ordinary wine in Douro.

 

Especially, I didn’t know you have many very fine white dry wines in Douro.

 

After the tasting, we had a very nice lunch at the restaurant of the winery.

We enjoyed local fine cuisines very much!

 

At last, we enjoyed to taste Quinta do Vallado Reserva 30 years!

Was it a lunch wine?

 

 

 

Then we moved to Quinta dos Avidagos in Douro

The winery has a long history in Douro, too.

 

Mr. PedoroTamagnini, who is the owner of the winery, guided us to the cellar and vineyards.

 

They were really well-organized, too.

 

 

After the winery tour, we had a wine tasting.

 

Mr. Joao Gasper, who is the winemaker in Vercoope, which is a big cooperative winery in Vihno Verde, joined to the event.

 

 

Mr. Eurinco Goncalves led us the wine tasting of Quinta dos Avidagos.

 

All of the wines were very fine.

I know Douro has a lot of fine red wines but I didn’t know there are many outstanding white & rose wines.

I was amazed the super high quality of the white top cuvee.

 

 

Then we had a fine dinner at the dining of the winery’s guest house.

 

Before the dinner, Pedoro flied his Drone to take a photo of us!

 Every local food was very natural and tasty.

They healed us very much.

Very delicious!

 

I took a lovely selfie photo with Isabella.

 

 

Then we stayed the guest house to night.

Relax, Relax…

Good night….

2018年5月21日

 

5/19

休肝日

 

 

 

5/20

今日から7日間、ポルトガルワイン委員会からのご招待をいただき、ポルトガルのワイン産地を回ります。

 

 

スケジュールを見ると現地滞在中の5日間は、朝から晩までぎっしりと予定かつまっています。

ポルトガル全土を訪問するようで、ワインの試飲と移動の繰り返しみたいです。

 

 

 

6泊するホテルは、全て異なり毎日夜遅くチェックインして、朝早く出発しなければいけなみたいです。

ホテルでパンツも洗えない。

かなり厳しいツアーになりそうです。

 

 

ツアー参加者の全6名は、 なんと、ワタシ以外は全員女性。

ひえええ----(*_*)

 

まずは、成田からアムステルダムへ。

機内でサービスされたのは、南アフリカワインでした。

 

 

 

11時間のフライトでアムステルダムに到着。

 

 

 

目的地のポルトに乗り継ぐトランジットが5 時間もあるので、ちょっと街まで出てみることにしました。

 

 

 

 

アムステルダム中央駅周辺は長い歴史を感じる観光スポット。

 

 

 

古くなったハウステンボスに銀座と原宿を足したような感じ。

 

 

中世ヨーロッパの面影を色濃く残す素敵な街でした。

 

 

 

 

オランダに来たらこれは飲まなければと、ハイネケン。

 

 

アムステルダム空港のお洒落なワインバーで、お寿司とシャンパーニュ。

 

 

看板に、WINE & SEAFOODとありましたが、食事のメニューは、ほとんど寿司とお刺身。

驚きました。

 

 

ポルト到着は、午後11時近く。ホテルのチェックインは、深夜となりました。

 

今朝6時に家を出てから26時間たっています。さすがに疲れた。

 

 

明日は朝一番で早速ワイナリー訪問でテイスティングが始まります。

内藤邦夫58歳、数えで60歳。

大丈夫か、オレ?

かなり心配なんすけど。

 

 

 

 

May 19

No Wine Day

 

 

May 20

I will have a winery tour in Portugal for 5 days from tomorrow invited by Wine of Portugal.

 

The itinerary says it will be a very heavy schedule.

Every 5 day has a morning wine tasting, wine lunch, afternoon wine tasting and dinner from 10:00-22:00.

We don't have any free time.

Every night, we must move another hotel.

We will visit to all of wine produce areas in only 5 days.

Every night, we must move and change our hotel.

 

The tour members are all ladies except me!!

After 11hours flight, we arrived at Amsterdam.

 

 

We have 5 hours transit time there.

I went to the central city in Amsterdam.

 

 

It was a beautiful and busy city.

 

 

Of course, I drank Heineken.

Also, I enjoyed Sushi & Champagne at the airport wine bar.

 

 

Finally, we arrived at Port in mid night.

It took 26 hour I started from my home.

Long, long trip....

Then we must start a professional wine tasting tomorrow morning.

Am I OK?

2018年5月19日

5/18

お料理当番。

 

 

イサキのカルパッチョ

 

 

グリーンサラダ

 

 

シーフードグラタン

 

 

 

 

旬を迎えたイサキ。

オレンジをトッピングしてみたらとても美味でした。

 

 

 

1本目 アントニャック クロズリー デ リイ ブラン 2016 1,080円

ラングドック・リムー産の白ワイン。

シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、ヴェルメンティーノのブレンド。

冷涼な気候から、南のワインとは思えぬすっきりとしたキレ味系のワインに仕上がっています。

こればっかの表現になってしまいますが、キレいな酸とミネラル感。

これも今回の「粒ぞろいフランスワインペログビセット」に入っています。

 

 

2本目 アントニャック クロズリー デ リイ ルージュ 2016 1,080円

これまた「粒ぞろいフランスワインペログビセット」 で購入。

赤はメルロー、カベルネ・フラン、シラー、グルナッシュのブレンドです。

赤ワインもエレガント冷涼系。

ベリー系の果実味に、キレのある酸がよく絡みます。

すすっすーっと喉に落ちる、とても心地の良い味わいです。

こういうストレス感のないワインが最近とても好みです。

シーフードグラタンにもとてもよく合いました。

 

 

あさってから一週間ポルトガル出張。

日記を書くのが遅れて、あっぷあっぷになるかも知れません。

 

 

 

May 18

I cooked dinner.

 

 

Isaki Carpaccio

 

Green Salad

 

Seafood Gratin

 

Very good!

 

 

 

1st Antugnac La Closerie des Lys Les Fruitieres Blanc 2016 1080 yen

It is made from Chardonnay, Sauvignon Blanc and Vermentino grown in Limoux Languedoc.

It is a very cool style of white wine.

My tasting comment is always same recently but I felt very crisp fruits, fine citrus and nice minerals.

It is just my taste.

Tasty!

 

 

2nd Antugnac La Closerie des Lys Les Fruitieres Rouge 2016 1080 yen

The red is made from Merlot, Cabernet Franc, Syrah and Grenache grown in Limoux.

It is a very elegant style of red wine even though a made in south wine.

I felt very charming red & black berries with nice acidity.

It is very easy to drink without any stress.

It is just my taste, too.

 

 

I will go to Portugal from the day after tomorrow.

The up-date of this diary may be late.

2018年5月18日

5/17

5月20日(日)から27日(日)まで8日間、ポルトガルへ出張します。

海外出張の前はいろいろと仕上げておかなければいけない仕事が山積みで、何かとバタバタとしております。

 

 

 

1本目 シャトー デ タンプリエ ミュスカデ セーヴル エ メーヌ 2014 1,600円

好評発売中の「粒よりフランスワイン・ペログビセット」に入っていました。

ヴィニュロン・デ・パレという若手栽培家が運営する新進気鋭のワイナリーが仕込んでいます。

じゃまな味が一切ない透明な味わい。

本当にきれいなワインです。

飲むほどに体内が浄化されていくような感覚を覚えました。

ちゃんと造ったミュスカデって、こんなに美味しいんだって思わせてくれます。

 

 

2本目 ペスキエ エディション 1912m 2014  1,380円

これもに「粒よりフランスワイン・ペログビセット」入っていました。

南部ローヌ地方の名峰、標高1912mのヴァントー山の中腹、標高300mにある葡萄園で栽培されたグルナッシュ70%、シラー30%で仕込まれています。

冷涼な気候から生まれる溌剌とした酸が印象的。

南部ローヌとは思えないエレガントな赤ワインですね。

今回のペログビセットは、粒よりな良いワインばかりだなあ。。(← この項広告)

 

 

 

May 18

I will have a business trip to Portugal from next Sunday for eight days.

Before the foreign trip, I am always very busy.

 

 

1st Chateau des Tampliers Muscadet Sevre et Maine 2015  1600 yen

It is a really clean white wine.

I felt elegant fruits, fresh avidity, nice minerals and clean after taste.

You may surprise that a fine Muscadet is so delicious if you taste this one.

Tasty! Tasty!

 

2nd Pesquie Edition 1912m  2014  1380 yen

The grape is grown at the high altitude vineyards on the foot of Mt. Ventoux in Rhone.

Because of the cool climate, the style of the red wine is very elegant.

I felt charming red berries, nice acidity, mild tannin and clean after taste.

I don't think it is made in South Rhone if I taste this by blind.

Very tasty!

2018年5月17日

5/16

某恒例となった懇親会で、横浜野毛。

 

 

野毛ならではのクラシカルな、おでん屋さんで舌づつみ。

 

 

 

お母さんのお料理は、どれも本当に美味しかったです。

 

 

 

 

おでんは特に実に見事。

 

 

 

お酒は、樹氷の抹茶割り。(画像なし)

樹氷、懐かしい。おいしい。

 

 

 

その後、夜景の素晴らしい某所に河岸を移し、舶来ものの高級ウイスキー。(画像なし)

 

サイドボードに並ぶお酒がやばい。

 

 

すっかりご馳走になってしまいました。

是非またお誘いください。

 

 

 

May 16

I went to Noge in Yokohama and joined in some dinner party.

The restaurant was a very traditional style.

 

We enjoyed our soul foods.

 

We tasted shochu & green tea cocktail.

 

The foods and drink were very nice.

 

 

Then we moved to some tour apartment room.

We enjoyed a beautiful Yokohama night view and some expensive whisky.

 

Thank you very much!

2018年5月16日

5/15

お料理当番。

甘エビの刺身、一盛り買ったらこんなに入ってました。

 

 

 

さすがに食べ切れないと思って素揚げにしたらすごく美味しかったです。

 

 

で、今日は手巻き寿司。

 

 

ホウボウ、真鯵、スルメイカ、甘エビ、水タコ、カツオ、バチマグロ、ホタルイカ。

手巻き寿司は美味しいです!

 

 

 

1本目 ラクロワ グラシオ ピクプール ド ピネ 2016   1380円

入荷当時のシャワーを浴びるようなフルーツ感が落ち着いて、蜜のようなニュアンスが現れました。

ピクプールって熟成が早いみたいです。

それにしても相変わらず手巻き寿司によく合います。

年に一度しか入荷がなくて在庫は残りわずかになりましたが、もうすぐ2017年ヴィンテージが入ってきます。

ご安心を。

 

 

2本目 テヌータ カルリーニ ピノネーロ 2016 2800円

このマルケのピノノワールも、入荷当時の強い酸が穏やかになり、ボディのヴォリューム感が増しました。

赤いベリー系の果実味とシルキーなタンニン、伸びるアフターテイストにミネラル感。

良いピノです。実に良いピノです。

手巻き寿司にもぴったりでした。

 

 

 

May 15

I cooked dinner, Temaki-Sushi.

I got too much shrimps.

Then I fried the half of them.

They were very nice.

Of course, Temaki-Sushi was super nice, too.

 

 

1st La Croix Gratiot Picpour de Pinet 2016 1380 yen

It showered me very fresh fruits when it arrived one year ago.

Then it matured now.

I felt elegant fruits with some honey nuance.

It is a really fine Languedoc white wine.

It was very good for shrimps and Temaki-Sushi tonight.

 

 

 

2nd Tenuta Carlini Pinot Nero 2016 2800 yen

I had felt a very strong red acidity when it had arrived last year.

Then it has very good matured, too.

I felt very fine red berries, silky tannin, rich body and comfortable after taste.

I am sure again it is a very fine Pinot Noir in Italy.

It was very good for Temaki-Sushi.

2018年5月14日

5/13

奈良の二日目は朝から大雨。

 

雨の中、西ノ京に向かい唐招提寺にお参り。

駅から10分ほど歩いただけでずぶ濡れになりました。

 

 

 

雨のせいか日曜日にも関わらず人影はまばら。

静かなお参りになりました。

 

 

次は薬師寺です。

 

 

こちらに来るのも中学校の修学旅行以来。

当時はなかった大伽藍が再建されていて、その大きさに驚きました。

残念ながら国宝の東塔は、解体修理中で見ることが出来ませんでした。

 

 

聖観音様がお美しかったです。

 

 

夕刻近く京都に移動。

 

 

東山・石塀小路。いい雰囲気ですね。

 

 

京おばんざい料理の“豆ちゃ”というお店のカウンターで夕食。

 

 

そんなに期待していなかったですが、とても美味しいお料理でした。

 

 

 

 

ワインは、サントネージュ甲州と、ルイラトゥールのブルゴーニュ。

十分に満足のいく味わいでした。

 

 

普通の和食店でも、それなりの良いワインが飲めるのは嬉しいです。

 

 

新幹線で遅い帰宅。遅いと言っても12時前。

さっきまで京都でワイン飲んでて、家に帰れるって新幹線って凄いと思いました。

 

 

とても楽しい奈良と京都の2日間。

明日から、また仕事がんばります!

 

 

 

 

 

May 13

It was a heavy rainy day in Nara.

 

I went to Toshodaiji Temple in the rain.

It is a very old temple in Japan.

There were a few persons there because of the heavy rain.

I was soaking very much.

 

 

Then I went to Yakushiji Temple.

It was also a very old temple.

I came here my junior high school days last time.

The temple has been rebuilt a lot.

I was surprised at seeing its big scale.

 

 

Then I moved to Kyoto in early evening.

 

I went to Mamecha, a small Kyoto cuisine restaurant in Ishibei-Kouji.

I enjoyed very good local cuisines.

 

I chose a bottle of Koshu white wine and Burgundy red wine.

They were also very nice.

 

 

It was a fantastic two-day trip to Nara and Kyoto.

 

Thank you very much!

2018年5月14日

5/11

休肝日

 

 

 

 

5/12

プライベートな小旅行。一泊二日で奈良にやって来ました。

今日は1日、超ベタな観光モード。

 

 

春日大社。

 

 

 

 

鹿にお尻を噛まれました。

 

 

 

 

 

興福寺は、国宝だらけ。

 

 

重要文化財だと、ショボく見えてしまいます。

 

 

 

お昼に大変おいしい鰻をいただきました。

 

 

東大寺は中学校の修学旅行以来。

 

 

CGを見ているような大仏殿のドでかさに驚きました。

 

 

 

奮発して、泊まりは奈良ホテル。

 

 

ディナーはメインダイニングで正統派はフランス料理。

 

 

フレンチではなくフランス料理。

 

 

パンかライスは、パンを選びました。

 

 

コンソメスープが素晴らしかったです。

 

 

メインの和牛ステーキも最高でした。

 

 

分厚いワインリストから選んだのは、

ドメーヌ ラモネ ブーズロン 2013年。

今まで飲んだアリゴテの中で一番美味しかったです。

 

 

 

赤は、フィリップ シャルロパン マルサネ 2012年。

これも最高級に美味しかったです。

 

 

 

ワインは二本とも大当たり。

若いソムリエさんに、「ワイン選びがお上手ですね。」と誉められました。

 

 

 

ディナーのあとはメインバーのテラスで、ジンリッキー。

 

 

なんとも贅沢な1日でした。

奈良は、とってもよいところですねえ。

 

 

 

May 11

No Wine Day

 

 

 

 

May 12

I had a private two-days trip to Nara.

I went to very famous tourist sites.

All of them are World Heritage sites.

 

Kasuga Shrine

A deer bit my hip.

 

 

Kofukuji Temple

I saw many, many, so many national treasures.

 

 

I had a nice Unagi dishes at lunch.

 

 

Todaiji Temple

I was amazed at seeing the very huge old wooden building.

 

 

I stayed at Nara Hotel tonight, which is one of the most famous historical hotels in Japan.

I had a very gorgeous French dinner at the old main dining.

 

I enjoyed very fine dishes with fine Burgundy.

 

Domaine Ramonet Bouzeron 2013

Domaine Philippe Charlopin Marsannay 2012

 

After the dinner, I enjoyed a nice cocktail at the main bar.

 

It was a voluptuous night.

Thank you very much!

2018年5月11日

5/10

昼過ぎまで真冬のような冷たい雨。

午後から爽やかな快晴。

午前と午後でまるっきり天気が異なる変な一日でした。

 

 

お料理当番

 

キハダマグロのカルパッチョ

 

 

エスカリバーダ

 

 

NZ産子羊の香草焼き

 

 

ラムちゃん、でらうま。

 

 

 

 

1本目 ジョセフ ドルーアン モンタニー 2013

前回の虎ノ門店セールでお安く購入。たしか2,500円くらいでした。

これはお買い得でした。

なんとも素晴らしいブルゴーニュワインです。

香しく湧き上がるアロマ、甘みを感じるほどふくよかな果実味、きわめて心地の良いミネラル感。

やっぱ、ブルゴーニュって美味しいなあ。と、つくづく思いました。

ドルーアンのシャロネーズの白は、本当にお値打ちだと思います。

 

 

2本目 ジョセフ ドルーアン コートドボーヌ ヴィラージュ 2013

これも前回のセールで購入。価格も白と同じくらい。

これも実にお値打ちでした。

ハツラツとしたピノのアロマ、魅惑的な赤いベリー系の果実味、伸びる酸ときれのよいアフター。

実に、実に美味しいピノノワールです。

当然セール期間中に売切れ。

しまった、もっといっぱい買っとくんだった。。。

 

 

 

May 10

It was a very cold-rainy day in the morning.

It was a very fine day from afternoon.

It was a strange weather day.

 

 

I cooked dinner.

 

Maguro Carpaccio

 

Escalivada

 

Roast Lamb

 

Very, very good!

 

 

1st Joseph Drouhin Montagny 2013

I bought this at the Toramonon Sale last time.

The price was around 2,500 yen.

I was surprised that it was a super reasonable Burgundy white.

I love this beautiful aroma, delicious fruits flavor, clean acidity and comfortable minerals.

This is the Burgundy fine white wine, I think.

Great!

 

 

2nd Joseph Drouhin Cote de Beaune-Villages 2013

I bought this at the sale, too.

The price was as same as the white wine today.

It was also super reasonable.

I love this nice aroma, charming red berries, crispy acidity and fine after taste.

It was a really, truly fine Pinot Noir.

Of course, both of wines today are already out of stock.

I regret I should but these more…

2018年5月10日

5/9

朝は大雨。今日も寒い一日でしたね。

5月って、こんなに寒かったっけ?

 

 

1本目 サンプル試飲 ボルドー 白

普通においしいボルドーの白ワイン。

これは普通。よくある普通においしいボルドーでした。

 

 

2本目 サンプル試飲 ボルドー 赤

これは普通よりちょっとおいしいかな?

いいワインだと思います。

なかなかおいしいけど、買わないかな?

 

 

 

 

May 9

It rained a lot in the morning.

Also, it was very cold day.

 

 

1st Bordeaux white wine Sample Tasting

It was OK Bordeaux white.

You often find such good Bordeaux white wine, I think.

 

 

2nd Bordeaux red wine Sample Tasting

It was good Bordeaux red.

I think it is a little better than ordinary Bordeaux red wines.

Tasty, but I may not buy this.

2018年5月 9日

5/8

冷たい雨、寒い1日。

季節が逆戻りですね。

 

 

1本目 マルキドボーラン シャルドネ 2016  830円

昨日に続いてマルキドボーラン。

今日はシャルドネです。

これも本当に良いワインです。

昨日のソーヴィニヨンが冷涼系のキレのあるスタイルなのに対して、このシャルドネは豊かな果実の風味があふれる暖かなスタイルです。

いずれ甲乙付けがたいです。

洋風料理だったら、シャルドネがいいかな?

 

 

2本目 ベルクール ピノノワール 2016  1200円

おいしいシャルドネのあとに、ピノノワールが飲みたくなりました。

ベルクールがありました。

この価格で飲めるピノノワールとしては出色のクオリティーだと本当に思います。

果実味、酸、冷涼感、どれをとっても申し分ありません。

実に良いピノノワールです。

 

 

May 8

It was a cold-rainy day.

The season returned back.

 

 

1st Marquis de Beau Rond Chardonnay 2016  830 yen

I tasted Marquis de Beau Rond again.

The Sauvignon Blanc I tasted yesterday is a  cool and crisp white wine.

This Chardonnay is a rich and fruity one.

Both of them are very good.

I recommend you to try both.

 

 

2nd Bellecourt Pinot Noir 2016  1200 yen

After tasting a good Chardonnay, I want to taste a fine Pinot Noir.

Then I chose this one.

I think it is a very good thing that you can taste such fine Pinot Noir with such reasonable price.

I like the charming berries, fine acidity, cool touch and comfortable after taste.

It is a really nice Pinot Noir!

2018年5月 8日

5/7

大型連休が終わりましたが、今朝の電車は割りと空いていました。

まだ、結構休みを取っている人が多いんですね。

 

 

1本目 マルキドボーラン ソーヴィニヨンブラン 2016 830円

いろいろ飲みますが、やっぱりワタシのスタンダードはこのワイン。

きれいな果実味、伸びる酸とミネラル感。

この値段でこのワインが飲めるのはうれしい限りです。

 

 

2本目 マルキドボーラン シラー 2016 830円

マルキのシラーは、カベルネやメルローと比べて地味め。

売上げもカベルネの半分以下ですが、ワタシは一番好きです。

このすっきりと伸びる果実の酸が心地よい。

飲み応え感も一番。(個人の感想です。)

おすすめです。ぜひお試しください。

 

 

 

May 7

Golden Week has finished.

However, my commuter train was not so busy in this morning.

It seemed that somebody still took a day-off.

 

 

1st Marquis de Beau Rond Sauvignon Blanc 2016 8730 yen

I taste a lot of wines every day.

Then I was sure again this Languedoc white was my standard wine.

I felt clean fruits, nice acidity and fine minerals.

It is a very good thing that I can taste such nice wine with this reasonable price.

Very good!

 

 

2nd Marquis de Beau Rond Syrah 2016 830 yen

Marquis de Beau Rond Syrah is not so popular than its Cabernet and Merlot.

The sales of Syrah is less than half of them, too.

However, the Syrah is my most favorite Marquis de Beau Rond red.

I like this very fine acidity.

I think this one is most adult.

Why don’t you try it?

2018年5月 7日

5/5

休肝日

 

 

 

5/6

今日はお休み。

庭の葡萄(カベルネソーヴィニヨン)の剪定を行ないました。

どうすれば良いのかわからず、なんちゃって剪定です。

 

 

今年は新梢が今までになくたくさん出てきてモサモサしてます。

10本ほど新梢を落としてすっきりしました。

 

 

まだまだ房の赤ちゃんがたくさん残っています。

 

 

今年は豊作かな?

 

 

 

で、お料理当番。

 

金目鯛とサーモンのカルパッチョ

 

 

グリーンサラダ

 

 

シーフードパエリア風 炊き込みご飯

 

 

うん、美味しい。

ご飯は焼くより炊く方が絶対に美味しい!(個人の感想です。)

 

 

 

 1本目 ヴィノーブル カネ ピクプール ド ピネ 2017 サンプル試飲

ラングドックのピクプールドピネは、最近のワタシの大のお気に入りの白ワイン。

ウチが輸入しているラクロワ・グラシオは実に本当に素晴らしいピクプールですが、生産量が少なく年に一度しか入荷がありません。

もう一つくらい輸入したいなあ、と常々思っているのですが、ピクプールは世界中のバイヤーから引く手あまたで、なかなか良いものが見つかりませんでした。

で、これ、やっと見つけた。いいピクプールであります。

グレープフルーツを思わせるハツラツとした柑橘系の酸、すっきりとした果実味にキチンとしたミネラル感。これからの季節に最高です。

美味しいです。今日のカルパッチョに凄く良く合いました。

これ、買います。

 

 

2本目 ドメーヌ ド クラマン 2015 サンプル試飲

珍しいトゥールーズ産の赤ワインです。

トゥールーズはちょうどラングドックと南西地区の境界線にある中世都市。

街は有名ですが、ここでワインを造っているってフランス人でもあんまり知らないみたいです。

で、これ美味しいです。とても美味しいです。

カベルネソーヴィニヨン、メルロー、シラーにネグレット(別名 ピノ・セント・ジョージ)という地ブドウのブレンドで仕込まれています。

新鮮な黒いベリー系の果実味、ソフトなタンニン、きれのよいアフターテイスト。

口当たりは軽やかで、とてもチャーミングな飲み口です。

で、お値段がとてもリーズナブル。

これ、ワタシのツボ。掘り出し物です。こういうユニークな産地もの、好きです。

これ、買います。

 

 

 

May 5

No Wine Day

 

 

 

May 6

It was a day-off.

I pruned the grape vine, Cabernet Sauvignon, at my garden.

I cut ten new treetops.

The vine still has a lot of baby clusters.

I expect a lot of harvest in autumn.

 

I cooked dinner.

 

Seafood Carpaccio

 

Green Salad

 

Steamed Seafood Paella

 

Personally, the steamed rice is better than the baked rice even though Paella.

 

 

1st Vignoble Canet Picpoul de Pinet 2017  Sample Tasting

Picpoul de Pinet is one of my most favorite white wines recently.

I import La Croix Gratiot Picpoul de Pinet since 2015.

It is an outstanding one but a small production.

Then I have been looking for any other very good Picpoul de Pinet.

But I didn’t get any success.

 

Finally, I found it! I got it!

The sample today is very fine Picpoul de Pinet.

I like this fine citrus, fresh fruits and very good minerals.

The taste is very cool, just my favorite style.

Delicious! Delicious!

It was very good for the seafood Carpaccio today.

I will buy this!

 

 

2nd Domaine de Clamens 2015 Sample Tasting

I received a unique red wine sample from Toulouse.

Toulouse is well-known old city in South-West France but is not popular as wine product area.

Oh! It’s a very tasty red wine, isn’t it?

It is made from Cabernet Sauvignon, Merlot, Syrah and Negrette grown in the estate vineyards.

Negrette is a miner local grape variety, which I never tried before.

Again, it is very tasty.

I felt many charming red berries, mild tannin and very comfortable after taste.

The style is just my favorite one.

Also the price is very reasonable.

I found it!

I will buy this.

2018年5月 5日

5/3

休肝日

 

 

5/4

急な用事が入って、長野へ日帰り出張に出かけました。

 

 

 

 

生まれて初めて乗った長野電鉄。

行きの特急列車は、昔の成田エクスプレス。びっくり。

 

 

帰りの特急は、昔の小田急ロマンスカー10000系。

 

 

小田急線沿線住民のワタシとしては、非常に懐かしいものがありました。

 

 

帰りの新幹線待ちで、長野駅ビルの“醗酵バー KAMOSU”。

 

 

長野のワインをいくつかチビチビ試飲。

 

 

お酒もちょっぴり飲んだわねー。

 

 

サントリー塩尻メルローが、すごく美味しかったです。

 

 

家に帰って。

 

 

 

1本目 小布施ワイン ソッガ ペールエフィス オルディネール ソーヴィニヨンブラン 2017

曽我さんの畑に隣接するドメイヌ・カクトウで収穫されたソーヴィニヨンブランで仕込まれています。

きわめてメリハリのある溌剌としたアロマ、きれいに伸びる酸と切れるようなミネラル感。

小布施のワインはますます磨きがかかっています。

このクオリティーのワインとしては破格の値段も健在。

入荷即売り切れもむべなるかな。

長野で小布施ワイン買おうと思って何件か酒屋さん回ったけど、どこにも売ってなかった。

 

 

2本目 ルバイヤート ルージュ樽熟成 2014 2,480円

この大村さんの赤ワインも本当に素晴らしい。

長野・塩尻の契約農家が栽培するメルローを主体に、山梨のメルローも少し使って仕込んでいます。

新鮮で凝縮感のある果実味とまろやかなタンニン、ながーいアフターテイスト。

このメルローも極めて高いクオリティーです。で、価格は2千円台なかば。

小布施とルバイヤートは、グローバルな価格帯で比較しても間違いなく高いコストパフォーマンスを誇ると思います。

本当によいワインですねえ。

 

 

 

 

May. 3

No Wine Day

 

 

 

 

May. 4

I had one day business trip to Nagano by some urgent matter.

 

By the way to the destination, I took two old express trains which I had often took in Tokyo before.

I had a nostalgic feel.

 

 

While I waited for the train at Nagano Station, I tried taste several Nagano Wine at the standing bar.

I also tasted Nagano Sake, too.

They were very nice.

 

 

1st Obuse Winery Sogga Pere et Fils Ordinaire Sauvignon Blanc 2017

It is made from 100% Sauvignon Blanc grown in Domaine Kakutou Vineyards in Takayama Ngano.

I love this very fresh fruits aroma, very nice citrus and fine minerals.

So delicious!

I am sure again Obuse Winery is truly outstanding winery in Japan.

Recently, all of Obuse wines are difficult to find.

I looked for Obuse Wine in Nagano today but I couldn’t find.

 

 

2nd Rubaiyat Rouge Barrel Aged 2014 2,480 yen

It’s so tasty, too!

It is made from 100% Merlot grown in mainly Shiojiri Nagano.

I felt concentrated-fresh fruits, mild tannin and long after taste.

This Merlot has a very high quality and very high cost performance.

It’s very, very good Japanese red wine.

 

I think both of the wineries today know the global standard pricing theory.

2018年5月 3日

5/2

お料理当番。

 

富山産ホタルイカの刺身

 

 

キハダマグロと長芋、アボカドのタルタル

 

 

グリーンサラダ

 

 

黒毛和牛のステーキ 夏みかんマーマレードのソース

 

 

うーむ、上出来。

夏みかんのマーマレードは、先月原茂ワインで大量に頂いた静岡産の夏みかんでdaimajoさまが作りました。赤ワインでステーキソースに仕上げたらデラうまでした。

 

 

 

1本目 奥出雲葡萄園 ソーヴィニヨンブラン 2017 2,980円

実に美味しいソーヴィニヨンブランです。

生き生きとした新鮮な果実の風味、カチンとしたミネラル感と透明な酸。

透き通った味わいが本当に印象的です。

ワインが生きています。ブドウが生きています。

うーむ、恐るべし、奥出雲葡萄園。

 

 

2本目 奥出雲葡萄園 メルロー 2016 3,300円

いや、まいった、これもすごーく美味しいです。

見事なメルローですねえ。

新鮮なブドウのアロマ、ぎゅーと詰まった密度の高いエレガントな果実味、まろやかなタンニン、余韻の長いアフター。

どれをとっても、日本のメルローとしてトップクラスのクオリティーだと思われます。

自然な果実の凝縮感は、群を抜いているでしょう。

素晴らしいです。今日の黒毛和牛にもどんぴしゃでした。

恐るべし、奥出雲葡萄園。

 

 

 

May 2

I cooked dinner.

 

Hotaruika Sashimi

 

Maguro, Abocado and Nagaimo Tartar

 

Green Salad

 

Wagyu Steak

 

Delicious!

 

 

1st Okuizumo Winery Sauvignon Blanc 2017 2980 yen

It was a really delicious Japanese Sauvignon Blanc.

I felt very fresh fruits, fine citrus and crispy minerals.

It was a really clean style of Sauvignon Blanc.

I felt lively grape nuance very much/

It’s a tremendously fine Sauvignon Blanc!

 

 

2nd Okuizumo Winery Merlot 2016 3300 yen

Oh! The Merlot is super fine, too.

It’s a really, truly fine Merlot!

I felt a fresh grape touch, concentrated-natural fruits, silky tannin and very long after taste.

I think it is one of the top class Japanese Merlot wines.

Especially, the concentrated fruits taste is outstanding.

What a nice Merlot is this!

It was very good for Wagyu Steak today.

Delicious! Delicious!

2018年5月 3日

4/30

休肝日

 

 

5/1

長年続けてきたこのペログビワイン日記も…

おっと違った、今日はエイプリルフールじゃなくて、メイデーでしたね。

もう5月ですわ。早いなあ。。もう初夏ですよねー。

 

 

 

1本目 ヴィラ アニータ ヴィウラ・シャルドネ 2016 930円

スペインの地中海沿岸タラゴナ周辺で収穫されたヴィウラ種とシャルドネ種で造られたフレッシュな白ワイン。

ヴィウラの強めの酸とシャルドネの上品な果実味がうまく調和していますね。

これもカーヴドリラックス・オリジナルワインです。

 

 

2本目 ヴィラ アニータ テンプラニーリョ 2016 930円

赤はタラゴナ産のテンプラニーリョ100%で仕込まれています。

黒いベリー系の果実味と丸いタンニン。

口当たりはとてもソフトで、じゃまな味がありません。

こういう何でもないけど美味しいワインは貴重だと思います。

 

 

 

Apr. 30

No Wine Day

 

 

 

May 1

Oh! May already has come!

 

 

1st Villa Anita Viura Chardonnay 2016 930 yen

It is made from Viura and Chardonnay grown in Tarragona Spain.

It is a very fresh and crispy white wine.

I felt very fine acidity and elegant fruits.

Very good!

 

 

2nd Villa Anita Tempranillo 2016 930 yen

The red is made from 100% Tempranillo grown in Tarragona.

I felt a lot of black berries and mild tannin.

It is very easy to drink.

I like this kind of friendly wine as daily drink.

Very good!



▲ このページの先頭へ