18年目の謹賀新年

<<前の記事

次の記事>>

2018年1月 2日

1/1

皆さん、あけましておめでとうございます。

今年も我が家の窓から拝む初日の出で、日記がスタートします。

 

 

 

このペログビワイン日記も、2001年1月12日のスタートから、なんと18年目に入りました。

18年間、休肝日を除いて毎日書いてるんですよ。

結構すごくないでしょうか?

 

 

今年もdaimajoさまのおせち料理をいただき、鎌倉の長谷寺にお参り。

 

 

 

穏やかなよいお正月ですね。

 

 

 

お参りの後、若宮大路見つけたお洒落な焼き鳥屋さんで早めの夕食。

 

 

 

スペイン・カンポデボルハ産の白ワインと赤ワイン。

 

 

さらに鎌倉駅前のワイバー Binot さん。

おととし、昨年に続いて3年連続の元旦訪問です。

 

 

グラスワインのリストにフレデリック・コサールのサン・ロマン スーレ・シャトー 2006年。

こんなワインがグラスで飲めるんですか?しかもマグナム。

 

 

さすがに凄く美味しいです。こいつは春から縁起がいいですね。

で、3杯もおかわりして、しっかりドボン!

 

 

と、いうわけで今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

Jan. 1

 

A Happy New Year!

  

 

I saw the first sunshine of the year from the window at my home.

 

 

Daimajo-sama cooked “Osechi”, which is a traditional New Year’s dishes, as well.

 

  

 

Then I visited to Hase Temple in Kamakura.

 

It’s my annual event in every New Year.

 

It was so fine day today.

 

 

 

 

Then I moved to Kamakura City.

I found some nice Yakitori Restaurant and had early dinner.

I tasted a bottle of Spain white and red wine.

 

 

Then I went to Binot, a nice wine bar near Kamakura Station.

I was surprised at seeing “By the glass wine list” today.

There was Domaine Chassorney Saint-Romain “Sous le Chateau” 2006.

“Oh! Can I try this one?”

 

It was outstandingly tasty!

 

 

It was so nice the first day in New Year.

 

Thank you very much!



▲ このページの先頭へ