2015年6月30日

 6/26
ラングドック5日目、最終日。
あれ? もう終わりなの? 早いなあ~。
一日、一日は、すごーく長いんだけど、トータルでは、なんかすごく短い感じです。

IMG_5047.JPG

さて、トライアスロン最後の試飲商談会ですね。
朝一番で、テラス・デュ・ラルザックにあるシャトー・ド・ジャンクイエールに伺いました。

IMG_5080.JPG


この辺りの領主さまが住み続けてきたランドマーク。由緒ある歴史的建造物だそうです。

IMG_5060.JPG

ちょっと早めについてしまったので(っていうか予定通りの時間ですが)、まだワイナリーの人は一人も来ていません。
グループを抜けて、一人でブドウ畑をチェック。

IMG_5075.JPG


っていうか、この写真も自撮棒。
アングルと棒の重さに気を取られ、ブドウどころではありません。

IMG_5076.JPG

さて、オーナー醸造家のアンニさんがお出ましになりました。
まずは、お姫様にお城(セラー)を案内いただきます。

IMG_5085.JPG


実際にオーナー家族がお住まいになっていて、一部の部屋はホテルとして利用できるとのこと。

IMG_5086.JPG

おっと、ホーロータンクですね。
ホーロータンクは、タケダワイナリーと丸藤葡萄酒だけかと思ってたら、ラングドックでもホーロータンクが使われていました。

IMG_5087.JPG

 

さあ、残すところツアーの試飲もあと8社。

ここまできればまた気合が入りなおします。

IMG_5092.JPG


ってか、今日は最初から自撮棒で飛ばします。

IMG_5100.JPG

 

あちこちで笑いの渦。

IMG_5099.JPG

 

 

オレってアイドル?

IMG_5094.JPG

 

レベルの高いワインの試飲を重ね、最後56番目のワイナリーは、ドメーヌ クロワ シャプタル。

IMG_5106.JPG


試飲終了後、記念撮影も自撮棒。

 

各ワイナリーごと基本3本のサンプルに、なにかとエキストラボトルが登場し、5日間で200種類近いワインを試飲しました。
もうヘロヘロ。試飲したワインは、みなどれも優れたワインばかりでした。はずれのワインは一本もありませんでした。
ラングドックワインのクオリティーの高さを改めて確信することができました。

 


さて、ランチは近くのレストラン。すべてのプログラムが終了しての食事は格別です。

IMG_5120.JPG

 

IMG_5126.JPG


ワタシは、ニシンのマリネのサラダと牛脛肉の煮込みをいただきました。

IMG_5124.JPG


IMG_5127.JPG

とても美味しかったです。

 

通訳の戸田さんとも自撮棒。

IMG_5116.JPG


5日間本当にお世話になりました。
完璧な通訳のほか、ホテルのチェックイン、バス移動中のナビゲート、レストランのオーダー係、おみやげの相談、我々オヤジたちのアイドルの役割まで(?)と、八面六臂の大活躍。
本当にありがとうございました。

 


食事の後は、劇作家モリエールで知られる中世の街、ペズナスを見学。

IMG_5145.JPG

 

モンペリエ経由で、羽田に飛び立ちます。

 IMG_5173.JPG


ああ、忙しい。一日くらいパリでゆっくりしたかったかな?

IMG_5188.JPG


いえいえ、今回はCIVLさんが、全て費用を負担していただき、多くのワイナリーのみなさんの協力と得て、
ラングドックワインの大きな期待を背負ってのミッションです。
前回にラングドックを訪問したのが2008年だから、6年ぶりの訪問でした。

IMG_54579.JPG

長いワインの歴史から見れば、たったの6年ですが、ここラングドックの変化には驚くばかりです。
ペイドックを含む、全体レベルの酒質の向上。
AOCごとの個性の明確化。
クリュとグランヴァンの登場。
古木のカリニャンの大きなポテンシャルの再認識。
情熱あふれる生産者の新たな登場。

IMG_55130.JPG


ラングドックの青い空、青い海、輝く太陽、さわやかな風、おおらかな人々。

IMG_55139 (2).JPG

実際に現地の今と、ムーブメントをたくさん、たくさん感じてきました。
いやあ、実に有意義で楽しいツアーでした。

IMG_55141.JPG

 

ご招待をいただいたソペクサさん、CIVLの皆さん、ワイナリーの皆さん、本当にありがとうございました。
ツアーに一緒に同行した各インポーターの皆さん、お世話になりました。たのしかったですね。
深夜、ホテル海辺での、ぶっちゃけ話は、オフレコでお願いいたします。

 IMG_55138.JPG

 

え? 「ところで、内藤さんは、何か輸入するワイン見つけたの?」・・・ですか?

 

ええ、うん、ちょっと、いろいろ目移りしてまして。。。
一応企業秘密としておきますわ。

 


 Jun. 26
Time pasts so first!
It was the last day for our Languedoc wine tour.
We went to Chateau de Jonquieres in Coteaux du Languedoc.
The castle is very old, the landmark in around here.

 

Because we arrived at the winery just bit earlier, I saw the vineyard alone and took selfie photos in the vineyard.

 

Then the princess, Ms. Annie Baudot-Gutin, in the Chateau came and welcomed us.
She is the winemaker of the winery, too.
She guided us to the old Chateau at first.

 

I was surprised at hearing that her family has been keeping to live here many, many years .


 
Then, as well as, eight wineries  in Coteaux du Languedoc gathered to have a wine tasting for us.
It was a hard work to face all of them and tasted and commented about their wines.

 

My selfie stick was welcomed hear, too.
I could take a lot of photos with the winemakers. I tasted 30 glasses of wine seriously.
I took a selfie photo with Mr.Charles-Walter Pacaud, the owner and winemaker of Domaine la Crox Chaptal, which was the final tasting booth for me in this tour. 

 

Finally, I had done all wine tasting, around 200 wines from 56 wineries.
I was truly impressed in the high quality of the all wines.
There was definitely no bad wine. I was sure the fine quality and big potential of Languedoc wine.
The lunch today after the final tasting was very special!
It was also the final table for our party in this tour.


The last dishes were really fine, so delicious!


I took a selfie photo with Shina, who was the translator of our party.
She is a super lady!
She did the perfect translation and supporting everything in the tour, checking hotel, shopping supports, the road navigation or restaurant order, etc.
Also she is so cute and charming.
Her behavior is so elegant and sophisticated.
I've fallen in love to her!


After the lunch, we went to Pezenas, a famous World Heritage, and had the first sightseeing in this tour.

 

Then we moved to Montpellier and took to the flight to Tokyo.
It was so busy and dense program.
I think it was the hardest trip in my life.

 

However, I love Languedoc, of course!
I was sure again when I have been here, I always enjoy the sunshine, blue sky, blue ocean and nice persons.

 

Also, this professional program by CIVL was fabulous experiences for me.
It was the first time that I had been in Languedoc since six years ago.
I know only 6 years is outstandingly short term in Languedoc wine.
However, there is a big changing, moving and moving!

 

The total quality in Languedoc's improves from Pay d'Oc to the specials The decent segmentation for its terroir by the professionals in Languedoc.
So that, a lot of AOC, fine AOC, Gran Vin and the top range of Cru Languedoc appearances.
The big potentials of Carignan grape variety is found.
The many wine parsons born with their outstanding passion for Languedoc wine.

 

I really, really appreciate to everybody in this program, SOPEXA Japan, CIVL, the associations of many AOC and many wineries & vineyards.
Also the company from Japan, who are Inigo-san, Nishiguchi-san, Kawata-san, Matuki-san, Kanayama-san and Sekiya-san.
Please keep confidence my secret talk at seaside hotel in the last midnight.


What?
Naito-san, do you fine any wine that you want to import?
Well, Actually, there are many...
But please let me be the switch quiet for a while....

2015年6月29日

 6/25
早くも、ラングドック4日目。
朝早く、サンシニアン地区のロックブルン村に向かいます。

IMG_4868.JPG


ここ、魔女の宅急便の村みたい。どっかから、キキがでてきそう。
 

IMG_4869.JPG

この村の栽培者協同組合、カーヴドロックブルンに地域の9つのワイナリーが集まり、試飲商談会の始まりです。

IMG_4872.JPG


一つ一つの生産者と向き合って、彼らの目のプレッシャーを感じながら試飲をして、コメントをするのは大仕事。
ここだけで30種類以上のワインを試飲します。

IMG_4876.JPG


ここでも生産者とのコミュニケーションで威力を発揮したのが自撮棒。

通称「チャイニーズ・スティック」。
 

IMG_4884.JPG

セルフィーは、ラングドックでも当たり前だそうですが、みな自撮棒を見るのは初めて。
カメラを向けるとみんな大笑い。気難しそうなオヤジも破顔。

IMG_4878.JPG

一気に空気が和みます。
いいぞ、アジアン・テクノロジー。

IMG_4902.JPG


なんとか試飲を終えて、魔女宅村にあるお洒落なレストラン ”ル プティ ニース” でランチです。
美しい渓谷を見下ろす景色が素晴らしい。

IMG_4903.JPG


サンシニアン・ワイン委員会のネリ・ベロ委員長が同席します。

IMG_4924.JPG


ワタシは、地元野菜のサラダ、マグレ ド カナールに、フロマージュをいただきました。

IMG_4915.JPG


IMG_4930.JPG

 

ここ、料理も素晴らしい。
試飲で残ったワインと楽しみます。

IMG_4931.JPG


うーん、おいしい。やっぱ、ワインは料理があって、なんぼですね。

IMG_4935.JPG


ランチのあとは、サンシニアン地区のブドウ畑と土壌の視察。

IMG_4938.JPG


 この地区の大半は、ユニークな砂岩の土壌で形成されているそうです。

そのため、独特なテロワールが生まれているとのこと。

IMG_4941.JPG


何層にも重なった柔らかい石。温度と水分をためる性質があるそうです。
なるほど、なるほど。

 

IMG_4946.JPG
さて、サンシニアンをあとにして、我々ご一行は地中海の干潟にある古い歴史の港町
メーズのホテルにチェックイン。

IMG_4958.JPG

なんと美しい場所でしょう。

IMG_4954.JPG

150% リゾートホテル。
ワタシたちは、荷物をおろすとすぐに次の試飲会場に移動です。

 


ラングドックAOC 委員会の本部があるシャトーラングドックで試飲商談会です。

IMG_4959.JPG


専務理事のジェローム・ヴィラレ さんが出迎えてくれました。

IMG_4962.JPG


時刻はすでに夕方5時近く。
コトードラングドック地区9つのワイナリーが、われわれの到着を今か今か、持っていました。

IMG_4968.JPG


一つ一つの生産者と向き合って、彼らの目のプレッシャーを感じながら試飲をして、コメントをするのは大仕事。
ここだけで30種類以上のワインを試飲します。

IMG_4974.JPG


気力を振り絞って、集中力を呼び戻し、生産者と向かい合います。
これは、トライアスロンですね。ワイン試飲の鉄人レース。

IMG_4970.JPG


ここでも自撮棒は頑張ります。

IMG_4975.JPG


一緒に写真を撮ると、張り詰めた空気が一気に和みます。

IMG_4982.JPG


いいぞ、自撮棒! 頑張れ、自撮棒。

 


この自撮棒、グリップカラーがピンクなのですが、イベント主催者CIVLのテーマカラーが、なんとピンク。
あ、そっか、ロゼワインなんですね。
これまた、見事にはまりました。
やはりワタシは、何か持ってますね)。。。(?)

 

IMG_4991.JPG

全員何とか無事に試飲を終えて、移動の車の中でも自撮棒。

IMG_5016.JPG

今夜のディナーは、ヨットハーバーに面したお洒落なビストロ。

IMG_4999.JPG

IMG_5018.JPG


ワタシはトマトと山羊のチーズのスープと、

IMG_5008.JPG

 

黒鯛のソテーを頂きました。

IMG_5012.JPG


大変、美味しゅうございました。試飲会から持ち込んだワインと、とてもよく合いました。
地元の料理には、地元のワイン。まさにセオリー通りです。

IMG_5020.JPG


さて、ここでも注目は自撮棒。

IMG_5023.JPG

普段ちょっと怖い感じの美女、CIVLのエステルも大はしゃぎ。
回り中のお客さんも大注目。

IMG_5025.JPG


いいぞ自撮棒、君は頑張った。。

 

 

Jun. 25
It was the third day in Languedoc.
We went to Cave de Roquebrun in Saint-Chinian in the morning.
There were nine wineries people in Saint-Chinian waited for us.


 
It was a hard work to face all of them and tasted and commented about their wines.
We tried over 30 wines seriously.

 

My selfie stick worked very well to make good communication with them.
It seemed to be the first time for them they had seen the stick even though a selfie was very popular here.
When I took it, everybody started laughing and relaxed even though a difficult craftsman.

 

After the event, we went to "Petit Nice", a very nice restaurant in Rouebrun.
Ms. Nelly Belot, who is the representative of Saint-Chinian Wine Association.
We really enjoyed marvelous dishes with Sait-Chinian fine wine left over the tasting.
I always prefer to drinking and eating than tasting.

 

After the lunch, we were guided to vineyards and saw typical sandstone soil.
The soils store up heat during the day and release it at night.
Also the soils keep the water.
They makes the microclimates.


 
Then moved to Meze, an old port town in Mediterranean, and checked in the hotel today at the beach of a big lagoon.
"What a beautiful place is this!"
However, as soon as the checking in, we moved to Montpellier to tried a professional tasting again.

 

Mr. Jean-Philippe Granier, the representative of AOC Languedoc, welcomed us at Chateau Languedoc.
Also, there were nine wineries people in AOC Languedoc waited for us.

 

It was a hard work to face all of them and tasted and commented about their wines.
We tried over 30 wines seriously.

 

I roused myself and faced winemakers.
It was like a triathlon competition.

 

The selfie stick worked very much, too.
Good job, my stick!

 

Finally, we managed to finish the event.
My selfish worked in the bas, too.

 

The dinner tonight was held at a nice restaurant at a near harbor.
We enjoyed the dinner very much with local wine left over from the tasting.
I was sure again local foods and local wine made a very nice harmony.

 

The selfie stick worked very well here, too.
Ms. Estelle Nijhof, the member of staff in CIVL, looked to be excited to take a selfie, too.

 

Good job, my selfie stick!

 

2015年6月28日

6/24
ラングドック訪問3日目。

IMG_4685.JPG


朝から、ミネルヴォワのシャトーカネで試飲商談会です。

IMG_4736.JPG

その前にワイナリーオーナーのフロリさんにセラーとブドウ畑を案内してもらいました。

IMG_4687.JPG

IMG_4697.JPG


良く管理された近代的なセラー。

IMG_4696.JPG


でもやっぱり赤ワイン用タンクは、ラングドック伝統のコンクリートタンクです。

IMG_4690.JPG

さてさて試飲開始。ミネルヴォワの生産者8社のワインブースをすべて回ります。
生産者とコミュニケーションをとりながらワインを全部試飲するのは、超大変。
もうへろへろ。

IMG_4716.JPG

生産者とのコミュニケーションには、自撮棒が大活躍。

ラングドックには、まだ自撮棒は無いようです。

IMG_4721.JPG

 

IMG_4726.JPG

 

 

ランチは、ミネルヴォワの生産者2社を交えて、世界遺産ミディ運河のほとりのレストラン。

 

IMG_4755.JPG

IMG_4740.JPG


すごくおいしいのでが、その量も半端じゃない。

IMG_4757.JPG

 

IMG_4759.JPG

 

食後は、運河沿いを散歩して、近くにあるワインショップを見学。

IMG_4768.JPG

 

IMG_4760.JPG

なんと地元ミネルヴォワ産のワインだけに特化して販売する専門店でした。
おっとありました、わがサンジャックダルバ。今回は時間がなくて訪問できません。

IMG_4762.JPG


残念。。

 

食後は、ナルボンヌのラングドック委員会に戻ってまた試飲。

IMG_4771.JPG


ミネルヴォワとコルビエールの生産者8社のワインブースをすべて回ります。

IMG_4777.JPG


生産者とコミュニケーションをとりながらワインを全部試飲するのは、超大変。

IMG_4780.JPG


もうへろへろ。

IMG_4787.JPG

ここでも、生産者とのコミュニケーションには、自撮棒が大活躍。

IMG_4790.JPG

 

IMG_4792.JPG

 

やっと試飲が終わってディナーです。
もう時間は9時近く。でもまだ太陽はさんさんと輝いています。

IMG_4801.JPG

海辺のおしゃれなレストラン。

IMG_4815.JPG


ここでもまずは、2社のワイナリーの試飲から始まります。

IMG_4826.JPG


っていうか、画像には映りませんが、蚊がすごい。

IMG_4837.JPG

生まれてこの方見たことのない莫大な蚊。
ヒッチコックなら「蚊」 という映画をとったことでしょう。
で、試飲ばかりで、なかなか食事がはじまりません。

IMG_4839.JPG

10時近くになってやっと食事が始まりました。

IMG_4841.JPG


おいしかったです。

IMG_4846.JPG

 

もう集中量の持続が。。。。
気力を振り絞って自撮棒。

IMG_4850.JPG

日付がかわりました。
みなさん、よく頑張りました。
ありがとうございます。
おやすみなさい。

 

Jun. 24
It was the third day in Languedoc.
We went to Chateau Canet in Minervois and tried a professional tasting.

 

Before the event, we were guided to the cellar and vineyards of the winery by Mr.Floris Lemstra, the owner & winemaker.
It was very nice, well-managed.

 

Just starting!
We went to eight wineries booths gathered from Minervois and tasted a lot of wines taking communications with all of them
It was a very, very hard job!

 

I took many photos.
My selfie stick was very useful to take communications with the wineries.

 

After the event, we went to a very nice restaurant located by Canal du Midi.
We had a fabulous lunch with the other two winery owners in Minervois.
I was so surprised the big volume of dishes.

 

After lunch, we walked alongside of the canal.
Then we saw a nice local wine shop by Canal du Midi.
The owner of the shop is the representative of Minervois Wine Association.

 

Then we went back to Narbonne and tried a professional tasting again at the head office of CIVL.
We had to visit at eight wineries booths and tasted a lot of wines taking comunications with all of them, as well.
It was a very, very hard job, too!

 

My selfie stick was also very useful to take communications with the wineries.

 

We managed to finish the event.
Then we went to a very nice restaurant by the seaside in Narbonne.
Even though we arrived at the restaurant at 21:00, the sun still shone.
At first, we tried again a professional tasting for the other two wineries joined to the dinner tonight.

 

It was a very nice view and atmosphere except a lot of mosquitoes.

 

Finally, the dinner started after 22:00.
We enjoyed very fine dishes and a lot of fine Languedoc wines included an incredible old vintage.
The date was changed on the dinner.

 

 

Good job on long today!
Good night....

 

 


 

 

2015年6月24日

6/23

ラングドック滞在2日目。実質は今日が初日。

今回の訪問、ラングドックワイン委員会のご招待による、現地最新状況の視察が目的。

7社のワインインポーターの代表が、一緒にラングドックAOCの産地を4日間かけて回ります。

 

20150623-1.jpg

 

初日は、ナルボンヌにあるラングドック委員会(CIVL)の本部でのレクチャーでスタート。

20150623-2.jpg

 

CIVLの輸出部長、クリスティーナ・モリーヌさんからラングドックワインについて勉強します。

20150623-3.jpg

 

今までは南フランスワインとして、一般的には十把ひとかげらにされてきたラングドックワインですが、現在現地では、クリュ、グランヴァン、村名AOC、地区名AOC、地区名ペイドック、ペイドックといった階層がはっきりと分かれて認識されるようになっているとのこと。

それにともなう、品質の向上も著しいようです。

もう南フランスのワインも、ただ安くて、おいしいって、そういう時代ではないようです。

20150623-4.jpg

 

なるほど、なるほど、ひとつひとつが目からうろこの世界です。

やっぱり、いろいろな変化、ムーブメントが起きているんですね。こりゃ、来てみないとわからないや。

20150623-5.jpg

 お勉強の後は、銘醸AOCのひとつ、コルビエールに移動し、まずはコルビエール委員会のカテリーヌ委員長とランチです。

 

20150623-6.jpg

 

日本を出てから36時間、はじめての真っ当なお食事とワインです。

いや、これが美味しい。

ラングドックの楽しみは、食事にストレスが全くないこと。

 野菜とシーフードが主体のお料理は、本当においしく、やさしい。

デザートのイチゴは特筆に値します。

ランチのあとは、テイスティング。

 

20150623-7.jpg

 

その前に、コルビエールの主要な産地を車でまわり、要所要所で畑のチェック。

 

20150623-8.jpg

 

そんなこんなで到着したシャトーシセロン。

このシャトー、実は、マイフェーヴァリットワインのヴァンサンブーケの蔵元、ドメーヌオリオルの所有するワイナリーのひとつ。

20150623-9.jpg

お馴染みの輸出マネージャー、エマニュエル・モンテス氏が我々ご一行を歓迎してくれました。

 

20150623-10.jpg

テイスティングルームには、8つの生産者が集まり、我々の訪問を待ち受けていました。

 

試飲に供されたコルビエールのワインの素晴らしさに、圧倒されます。ワインはいずれも本当に優れもの。

今回印象に残ったのは、カリニャン。

多産で、印象に残らない補助的な品種としか、評価されてこなかったブドウ品種ですが、近年メキメキと頭角を現しつつある地元品種です。

20150623-11.jpg

ご招待をうけた立場があるので、ワタシとしては非常に珍しく、8社すべてのブースを丁寧にまわりました。

どれも、これもすごくおいしい。

なかでも印象的だったのは、カリニャン主体のワインです。

今まではブレンド用の補助的品種の位置づけでしかなかったカリニャンですが、素晴らしいポテンシャルを持つことが判明。

特に、コルビエールの雨宮ヨシオとお父さんが手造りするDomaine Martinolle-Gasparetsは素晴らしかったです。

 

20150623-12.jpg

 

ピノノワールなんかと一緒みたい。

きちんとした栽培と収量制限をすると、大化け系の品種のようです。酸がいいのよ、酸が。

 

コルビエールをあとにナルボンヌに戻り、夜はAOCミネルヴォワ委員会の代表とディナーです。あな、いそがしや。

20150623-13.jpg

 

市内中心にあるレストラン、キュイジーヌ・カビストの素晴らしいお料理とミネルボワのマリアージュ。

 

え、なんでフランソワーズが、ここにいるの?

 

もう18年もの仕事仲間。ラングドックでワインの会社を立ち上げたのは、知っていましたけど、今日ここにいるってなにも言ってなかったじゃん。

始めからサプライズだったのね、人が悪い。

20150623-14.jpg

 

モリーユ茸をふんだんに使ったソースでいただく地鶏のソテー。あな、まさに絶品。

20150623-15.jpg

 

ミネルヴォワのワインと絶妙なマリアージュ。

 

20150623-16.jpg

これまたイチゴのデザートは、まるでお菓子の王国、夢のよう。

 

20150623-17.jpg

 

夢見心地のまま、ホテルに帰って、それでも根性でいま日記を書いております。

今日は、英語の日記は無理だな。

ホテルのwifiの、通信速度が大正時代くらい遅いので、ドットコムのブログの更新も遅れます。

そんなこんなで、おやすみなさい。。。

 

 

Jun. 23
It was the second day in Languedoc but virtually it is the first day here.
The purpose of the tour is inspection and education for Languedoc wine for us by CIVL.
Seven importers in Japan will go to vineyards & wineries in AOC Languedoc area within 4 days.

 

Initially, we went to the head office of CIVL and had a lecture for Languedoc wine by Christine B Molines, who is the export managar of CIVL.

 

Even Languedoc is known about huge volume of table wine product area before, the quality of fine AOC wines have been improving remarkably.
Recently, the quality wine product area is officially segmentalized as Cru, Gran Vin, Villages AOC, Commune AOC and Commune IGP.

 

I was educated a lot by the lecture and know here has a big movement.

 

After the study, we moved to Corbieres, one of the most famous AOC, and had a nice lunch with representatives of AOC Corbieres.
After left Japan 36 hours, it was the first fine meal and wine.
They were so delicious!
When I came to Languedoc, I always enjoyed Languedoc cuisine very much, very fresh & natural seafood, vegetables and meats.
Especially, the strawberries were outstanding!

 


After the fine lunch, we saw several typical style of vineyards in Corbieres.

 

Then we joined to a professional tasting at Chateau Ciceron owned by Domaine Auriol.
8 wineries gathered and waited for our party.

 

Actually, Cave de Relax is agent in Japan of Domaine Auriol.
We imports our popular Vin de Pays d'Oc "Vincent Bouquet" and several fines "Domaine" wines.

 

Mr. Emmanuel MONTES, who is the export manager of Domaine Auriol, welcomed us.


 
We tried to taste Corbieres wines very seriously.
All of the many wines had very fine character and quality.

 

Especially, I was impressed in Carignan grapes fine quality improving.
I didn't know such a big potential of the grape variety.
I like the fine acidity from the grape.

 

After the tasting, we came back to Narbonne and had a fine dinner with the representatives of AOC Corbieres.

 

"Why?  Why are you here, Francoise? "
She is my old friend.
We met each other on some business situation 18 years ago and have been keeping in touch.
She came to Japan last month and had a meeting with me three weeks ago.
She didn't tell me she would join to us here.
Surprise, Surprise!

 

The wines and cuisines were very, very good !
It was a very busy and impressive day and night.

 

Thank you very much!

2015年6月23日

6/22
今日から、南仏ラングドック6日間の出張です。
今回は、ラングドックワイン委員会のツアーに参加し、現地の最新事情のお勉強です。
この手のツアーに参加するのは、本当に久しぶり。若いころを思い出します。

IMG_4408.JPG


成田から、エールフランスで12時間。パリ・シャルルドゴール空港に到着。
休む間なく、飛行機を乗り継いでモンペリエ空港に向かいます。
まずは、現状報告まで。

IMG_4423.JPG

 

6/22 続き


パリを経由して、やっとモンペリエ空港につきました。

IMG_4438.JPG


家を出てから20時間。

 

IMG_4440.JPG

 

 

 


さらにバスで一時間ちょっと。

ナルボンヌ郊外のホテルに21時すぎにチェックイン。

 

IMG_4454.JPG

ジャグジーのついた贅沢な部屋、軽食の用意がありましたが、なんとワイン・アル
コール飲料の用意がありません。
一番近いお店まで歩いて30分とのこと。
あきらめました。
フランス初日の夜は、なんと休肝日。



Jun. 22
I left Japan and went to France.
I will be traveling in Languedoc by invitation of Conseil Interprofessionnel des Vins du Languedoc (CIVL).

 

After 12 hours flight, I have arrived at Paris.
I will take an another airplane and will go to Montpellier.
Bye now.

 


Finally, I arrived at Montpellier Airport.
I took over 20 hours from when I left home.
Then I moved to Narbonne by bus took one hour.
I checked in Narbonne resort hotel at 21:00.

 

The room is gorgeous but there is no wine, no alcohol beverages in the hotel.
What?
The first night in France was a NO WINE DAY!

 


 

2015年6月21日

6/21
6月恒例、ポイント5倍セール初日。
雨のふる中、レアなワイン目当てのコアなお客様に、今日も早朝より多数お並びいただきました。
ありがとうございます。

IMG_4394.JPG

 

明日から、南フランスのワイナリー訪問です。

日記の更新遅れるでしょう。
明日の朝は4時半起き。
今夜は、白ワインと赤ワインを飲む予定です。

 

では、いってきます。

 

Jun. 21
It was the first day of our June Sales.
We had a long cue before open as usual.
Thank you very much.

 

I will be leave Japan and be traveling in Languedoc from 22nd to 27th June.
I think my diary up-date will be late.
Thank you for your understanding.

 

I have to wake up 4:30 am tomorrow.
I will taste a white wine and red wine tonight

2015年6月21日

6/19
お料理当番、手巻き寿司。
やっぱ、人生は、手巻き寿司ですね。

IMG_4383.JPG

 

IMG_4385.JPG

1本目  ヴィニュロン デュ パレ ミュスカデ セーヴルエメーヌ シュールリー レ ロッシュ ブランシュ 2013  1380円
むりっ! 名前が長すぎ。覚えられない。
これじゃ、会話がなりたちません。

 

「ねえ、昨日飲んだヴィニュロン デュ パレ ミュスカデ セーヴルエメーヌ シュールリー レ ロッシュ ブランシュの味、どうだった?」
「うん、ヴィニュロン デュ パレ ミュスカデ セーヴルエメーヌ シュールリー レ ロッシュ ブランシュ は、美味しかったよ。」
・・・・・・・・・
ロッシュブランシュ・ミュスカデでいいですよね。
若手のブドウ栽培家が集まって、セラーを購入し、まじめに、まじめに仕込むワイン。
きれいな透き通った果実味が特徴です。
手巻き寿司にも、ぴったり。

 

2本目  レクヴェルセ コートデュローヌ 2012  1500円  新入荷
ワタシの今月のお勧め ファミーユ・キオの造るAOC コートデュローヌ。
グルナッシュ、シラー、ムールヴェドルで仕込まれたクラシカルなスタイルのローヌワインです。
奥行きの深い、密度の濃い味わい。
ただのAOCコートデュローヌの味わいではないと、ワタシは思います。
あなたにも、思ってほしいので、ぜひ、お試しください。

 


Jun. 19
I cooked dinner, Temaki-Sushi.
Temaki-Sushi is wonderful!
Life is Temaki-Sushi!

 

1st Vignerons du Pallet Muscadet Sevre et Maine Sur Lie Les Roches Blanches 2013  1380 yen
A long name wine!
It is a so fine Muscadet even a long name.
Ten young grape growers bought a old cellar and produce this decent Muscadet.
I like this clean fruits and fine acidity.
It's so cool!
It is very good for Temaki-Sushi.

 

2nd Les Couversets Cotes du Rhone 2012  1500 yen  New Arrivals
The producer is "Famille Quiot", which is as same as Q. E. F., new arrivals I tasted three days ago.
It is made from Grenache, Syrah and Mourvedre in South Rhone.
The taste is deep, complex and concentrated, which is the typical style of traditional Rhone.
I think it is a outstanding AOC Rhone in this class.
Because I want you also to think it is outstanding, please try it once.

2015年6月21日

 

皆様お待たせいたしました。

5月7日に終了したGWセールから少し間が空いてしまいましたが6月21日よりポイント5倍セールが始まります!!

今回もわくわくするようなワインがたくさん揃っておりますが、その中の4本をバイヤーの小山田さんにピックアップ

してもらい勉強会を行いました。

司会進行は別府さん。レポートは塩山です。
 

P1010438.JPGでは早速参ります!
 

続きをみる

2015年6月20日

6/18
今年から毎月恒例の ”カーヴドリラックス×日本ワイン” のワイン会。
今月のゲストは、長野・東御のリュードヴァンのオーナー醸造家 小山英明氏です。

IMG_4343.JPG

小山さんとは、ながーいお付き合い。
彼がリュードヴァンを立ち上げる以前から、共通の友人を介して知り合いました。

P1300470.JPG

彼がブドウ園の開墾を始めてからは、毎年彼のもとを訪問し、
2008年の初ヴィンテージの仕込み、2010年のワイナリー立ち上げにも、立ち会ってきました。

 

いまや、長野を代表する、いや日本を代表するブテッィクワイナリーに成長。
そんななか、実はリュードヴァンのワイン会をワタシが開くのは今回が初めてです。
満を持しての開催です。

IMG_4337.JPG

会場は、北参道のラ・カーヴさん。
知る人ぞ知る、隠れ家的おしゃれなワインバーです。

IMG_4353.JPG

40名のリュードヴァン・ファンが終結。

IMG_4350.JPG

小山さんの淡々と静かに語る、どこまでも情熱みなぎる熱い言葉に、みな、びっくり、感動です。

IMG_4360.JPG

 

ワインリスト
 

IMG_4344.JPG

巨峰スパークリングワイン 2014
ソーヴィニヨンブラン 2014
シャルドネ 2013
シャルドネ 2009
ドゥ・ローブ・ヴィオレット 2013
メルロ 2009

 

リュードヴァン、素晴らしい。
間違いなくトップクラスの日本ワイン。

 

マーケットへ初登場した実質のファーストヴィンテージ、シャルドネ2009年とメルロ2009年は、ワタシの秘蔵のストックを全部放出。

リリース以来ずうっと、店のセラーに隠していたストックです。
素晴らしい熟成を見せています。
しまった、一本ずつだけ、とっておけばよかった。。。。(涙)

 

IMG_4345.JPG

IMG_4347.JPG

ラ・カーヴさんのお料理も実に美味しい。

IMG_4359.JPG


リュードヴァンの突出した味わいに、見事に寄り添ってくれました。

IMG_4363.JPG

いつものように、最後は抽選会でイベントは最高潮。

IMG_4374.JPG

 

IMG_4375.JPG

皆さん、ありがとうございました。
小山さん、ありがとうございました。
これからも素晴らしいワインを期待しています。

IMG_4378.jpg

 

 
Jun. 18
I organized a Japan wine party once in a month.
The guest tonight is Mr. Koyama, who is the owner & winemaker of Rue de Vin in Nagano.
He is a friend of mine with a long relationship.
He started opening his own vineyards about 10 years ago.
I met him before he started the vineyards.

 

Then I often visited to Rue de Vin.
I knew his first vintage, the second vintage or he built up his own winery & cellar in 2010.

Finally, Rue de Vin has become one of the top boutique wineries in Japan.

It is the first time for me that I have hold a wine event with Mr. Koyama.

 

The party is held at La Cave, which is a fashionable wine bar in Kita-Sando,

 

Fourty wine lovers gthered at the wine bar.

 

Mr. Koyama talked about his wine with outstanding his passion.
Everybody was impresd in deeply fine quality of Rue de Vin and the strong passion of Koyama-san.

 

Wine List
Kyoho Sparkling wine 2014
Sauvignon Blanc 2014
Chardonnay 2013
Chardonnay 2009
Deux Robes Violettes 2013
Merlot 2009

 

Chardonny 2009 and Merlot 2009 was from my private cellar.
They were my last stock.
They were outstanding.
I regret that I should keep some of bottles for myself.

 

The all dishes of La Cave were also very delicious.
They made good hermony with Rue de Vin.

 

The party heated up by a lottery as usual.

 

 


 
Thank you very much!
I am looking forward to tasting evry future vintages of Rue de Vin.

2015年6月19日

6/17
会議、会議、会議な一日。
会議、きらい。

IMG_4334.JPG

1本目 ヴァンサンブーケ ソーヴィニヨン 2013  900円
まさに、マイフェーヴァリットな一本。
このラングドック産のソーヴィニヨン、実においしい。
毎日、こればっかでもいいくらい。
立場上、そうはいかない。
あ、そうそう、来週ラングドックに行きます。
久しぶり。

 

2本目 ヴァンサンブーケ メルロ 2013  900円
赤もおいしい。
この値段で、このクオリティー。
満足度たかい。
ラングドック恐るべし。来週いく。
待っていなさい。

 


Jun. 17
I send almost all time for meetings today.
I don't like a meeting.

 

1st Vincent Bouquet Sauvignon Blanc 2013  900 yen It is my favorite bottle.
This Languedoc Sauvignon is so tasty.
I don't mind that I drink this bottle only every day.
But I can't it by my situational constraint.
Well, I will visit to Languedoc next week.
Long time...

 


2nd Vincent Bouquet Merlot 2013  900 yen The red is also very fine.
I admire this high cost performance.
I like this very, very much.
Languedoc is one of the most important places for me.
I will come there soon!

 

 

2015年6月17日

 6/16
お料理当番。

 

カツオのタタキ風カルパッチョ

IMG_4323.JPG


グリーンサラダ

IMG_4322.JPG


シーフードと舞茸のグラタン

IMG_4328.JPG

 

IMG_4330.JPG


このグラタン、作るのかなりメンドクサイんですが、デラウマです。

 

IMG_4332.JPG

( 赤ワインのラベル濡れて、ずれちゃった。。。)


1本目 ファミーユ キオ ロゼ  2014   1000円  新入荷
ファミーユ キオは、1748年の設立から13代にわたりシャトーヌフ・デュ・パプでワ
イン造りを続ける名門。
とあるご縁で知り合いました。
このロゼ素晴らしい。きれいな酸と、チャーミングな果実味。
えも言えぬエレガントなフルーツのニュアンスがふわっと広がります。
特にこの酸がよい。
ロゼって、なんか、かったるいの多いじゃないですか?
でも、これ、このフレッシュな酸が全体の味わいを引き締めています。
本当に美味しいですよ。
プロヴァンスで収穫されたカベルネ・ソーヴィニヨンとシラーのブレンドです。

 

2本目 ファミーユ キオ ルージュ 2013  1000円  新入荷
赤も実に素晴らしい。南部ローヌ地区で収穫されたシラー100%で仕込まれていま
す。
たっぷりとしたベリー系果実の風味、まろやかなタンニンと心地の良いアフター。
さすがは、ヌフドパプの名門。とてもスタイルの大きな赤ワインです。
「え? 本当にこの価格あってるの?」って、初めてサンプル飲んだ時、すぐにエー
ジェントに問い合わせたほど。
いまどき、税込1000円で、この品質は特筆に値するとワタシは思う。
あなたも、きっと思う。たぶん思う。思ってほしい。
というわけで、ドットコム店では、いまお試し価格、さらに10%引きの900円で販売
中。
(期間限定、終了してたら堪忍どすえ。)
Jun. 16
I cooked dinner.

Bonito Carpaccio
Green Salad
Seafood & Mushroom Gratin


Very good!


1st Famille Quiot Q.E.F Rose  2014   1000 yen  New arrivals
Famille Quiot is a popular family vineyards and winery in Chateauneuf du Pape since 1748.
My friend introduced me the winery.
It is the first arrivals.
This rose is wonderful!
I love this fresh aroma, fine acidity and charming fruits.
It is a really elegant style rose wine.
Especially, the acidity is very nice.
It is made from Cabernet Sauvignon and Syrah grown in Provence.


2nd Famille Quiot Q.E.F Rouge 2013  1000 yen  New arrivals The red is also fantastic!
It is made from 100% Syrah grown in South Rhone.
I love this red & black berries, mild tannin and very comfortable after taste.
It is a really big and elegant style red wine.
The price is a super reasonable, a big bargain.
When I tried to taste the sample bottle, I reconfirm the offer price to the winery.
I think this new arrivals are outstanding in the class of 1000 yen wine.

2015年6月17日

6/15
本日も、ホテルオークラ・ワインアカデミーで、南フランスワインの講義を担当。IMG_4321.JPG

 

IMG_4319.JPG


ホテルオークラ本館は、建て替えのため8月から取り壊しが始まります。

IMG_4317.JPG


ワインアカデミーの教室もしばらく別館に移ります。
長く親しんできたこの教室で、ワタシが講義するのは今日が最後。

IMG_4318.JPG

 


うーん、さびしいなあ。
教室さん、いままで、ありがとうございました。

 


Jun. 15
I had a wine class at Hotel Okura Wine Academy.
I talked about South France wine as usual.

 

Because the hotel's Main Building will go under reconstruction, it was the last time that I was in charge of the seminar at this room.
Thank you for a long time.

2015年6月15日

6/14
山形・赤湯、酒井ワイナリーの五代目・酒井一平さんと千春さんの結婚パーティーに参加しました。

IMG_4263.JPG


会場は、神宮前の楽記。ご存知、祥端の勝山さんが経営する広東料理&ワインバーです。

IMG_4261.JPG


15時から21時までの、フリー来店スタイルのウエディングパーティー。

IMG_4262.JPG

ワタシは18時ころ店に入ると、もうみんな出来上がっています。

IMG_4280.JPG

おお!すごい超レア日本ワインがずらり。

IMG_4281.JPG


みな、各ワイナリーから、今日のお祝いのためにプレゼントされたボトルだそうです。
よく見ると、ワイナリーのオーナーの自筆のお祝いの言葉がボトルに書いてあったりします。
うーん、すごい。

IMG_4275.JPG

ケーキ入刀。
一平さん、千春さん、おめでとうございます。

IMG_4283.JPG

来ている人たちが、またすごい。

IMG_4285.JPG

IMG_4296.JPG
 

著名なワイナリーのオーナー、醸造家がずらりと勢ぞろい。


北海道のKONDOヴィンヤードの近藤さん、今日はなんと北海道から日帰りでお祝いに駆けつけたんだそうです。

IMG_4297.JPG

皆さん、よく飲みましたね。
日本ワインのパワーはすごいです。

IMG_4305.JPG

東京農大卒の一平さん、引き出物は恒例の大根でした。

IMG_4304.JPG

宴席終了後、本日のお世話係は、そのまま楽記で二次会です。
ワタシ、お世話係じゃないのに、なぜかお誘いをうけて、ずーずしく居すわりました。

IMG_4309.JPG

アフロ兄弟。この人、だれ?

 

皆さん、おつかれさまでした。
勝山さん、ごちそうさまでした。

IMG_4308.JPG

一平さん、千春さん、どうぞいつまでもお幸せに。


ヘロヘロになって帰宅、大根もって電車はちと恥ずかしかったか?

IMG_4314.JPG

 


Jun. 14
I went to a wedding reception for Sakai Ippei & Chiharu, the owner of Sakai Winery in Akayu Yamagata.
The party is held at Rakki, which is a popular Chinese Restaurant & Wine Bar in Jingu-Mae.
It was a buffet style party from 15:00 to 21:00.
When I attended there at 18:00, a lot of guests already got bombed.


I was so surprised at seeing a lot of fine-rare Japanese wines, which were given by a lot of wineries as the wedding gifts.


There were many winery owners and winemakers, too.
Everybody drunk well, very well.
I felt Japanese wine business person's very strong power!


All the guests given a radish, which is a symbol of Ippei's alma mater, Tokyo University of Agriculture.


Congratulations, Ippei-san and Chiharu-san !
Always be blessed !


By the way to home, I carried a radish on the train with a little embarrassing..


 

2015年6月14日

6/13
デスクワーク、デスクワーク、デスクワーク。
一気に片付く予定でしたが、だめでした。
明日また、がんばろうっと。

IMG_4259.JPG


1本目 ヴィラアニータ ヴィウラ シャルドネ 2012  930円
ヒット商品ノストラーダに隠れた、地味系なカーヴドリラックス・オリジナルワイン。。
ヴィウラの特長であるたっぷりとした酸と、シャルドネの上品な風味が絶妙。
地味ですが、とても美味しい。ワタシのお気に入りの一本。
こちらも、クニちゃんマイフェーヴァリットなぺログビセットに入ってます。



2本目 ノストラーダ シルバーラベル リゼルバ  2005  1080円
10年熟成の本格リゼルバが、このお値段でよいのでしょうか?
しかも、12本1万円(税別)の、クニちゃんマイフェーヴァリットなぺログビセットに入ってます。
スパイシーで芳醇かつ、どこか冷涼感をもったエレガントなスタイル。
スペイン・カンポデボルハ産のガルナッチャ70%とカベルネソーヴィニヨン30%のブレンド。
飲み応えあり。

 

Jun. 13
I tried to clear a lot of paper works all day long.
I was going to clear up all of them but I couldn't.
I would try them again, tomorrow.


1st Villa Anita Viura Chardonnay 2012  930 yen
This Spanish white is not so sell well but I like this very much.
I like this fine acidity and elegant fruits.
It is my favorite white wine.


2nd Nostrada Silver Label Riserva 2005  1080 yen
Is the price true ?
It is a ten-year-long-matured Riserva wine.
The taste is concentrated, spicy, complex and elegant.
It is made from 70% Garnacha and 30% Cabernet Sauvignon grown in Campo de Borja, Spain.
It is a really fine old vintage.
So nice!

2015年6月14日

国産ワイン担当の人見さんが、オーガナイザーとして勉強会を開いて下さいました。レポートは田中が担当します。

過去2回は初級編でしたが、第3回から中級編になりました。中級ということで内容もレベルアップしましたが、しっかり勉強させて頂きました。

ワインは勿論、人見さんの絶品料理も必見です!

 

wine_01.jpg

続きをみる

2015年6月13日

6/12
ホテルオークラ・ワインアカデミーで、マスタークラスの講座を担当。

IMG_4245.JPG


南フランスのワインについて講義を行いました。

ワタシがテイスティングに選んだワインは、幸いどれもとても好評でした。

 

Baron de Beau Rond Blanc 2012
Chateau d'Antugnac  Terres Amoureuses 2012
Chateau d'Esclans  Wispering Angel  2012
Chateau d'Aussieres  Corbieres 2010
La Chapelle de St Jacques d'Albas 2007
Chateau Vannieres 1986

IMG_4249.JPG


皆さん、南フランスのワインに興味を持っていただいたようです。
ご清聴、ありがとうございました。

 


Jun. 12
I was in charge of a wine seminar at Hotel Okura Wine Academy.
I lectured about South France wine. 
We tasted six different South France wines.
 

Baron de Beau Rond Blanc 2012
Chateau d'Antugnac  Terres Amoureuses 2012
Chateau d'Esclans  Wispering Angel  2012
Chateau d'Aussieres  Corbieres 2010
La Chapelle de St Jacques d'Albas 2007
Chateau Vannieres 1986


All wines got a very good reputations.
Everybody looked to be interested in South France.
Thank you very much!

2015年6月13日

6/11
お料理当番。

 

シロイカとアジのお刺身

IMG_4235.JPG
活車海老のロースト

IMG_4238.JPG


アサリのワイン蒸し

IMG_4233.JPG


グリーンサラダ

IMG_4236.JPG


茨城産黒毛和牛のステーキ

IMG_4243.JPG

 

車海老、生きてました。オーブンに入れるのにピョンピョン飛び跳ねて大変でした。
今日のお料理、素材がよくて、どれもみな美味でした。

 

IMG_4257.JPG


1本目 コッリ アソラーニ  プロセッコ トレヴィーゾ  1700円
うーむ、この泡、プロセッコ、飲めば飲むほど美味しいです。
やさしくエレガントな泡、奥行きの深い果実の風味。
よいスパークリングワインです。
好評発売中、クニちゃんマイフェーヴァリットなぺログビセットの目玉の一本。
 


2本目  ドメーヌ アントニャック ピノノワール 2013  2060円
これもクニちゃんマイフェーヴァリットなぺログビセットの目玉の一本。
これ、ほんとにお気に入りです。
ワタシが、おいしいピノノワールにあってほしい味の要素がすべて含まれています。
知らずに飲めば、ある程度高級なブルゴーニュと絶対思うはず。
うそだと思ったら、ぺログビセット買ってみてください。
決して、損はさせません。と、ワタシは思います。

 


Jun. 11
I cooked dinner.

 

Sashimi
Roast Shrimp
Steamed Clam
Green Salad
Wagyu Beef Steak


They were so nice!


1st Bedin Prosecco Treviso NV  1700 yen
Well..  It is a so nice Prosecco, a so delicious Prosecco.
I felt very elegant babbles and very beautiful fruits.
It is a so nice sparkling wine, I think.
For me. it is the best Prosecco I have ever tasted.


2nd Domaine d'Antugnac Cote Pierre Lys Pinot Noir 2013  2060 yen
It is my most favarite Pinot Noir in these days.
It has the almost all tastes that I want to have in Pinot Noir.
I think many wine lovers say "It is a Burgundy" if they would taste it by blind.
I want you to try tasting this one once.

2015年6月12日

6/10
会津若松は快晴。
 

IMG_4163.JPG

朝、ヨークベニマル門田店に入りました。

IMG_4164.JPG

おっ! ワタシがいます。

IMG_4168.JPG


カーヴドリラックス・コーナーに、うちのワインがたくさん並んでいます。
 

IMG_4174.JPG

うれしいです。

IMG_4175.JPG

ありがたいです。

IMG_4180.JPG

会津エリアの・スーパーバイザーの桜井さんと記念撮影。いつもお世話になっております。


 

今日は会津地区のお酒担当マネージャーの皆さんにお集まりいただきワイン講座。
ワインの保存と劣化、高級ワインとデイリーワインの違いなど、けっこう突っ込んだ
お話をさせていただきました。

IMG_4186.JPG


講習終了後、のんびり磐越西線で帰路につきました。
長い日差しをあびた磐梯山が見事でした。

IMG_4212.JPG


家に帰って、白ワインと赤ワイン。
ワタシ、おつかれさまでした。

 

 

Jun.10

It was a very fine day I in Aizu-Wakamatsu today.
I visited to York Benimaru Monden store in the morning.

 

I was very happy to see a lot of Cave de Relax wine here.
I took a photo with Mr. Sakurai, who is the super visor for wine shops in this area.

I was in charge of a wine seminar for the managers of wine sales in Aizu area.


I talked about how to manage the wine quality.

 

Very good job!
Thank you!

 

After the wine seminar, I saw a beautiful site seeing of Mt. Bandai from the train. 

After I get back home, I tasted a bottle of red wine and white wine.
Good job!

 

2015年6月11日

6/9
夜、会津若松に入りました。

IMG_4125.JPG

磐越西線に生まれて初めて乗車。

IMG_4135.JPG


七日町にあったスペインバル、その名もずばり”会津バル”に、ふらりと立ち寄って夕食。

IMG_4136.JPG


会津さんのホワイトアスパラ、会津地鶏のローストに、カスティーヤ産の白ワイン。

IMG_4139.JPG


おいしかったです。

IMG_4151.JPG

明日は、朝からワインセミナーを実施しますので、早めに切り上げおやすみなさい。

 

Jun. 9
I moved to Aizu-Wakamatsu in the evening, taking a Shinkansen and a local train for three hours.
I had dinner at Aizu Bar, a Spanish Wine bar in Nanuka-Machi.
 

 

I enjoyed fine local vegetables, Local Chicken and a bottle of Spanish white wine.
They were very nice.

 

I would have to organized a wine seminar from tomorrow morning.

I finished the dinner early.

 

No Dobon tonight.

 

 

2015年6月 9日


6/8
過密スケジュールのはじまり、はじまり。

IMG_4116.JPG

1本目 バロンドボーラン ブラン 2014  800円
クニちゃんマイフェーヴァリットなぺログビセットに入ってました。これ本当にワタシのお気に入り。
ラングドックのグルナッシュブランとマルサンヌのブレンド。
素直でやさしい果実味、心地の良い酸、きれのあるミネラル感。
非の打ち所が全くありません。
すばらしい。

 

2本目 バロンドボーラン ルージュ 2013  800円赤は、ラングドック・エロー地区産のグルナッシュとカリニャンのブレンド。
やさしい自然な果実味がいっぱい。
タンニンがまろやかで、アフターがとても心地よいです。
デイリーワインは、かくありたい。
まさに、クニちゃん、お気に入りの一本です。

 


Jun. 6
My hard schedule has started from today.

 

1st Baron de Beau Rond Blanc 2014  800 yen
It is one of my most favorite white wine recently.
It is made from Grenache Blanc and Marsanne grown in Languedoc.
I felt natural fruits, good acidity and fine minerals.
There is nothing to disturb my palate.
Wonderful!

 

2nd Baron de Beau Rond Rouge 2013  800 yen
The red is made from Grenache and Carignan grown in Hérault, Languedoc.
I felt very comfortable fruits and tannin.
The after taste is very nice.
I think it is a very good sample for all daily wines.
It is my favorite wine.

2015年6月 8日

6/7
某会合で、有楽町ワイン倶楽部。
マルキドボーラン飲み放題。おいしいです。

IMG_11252.JPG


ステーキ、本当に美味。ここのお肉は半端なくおいしいです。

IMG_14109.JPG

 

本日も掲載許可、撮り忘れ。

IMG_14112.JPG


Jun. 7
I organized my alumni society manager meeting at YWC.
We chose the free drink plan of Marquis de Beau Rond.
YMC steak is so fine, very delicious.

 

Good job!
I forgot to take an approval to publish the photo as usual.

2015年6月 7日

6/5
たまったペーパーワークを一気にかたづけるべく、今日は一日がんばりました。
あと一歩。

 

IMG_14102.JPG

 

1本目 タケダワイナリー 蔵王スターワイン 白 2014  1290円
きれいなワインです。
辛口仕立てのワインですが、たっぷりとした果実味にブドウの甘いブドウのフレー
バーを感じます。
デラウエア70%と、マスカットベリーA30% のブレンドとあります。
デラウエア主体で、こんなに澄んだ果実味に驚かされます。
コスパも高いですね。さすが、タケダワイナリー。


 

 

2本目 ルロベール ヴァンドペイドック 2011  1230円
今日は、日本からラングドックへいっきに飛びます。
ラングドックの北西、マルペール地区のワインです。
グルナッシュとカベルネフランのユニークなブレンド。
果実味、タンニン、酸のバランスが絶妙。
どこか日本の優良ワインを思わせる優しさ。
入荷からしばらく時間がたって、グーンと味わいが伸びた一本。
おいしいです。
好評発売中の、クニちゃんマイフェーヴァリットなペログビセットに入っています。

 

 

Jun. 5
I tried to clear up a lot of paper works today.
I didn't get a success.

 

1st Takeda Winery Zao Star Wine White 2014  1290 yen It is a really clean style white wine.
Even though it is a dry type, I felt a sweet grape flavor very much.
It is made from 70% Deraware and 30% Muscat Bailey-A grown in Yamagata.
I was surprised that Deraware became such a elegant wine.
The price is very reasonable.
Very good!

 

2nd Le Robert Vin de Pays d'Oc  2011  1230 yen After Japanese white wine, I picked up a Languedoc red.
It is made from a unique blend, Cabernet Franc and Grenache, grown in Malepere.
It is a very well-blanced red wine.
I like this nice fruits, mild tannin and fien acidity.
I felt something similar nuance to fine Japanese red wine.
It has glown a lot since the arrival to Japan for a while.

2015年6月 5日

6/4
お料理当番、手巻き寿司。
今日は、千葉沖のアジをゲット。
 

IMG_14094.JPG

殻つきのホタテ以外は、すべて天然ものが手に入りました。
養殖・解凍のホンマグロより、天然・生のキハダマグロのほうがワタシは好きです。

IMG_14095.JPG

 

IMG_14100.JPG

1本目 ソガ ペールエフィス シャルドネ ノンボワゼ 2014
透き通った果実味。本当にクリーンで、すばらしくおいしい。
あ、これ最後の一本だった。。

 

2本目 下北ワイン ピノノワール Ryo  2013   2,720円 
青森・下北ワインのピノノワールが入荷しました。
例年に比べると、やや軽めですが、しっかりとピノノワールしています。
甘い香りのチャーミングなベリーがいっぱい。
力強さはありませんが、しみじみと美味しく、心地の良いワインです。
少量限定の入荷です。
ご興味のある方は、どうぞお早めに。

 


Jun. 4
I cooked dinner, Temaki-sushi.
I got fine Aji today.
The other fishes were also wild ones.
I prefer to a wild fish better than from sea farm.

 

1st Sogga Pere & Fils Chardonnay Non Boise 2014
It is a really clean & elegant Chardonnay.
I love Obuse!
Oh! It was the last stock for me.
I have drunk.

 


2nd Shimokita Wine Pinot Noir Ryo 2013  2720 yen
Finally, we received the new vintage of this Pinot Noir.
It is lighter than other vintages before but tasty.
It has a typical charming style of Pinot Noir.
I felt a lot of sweet berry flavor that I love.
It is a very fine Japanese Pinot Noir, I think.
Very small arrivals.

 

 

 

 

 

2015年6月 5日

 6/3
某ワイン会で、恵比寿のレストランマノワ。
今日のメンバーは、なかなかのツワモノぞろい。

IMG_14072.JPG

マノワさんのお料理は、どれもみな本当に素晴らしい。

IMG_14074.JPG

IMG_14076.JPG


驚きました。

IMG_14079.JPGIMG_14080.JPG
この場所で、このクオリティーで、この価格。
お値段のこというのなんですが、都内フレンチ、随一のコスパではないでしょうか?

IMG_14083.JPG

ワインは、みんなで持ち寄りました。
見る人が見ればわかる、この罰当たり系ワインの数々。

IMG_14086.JPG

TDさん、ワタシの持参したリュードヴァンのカベルネソーヴィニヨンから、リンゴの香りを見つけるとはさすが。
一番驚いたのは、プリオラートのガルナッチャ。
一番恥ずかしかったのは、ワタシがスペルスのブドウ品種を間違えたこと。(ブラインドではなく;汗 )
一番凄いと思ったのは、ルロワのコルトン。

IMG_14088.JPG

オーナーソムリエの中村さんと記念撮影。

IMG_14091.JPG

皆さん、ありがとうございました。
お疲れさまでした。

 

二次会は、TDさんのプライヴェートバー。
記憶があやふや。

 

ピンドン?
羊?
RCのえっ、像?

 

ま、いっか。
ご馳走様でした。
はい、ドボン。

 


Jun. 3
I attended to some wine dinner party at Restaurant Manoir in Ebisu.
We enjoyed very fine dishes and ultra-super fine wines.

 

Thank you very much!

Dobon!


 

2015年6月 3日

6/2
東京交通会館で開催された、酒類卸商社「升喜」さんの展示会に出展。
この展示会に参加するのも、もう14年目です。

IMG_14052.JPG


たくさんの酒類流通関係のお客様にご来場いただき、一日大忙し。
幸い、新入荷を中心としたカーヴドリラックスのワインは好評価をいただきました。

IMG_14056.JPG


家に帰って、今日は休肝日の予定でしたが中止となりました。

IMG_14059.JPG

1本目 クレマン ド ブルゴーニュ サンプル試飲
ブルゴーニュから届いた泡のサンプル試飲です。
素直なワインです。欠点は見当たりません。
クオリティーは十分。あとは価格次第?

 

2本目 ノストラーダ テンプラニーリョ 2014  860円
中止した休肝日のため、今日は泡1本だけに留めて、赤は飲まないと一旦決めたので
すが、やはり手が出ました。
気が付けば「オレは、ワインを飲むために生まれてきた人間だ。」とか、一人でつぶ
やいています。

 

ノストラーダの赤はおいしいですね。
濃い系ですが、口当たりのよくアフターも心地よい。
少しだけ飲もうと、あえて濃い系の赤ワインを抜いたのですが、結局全部飲んじゃい
ました。

 


Jun. 2
I attended to a Wine & Spirits trading show organized by Masuki, a major wine & spirits distributer in Tokyo.
I have been attending to this event for a long time.
I received a lot of business clients at my booth.
I was so busy.
Fortunately, all wines today got a good reputations.
Thank you very much.

 


After I came back home, I was going to have a "no wine day" but I couldn't.

 

1st Cremant de Bourgogne Sample tasting
It was a sample sparkling wine from Burgundy.It was very natural and elegant.
I didn't find any bad taste.
It is a very good Cremant, I think.
How much is this?

 

2nd Nostrada Tempranillo 2014  860 yen
I was not going to open a red wine bottle tonight but I couldn't.
I was going to drink only one glass of red but I couldn't.
Finally, I drank up a whole bottle.
It was so tasty...

 

2015年6月 3日

6/1
こないだお正月が来たと思ったら、もう6月ですぜ。
まもなく一年の半分が過ぎようとしている。
なんてこったい!

 

6月のスケジュール見てたら、あまりにもいろいろあって、あたまが痛くなってきま
した。

IMG_4057.JPG

1本目 チェスコン ピノヴェネッツェ 2012  1080円
イタリア・ヴェネト産のピノビアンコとピノグリージョのブレンド。
芳醇なフルーツ感、グリップの強いミネラル感。
酸は穏やかですが、充分なレベル。
アルコール11度と低めで、やさしい。
いいワインです。

 

2本目 チェスコン レフォスコ 2013  1080円
北イタリアの地ブドウ、レフォスコ種100%の赤ワイン。
赤い果実の酸がたっぷり。酸度がかなり高いです。
本来”暴れ馬”系の品種らしいのですが、エグ味・雑味いっさいなし。
アフターは短めですが、もとてもきれい。
この酸、好きです。

 


Jun. 1
Even I thought it became a new year quite recently, June has already come.
It will be pasting over the half year.
Oh my Buddha!

 

I found I would be very busy in this month by checking my schedule.

 

1st Cescon Pinot delle Venezie 2012  1080 yen It is made from Pinot Bianco and Pinot Grigio grown in Veneto.
It has a lot of fruits and minerals.
It has also modest acidity.
The alcohol degree is 11%.
The style is very soft and light.
I like this kind of white wine recently.

 

2nd Cescon Refosco 2013 1080 yen
It is made from 100% Refosco, which is a local grape variety in North Italy.
I has a high level of red berry acidity.
Some body calls the grape "raging horse" because of high acidity and some wild flavor.
However, Ceson's refosco is very mild and elegant.
I felt nothing to disturb my palate.
I like this high acidity style recently.
Tasty!

 



▲ このページの先頭へ