2010年4月30日

4月29日 (木)
今日は休肝日。

続きをみる

2010年4月30日

4/29
賞味期限切れ寸前のハモン・イベリコ・ベジョータを半額でゲット。
うむ、イベリコ、やっぱ美味い。
ハモンはワインより、ビールのほうが合うように思うって、わたしゃ、言っちゃいけないよ。
寿司には、ビールよりワインの方が絶対好きです。

P1280831.JPG

1本目 ナベラン ブラン ド フィンカ 2007 ¥1050
そうは、言っても、スペインワイン。
シャレロとマカベオをメインに、シャルドネを少し使っています。
ゆるりとした果実味に、ごく少量のペトロリアムのニュアンス。
今日のハモンに、ビールの次によく合いました。って、わたしゃ、それを言っちゃいけないよ。


2本目 マリオーナ クリアンサ 2006 サンプル試飲
スペイン・バレンシア地方のアリカントから届いたサンプルです。
地品種のモナストレルとシラーから造られています。
モナストレルはムールヴェドルですね。
ムールヴェドルにシラーのブレンドは、わたしのツボです。大好きです。
鴨にネギ、梅にウグイス、松に鶴。コーヒーにクリープ、ハモンにビールってくらいの組み合わせですね。
しなやかなボディ、伸びる酸、キレのよいタンニン。
パーフェクト・コンビネーションであります。


っや、うまし。 これいくら?


Apr.29
I got a pack of close-to-date ”Jamón ibérico de bellota” with 50% discount.
Well, I love ibérico de bellota !
I think beer is better for jamon than wine. Oh ! I shouldn't be saying this...


1st Naveran Blanc de la Finca 2007 1050 yen
On the other hand, I drank Spain wine.
It is made from Xallero, Macabeo and Chardonnay in Penedes.
It has long fruits and enough body with slight petroleum nuance.
It was secondly good for Jamón ibérico, I shouldn't be saying this...


2nd Mariona Crianza 2006 Sample tasting
I received this fine red from Alicante, Valenciana in Sapin.
It made from Monastrell and Syrah.
Monastrell is same variety as Mourvedre.
The blend of Mourvedre and Syrah is one of my most favorite combinations, like a beer and jamon.
Fine fruits, a long acidity and sharp tannin.
It is a perfect blend for me.


Tasty, how much is this ?

2010年4月30日

4/28
朝からすごい雨。
雨、雨、雨の四月でした。

P1280829.JPG


1本目 シャトー フォングラーヴ サイレンス 2005 サンプル試飲
ボルドー上流域のサンマケールで、富豪農民のフランソワが営むプティシャトー”シャトーフォングラーヴ”の白のトップキュヴェ。
まだ未発売品。試作品です。
偉大なヴィンテージとなった2005年収穫の、自園最良区画のセミヨンを静かに、静かに、熟成させたそうです。
うーむ、穏やかで上品な果実と豊かなミネラル。どことなく、最高クラスの甲州ワインに似ています。
うむ。とても良い。


2本目 シャトー フォングラーヴ オウグスタン 2005 サンプル試飲
これも、フォングラーヴの未発売トップキュヴェ。
赤はメルロー100%です。
なめらかで、しなやか。伸びのある果実の酸と果物っぽさがいっぱいです。
どことなく、最高クラスのマスカットベリーAに似ています。
うーん、おいしいワインを、みんな日本のワインみたく感じてしまうのは、
もしかすると舌が日本ワインに侵されているのでしょうか?
どっちにしても、おいしいです。


Apr. 28
It was heavy rainy day.
Rain, rain, rain, April.


1st Chateau Fongrave Silence 2005 Sample tasting
It is the top cuvee white wine of Chateau Fongrave in Saint-Macaire,
Bordeaux.
It has not sold yet.
Francois, the owner of the winery, a friend of mine, produces this white
with his great care.
It is made from 100% Semillon grown in its estate vineyard.
2005 is a great vintage, selected cuvee were matured in the cask quietly.
I love this elegant fruits and comfortable minerals.
I felt it is something similar to a fine Koshu wine.
Excellent !


2nd Chateau Fongrave Augustin 2005 Sample tasting
This red is also the top cuvee of winery not sold yet.
It made from 100% Merlot grown in the estate.
It is silky, elegant, smooth and delicious.
I felt it is something similar to a fine Muscat Bailey-A wine.
Recently, when I see a fine wine, I often associates it with Japanese wine.
Might my palate hack by Japanese wine ?

2010年4月29日

4月28日 (水)
オークセイデデュレスから『アニェス エ セバスチャン パケ』の当主アニェス パケさんがご来店。
サインしてくれたボトルを持つパケさんと在庫を抱えてご満悦のヤギ・・・

ちょっとヘンな絵面です。

続きをみる

2010年4月28日

4/27

南アフリカ大使館のお招きで、「日・南ア交流100周年」をお祝いする昼下がりのパーティーに参加しました。


P1280801.JPG

16年年前の今日、南アフリカ共和国は民主国家として新しく生まれ変わったのだそうです。

続きをみる

2010年4月28日

4月27日 (火)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2010年4月28日

4/26
あれ? 4月も、もう月末モードなんですね。


P1280823.JPG


1本目 イヴボーリー シャルドネ 2007 ¥980
南フランス・ラングドックの何気ないシャルドネです。これも、ウチのオリジナルワイン。
なんでもない普通のワインですが、何気なく、美味しいです。いや、ほんと。


2本目 イヴボーリー カベルネソーヴィニヨン 2007 ¥980
これも、オリジナル。なんでもないようなカベルネですが、実に欠点が見当たりません。
普通に、とっても美味しいです。


Apr.26
Oh ! It is already the last week of the month.


1st Yves Borie Chardonnay 2007 980 yen
It is a Languedoc white wine made from 100% Chardonnay.
It is Cave de Re-Lax original wine, as well.
It is an ordinary wine but very good. tasty !


2nd Yves Borie Cabernet Sauvignon 2007 980 yen
It is also our original wine from Languedoc.
I cannot find any defect.
It is an ordinary Cabernet Sauvignon but very good. tasty !

2010年4月27日

h100427.jpg

ついに来た!今日は健康診断日。大嫌いな胃の検査はなんと予想よりも早い2目の検診で。重曹を口に含み水を飲む。ここがかなりきつい。それからバリウム投入して・・ぐるぐるの世界へ・・・・。なにせゲップをするな。ですからそうすると意識的に息を止めたくなる。く、くるしい・・・。鼻で息をすればよく、途中呼吸を整えるのですが、喉元の圧迫感に追いやられる。う、うううう..。その大波に飲みこまれた状態で医師の命令を聞き体を一回転したり半腰を上げたりひねったり息をすったり呼吸を止めたりするのだから精神的にも体力的にもげっそり。。。そしてとどめが、バリウム放出への下剤。2錠くれましたが、BPの僕、やはり今の状態でもなんの変化もありません。日が経つにつれ大変なことになるこの状況。今年も明日へ引きずりそうです。なんたる恐怖!
でも、あれ?ちょっ、ちょっと失礼しますね。・・・・・・・・・・・
(ここでトイレ休憩入りました)・・・・・・・・・・・・
ふう、(トイレ休憩後になりました)
・・・・・・・・・あ、あのーお、OKのようです。今回は問題無いようであります。最短記録です。よかった(ほっ)

続きをみる

2010年4月27日

4月26日 (月)
今日のワインはフィリップ ロシニョール ブルゴーニュ ルージュ ’06 ¥2,100。

ジュヴレシャンベルタンに蔵を構え、ジュヴレを中心に7つのAOCをつくるドメーヌです。
お姉さんがジョセフ ロティと結婚したのが縁でジョセフ ロティでお手伝いをしたのが原点。5年間畑仕事と醸造を経験した後、1976年に19歳でドメーヌを立ち上げたそうです。
ACブルゴーニュはACジュヴレシャンベルタンに隣接する樹齢35年の区画から。新樽も20%ほど用い18ヶ月熟成を行います。

続きをみる

2010年4月27日

4月26日 (月)
今日のワインはソメーズ ミシュラン サンヴェラン ヴィエイユ・ヴィーニュ ’05

1978年にロジェ ソメーズが興した比較的新しいドメーヌです。その後1982年にクリスティーズ ミシュランと結婚しドメーヌ名をソメーズ ミシュランに改めました。
「畑での作業を重視し、ブドウの持っているポテンシャルをいかに上げるかが大切」と語るソメーズはビオロジックによる葡萄栽培を実践。05年からはビオディナミへと移行しています。
ワインは新樽と古樽にそれぞれ仕込み、瓶詰め前にアッサンブラージュ。果実味とミネラル感が力強く調和し、若くしておいしく熟成も楽しめるワインに仕上げます。

続きをみる

2010年4月26日

4/24
ゴールデンウィーク・セール初日。
好天に恵まれ、予想を大きく上回るたくさんのお客様にお越しいただきました。
ありがとうございます。
もう、GWが始まったんですね。


夜は、高いギガルを飲む会にお招きいただきました。
北部ローヌ地方の銘醸地、コート・ロティの丘に、さーんぜん(燦然)と光り輝く、トゥルク、ムーリンヌ、ランドンヌの”3種の神器”。

P1280773.JPG

DRCの次ぎに世界で2番目に偉い(?)トリオであります。

続きをみる

2010年4月25日

4月24日 (土)
実店舗の「GWロングランセール」初日です。
「どうしたんだ!?」の4月も今日は穏やか、絶好のセール日和となりました。

続きをみる

2010年4月24日

4月23日 (金)
今日は休肝日。

続きをみる

2010年4月24日

4/23
やっと暖かくなったと思ったら、またまた真冬に戻っちゃいました。
いったい今年はどうなってるんでしょう??


P1280770.JPG

1本目 アラルディカ コルテーゼ 2008 ¥950
イタリア・ピエモンテ州のコルテーゼ種で仕込まれたウチの定番。
すっきりとして美味しいです。


2本目 ムーランドガサック クラシック 2008 サンプル試飲
南フランスの雄、泣ぐ童子も黙ら ”ドーマガサック” はんで、リラックスさんでいかが? ど届いたサンプルじゃ。
ドーマガサックどいえば、親も同然。だば、お高いんだべ? ど価格ば見でどんだばぁ!
のんど店がっぺ価格で、ちょうど1000円で売れらだばねじゃか!!
なしても、ガサックのスタンダードレンジで、日本さは、入っていね銘柄のんだんだんじ。
こいは、早速飲まのぐちゃ、ど急ぎ試飲。


うーむ、まんだむ。やっぱ、たげ、めじゃ。めじゃ、めじゃ。さすがじゃ、さすがじゃ。
キメの細やかの密度の濃い果実味、なめらかさタンニン、豊かの風味。
酸が穏やかだはんで、ワインさ、なれていね人も、飲みやすいがもしれません。
あっどいう間さ飲み干しますたぁー。


こい、買でゃ! 買でゃ!
すぐ注文すらはんで、他のインポーターさ、紹介しねでけろ。
なして、わ、津軽弁さ、のらんだ?


Apr. 23
It was a very cold day again like a real winter.
What is happening in this spring ?


1st Araldica Cortese 2008 950 yen
It is a popular Italian white in my shop made from Cortese in Piemonte.
It is very good, very fresh and fruity.


2nd Moulin de Gasac Classic 2008 Sample tasting.
I received this sample yesterday from Daumas Gassac in Langedoc, one of the top wineries in South France.
At first I supposed, it is very expensive.
However, I found that the expected retail price is only 1000 yen !
Oh ! Then I thought I had to drink this as soon as possible.


Oh ! It is wonderful ! fantastic !
It has very dense fruits, mild tannin and rich flavor.
This soft acidity probably good for a wine beginner in Japan.
I drank up it very fast.

I will buy this ! Please do not sell it the others in Japan.

2010年4月23日

4月22日 (木)
今日のワインはレ オー ド ランシュムーサ ’05

北にラフィット、南はラトゥールというスゴ味のある場所に位置しながら、地味に堅実にポーヤックらしい良いワインを作るランシュムーサ。
そのセカンド的ワインが今日の一本です。
インポーターさんによると「ランシュムーサのセカンドラベルです」という事でしたが、ポーヤックの畑の他に、ランシュムーサが所有する飛び地の葡萄もブレンドされるのか、アペラシオンはオーメドックとなっています。
いずれにしても最近安定してグランヴァンを仕上げてくる手腕が発揮されているのであろう、お手軽メドックのグレートヴィンテージ05年。期待大です。

続きをみる

2010年4月23日

4月21日 (水)
今日のワインはアヴィトゥス ピノノワール ’08 ¥1,450。

ボルヴィックをはじめ良質なミネラルウォーターの採水地として知られるオーヴェルニュ地方で、冷涼な気候を活かしてブルゴーニュ品種を栽培するワイナリーです。
「オーヴェルニュ」という響きに想像するミネラル分豊富なテロワールと高地の澄んだ空気と・・・なんかとってもおいしそうです。

続きをみる

2010年4月22日

4/21
汗ばむようなポカポカ陽気。まるで、春のようですね。。。
ってか、春ど真ん中でしょ。こっちが、ほんとだわい。


P1280769.JPG


1本目 アルガブランカ イセハラ 2009 ¥2730
噂のイセハラ。2009年を飲むのは初めてです。
「山梨県笛吹市で契約栽培する『風間正文氏』所有、小字名の伊勢原圃場の単一畑から収穫された甲州種のみを原料葡萄に求め醸造し、類稀なテロワールの個性を醸し出した逸品です。」とラベルに書いてあります。
アルガブランカは、醸造にいろいろな工夫をしているシリーズが多い中で、これはいわばブドウをただ搾って素直に仕込んでいるんだそうです。
それなのに、これだけのキャラがたつのが、ワインの不思議なところ。
豊かなアロマと、ミネラル感。厚みのある果実味。
きのうのソレイユといい、昔のうすっぺらな甲州ワインをしる長老なわたしには、驚き、モモのき、ふぁんきーもんきー、の連発であります。
人気が高く普通には売ってません。
当店では、5月5日に予定されている”日本の稀少ワインセール” にて、20本のみ販売します。
先着順、お一人様一本限定となります。よろぴく。


2本目 タケダワイナリー サンスフル 赤 2009 ¥1680
天童市の花輪さんが栽培したマスカットベリーAを亜硫酸無添加で仕込んで、そのまま瓶詰めしたもの。
思えば、典子さんとの出会いは、このワインの2004年のファーストヴィンテージから始まっています。


古い日記、みんな若いなあ。
 


あれから、どんどん洗練されて、このサンスフルもメジャーになりました。
とにかくキレイな酸と、自然で溌剌とした命を感じるワインです。
いやあ、美味しいです。2009年は15,000本ほど仕込んだそうで、しばらく在庫が続くとのことです。
これ、ぜひお勧めします。日本ワインファンの方は必飲。


Apr. 21
It was a springlike warm day today.
No ! We are in real spring. The other days were too cold !


1st Aruga Branca Vinhal Issehara 2009 2730 yen
This Japanese white is very difficult to find recently because of a small production and very popular.
It is made from 100 % Koshu grape grown in the single vineyard "Issehara".
It has strong aroma, fine minerals and big volume of fruits.
I am surprised at drinking such a big Koshu wine.
Koshu grape used to be a very light and simple wine.
Soleil Koshu, I drank yesterday, and this Aruga amazed me a lot !
On the next sale, May 5th, we releases 20 bottles of this rare wine with FCFS.


2nd Takeda Winery Sans Soufre 2009 1680 yen
It is made from 100% Muscat Bailey A grown in Hanawa Vineyards in Yamanashi.
The winery fermented, matured and bottled this red with no sulfur.


It reminded me I knew Noriko-san, the winemaker of the winery, by the first vintage of this wine 6 years ago.


My old diary


Then this red is gradually getting very popular.
I love this pure fruits and beautiful acidity.
I am impressed in this natural and living taste.
Delicious !
Produced 15,000 bottles.
I strongly recommend this for every Japanese wine lovers.

2010年4月21日

4/20
昨日の朝、外からこっそり覗いた”親も同然な”中央葡萄酒・グレイスワインの三沢社長がご来店。
お久しぶりです。
こっそり覗いたの叱られるのかと思いましたが、違いました。
                     

P1280765.JPG
             


三沢さんは、今、甲州ワインの海外輸出に、大変な努力をされています。
今日ウチにみえられたのも、ワイン好きな消費者の動向などの市場調査のためです。
思えば、「日本のワインを世界に輸出しよう!」 と最初に唱えたのは、今は亡き麻井宇介先生でした。
その意思を受け継ぐのが、まさに三沢さん。
同じく師と仰ぐ麻井さんの昔話で、おおいに話が弾みました。


三沢さん、がんばってください。ワタシも、ハゲながら応援しています。

         

P1280766.JPG
           

1本目 ソレイユ甲州 2009  サンプル試飲
うーむ、すばらしい。おとといワイナリーの売店で購入。
今までのヴィンテージの中でも傑出しています。
ものすごい果実味と、研ぎ澄まされたミネラル感、心地のよい長い酸。
よい造り手のシャブリ・プルミエクリュとか、プイィフュッセの上級ものを飲むかのようです。
これは、抜群ですね。
うちの店では、1575円で販売する予定です。
それって、安すぎます!いやほんと。


2本目 イケダワイナリー マスカットベリーA 2008 サンプル試飲
ワイナリーの売店で購入。しっかりとした厚みを感じるベリーAです。
果肉のあつみ、あと味にかすかな苦味がアクセント。
あとから甘いフレーバー。飲みごたえもあります。やっぱ、とってもよいですね。
ウチの店で1500円くらいで販売できます。これ、買います!
ってか、売ってもらえるでしょうか? トライっ!


Apr.20
I received Mr. Misawa, the owner of Grace Wine in Katsunuma.
Recently, he has been making a great effort for exporting Japanese wine to EU, especially London first.
He came to my store to research international wine market.
I respect his passion a lot.


1st Soleil Koshu 2009 Sample tasting
Wonderful ! I bought this the day before yesterday at the shop of the winery.
It is an outstanding vintage I have ever drunk.
I felt huge fruits, excellent minerals and elegant-long-beautiful acidity.
I felt I were drinking as if Chablis 1er Cru or a very good Pouilly-Fuisse.
It is an outstanding Koshu !
The expected my store price is 1575 yen ! Oh ! It's pity ! too cheap !


2nd Ikeda Winery Muscat Bailey A 2008 Sample tasting
I bought this yesterday at the shop of the winery.
It has a big body, rich taste and flavor, a full body style of Muscat Bailey A.
There are a lot of fruits and slightly bitter.
Total balance was very nice.
I like this unique style of Bailey A.
The expected my store price is around 1500 yen.
I want to buy this. Try to ask for.

2010年4月21日

4月20日 (火)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2010年4月21日

4月19日 (月)
今日はバローロ。

続きをみる

2010年4月20日

h100420.jpg

念願のマットレスを購入しました。ついでに枕も新調。別々に購入したわけですが、実際使ってみるとこの組み合わせが実に合わなかった。実際一晩寝て合わせてみないとわからないですね。。。人生、3分の1が睡眠時間です!快適な睡眠人生、これは貴方がより早く見つけ出し、実行することが得する人生でありまして・・・(本当か!?)


 BY スイミンままなか

続きをみる

2010年4月20日

4月18日 (日)
今日のワインはピエール ヴェシゴー プイィフュイッセ ’07

続きをみる

2010年4月20日

4/19
勝沼は、朝から良いお天気。
みゆき荘の周りを散策。

P1280706.JPG


このあたりは、古いお寺が大変多い所です。

続きをみる

2010年4月20日

4/18
今日と明日、めずらしく連休。
daimajoさまと、どっか一泊で出かけようという話になり、箱根? 伊豆? 房総?
といくつか候補があったなか、結局、山梨に行くことになりました。

山梨には、毎月のように来ていますが、プライヴェートで観光したことがありません。
今回は、観光に徹しようと決めての訪問です。

%B2%CF%B8%FD%B8%D0.jpg


河口湖から御坂経由で勝沼へ。

続きをみる

2010年4月20日

4月17日(土)
今日のワインはミッシェル アルマン ロゼ ダンジュー ’08

ほんのり甘くてかき氷のシロップみたいな後味に、そろばん塾の帰りに立ち寄った駄菓子屋さんをふと思い出してしまったロゼ ダンジュー。
これって何がドンピシャかなぁ・・・と考えていたら、また今日もたこ焼が登場してしまいました。

続きをみる

2010年4月17日

4/16 寒い、寒い、ちょー寒い。。。あ、雪だ!!

P1280659.JPG

1本目 パンゴリン シャルドネ 2009 ¥850
そういえば、ヴィンテージが2009年に変わってから、飲むのはじめてかも。
おお、立派な酸ですね。いままでのパンゴリンには、なかった存在感あるエレガントな酸と心地よいミネラル。
これ、素晴らしく、よろしいのではないでしょうか?
ブルゴーニュの白に匹敵するかのようですわ。850円ですぜ、だんな。
ワールドカップも、もうすぐだし、南アフリカ、ますます売れそうね。


2本目 ボデガリュルトン 赤 2009 ¥850
このアルゼンチンの定番も2009年にヴィンテージが変わりました。
で、またラベルが変わってます。
ワインのサブネームも、
ティエラ デル フエゴ → ランド オブ ファイヤー → ティエラ デ ルナ と変わっています。
変えるのが好きなワイナリーですね。
・・・
ラベルに品種の表示も加わりました。
シラー、マルベック って書いてあります。
ワインは、とても落ち着いてバランスよし。
ブライドならば、ニューワールドとは、ワタシは絶対思わないでしょう。
ちなみに、昨年の国別ワイン輸入量の伸び率 第一位は、南アフリカ。
第二位はアルゼンチンだそうです。


Apr. 16
Cold ! Cold ! It's very cold !
Oh ! It's snowing ! Snow in April !


1st Pangolin Chardonnay 2009 850 yen
It maybe first time I have drunk this new vintage 2009.
I am surprised at finding a beautiful acidity and minerals.
It is an outstanding Chardonnay, isn't It ?
This white, only 850 yen, may be rivaling the Burgundy white.
FIFA world cup will be held soon in South Africa.
I hope this will sell well more.


2nd Bodega Lurton Tierra de Luna 2009 850 yen
This Argentina red has changed to 2009 vintage.
Also the name has changed land of fire into Tierra de Luna.
It is very good balanced, very elegant style.
If I drink it by blind tasting, I would say " I am sure it is not New World."
Very good wine made from Syrah and Malbec.


In 2009, the fastest-growing country of wine consumption in Japan was South Africa and the second was Argentine.

2010年4月17日

4月15日 (木)
今日のワインはオリヴィエ メールラン プイィフュイッセ ’07

ジュラ地方やカリフォルニアでワインづくりを学んだオリヴィエ メールラン氏がマコネにドメーヌを購入したのは1987年。
前オーナーの真面目な畑仕事のおかげで畑の状態がとても良かったこともあり、瞬く間にその才能を開花させマコネを代表するつくり手のひとりとなりました。
つくり手の手腕が試された07年。名手メールランのプイィフュイッセは・・・

続きをみる

2010年4月16日

一昨日オランダに行ってきました・・・


kh100416-1.JPG

続きをみる

2010年4月15日

4/14
ふた晩、続けてイベントがあると、ダメージが残ります。
若い時分には、毎晩深夜まで飲み歩いても、へっちゃらのぺーだった。
いまでは、ワタシがおじいちゃん。

P1280656.JPG

1本目 アラウカーノ カルメネール ロゼ 2008 950円 新入荷
チリのロゼ、新入荷。本当は、ひとつ下のクラスのアルボリトスのロゼをオーダーしたのですが、
在庫がないということで、勝手にひとつ上のクラスのロゼが安い価格で入ってきました。
事前に連絡無し。まっ、高いのが安く手に入ったんで、文句はないのですが、現地で作成したウララベルはアルボリトスのまま。
仕方なく、上から上貼りしています。
一応、出荷前に連絡してね。ってワイナリーに言おうかと思ってた矢先、大地震。
いえなくなっちゃった。
このワイナリー、震源地に近く、結構被害があったそうです。
幸いけが人など、人的な被害はなかったとのこと。まずはよかったです。


さて、これはとても美味しいです。
赤いアセロラ、クランベリーといった果実味があふれます。
伸びのある酸と、ミネラル感。キレのよい後味。
おすすめです。950円は格安。


2本目 ロス アルボリトス カベルネソーヴィニヨン 2008 950円 新年号
欠品していたアルボリトスのカベルネが新年号で再入荷。
と、思ったら、ガラッとラベルが変わっておりました。
事前に連絡無し。しかも JANコードが違ってる。
一応、出荷前に連絡してね。ってワイナリーに言おうかと思ってた矢先、大地震。
マイナーチェンジなら良いのですが、こう大胆に変わるとワタシがお得意先から怒られるのよ。
ま、しゃーない。
クオリティーは、あいかわらず御見事。抜群のCPであります。


Apr.14
Some damage was left over from yesterday.


1st Araucano Carmenere Rose 2008 950 yen New arrival
It is a bland-new rose from Chile made by 100 % Carmenere.
It is a really charming wine with red fruits, beautiful acidity and good minerals.
After taste is very elegant.
950 yen is super bargain, I think.
I recommend this very much.


2nd Los Arbolitos Cabernet Sauvignon 2008 950 yen New vintage.
Finally, we received this new vintage. It had been out of stock for while.
The label has dramatically changed.
The quality is very high as usual.
It has a very high value for money.

2010年4月15日

4月14日 (水)
今日は休肝日。
休肝日とはなんの関係もないのですが、さて、なんの芽でしょう?

続きをみる

2010年4月15日

4/13
ワインエージェント 金井事務所のお招きで、スペイン・ナバーラ地方 ”ボデガス・チビテ社” の「グラン・ヴィノ・デ・アリンサノ」発表ディナーに伺いました。

P1280526.JPG


会場は、日本橋のレストラン サンパウ。
おおっ! サンパウといえば一番偉いのスペイン・カタルーニャ料理の名店。
鬼のように素晴らしいレストランと噂に聞いております。

続きをみる

2010年4月14日

h100414.jpg


連日寒暖差が激しい天気ですね。ようやく暖かくなったかと思うと翌日寒くなる。こうなると、冷たいお蕎麦を食べる昼食の日もあるし、暖かいお蕎麦を食べる日もあり。冷たい缶コーヒーを買う日もあれば、ホットコーヒーを買う日もあるわけで。おかげで体調は崩れたし、野菜も天候不順で高騰とか・・。佐倉はもう...いや....桜はもう散ってんねんで!!神様、そろそろ春らしいポカポカ陽気にしてくださいヨー。今日はオセロでいうと白ってとこでしょうかね。暖かったです。明日は黒?

続きをみる

2010年4月14日

4月13日 (火)
今日は昨日の勉強会で残ったワインをちびちび。

続きをみる

2010年4月13日

4月12日 (月)
今日はスタッフ勉強会の日。

続きをみる

2010年4月13日

4月12日スタッフ勉強会。

ワインスペシャリスト、内藤社長による『リラックスの自然派ワイン』。

c10041214.JPG

注:これらを全て飲んだわけではありません。

続きをみる

2010年4月13日

4/12
営業終了後、スタッフのワイン勉強会を実施。
今回の当番は、ひさしぶりにワタシであります。

P1280511.JPG


テーマは 「カーヴドリラックスの自然派ワイン」

続きをみる

2010年4月13日

h100309-1.jpg
今日(3月9日)は、マスターこと人見さんのイタリアワイン勉強会。テーマは、『料理とのマリアージュ』です。
筆記は、ままなかこと濱中が、撮影はチョコっとこと島元が担当いたします。

続きをみる

2010年4月13日

4月11日 (日)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2010年4月11日

h100411.jpg

通勤路、決まった場所でかならず鳴いてくれるホトトギス。春を実感します。が、このホトトギス、音痴です。「ホーホケキョ」のイントネーションが違うのです。言葉にすると「ホーホホホ」って感じ。これが逆に愛くるしくて、毎朝癒しをくれます。明日も期待しています〜

続きをみる

2010年4月11日

4/10
やっと暖かくなってきました。
お料理当番。

カツオのたたき


P1280502.JPG

続きをみる

2010年4月11日

4/9
某所で外飲み。グラス泡→白ワイン→赤ワイン。
最後は、タケダワイナリー・サンスフル赤 2009。
家に帰って、さらにシャルドネ。飲みすぎ。

P1280495.JPG

Apr. 9
I went to some restaurant and drank sparkling, white and red wine.
Finally, I enjoyed Takeda Winery Sans Soufre rouge 2009.
After I came back home, I drank some Chardonnay as well.
Too much drink.

2010年4月11日

4月9日 (金)
今週は試飲会ラッシュでした。
一昨日も昨日も今日も試飲会。ブルゴーニュを中心に200種類以上のワインを、色を見て香りを嗅いで味覚で確かめ(それなりに、しっかりと)記憶しました。
あ、試飲会場に新入社員(?)の遠田さんみっけ。

さすが新入社員(???)真面目にテイスティングしてますね。


今日の試飲会では、テイスティングの後の「ペッ」をいつもより念入りに行いました。
なぜなら今日は休肝日。
明日は早起きなので、コイケくんも急いで食べてさっさと寝ました。

続きをみる

2010年4月10日

今日は仕事上がりに当店自慢の千葉産DRCコンビとディナーです。
副店長人見氏も行きたがっていたけど軽く抜け駆けです。


1ブロック位外れた所でタクシーを降りてしまい、人通りもまばらな夜の昭和通りをちょっぴりどきどきしながら3人で進むと
「あ!カレーの匂いがするっ!」←ハラペコ幡野氏
「ホントだ!」
って匂いのする方にちゃんとありました。

ヴェルファーレのエントランスの1000分の1縮小版といった感じのキラキラした階段をのぼって扉を開くとそこは・・・

続きをみる

2010年4月 9日

4/8
桜は、まだ散りませんね。

P1280494.JPG

1本目 ドメーヌシガリエール ソーヴィニヨン 2008 ¥1200
きれいなワインです。ラングドックのエコスール認定のビオロジック。
私たちのオリジナルワインです。手前味噌ですが、すばらしい。


2本目 ドメーヌシガリエール シラー 2007 ¥1200
これも、オリジナルのビオロジック。
素直な果実味が持ち味。
還元臭も、ブーな感じも、一切なし。
よいですわ。


Apr. 8
Cherry blossoms are still in full.


1st Domaine Cigaliere Sauvignon 2008 1200 yen
It is a really clean organic wine from Langedoc certificated by Ecosert.
It is my original wine.
I did well if I do say so myself.


2nd Domaine Cigaliere Syrah 2007 1200 yen
It is also our original organic wine from the same winery.
I love this clean fruits. It has no bad smell.
Very good.

2010年4月 9日

4月8日 (木)
今日のワインはミッシェル ブーズロー ブルゴーニュ アリゴテ ’07

ドメーヌはムルソー村に位置し、ムルソーとピュリニーモンラッシェをメインに12ha程の畑を所有します。
赤もつくっていますが、ミネラル感に溢れ、透き通った果実味がギュギュギュっと詰まった白がなんと言っても出色です。
難しかったと言われる07年。そして下手するとすっぺーアリゴテですが、しなやかさの中に旨みを閉じ込めるブーズロースタイルは、その旨みをうまく封じ込めることはできたのでしょうか?

続きをみる

2010年4月 8日

4/7
三国ワインさんのお招きで、ジョセフ・ドルーアン創業130周年ガラ・ディナーに参加しました。


P1280373.JPG


P1280375.JPG


会場の、シャングリラホテル東京には、約100人のワイン業界関係者が集結。

続きをみる

2010年4月 8日

4月7日 (水)
今日のワインはシャトー オーバージュモンプルー ’04

ポーヤック村のほぼ中心に畑を所有するクリュ・ブルジョワ シャトーです。
その畑は20世紀のはじめまでシャトー デュアールミロンの一部だった輝かしい過去を持っていたりもします。
当然のことながら今日でもシャトー デュアールミロンに隣接する好区画。カベルネソーヴィニョン主体にメルロとカベルネフランのセパージュで、通好みの隠れた逸品を仕込みます。

続きをみる

2010年4月 7日

h100405.jpg

風邪の引き始めから今日でちょうど1週間。ピークは週末にきましたが、今も引きずります。ひょっとしたら花粉症?も併発しているのか、時々目がかゆくなる。。

さてそんな風邪を引いて熱が出てる時って怖い夢を見ますよね。昨夜の夢は、偶然にも大金を路上で拾って、金に目がくらんだ僕が持ち逃げするストーリー。その金を追う刑事に問い詰められるけど、巧みな嘘とアリバイ工作を重ね、一度、二度は逃げ切るも序序に裏をとられ、問い詰められて犯行の自供までもっていかさせる・・そんなハラドキ系の夢でした。目が覚めた時は、全身汗びっしょり。。。夢でよかった〜と思う反面、もうちょっとこのスリリングな展開を見てみたかったなって・・今このブログ書きながら思うのでした。

続きをみる

2010年4月 7日

4月6日 (火)
今日のワインはシャトー フォングラーヴ ボルドー ルージュ ’06 ¥1,350。

ボルドーの富豪農家が仕込む、庶民派ボルドーです。
どのくらいの富豪なのかと言えば、こち亀の中川巡査んちみたいな富豪なんだ、と大魔王の日記で知りました。
実際ガレージにはフェラーリがごろごろしていたそうです。いいなぁ・・・
そんな富豪ならお金に物言わせてグランヴァン作っちゃえばいいじゃんと思うところですが、グランヴァンはいくらでも買えるし、お屋敷の地下セラーにごろごろしてるので、カジュアルで肩の凝らない、でもちゃんとボルドーらしい魅力のあるワインをつくりましょう、といった富豪の余裕みたいなものを勝手に想像します。
それにしても、いいなぁ・・・フェラーリがごろごろ・・・。

続きをみる

2010年4月 7日

4月5日 (月)
今日のワインはシャトー ボーシット ’04

beau =「良い、美しい」 site=「景観」という名の通り、シャトーと葡萄畑はサンテステフ村北部の眺めの良い高台に位置します。
緩やかな斜面をジロンド河に向け下って行くと、お隣さんはハートのラベルのカロンセギュールという好立地ながら、その存在はとっても地味でお値段も手頃。ヤギ好みです。
カベルネ主体(例年ほぼ7割以上)の頑固なスタイルに最近は洗練が加わりつつも、どこか古典的で垢抜けないサンテステフらしさが相変わらずイイ感じ。ヤギ好みです。

続きをみる

2010年4月 6日

4月4日 (日)
今日は寒かったです。
店の中にも忘れかけていた「あの」冷え込みが戻って来て、寒い寒い文句を言っているうちに一日が終わってしまい、寒かったねぇ、今日は、と話しながらの晩ご飯。
ワインはカーヴ ド ヴィレ ヴィレクレッセ ’08です。

続きをみる

2010年4月 6日

4/5
寒い、寒い、寒い。
桜が咲いたというのに、この寒さ、何なの?


お料理当番。

ゆでアスパラガス


P1280352.JPG

続きをみる

2010年4月 5日

h100404.jpg


ままなかファームへようこそ。

せっかくお花見絶好のタイミングである週末でありましたが、私、珍しく風邪で体調崩したので外酒は禁止しました。外酒無いってことは内酒はあったんだけどね・・。ちょっとですけど・・。

さてそんな酒ネタ無しの時は、ままなかファーム※にお付き合いください。


※ままなかファームとは、ままなかさん家のベランダで栽培している農作物の栽培過程をお知らせするコーナーです。


うちのサンジョベーゼ君がついに芽吹きました。夏に水不足による葉焼けをおこしてしまったので、秋終わる前に葉が全て散ってしまったので、どうかな?って心配していましたがちゃんと芽が出てくれました!サンジョベーゼのあんどん仕立て。この品種をあんどんで育てているのは日本でどれくらいいるのでしょうかね?


この葡萄、ここ1〜2か月でおそらく劇的に変化が表れると思うので、近々にまたファームの時間を設けることになるでしょう。ではまたその日まで、

2010年4月 5日

4/4
おお! 準備構想3年を経て、ついに 「遠田外食日記」がスタートしました。
びっくりしました!

P1280356.JPG


1本目 ソロパカ ファランギーナ 2007 ¥1480
南イタリア・カンパーニャ州産の地場品種ファランギーナで仕込まれた自然派ワイン。
すっきりとした柔らかな風味。飲むほどに輪郭がはっきり現れます。
かなりよいですね。


2本目 ヴァッリ ウニト コッリ トルネージ バルベーラ 2006 ¥1890
ピエモンテ産の自然派バルベーラ。
はじめ還元的なニュアンスあり。
さっそくデカンタしてみたら、すっと消えてキレイで、厚みのある果実味がドーンと出ました。
重さがないけど、飲みごたえたっぷり。
バルベーラならではの、優雅な酸。
うん、久しぶり。


Apr. 4
It was very cold day even though the cherry blossoms were in full.


1st La Vinicola del Vecchio Solopaca Falanghina 2007 1480 yen
It is an organic white wine from South Italy made by Falanghina, a local
grape variety.
I like very much this clean and fruity touch.
Very good !


2nd Valli Vnite Colli Tortonesi Barbera 2006 1890 yen
It is also an organic wine from North Italy made by Barbera.
At first, I felt some reductive flavor.
Then I did "decantage" and the flavor disappeared.
At last, big fruits appeared.
I enjoyed a lot for the typical style of great Barbera.
Very good !

2010年4月 4日

4月3日 (土)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2010年4月 4日

4月2日 (金)
今日のワインはロベール シルグ ブルゴーニュ ピノノワール ’07 ¥2,300。

ブッフブルギニョンがほしくなるような、シブシブでガシガシな古典的スタイルを貫くロベール シルグ。
ヴォーヌロマネからニュイサンジョルジュにかけて位置する4つの区画からつくられるACブルゴーニュもまたしかり。
ヴィンテージに関わらずシブシブのガシガシで熟成待ちが必須だったのですが、07年は様子が違い、なにやらもうおいしいよ、ともっぱらの評判です。なにか心変わりがあったのでしょうか?

続きをみる

2010年4月 4日

先日友人と行った八丁堀のとあるお店での写真。
ハラペコさんにはつらい一枚ですねぇ〜。

kh100404-1.JPG

続きをみる

2010年4月 3日

新入社員の遠田です。

続きをみる

2010年4月 3日

4/2
手巻き寿司。久しぶりです。


P1280345.JPG

やっぱ、手巻きが一番ですね。

続きをみる

2010年4月 2日

4月1日 (木)
今日はカーヴドリラックスの大お花見会。

続きをみる

2010年4月 2日

4/1
今夜は店のお花見でワイン三昧。

P1280321.JPG


Q : あれっ? ワイン飲むの昨日で、やめたんじゃなかったの?

続きをみる

2010年4月 1日

3月31日 (水)
今日は休肝日。

続きをみる

2010年4月 1日

3/30 休肝日


3/31 休肝日。 おお、2日連続、珍しい!


4/1
4月になりました。
事情があって、ワタクシ、ワインを飲むことができなくなりました。
これからは、販売一本で頑張ります。
そんなわけで長らく、ご愛読いただいた「ペログビワイン日記」は、本日をもって終了いたします。


P1230531.JPG


明日からは、装いも新たに 「ペログビ休肝日記」 として再出発いたします。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。


Mar. 30 No wine day
Mar. 31 No wine day


Apr. 1
Spring has come.
According to some reason, I 've got have to give up wine drinking anymore.
Then I quit this "Perogubi Wine Diary", as of today.
Then I will start "Perogubi No Wine Diary", as of tomorrow.

2010年4月 1日

3/29
本日、渋谷の老舗のワインバー”ビストロ アンドラ” のパーティーにお招きいただきました。
思えば、ワタシのワイン屋人生は、28年前にここから始まっています。


P1280295.JPG


当時、大学4年生。

続きをみる



▲ このページの先頭へ