2010年1月31日

h100131.jpg

昨夜は懐かしい仲間と新年会。3軒ハシゴし最後はカラオケ。カラオケ出た時は始発の時間・・。お疲れさまでした。。僕が飲んだお酒は次のとおりです(記憶のあるかぎり)ビールの大ジョッキ2杯。ハイボール2杯。ホッピーサワー2口ほど。ウーロンハイ4杯ぐらい。あとどうしても思い出せない日本酒1合。3軒にしては少ないかな?とにかくいっぱい食べたし、長い時間かけてこの量だし、あと普段ワインを飲んでいるからかアルコール分少ないお酒ばかりだったので正直酔わなかった。これって自慢するところじゃなくてマジでやばいかな?。そして今夜もワインをしっかり飲むし。。。ま、明日は休肝日だし。考えない考えない、やまなかいや、ままなか考えない。楽しくお酒を飲むだけ。それに尽きる。

続きをみる

2010年1月31日

1/30
やぎ店長は、3箇所も骨が折れていたそうです。
復帰は、まだ当分先になりそうです。
で、ワタシも腰を少し痛めてしまったようです。
今日も腰にコルセットを巻いて、一人で100ケースほどワインをおろしました。


P1270374.JPG


1本目 ドゥースナチュール シャルドネ 2006 1380円
南フランス産、エコスール認定の自然派の白。よい熟成を見せています。
どうということのないシンプルなスタイルですが、自然においしいです。


2本目 テラヴィティス コートデュローヌ 2007 1050円
画像は、スクリューキャップに変わった新入荷の2008年です。
2007年は最後の在庫。店頭はもう2008年のなっています。
じゅくっとしたプルーンみたいな果実の風味。
この自然派ワインも、とってもおいしいですね。


Jun. 30
I have to work physically hard recently because our store manager in the
hospital due to fracture.
I also feel backache a bit.
I unloaded 100 cases of wine alone today.


1st Douce Nature Chardonnay 2006 1380 yen
It is an organic Chardonnay from Languedoc.
It shows very good mature.
It is a simple wine but tasty.


2nd Terra Vitis Cotes du Rhone 2007 1050 yen
The picture is 2008 vintage, a new arrival.
This 2007 vintage is my last stock.
The store stock has been already changed to 2008.
I like this red jammy red fruits very much.
This "nature" is also very good !

2010年1月30日

1/28
お料理当番。

お刺身

P1270321.JPG

続きをみる

2010年1月29日

h100129.jpg

今のご時世、デフレといわれてますが、当店の事務所内では不景気ふっとばすように、お菓子の山が・・。いつもは誰かのお土産が机の上にあって食べて無くなればまっさらな状態になるはずなのに最近はお菓子が無くなると誰かが補うという、常にテーブルの上に食べ物があるという状態。デフレスパイラルといわれる負の連鎖とは真逆の状態で、ここだけは消費拡大、景気を刺激する動きとなっている。外の世界もまずはお菓子からやってみてはいかがなものかと!身近なもの、手に取りやすいものからはじめる事によってデフレ脱却への近道を模索したい・・気をつけたいのは体重増加への近道ともいえることでありますが。。

続きをみる

2010年1月29日

1/27
某所で某新年会。


P1270310.JPG


いろいろ飲んだ後、2次会で、お店のおすすめボルドー・ルージュ。
なかなかクラシカルでよろしかったです。
ドボン。


Jan. 27
I attended to some new year wine dinner party at some place.
I drank a lot.
Finally, I drank some Bordeaux red.
It was nice.
I drank a lot.

2010年1月28日

h100128.jpg

どこか体の一部が痛むと他にも違和感を感じはじめる年頃。例の右膝は夕方以降になると痛みだし、今日は顔の左側リンパの部分に軽い痛み、そして冬型の腰痛も重なり、右上奥歯の違和感、そして食べ過ぎ、胃のもたれなどなど・・・ありましたので・・・・自分の胸に手を当てて背筋を伸ばし首を空に向かわせ目をつむり「もう若くないんだから」「もう若くないんだから」と自分に言い聞かせ、今夜も早寝することにします。おやすなさい。

続きをみる

2010年1月28日

体調のよくない日に家族につくってもらった夕食。
主婦のみなさん、体調悪いときにはムリせずに家族に頼りましょう。


y100128.jpg


レトルトミートソースに椎茸ソテーを投入。

続きをみる

2010年1月27日

h100127.jpg

今年早々起きた神(カミ)の出来事。母親に電話で昨晩は何を食べたのか尋ねられたので「ベーフシチュー」とカミ答えしてしまった私。母も「へー、ベーフシチューを食べたのね〜」とカミ返しの母。これぞ神がかり。やはり親子ですね。。カミ様はいとも簡単に我々に降りた瞬間でした。。。

続きをみる

2010年1月27日

1/26
野山を散策中、梅の花を発見。

2010-01-26%2013.41.32.jpg

寒い日が続きますが、春は確実にやってくるようです。
あ、花粉もか!


P1270308.JPG


今日は、超プチお料理当番。お刺身だけ。
八丈島のカツオ、福島のみず蛸、青森のヤリイカ。
おっと、初鰹ですね。早っ!


P1270309.JPG


1本目 チェスコン ソーヴィニヨン 2008 ¥1050
カーヴドリラックスのど定番のイタリアワイン。
自然農法で栽培されたヴェネト産のソーヴィニヨンで仕込まれています。
クリーンな果実味が特徴。すいすい飲めます。よいです。


2本目 チェスコン ラボッソ 2007 ¥1050
赤も、ど定番。ラボッソ種はヴェネトの地ブドウ。
濃さとやわらかさのバランスが絶妙。
飲み応えがあって、優しく、穏やか。
わたし、こういうワインが好きです。


Jan. 26
When I walked around country side, I found plum blossoms.
Even though it has been cold, Spring rolls around.


I cooked a part of dinner, sashimi.


1st Cescon Sauvignon 2008 1050 yen
Cescon is the No.1 Italian wine in Cave de Re-Lax.
It is made from Sauvignon in Veneto grown by natural farming method.
It is very natural and clear, very easy to drink.
Very good.


2nd Cescon Raboso 2007 1050 yen
Raboso is one of the best seller wines in Cave de Re-Lax.
I has really nice balance between thickness and softness.
It is a so elegant style, lovely and charming.
I like this very much.

2010年1月26日

h100126.jpg

年賀状お年玉くじ。今日チェックしました結果・・
三年連続、切手シートさえも当たらずガクッと落ち込んでいたところ。たった2ケタも当たらず切手シートを逃し、どうしてジャンボ宝くじ当選を目指すのか。いや、松方弘樹だって普段は小物を目指して釣りをしているのではない!そう心に決め、見事巨大マグロを2年連続も一本釣りしている!すごすぎる。男の中の男だ。わかった。僕も巨大マグロぐらい大きなものを釣ったるど!獲ったるど!年賀状お年玉クジなんて所詮ちっぽけなもの。それに当たってしまったら人生のツキを失ってしまう。そう、僕はこれでいいんだ!これからなんだ!  と開き直りも大事かなって2010年のこれからを考える今日この頃。

続きをみる

2010年1月26日

1月25日 休肝日

ヤギ日記の絶筆期間をフォローするスタッフのみなさんのブログ、ご苦労様です。


さて、ワタシは、メルシャン入社から数えると、ワインビジネスに携わって27年になります。
今では、わたしがおじいちゃん。
自称 ”わが国を代表するワインスペシャリスト” であります。


そんなワタシではありますが、よっしー、と同様、いまだに、
”テンプラニーリョ” か、”テンプラリーニョ” か判断が出来かねます。


わたしがまだ若いころ、日本ワイン界にはワインの呼称をめぐり、大きな議論がありました。
いわく、”アロックス・コルトン”か、”アロス・コルトン”か ?
いわく、”ムーラン・あ・ヴァン”か、”ムーラン・な・ヴァン”か?


いいオッサンがかんかんがくがく。
情報が少なくて誰もわからない。
渡仏の機会などあれば、帰国後に、現地では、こちらが正しかった、エッヘンと、鼻の穴を膨らませていたものです。
これらは、こんにちでは、”ニッポン” か ”ニホン” かのように、ま、どっちでもいいってことが判明しています。


国を隔てると情報が乱れるのは、インターネット全盛の今日でもたいして変わりません。
昨日も、業界の新年会で、某本当の日本を代表するワインスペシャリストの先生が、
「今入った情報だが、ロバート・パーカーが死んだ。」と伝え、会場は大騒ぎ。
あとでわかったことですが、実際に死んだのは、我々の業界に縁の深い ワイン評論家のロバート・M・パーカーではなくて、
推理小説作家のロバート・B・パーカーでした。あはは。


さて本題ですが、ニーリョか? リーニョか?
と迷ったときですが、良い解決策があります。

「このワインは、てんぷら ”に” よくあう。」 と覚えましょう。

犬が寝るから”ケンネル”、 ”インステル” (淫捨てる)ことは本能との戦い、 のあれと同じ。

テンプラ ”に” で、ニーリョ。
ワタシは、これで、間違わなくなりました。
さすがは、日本を代表するワインスペシャリストですね。

2010年1月26日

仕事をしている主婦のカンタンスピードメニュー。
焼きそば。


y100126yakisoba.jpg

キャベツがなかったので、タマネギともやし、挽き肉で作りました。もやしはさっと洗うだけで包丁いらず。忙しい主婦のミカタです。(ヒゲ根とりなんて、もちろんやりません)

続きをみる

2010年1月25日

h100125.jpg

2009年度末から月曜日は私、休肝日とするよう、ままなか家法案を定めました。ハイサワーロックをはじめ、新たにヘルシアースパークリングを飲んだりとその日の気分に合わせて”お供”を変えています。ちなみに流行りのノンアルコールビールについては僕の口には残念ながら合いませんでした。メーカーさんすみません。。

続きをみる

2010年1月25日

池田書店 ワイン[ 楽しみ方 ] の基本 (君嶋哲至 監修 2010年1月26日発行)で、

P1270293.JPG


カーヴドリラックスがおすすめ案内人のSHOPといして掲載されました。


P1270300.JPG

で、おすすめワインのコーナーで、ワタシは日本のワインと、

P1270305.JPG

何故かイタリアワインを担当しています。


P1270301.JPG

2010年1月25日

1/24
カーヴドリラックス大創業祭・開店11周年セール初日。
セール担当のヤギ店長を、大破で欠いたセールのため不安でしたが、
人見副店長をはじめスタッフの皆さんの頑張りと、ワタシの頑張りで何とか準備を間に合わせました。


P1270289.JPG

幸い予想を遥かに上回る大勢のお客様に、お越しいただきました。
「11周年おめでとうございます。」と、たくさんのお客様にお声がけをいただきました。
暖かい言葉をいただくと、人はうれしいものです。
心より、「ありがとうございます!」 お礼申し上げます。

P1270286.JPG

1本目 ニールエリス エルギン シャルドネ 2008 ¥2100
エルギンは、南ア・ケープタウンの南東の海岸線一帯。
南アで最も冷涼な地区です。まわりには広大なリンゴ畑が広がります。
そんな涼しい気候をいかしたエレガントなシャルドネ。
フレンチオークの小樽発酵。高いワインの味わいがいっぱい。


2本目 フランク フェラン 2002
シャトー フェラン・セギュール のセカンドワイン。
大昔、このシャトーのオーナーをお招きして、大塚でワインパーティーをしたことがあったっけ。
あのころ私は若かった。有名シャトーのオーナーをお迎えして興奮したものです。
いまでは、ワタシがおじいちゃん。
これ、バランスがとれていて、とっても飲み頃。


Jan. 24
It was the first day of Cave de Re-Lax 11th Anniversary Sale.
I was concerned about the sale's operation because we lacked Mr. Oyamada who is the store manager in charged of fine wine sale due to his fracture.


However, the other staff and I worked hard and managed to handle it.
We received many, many customers. Thank you very much.


1st Neil Ellis Elgin Chardonnay 2008 2100 yen
Elgin is one the most cool areas in South Africa.
There are many apple farms there.
This Chardonnay is a very elegant style caused by the cool weather.
It was fermented in French oak cask.
I enjoyed for the taste of expensive wine a lot.


2nd Frank Phelan 2002
It is the second wine of Chateau Phelan-Segur.
A long long ago, I held a wine party received the owner of this winery.
I was young at that time.
I was so excited by receiving a parson from a famous chateau.
Time passed....
It showed very good mature, the time to drink.

2010年1月25日

美味サライ・特集 「 和食にぴったり甲州ワイン 」 で、


P1270291.JPG


甲州ワインが買える店のリストに、ちゃんとウチもでてました。


P1270282.JPG

P1270283.JPG

ああよかった。

2010年1月25日

クロワッサン・プレミアム No.28 2010年3月号

P1270275.JPG


特集 「 本場ナポリのマンマに教わる絶品パスタの技と心」 55ページで、


P1270276.JPG

カーヴドリラックスのイタリア担当 ”マスター” こと人見氏が、パスタに合わせるワインをセレクトしています。



P1270277.JPG

P1270279.JPG


ほおー、ほおー、なるほど。

2010年1月24日

h090124.jpg

右膝痛が良くなってきたようです。本日テーピングと包帯をほどきました。包帯をめくると、膝を固定していた何重ものテーピングが現れました。これをはがすときは泣くほどつからったです(泣)すね毛にピッタリフィットしていたので、バリバリ、ベキベキとはがしながら「うぅぅぅ、、ああ、、うぅあ!」と声を荒げてしまいました。想像してください!布テープを持ち上げると皮膚が餅のようにひっぱられるのを!これは拷問ですよ。きっとこれで取り調べされたら大抵の人は自白を余儀なくされるでしょうね。すね毛拷問めくりですよ。これに懲りて、痛めた原因となったジョギングの準備運動不足はきっちり行いたいと思います。。

続きをみる

2010年1月23日

1/22
前夜のカラオケのダメージを若干引きずりつつ、郡山より東京に帰宅。


小山田さんの折れた足の骨の、ボルト止め手術は本日無事に終わったそうです。
早い回復が望まれます。


P1270274.JPG

1本目 ソガ ペールエフィス ノーラベル 白 2008 たしか1250円くらい。
ワイナリーの売店で昨年11月に購入したもの。
販売用の白の在庫がなくなっちゃって、やむなく自家消費用のワインをラベル無しで販売したものです。
必要にして充分な味わい。地味ですが、自然な滋味にあふれ、たいへんよろしいです。


2本目 ソガ ペールエフィス 小布施ルージュ 2008 1580円
ウララベルを見ると、「小布施ワイナリーのボトムレンジとして、このワインを飲めばワイナリーの姿勢をわかる”名刺代わり”のワインです。」と、あります。
確かに、1500円台で、日本のワインで、このクオリティーは突出しています。
とくに赤ワインを飲み込んでいる人には、わかって頂けるでしょう。
本当に、ちゃんとやってる。お見事。
メルロー、ブラッククイーンを中心に、カベルネ、ピノノワールを少量ブレンドしているそうです。


Jan. 22
I went back home from Kooriyama by Shinkansen with some damage from Karaoke last night.


1st Sogga Pere & Fils "No Label" white 2008 around 1250 yen
I bought this private wine form the shop of the winery in Nagano last November.
At that time, the winery did not have any standard white wine stock.
Then Mr. Sogga, the owner & winemaker, decided to sell his private daily wine with no label at the shop only.
It has enough quality in this class of white wine.
I like this subtle charm, very natural and clean.


2nd Sogga Pere & Fils Obuse rouge 2008 1580 yen
The back label says " When you drink this basic class of our red, you would know the policy for our wine making."
Exactly yes !
I am sure it is the outstanding red wine in the class of Japanese wine.
I suppose people who drink red wine a lot can find how this red is great.
I was so impressed by the earnest stance of the winery.
The wine is made from mainly Merlot, Black Queen blended small quantity of Cabernet and Pinot Noir.

2010年1月22日

h0100122.jpg


葡萄栽培(プランター)をはじめて1年弱。葡萄を育てることに少し興味を持ち始めた。でもそれは鉢植えに限る。理由はマンション生活だからというのもあるけど限られた小さなスペースで葡萄を成らすということに意義を感じるからである。で、今サンジョベーゼ種をやっていますが別の品種もやりたい。できればピノノワールとかリースリングのような本来冷涼な区域で育つ葡萄品種。別にワインにするわけじゃないけど日本(僕の住まいは川崎)でどんな葡萄に育てられるかが楽しそう。たぶんうまくはいかないだろう・・でもそれが面白そう!ちなみに今日インターネットで検索してみたら、ピノノワールの苗木が1本5000円と出る。た、高い。。とてもじゃないけど買えません。。。それだったらジュヴレイシャンベルタン750mlをカーヴドリラックスで購入します。

続きをみる

2010年1月22日

1/21
今日は郡山。お仕事の後、駅前の ”燦” で、新年会。


P1270267.JPG

新鮮なお刺身に感激。

続きをみる

2010年1月21日

h100121.jpg

ヤギ店長を追うようにして、オードリー春日も左足を骨折しましたね。他人の不幸、笑いごとではないのですが、ニヤついてしまう・・・すみません、ヤギさん、春日さん。僕も膝関節痛で人の事とやかく言えませんね!


さて全然別のお話。オフィスグリコってご存知ですか?ウチの社内にはないのですが今流行っているようですね。なんでもグリコの方がお菓子入りの棚を社内に設置してくれるもので、そのスケルトン棚で見えてしまうお菓子を食べたい人が1個100円で自由に購入できる仕組みで集まった代金は後日集金にくるらしい。自己申告制のような形なので富士の置き薬的な要素もありますが、薬とは違って、欲望のおもむくがままに行動をおこしてしまう危険なボックス。もしもです、もしもウチの会社にオフィスグリコがあったら、とてもとても危険な情景を思い浮かべます。ああ、、危険すぎます。ですからもしウチにグリコさんから営業の方がこられたとしても、私が皆様のウエートのために事前に設置のお断りすること、ここに宣言いたします。

続きをみる

2010年1月21日

1/20
恒例、ワイン業界の賀詞交換会 「サンヴァンサンの会」に出席しました。


P1270265.JPG

本年の会場は、青山アイビーホール。
いつもの人、懐かしい人、初めてお目にかかる人など多数のワイン関係者と懇親を深めました。
普段飲む機会のない、いろんな美味しいワインと、不味いワインをいただきました。


Jan. 20
I attended to a new year party for wine business industry in Japan.
I saw many wine people there.
I drank many nice wine and no good wine.

2010年1月20日

h090120.jpg

ヤギ店長に代わりままなかがブログをつなげます。ヤギフリークの皆様は一休み。暇な方はままなか日記にお付き合いください。

僕は僕で、先週の土曜ランニングで無茶RUNを決行した結果、今になって膝に違和感を感じてきました。いつもならRUN後の1日後に発症する膝の痛みが翌日で回復するのですが今回は3日後になってから痛みだして回復せず・・・本日病院に行ったら幸い、重度系ではなく様子見観察。O脚の人にみられる靭帯の神経痛とのことらしい・・。僕なりに痛いのですけどヤギ店長に比べたら“屁“ですね。骨折の痛みを思うと自分じゃなくて良かったなって・・。いやこんなこと、心にしまっておくべきことなのにすみません。。。冗談じゃなくて本当にお気の毒です。ヤギ店長、ブログ更新任せてください!早期のご回復お祈りします。

続きをみる

2010年1月20日

P1270259.JPG

フィガロジャポン 2010 No.403 号


P1270263.JPG


”2010年の流行予測100” に、ローヌワインの流行が予測されています。
トップに、うちの輸入するシャトードモンフォコン・バロンルイが鎮座しています。


P1270261.JPG

本当にローヌワインが、流行るのでしょうか?

2010年1月20日

1/19
お料理当番。


お刺身


P1270251.JPG

続きをみる

2010年1月19日

え〜、随分と更新をサボっておりましたが、ヤギ店長の戦線離脱ということで、一念発起して「この機会に」更新しました。ままなか日記も復活しているようですが、マスターのブログは更新されるかどうか・・。ましてや、まだタイトルだけでスタートすらしていないE日記は・・どうなるんでしょう。

さて、年が変わってしまいましたが、12月某日の夕食。



y100119nabe.jpg


キャベツ鍋。

続きをみる

2010年1月19日

ヤギの店長さんが、群馬県こ川原湯温泉で左足の骨を折ってしまい戦線離脱しました。
ワイン屋さんは、松葉杖では仕事になりません。


yagiBIG.jpg

ワタシ、いっそう働かなくてはいけないくなるのは確実ですね。
ヤギ店長さんの自宅のネットワークは、いまどきまだダイヤル電話回線を使用しているので、
画像はおろか、エクセルのファイルの送信もままなりません。
お取引先の皆さまにもご迷惑をおかけします。
この場をお借りしてお詫び申し上げます。


P1270248.JPG


1本目 シャトー モーラン テュイリエール アントルドメール 2007 \1380
ボルドーのエコセール認定ビオロジックです。
澄んだ透明な、しかもたっぷりとした果実味がうれしいです。


2本目 シャトー ソーリエール 2007 \1380
赤もボルドーのエコセール認定ビオロジックです。
きれいな酸と、しなやかなタンニン。
いや、うまいっす。


Jan. 18
Mr. Oyamada, the store manager of Cave de Relax, the another name is "goat", fractured his left leg.
He cannot work at the store for a while.
It means that I have to work harder.


1st Chateau Moulin-Tuiliere Entre-Deux-Mers 2007 1380 yen
It is an organic wine from Bordeaux.
I like very much for this clean and natural fruits.


2nd Chateau Soulieres 2007 1380 yen
It is also an organic red from Bordeaux.
I like very much for this nice acidity and velvety tannin.
Delicious !

2010年1月19日

1月18日、八ッ場ダムに沈むことで有名になった群馬県・川原湯温泉に夫婦で旅行中のヤギの店長さんは、凍結した坂道で転倒し左足を骨折しました。
救急車で近くの病院に搬送され、検査の結果、足首近くの太い骨と細い骨の両方が折れていて、手術が必要な重症であることがわかりました。
全治2ヶ月以上は覚悟する必要がありそうです。
命に別状はありませんが、そんなわけで、しばらく ”やぎ日記”はお休みします。

yagiBIG.jpg

やぎ日記ファンのみなさん (そんな人いるのか?) には、ご迷惑をおかけし申し訳ありません。


カーヴドリラックス・ドットコムの繁栄のために、”ままなか”、”マスター”、”よっしー”、ほかのみなさんのブログが、この機会に更新されることを期待します。

daimao

2010年1月18日

h100118.jpg

新年早々にエビフィレオバーガーで舌をやけどした、ややへこみスタートのままなかです。揚げたてならそうと言ってくれ・・。


さて、休肝日は毎週1回はかならずと肝に銘じていたけれどそう簡単にはいかないものですね。12月はイベント尽くしでほとんど取れなかったし。。新年早々おめでたいからお酒はつきものでこれまた取れなかった。ということで本日は約1カ月ぶりの休肝日となりました。試行錯誤により休肝日に飲むものはハイサワーロックと決めました。ハイサワーをロックで飲む。それだけです。結構いけるんだなこれが。1リットルで300円しないし。でも裏表示をよく見てるとなんとこう書いてあるではないか。『隠し味として微量のブドー酒を使用しています(0.1%未満)』とある。微妙すぎる・・・なぜ入れる・・そして隠し味ってふつう表示するもの・・・?表示義務で表示しなくちゃいけないのならもっとさりげない所に表示してほしかったりして。そしてなぜブドー酒なのか。日本ワインの昔の呼み方っぽい感じですかね?謎が謎を呼ぶ。こんな感じで今夜は無事ワインをシャットダウン。ちゃんちゃん。

2010年1月17日

h100117-1.jpg


ままなかファームへようこそ

ブログとともにしばらく更新していなかったままなかファームのお時間。
サンジョベーゼですが、夏ごろに水やり不足により葉焼けをおこしてしまい
11月頃にはすでに葉がほとんど無くなるやばい状況・・それでも芽は
ちゃんと付いているので葡萄の力を信じて、本日あんどん仕立てを行いました。
やや強引に誘因したので枝が折れそうながらもなんとか仕上げることができました。
2年目の春なので剪定する必要はないと思うのでこのまま様子を見ることにします。
今年はたして実をつけることができるでしょうか?

続きをみる

2010年1月17日

1/16
学生時代のアルバイト仲間が集まることになり、川口の「いとうちゃん」で新年会。
当時アルバイト先のフレンチ料理長がやってる「やきとん、おでん、煮込み」のお店です。

P1270245.JPG

続きをみる

2010年1月16日

1/15 (金)
今日のワインはノストラーダ ガルナッチャ ’07¥780。

スペインはアラゴン州、カンポ デ ボルハ産のガルナッチャ種で仕込まれた、カーヴドリラックスのオリジナルワインです。

続きをみる

2010年1月16日

1/15
今日も一日、信州の寺社仏閣などを心ゆくまで堪能する予定でしたが、朝の気温は氷点下7度。
午前中も氷点下3度までしか気温が上がりません。


P1270204.JPG

続きをみる

2010年1月16日

1/14
プライヴェートで信州上田に小旅行。
仕事でワイナリー訪問時すぐ近くまで来ても、時間が無くて行くことができなかった名所・旧跡を訪ねました。

P1270137.JPG

続きをみる

2010年1月15日

1/13
超寒い一日。気象庁の長期予報は、たしか今年の冬は暖冬でしたよね。


P1270135.JPG


1本目 ボデガリュルトン ランドオブファイヤー ホワイト 2008 ¥850
日本でも、アルゼンチンのワインが売れ出したようですね。
これ、すっきりフルーティーで、とっても美味しいです。
これで、850円、なるほど。


2本目 シャトー アリコー ボルデ 2007 サンプル試飲
フランス南西地方のマディランから届いたサンプルです。
マルベック主体かな?
南アの高級ものを飲むような濃厚な味わい。後味は、さっぱり。
美味しいですが、小売価格は、2000円ほどになります。
妥当な価格だとは思いますが、売りにくそうですね。。。



Jan. 13
It was a so cold day today.
The weather report said " It would be a warm winter this season."
Oh ! Lie teller.


1st Bodega Lurton Land of Fire white 2008 850 yen
Recently, Argentina wine has got to sell well in Japan.
This white is really nice, very fresh and fruity, easy to drink.
It is only 850 yen. That's the reason why.


2nd Chateau d' Arricau- Bordes 2007 Sample tasting
It is a sample wine from Madiran in South-West France.
It is a really dark, full-bodied.
It maybe like a fine South African red.
It is very good but the retail price is around 2000 yen.
Well... it maybe difficult to sell...

2010年1月15日

1/14 (木)
今日も2本立て、昨日のつづき。

続きをみる

2010年1月14日

1/13 (水)
今日は、昼間抜栓してちょっとだけテイスティングしたボトルが残っていたのでこの2本。

カーヴ ド ラ トゥーランジェルのトゥーレーヌ赤と白です。
大魔王家ではおなじみの光景ですが、人並みの飲酒量に留まるヤギ家の食卓において2本ボトルが並ぶ絵面はめずらしいです。うっかり飲みすぎ注意です。

続きをみる

2010年1月14日

1/12 (火)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2010年1月13日

1/11 (月)
今日のワインはドメーヌ モン シャヴィ モルゴン ’06 ¥1,700。

クリュ・ボジョレーの中でも、肉付き良く骨格のしっかりとしたワインを産するモルゴンに18haの畑を所有するドメーヌです。
葡萄樹の平均樹齢は50年ほど。リュット レゾネで栽培されたブドウから、滋味深く熟成を楽しめるワインをつくります。

続きをみる

2010年1月13日

1/10 (日)
今日のワインはボデガ リュルトン ランド オブ ファイヤー ホワイト 08¥850。

アルゼンチンです。
ブドウはシュナンブラン、トロンテス、トカイフルミントです。
アルコール度数は13.5%もあります。
なんか濃くって重そうなプロフィールですが、意外にもフレッシュでサクサクのおいしさだったりして、世の中分からないものです。

続きをみる

2010年1月12日

1/11
昭和34年生まれのワタシとしては、成人式は1月15日のはずです。
総理大臣は、佐藤栄作。

P1270132.JPG

1本目 アヴィトゥス シャルドネ 2008 ¥1450 新入荷
古い付き合いのあるワインエージェントのアルノー・ドラ・シャノニー氏がプロデュースするオーヴェルニュ産のシャルドネ。
オーヴェルニュといえば、ヴォルビックの取水地として有名なフランス中央部の高原地帯ですね。
標高の高さが生み出す冷涼な気候が、シャルドネ向きのようです。
思ったよりも濃厚ですね。ちょっとニューワールドっぽい感じもあります。


2本目 シャトー ペスキエ キュヴェテラス 2007 ¥1350
カーヴドリラックスの”ど定番”。久しぶりに飲みましたが、やっぱり美味しいです。
エレガントな酸とタンニン。ゆたかな果実味。まろやかな口当たり。
大きなワインです。どっちかというと冬向きですね。
やはり、とってもおすすめです。


Jan. 11
It is the Coming-of-Age Day, today.


1st Avitus Chardonnay 2008 1450 yen New arrival
It is made in Auvergne from 100% Chardonnay.
In Japan, we know Auvergne is the produce area for Volvic but not popular for a wine land.
Since Auvergne is cool place, Chardonnay grows well.
It is a rich style of Chardonnay.
Something is similar to "new world white", I felt.


2nd Chateau Pesquie Cuvee Terrasses 2007 1350 yen
It is one of the most popular original wines in Cave de Re-Lax.
It is the first time I have drunk this red recently.
I am sure again that it is a real outstanding wine in this class.
Rich and elegant, mild and smooth, dense and velvety.
It is a real big wine. I recommend this strongly.

2010年1月11日

1/10
今日もお料理当番。

蛸、真鯛、炙りキハダマグロのお刺身


P1270119.JPG

続きをみる

2010年1月10日

1/9
本日より2日間、クイーンズ伊勢丹さんの8店舗で、カーヴドリラックス輸入の自然派ワインの試飲会を実施しました。

P1270101.JPG

P1270097.JPG


ありがとうございます。

続きをみる

2010年1月10日

1/9 (土)
今日のワインはコニェット ミュスカデ セーヴル エ メーヌ シュル リー ’08 ¥1,500。

今日もまたまたミュスカデです。
ロワール河口の街ナント周辺に広がるミュスカデの葡萄畑。この地で代々葡萄栽培とワインづくりを続けてきたペロー家がつくるミュスカデです。
ペロー家がワインをつくり続けてきた歴史は古く、あまりに古すぎて途中で記録は途切れてしまうほどですが少なくとも4代前には家族でドメーヌを切り盛りしていたそうです。
現在は80年代にドメーヌを継いだ兄ステファンと弟ヴァンサンが中心となり、ミュスカデならではの個性を守り続けています。

続きをみる

2010年1月 9日

1/8 (金)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2010年1月 9日

1/7 (木)
今日のワインはドメーヌ ド ラ ロジ ミュスカデ セーヴル エ メーヌ ’06

ミュスカデと言うと、なんとなく夏にきゅーっと冷やして・・・のイメージがありますが、牡蠣がおいしいこの季節にもなにげに重宝なおいしさだったりもします。

続きをみる

2010年1月 9日

1/8
某新年の販売会議に出席後、軽るめの新年会。画像なし。
高いワインをご馳走になりました。画像なし。


帰宅後、飲み足りなかったので某サンプルワインの試飲。

P1270111.JPG

安いワインの味がします。
残念ながら、好みではありませんでした。
で、仕方なく寝ました。


Jan. 8
I attended to some business conference.
After the event, we held a small wine party there.
I drank fine wines.


After I went back home, I tried a red wine sample.
Unfortunately, I don't like it.
Then I went to bed.

2010年1月 7日

1/6 (水)
今日のワインはバロラン&F ブルゴーニュ ルージュ ”ル ボン” 07 ¥2,300。

「自分のワインを作りたい」という思いを実現すべく、黙々と修行を積み重ねてきたジル バロランが37歳で立ち上げたドメーヌです。
マルサネやフィクサンを中心に所有する畑は2005年のドメーヌ設立時からビオディナミでの栽培を実践。料理のパートナーとしてはもちろんのこと、ワイン単独でも楽しめる優しく個性豊かなワインづくりを目指します。

続きをみる

2010年1月 7日

1/6 お正月モードを、平常モードへ、シフトチェンジ。(?)


P1270095.JPG

1本目 ウィリアム フェーヴル サンブリ 2008
シャブリの隣村、サンブリ産のソーヴィニヨンブラン。
これで2本目ですが実においしい。
「シャブリが、さんぶりって、なまっただか?」
「んでないの。さんぶりで、いんだべ。」


2本目 シャトー サン ゴー 2006 サンプル試飲
フランス南西地方のコートドサンモン地区から、とどいたサンプルです。
よいボルドーを飲む感じです。
とてもバランスがよいです。通向きでしょうか?
イチ、ニ、サン、ゴー !
一気飲みしたくなるようなネーミングですね。


Jan. 6
I have to sift my mode from holidays to ordinary.


1st William Fevre Saint-Bris 2008
It is the second time for me I have drunk this very nice Sauvignon Blanc.
I like this very much.
So tasty.


2nd Chateau Saint-Go 2006 Sample tasting
It is a sample from Cotes de Saint Mont, South France.
The style is similar to fine Bordeaux, I think.
It is very good balanced.
I think it is good for heavy wine users.

2010年1月 6日

1/5 (火)
今日のワインはウィリアム フェーヴル シャブリ ’08 ¥1,900。

おなじみ「親も同然」ウィリアム フェーヴルのACシャブリが新ヴィンテージで入荷しました。
お値段は変わらずの1,900円。
08年もいつもどおりの「シャブリらしい」おいしさと、いつもどおりの嬉しいプライス。さすが「親も同然」、ありがたいです。

続きをみる

2010年1月 6日

1/4 (月)
今日のワインは
病み上がり、おかげさまで食欲も戻ってまいりました。励ましのメールを下さった皆様ありがとうございます。
無事仕事始めを終え、さてめでたい今年の一本目何飲もう?とまず頭に浮かんだマルキ ド ボーランのシャルドネです。

続きをみる

2010年1月 6日

1/4
本日より仕事始めです。
で、いきなり 横浜・リラックス社のスタッフのみなさんと新年会。

P1270076.JPG

続きをみる

2010年1月 5日

1/3
今年最初のお料理当番。

本マグロと活ヒラメのお刺身

P1270067.JPG

続きをみる

2010年1月 4日

あけましておめでとうございます。

続きをみる

2010年1月 3日

1/2
箱根駅伝をテレビで観戦後、プライヴェートな新春ワイン会。
いっぱい飲んじゃいました。

P1270062.JPG

・ジャニソン バラドン ノンドゼ
すごいミネラル。針金はなくって紐なんですよ。


・ブシャール ペールエフィス ピュリニー モンラッシェ 2007
カチンとしてて、たっぷりとした果実。まさしく高級白ワインですね。


・ペロミノ モレサンドニ ラ リュー ド ヴェルジ 2001
しっかりとしたボディとたっぷりと凝縮した甘いピノノワールの味わい。うまい。


・シャトー ラグランジュ 1998
え?これ、1998年? 若々しい果実味とフルフルボディ。
いやこれはびっくり、偉大なボルドーちっく。


・ハミルトン ラッセル ピノノワール 2007
南アの最高級ピノノワール。しっかり重くじゅくっとしたピノノワール。なるほど。


高いワインはおいしいですね。

P1270060.JPG


その後、予定外のカラオケ大会。いやあ、よく飲みました。


Jan. 2
I held a private wine party at home.


Janisson Baradon Non Dose
Bouchard Pere & Fils Puligny-Montrachet 2007
Perrot-Minot Morey-Saint-Denis La Rue de Vergy 2001
Chateau Lagrange 1998
Hamilton Russell Pinot Noir 2007


Then we went to Karaoke.
Oh ! I drank so much.

2010年1月 2日

1/1
みなさん、あけましておめでとうございます。
部屋の窓から見えた初日の出。電線が邪魔ですね。


P1270033.JPG

2001年1月にスタートしたこのペログビワイン日記、なんと10年目に突入です。
よくもまあ、ばかばかしくも続いてるものです。
読んくださってる人も、ご苦労さまです。
最初からずっと読んでる人って、もしかしていらっしゃいますか?
この場をお借りしてお礼申し上げます。


P1270044.JPG


おせちには、今年も新潟の白龍です。
すっきりとした辛口のなかに、お米の芯がはっきり見えます。
良いお酒です。わたしの口には一番あうようです。


P1270052.JPG


ワインは日本のに、しました。やっぱ、お正月ですから。
これからは、「お正月には、日本のワイン」 を普及させましょう。


というわけで小布施のソーヴィニヨンブラン。
これ、ふくよかで、とってもおいしい。
小布施は何を飲んでもおいしいですが、このソーヴィニヨンブランは特においしいです。
カズノコにもOKなので、驚きました。

赤はキザン2007年。いやあ、見事に伸びる酸。
ひきしまった凛とした味わい。
体が清められていくようです。
すばらしい!


みなさん、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


Jan. 1
A happy new year.
This stupid dairy goes into the tenth year.
Thank you very much for your reading.
I saw the first sunrise of the year from my home.


In the morning, I drank Japanese sake and had Osechi, which is the traditional dishes on the new year day in Japan.


On dinner, I drank two fine Japanese wines.
Obuse Sauvignon Blanc and Kizan red.
They were excellent !
I was sure they were real the top Japanese wines.



▲ このページの先頭へ