2009年7月31日

7/30 (日)
今日のワインはアンコーラ トレッビアーノ ダブルッツォ ’08 ¥880。

梅雨明けしたはずの東京ですが、どうもこう「これぞ夏だっ!!」って感じの抜けた感じと盛り上がりに欠けるような気がするのはヤギだけでしょうか。なんかだらだらと蒸し暑いっていうか、変な疲れが体にたまるような感じです。
そんなモヤモヤを吹き飛ばすべく、今日は禁じ手のヤギ大好き「味のない水みたいなイタリアの白」です。
冷蔵庫でキンキンに冷やしたその魅惑的な姿に心は踊り、スクリューキャップをひねる手が思わず震えます(?)。

続きをみる

2009年7月31日

7/29 (水)
今日のワインはオリオル ロッセール ロゼ ¥1,280。

カーヴドリラックスの泡と言ったらのオリオル ロッセール。
もうかれこれ長いお付き合いになりますが、春夏秋冬いつ何時開けても期待を裏切らないぶれのない美味しさと良心的プライス、ありがたい存在です。

続きをみる

2009年7月31日

7/30
石巻のおいしいイカの塩辛があったので...


P1240776.JPG


1本目 越乃白龍 吟醸 生貯蔵酒
イカの塩辛には、やはり日本酒ですね。何が何でもワインって時には、かなりミネラル感のあるヴィオニエとかマルサンヌでしょうか? ま、今日はそんな無理はしません。新潟の白井さんが送ってくれた吟醸酒が良く冷えてました。白龍うまいっ!

2本目 マルキドボーラン メルロー 2007 ¥700
塩辛のあとは、湯葉刺し、カツオ刺し、枝豆、オクラ・山芋のおひたしなど。赤はマルキドボーラン。ぼーっと飲むには最適ですね。


Jul. 30
I was home alone tonight.


1st Koshino Hakuryu Ginjo Nama-Chouzoshu
I tried to drink a sake from Niigata.
Hakuryu is one of my most favorite sakes. It was so tasty.

2nd Marquis de Beau Rond Merlot 2007 700 yen
I like this Languedoc Merlot very much.
It let me be relax very much. Eeeeeasyyyyyy...

2009年7月31日

東京地図出版より刊行されたガイドブック 「東京ぐび呑みワイン」 の80ページに、カーヴドリラックスを発見。


P1240768.JPG


なんか、どっかで、聞いたようなタイトルですね。
東京のワインバーを紹介する本です。うちもワインショップとしてではなく、ワインが気軽に飲めるワインバーとしての紹介です。

P1240770.JPG

ワインバーとして、取り上げられたのは初めてですね。

2009年7月29日

7/28 (火)
今日のワインはドメーヌ メルシオル ピノノワール ’07 ¥2,100。

18世紀から続く家族経営のドメーヌで、アルザスの中でも花崗岩土壌のキャラクターが強い畑を所有します。
エキス感に溢れながら、テロワールが反映されたキレのある酸と豊かなミネラル感を引き出すために早くからビオロジッックを実践。「これぞアルザス」な白ワインに定評がありますが、しなやかさの中にギュっと滋味深い旨みが凝縮された「これぞアルザス」なピノノワールも出色です。

続きをみる

2009年7月29日

7/28
うふふ。手巻き寿司。
今日のは、大間の天然本マグロだぜっ!


P1240766.JPG

1本目 フランソワ ミクルスキ ムルソー 2007
高くて、名のあるブルゴーニュは、やはりうまいです。
酸とミネラルの量が多くて、しかも後味が快適。
高いワインの味わいがいっぱい。


2本目 シャトー カントメルル 2002
真夏の手巻き寿司に、熟成したボルドーのグランクリュを合わせるというのは、やや無理があるようです。
まずよーく冷やすことによって、熟成したボルドーのもつ、まったり感は完全に阻止されます。
濃厚なボディも、寿司にはあいませんね。
daimajoさまは、「なぜ、ピノノワールを抜かないのか!」と、ご機嫌が優れません。
しかしながら、ワイン上級者のワタシとしては、美味しいと思うことができます。
うまい寿司は寿司、名のあるワインはワインとして、左脳で分析することで、味覚中枢を納得させました。

でも真夏に冷やしてカントメルルは、良いこのみんなは、真似しないでね。
特に、お寿司はやめたほうが、よいかも。
うなぎなら、いいんじゃない?


Jul. 29
I cooked dinner, Temaki-sushi. So nice.


1st Francois Mikulski Meursault 2007
An expensive Burgundy is delicious.


2nd Chateau Cantemerle 2002
I made a mistake to choose this great Bordeaux for Sushi.
Sushi in the summer and a great matured Bordeaux Grand Cru may be a mismatch.
The Sushi today was very nice. The red today was great.
However, it was unhappy meeting.

2009年7月28日

7/27
休肝日にしようかと思いましたが、やめました。

P1240763.JPG


1本目 クロズリー デ リー ブラン 2008 1050円
いや、おいしい。シャルドネ、ソーヴィニヨン、ヴェルメンティーノのブドウで仕込まれる南仏ワイン。
1000円クラスのワインでは、いま、最もお気に入りのひとつ。

2本目 クロズリー デ リー ルージュ 2007 1050円
うーむ、素晴らしい。最高の1000円ワイン。どんどんよくなっています。
メルロー40%、カベルネフラン20%、シラー20%、グルナッシュ20%。
南仏リムー産のヴァンドペイです。


Jul. 27

I was going to have a No Wine Day but I couldn't.


1st La Closerie des Lys Blanc 2008 1050 yen
It is so tasty.
It is a Languedoc white made from Chardonnay, Sauvignon and Vermentino.
It is one of my most favorite wines in 1000 yen class.


2nd La Closerie des Lys Rouge 2007 1050 yen
It is really wonderful. It is one of the best 1000 yen wines for me.
It is getting better and better by maturing.
Merlot 40%, Cabernet Franc 20%, Syrah 20% and Grenache 20%.
It is a Vin de Pays D'Oc. So nice.

2009年7月28日

7/27 (月)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2009年7月28日

7/26 (日)
今日はアウトレットセール初日。

続きをみる

2009年7月27日

7/26
恒例のアウトレットセール初日。


P1240740.JPG

続きをみる

2009年7月26日

7/25 (土)
今日のワインはパンゴリン シャルドネ ’08 ¥800。

カーヴドリラックスの入り口を入ると、まず目に付くパンゴリン。
シャルドネの他にもシラー、カベルネ、ソーヴィニョンブランにピノタージュのロゼ。どれをとっても安くておいしいその訳は・・・

続きをみる

2009年7月25日

7/24
本日、南アフリカ共和国大使館の主催する「南アフリカワイン350周年」の記念イベントに参加しました。

P1240717.JPG

試飲商談会では、ひとりでブースを切り盛り。

続きをみる

2009年7月25日

7/24 (金)
今日のワインはロゼ ド フォングラーヴ ’07 ¥1,250。

ガロンヌ河を挟んでソーテルヌの対岸サンマケール地区に位置するプチシャトー。16世紀にまで歴史を遡るシャトーですが、2001年にフランソワ ブルワール氏がオーナーとなりワインの品質が一気に向上。2006年にはギドアシェットで2ツ星を獲得しています。
ガロンヌ河を臨む南向きの斜面に12haの畑を所有しメルロ、カベルネフラン、セミヨンを栽培。ロゼは樹齢約30年のメルロ100%で仕込まれます。

続きをみる

2009年7月25日

7/23
いちおうオフだったのですが、なんや、かんやと結局一日家でダラダラ仕事をしていました。
だめですね。


P1240713.JPG

1本目 ブシャール P&F モンタニー プルミエクリュ 2007
うん、おいしい。モンタニーって、ブルゴーニュでは地味ですが、こんなにバランスよく、おいしいんですね。

2本目 シャトー ボーモン 2004
ラベルなしですが、ボーモンです。極めて申し分のないボルドーです。
とても美味しくて、値段はそんなに高くはないファインワインを語るとき、「例えばシャトーボーモンみたいな・・」って、ワタシよく喋ります。


Jul. 23
I was day-off, but I worked sluggishly at home all day long..
It's so bad.


1st Bouchard P&F Montagny Premier Cru 2007
It was so good. Montagny is not so much popular Burgundy wine but It was so good, very good.

2nd Chateau Beaumont 2004
No label, but it is a real Beaumont 2004.
It was really excellent Bordeaux rouge.
I often explain when I talk about some fine wine with reasonable price, " It is like a Chateau Beaumont. "

2009年7月24日

7/23 (木)
今日のワインはドメーヌ ペロ ミノ ブルゴーニュ アリゴテ ’07 ¥1,700。

1973年、アンリ ペロ ミノによってモレサンドニに設立されたドメーヌです。
1993年には息子クリストフに引き継がれ、それ以前の畑は「アンリ ペロ ミノ」で、以降取得した畑は「クリストフ ペロ ミノ」のラベルでリリースされていましたが、2005年以降「ドメーヌ ペロ ミノ」ラベルに統一されました。
ドメーヌの名声と共にグイグイとプライスは上昇し、ACブルでも3,000円を切る「ペロ ミノ」を見つけるのは困難となった昨今において、2,000円を切ってのありがたい一本。アリゴテとは言え手抜きはないよ、と言わんばかりのごつくて重たい(荷受け泣かせな)ボトルに期待が高まります。

続きをみる

2009年7月23日

7/22
店の前を歩いていたら、雲間から日食が見えました。


P1240661.JPG


さて今夜は、某会食で、カーディナス・ギンザ。

続きをみる

2009年7月23日

7/22 (水)
今日は休肝日。

続きをみる

2009年7月22日

7/21
お料理当番。

枝豆

P1240641.JPG

続きをみる

2009年7月22日

ゲイナー8月号、

P1240681.JPG


P1240682.JPG


特集 「ホームパーティーの凄ワザ 50」 に、カーヴドリラックス・ドットコム店にて異彩をはなつ ”ブラインドテイスティング赤ワイン6本セット” が紹介されました。



P1240678.JPG


ホームパーティーでブラインドですかあ? マニアックな...

これ、よっしーが考えたセットです。
まさかファッション誌にとりあげられるとは...。

2009年7月22日

夏休み。
梅雨明け宣言の東京を後にし飛行機で1時間、梅雨真っ只中の山陰を旅行してきました。

続きをみる

2009年7月20日

7/19
受信トレイが突然フリーズ。
しかたなく再起動したところ、今年1月から保存していたメールが全部消えちゃってました。
そ、そんな。。。 ああ、ショック。



P1240637.JPG

1本目 ウィリアム フェヴール シャブリ ヴァイヨン 2006
液漏れしていたB級品でしたが、味わいは健全。キレのある果実味の後ろに蜜の味わい。うふふ、おいしい。


2本目 アルバエ テンプラニーリョ 2007
調布パルコのヴィーノメルカートさんで購入。たしか1600円くらいでした。
スペイン・カスティーヤ地方産の赤。香り高く、濃厚でちょっと苦味を感じるスパイス感。
あとから、たっぷりの果実味がでてきて、すすすっつと飲める爽快さ。
バランスよし。いや、このスペイン、いいっすね。おいしいっ!


Jul. 19
All of the emails I booked in this year has gone because of my PC trouble.
Oh ! No !


1st William Fevre Chablis Vaillons 2006
It was a leaked bottle but the taste was good, nice minerals,fresh and fruity with some honey nuance. Tasty !

2nd Albae Tempranillo 2007
This fruity red wine is made in Castilla, Spain.
I like very much this rich body, spicy nuance and aromatic note of black fruits.
Very charming red with very comfortable touch and very well-balanced.
Delicious !

2009年7月19日

7/18
お料理当番。

ウニ、タコ、ホタテのカルパッチョ

P1240630.JPG

続きをみる

2009年7月19日

7/18(土)
今日のワインはル ロゼ ド ジスクール ’08 ¥1600

マルゴー地区格付け第3級シャトー ジスクールがセニエで造るロゼワイン。シャトーのオーナーが夏のバカンスでシャトーに滞在するときにロゼが飲みたいと、自家用に造られたのが始まり。
そんなロゼはムシムシした日のもわっとした空気を吹き飛ばす爽やかな一本です。

続きをみる

2009年7月18日

7/17
都内某高級レストランでの某ブッフェパーティーにお招きいただき、高級ワイン三昧。


P1240596.JPG

続きをみる

2009年7月17日

7/15
南ア帰国後、もろもろ整理に追われながらも、お料理当番。
帰国後、最初のお料理は、ブログの読者の皆様の期待にこたえて手巻き寿司。
ワインは、キザンの赤と白。

P1240573.JPG


おおおっ♪ パラダイス♪

日本人に生まれて良かった !!!


ちなみにイクラの入ってる小皿は、南アの民芸店で購入。なんかいいかんじ。


Sep. 11
I was so busy to catch up the left job during visit to South Africa.
And I had to cook dinner.
That's why Temaki-sushi. It is easy and delicious !

I also very happy to drink Kizan Wine red & white.


Japan is the paradise !

2009年7月16日


6月某日の夕食。


とろろ蕎麦

y090715soba.jpg


続きをみる

2009年7月16日

料理通信8月号49ページ


P1240579.JPG


「ワインショップに訊く この夏、一押しのスパークリング」 に

P1240583.JPG


カーヴドリラックス推奨、ブルーピレニーズオリオルロッセールを発見。


P1240584.JPG

おっと、もうひとつ。36ページ 「酒のプロに聞く100文字レシピ」に



P1240580.JPG

ワタシの ”マグロのタルタル 山かけ風”が紹介されています。ふふふ。

P1240582.JPG

2009年7月16日

女性ファッション誌 ar (アール) 8月号


P1240577.JPG

142ペ−ジ ”エディトリ” (編集部員をトリコにしたとっておき... という意味らしいです。) に
オリオルロッセールを発見。


P1240578.JPG


でかっ!

2009年7月16日

7/13 & 7/14
南アフリカにお別れです。ハンスに空港まで送ってもらいました。
ステレンボッシュからケープタウン空港までは、クルマで30分ほど。近くて便利です。


P1240542.JPG

続きをみる

2009年7月15日

7/12
今日は、いよいよ南アフリカに滞在する最後の日です。
まずはハマナス湾でホエールウォッチング。

P1240382.JPG

続きをみる

2009年7月14日

夏休みから帰ってきました。(よ)でございます。
帰国してブログを見てみると、大魔王の、期待を裏切らない寿司三昧日記。さすがです。
ワタクシも実は同じ頃、ブルゴーニュで手巻き寿司をしていました。ワタクシはパソコンを持っていってなかったのですが、ままなか氏に「(よ)さんも現地から手巻き寿司ライヴ更新してくれたら、ボクも日本で手巻き日記をアップして、大魔王の南ア、(よ)さんのフランス、ボクの日本、と世界同時手巻き日記アップ・・したかったな〜」と壮大な夢を語られました。帰国後に語られてももう夢は叶いようもありませんが(爆)。


そんなわけで、フランスでは・・



大魔王絶賛の新入荷ドメーヌ、
シャン・ド・ラベイ

y090714champs.jpg

そして、マコン地区の自然派生産者
アルノー・コンビエ

y090714comb.jpg


この二つのドメーヌを訪問して参りました!
色々とお話を聞けてきましたので、後日レポートにしっかりとまとめたいと思います。
お楽しみに!

2009年7月13日

7/12 (日)
今日は休肝日。

続きをみる

2009年7月13日

7/11
今日は、ステレンボッシュの南西に位置するウォーカーベイ地区のワイナリーを訪問します。
最初の訪問先は、ボーモンワイナリー。


P1240448.JPG

続きをみる

2009年7月12日

7/11 (土)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2009年7月12日

7/10
今日はまずケープタウンのワインショップ巡りです。
最初のお店は、Carolines Fine Wines です。南アフリカワインの品揃えはトップクラス。

P1230943.JPG

続きをみる

2009年7月11日

7/10 (金)
今日のワインはシャトー デ バシュラール フルーリー’05 ¥2,100。

今日もクリュボジョレー。ムーランナヴァンのお隣、フルーリーです。
シャトー デ バシュラールは1810年から続く古いドメーヌ。シャトーを取り囲む10haの畑には1910年に植えられたヴィエイユヴィーニュの区画もあり、早くから楽しめる華やかさに熟成を経て開花する味わい深さを添えています。

続きをみる

2009年7月11日

7/9 (木)
今日のワインはドメーヌ デ ロジェ ムーランナヴァン ’06 ¥2,100。

クリュボジョレーと言ってまず思い浮かぶのは・・・のムーランナヴァンで最良と称される区画を所有するドメーヌ デ ロジェ。
100年ほど前からこの地に居を構え、ムーランナヴァンというアペラシオンがいかなるガメイ種のワインをつくり得るかを追求してきたドメーヌの一本です。

続きをみる

2009年7月10日

7/9
今日は朝からホセ、ティレル、マシューとミーティングです。


P1230842.JPG

続きをみる

2009年7月 9日

7/8
ステレンボッシュは、今日も良い天気。
午前中、パンゴリンのワインメーカー、ティレル・メイバーク氏と奥様のアニタさんに案内いただき、
内陸部のウエリントンとスワートソン地区へ足を伸ばしました。

P1230567.JPG

続きをみる

2009年7月 9日

7/8 (水)
今日のワインはノストラーダ ガルナッチャ ’07¥780。

夏は冷やして赤ワイン。ですね。

続きをみる

2009年7月 9日

7/7
日本は七夕ですが、南アフリカには七夕はないそうです。


P1230426.JPG

ホセにワイナリーを案内してもらいました。

続きをみる

2009年7月 8日

7/7 (火)
梅雨明けか?と思うほどの強い日差し。

キンキンに冷えた味のない白ワインが飲みたいところですが、今日は休肝日・・・。

続きをみる

2009年7月 8日

7/6
深夜2時にシンガポール空港を飛び立ち、15時間かけてケープタウンに到着しました。ああ、長かったです。


P1230375.JPG


5年ぶりの南アフリカ。
空港は来年のワールドカップに向けて急ピッチで改装が進んでいます。

続きをみる

2009年7月 7日

7/6 (月)
今日のワインはポテル アヴィロン フルーリー ’05 ¥2,100。

ポテル アヴィロンはニコラ ポテルとステファン アヴィロンのコラボによるネゴシアン。
花崗岩を基調としたテロワールに根付いたガメイ種ならではの個性と伝統的な醸造法を尊重し、味わいの凝縮した高品質なクリュ ボジョレーを送り出しています。
ニコラ ポテルのこだわりでもあるヴィエイユ ヴィーニュ(樹齢の高い葡萄樹)のブドウのみを使用。おいしさプラス格上のボジョレーとしの深みのある味わいを若いうちから楽しませてくれますが、熟成よって深みを増してゆくポテンシャルも秘めた一本です。

続きをみる

2009年7月 7日

7/5 (日)
めずらしく日曜日が休み。で、めずらしく外飲み。

続きをみる

2009年7月 7日

7/4 (土)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2009年7月 6日

7/5
シンガポールです。トランジットで街を歩いてから5年ぶり、滞在したのは、12年ぶりです。
さて、市場調査の目的での滞在です。
ワインショップを訪問しましょう、てなわけで、まずは友人つながりの情報で、Denis Wine Shop。



P1230350.JPG

マネージャーのピーターさんに、シンガポールの最近のワイン事情を伺いました。

続きをみる

2009年7月 5日

7/4
7時間半のフライトでシンガポールに到着。
ケープタウン行きの飛行機への乗り継ぎに8時間以上かかるので、今回はアジアのワインマーケットの視察という名目で、シンガポールに一泊することにしました。

P1230316.JPG


おのぼりさんの王道として、ラッフルズホテルのガーデンバーで、シンガポールスリング。

続きをみる

2009年7月 5日

7月4日


0001.jpg

成田です。これから南アに出発します。まずはシンガポールに向かいます。
エアバス380は。やっぱでかいです。では、行ってきます。

7/4
I am at Tokyo Narita airport now. I will go to South Africa.
At first, I am be flying to Singapore. Bye now.

2009年7月 4日

7/3 (金)
今日は休肝日。

続きをみる

2009年7月 3日

7/2 (木)
今日のワインはル オーメドック ド ジスクール ’05 ¥2,300。

シャトー ジスクールがマルゴー村とオーメドックの飛び地に所有する畑からつくる一本です。
カベルネソーヴィニョンとメルロがほぼ半々。若いうちから調和の取れた、これぞメドックなおいしさを楽しませてくれます。
本家ジスクール同様、グレートヴィンテージ05年の恩恵をたっぷりと享受した仕上がりでこのプライス。暑いんだけど、なんかこうガツンと来るボルドーが飲みたいぞ、と言う時に嬉しい存在です。

続きをみる

2009年7月 3日

7/2
海外出張前は、いつも何かと忙しいです。


P1230304.JPG

1本目 バロンドボーラン ブラン 2008 690円
昨日はドボンでしたが、こういう何でもなくて美味しいワインは、ドボンあけには、もってこいです。
すいっと飲めます。


2本目 アルプス ミュゼ デュ ヴァン 松本平ブラッククイーン 2007 1400円
塩尻アルプスワインには、共通の甘い香りがありますね。
それにしても、このブラッククイーンは秀逸。
このなめらかな味わいは、日本ワインの飲み手をうならせるはず。
1400円は価格破壊だと思いますが、みなさん、どうでしょう。


Sep.2
I am always so busy just before going abroad.


1st Baron de Beau Rond blanc 2008 690 yen
I drank too much yesterday.
This simple and natural white wine is very good for today.
Easy to drink, very good.

2nd Alps Musse du Vin Black Queen 2007 1400 yen
All Alps wine has same sweet touch, I think.
This red has far outstanding quality in the grape variety and the class.
It is delicious.
I think 1400 yen is too cheap.

2009年7月 3日

Domani 8月号 スパークリングワイン特集 191ページで、ワタクシ内藤がおすすめのスパークリングワインを紹介しております。


P1230303.JPG


Domani にワタシって、釣り合いが悪くないでしょうか?
ワタシ、出ても良かったのでしょうか?


P1230302.JPG


おすすめのスパークリングワインは、はずしていないはずですが。。。

P1230301.JPG

2009年7月 3日

7/1 (水)
今日のワインはRN13 ヴァン ド ピクニック ブラン ’07 ¥1,500。

先日の赤に続いて白も入荷です。
ヴィオニエ、シュナンブラン、シャルドネ、ソーヴィニョンブランがほぼ同比率のセパージュ。
30年以上前からビオロジック(最近ではビオディナミを採用)で耕してきた畑の平均樹齢50年ほどの古木から、すっきり爽快、でも味わいしっかりのワインをつくります。

続きをみる

2009年7月 2日

7/1
話題の新しいフレンチ、神宮前の ” Restaurant I ” でディナー。話題のお店だけあって満席。
東京近郊の素材を中心に展開される美しいプリフィクスメニュー(¥6500)を堪能しました。
野菜がとにかく美味しい。

P1230289.JPG

続きをみる

2009年7月 1日

6/30 (火)
今日のワインはラ フェルム ブランシュ カシス ブラン ’06 ¥2,300。

プロヴァンス地方の南西部に位置し、地中海を臨む小アペラシオン『カシス』。この(行ったこと無いけど)とても美しい(らしい)港街一帯を治めた領主の末裔で、1714年以来の歴史を誇るドメーヌがラ フェルム ブランシュです。
リュットレゾネで栽培されたマルサンヌ、クレーレット、ユニブランにソーヴィニョンブランがアクセント。
伝統を重んじ「グラで余韻の長い」典型的な『カシス』をつくります。

続きをみる



▲ このページの先頭へ