2009年5月31日

h090531-1.jpg

今夜はCHオートロショー90年。ペトリュスとトロタノワに挟まれたシャトー。僕ははじめてこのシャトーを飲みますが想像よりもずっと大人なワインでした。派手さがないんです。たしかに90年というワインで熟成してますから鋼の部分はとれてきてますけど、それらしい熟成感が皆無なんです。元々おとしやかでやさしい、優等生タイプ。PーKさんのお好みとは真逆のスタイルのような感じです。しめやかな土や茸っぽさ、熟したプラム、黒糖、干し草などの香り。飲むと飲みごろを過ぎかけたフラットな口当たりでありながら複雑味あふれる余韻でしめくくります。もう少し樽をきかせてほしいと個人的に思うところもありますが、これはこれなんですねー。お隣のペトリュスにもトロタノワにも流されない、そんな頑固おやじがオーナーのシャトーであると想像いたします〜

続きをみる

2009年5月31日

5/31
神宮前に6月5日にオープンする 「Restaurant- I 」 のオープニングレセプションにお招きいただきました。

P1230039.JPG


あの南仏・ニースのミシュラン1つ星 「 Keisuke Matsushima 」 のオーナーシェフ 松嶋啓介氏が、初めて日本でプロデュースした話題のフレンチです。

続きをみる

2009年5月31日

5/30 (土)
今日は休肝日。

続きをみる

2009年5月30日

h090530-2.jpg


新型インフルエンザもそろそろ落ち着いたのでしょうか?
通勤電車の中、駅構内のマスク姿は先週と比べるとめっきり減りました。
でも油断は大敵。僕も予防策としてマスクで通勤しています〜
そう、そんなある日。マスクしつつも、喉に一瞬違和感を感じ、咳き込みたくなる
瞬間がおとずれました。でもです、咳き込む&マスク姿ってきっとみなさん嫌がりますよね?疑われるというか・・マスクしているから大丈夫ですし、そもそもただ、むせた
だけですけどね。。そうゆうことで僕はこの満員電車の中で、出したい咳をぐっとこらえました。一切です。おそらく咳を我慢するなって人生ではじめてってぐらい無い経験です。そうするとどうでしょう。すんごい苦しい!苦しくて苦しくて、涙も出てきました。
流れる涙を手でぬぐい、ひたすら我慢。なんでこの人泣いているのか?って逆に
怪しまれたりして・・この状態が10分ほど続きました。途中下車する方法も考え
ましたがここまで来たら我慢比べ。自分に。。そしてようやく落ち着きさを取り戻し
勝利を勝ち取る。かるい達成感と安堵感。そして大きな疲労感をもたらされたのでした。

今日は新着ベルジュラックのワイン。シャトーサラグル05年。
プルーン、土、ミネラルの要素とスパイシーで収斂味のある味わい。
ベルジュラックらしい塩っけさも特徴的。

続きをみる

2009年5月30日

5/29 (金)
今日は閉店後、菊池さんの送別会。
ちゃんとしたお料理の他に、肉好きヤギにはたまらないこんなオマケも付いてきました。

そんな肉に齧りつく新人の谷口くん。

頼もしいです。今度朝まで肉を齧りながら語り合いましょう。

続きをみる

2009年5月30日

5/29
霞ヶ関 L'Arche さんにて、菊池さんの送別会。


P1230027.JPG

続きをみる

2009年5月30日

5/28 (木)
今日のワインはジャンテ パンショ ブルゴーニュ ブラン ’07

1955年、ジュヴレシャンベルタン村に設立されたこのドメーヌの名声を一気に高めたのは、2代目のヴァンサン ジャンテ。
ハーレーダヴィッドソンをかっ飛ばすちょっとコワモテなヴァンサンのこだわりは、高い樹齢のブドウ樹です。
そんなヴィエイユヴィーニュのブドウから醸されたエキス感たっぷりで滋味深いピノノワールに定評がありますが、テロワールを感じさせるミネラル感に溢れたシャルドネも出色です。

続きをみる

2009年5月29日

5/28
お料理当番。


キハダマグロのタルタル

P1230002.JPG

続きをみる

2009年5月28日

5/27
大学ゼミOB会の幹事会で、カーディナス銀座。ワインはお約束のお持込み。


P1220005.JPG

続きをみる

2009年5月28日

5/27 (水)
今日は休肝日。

続きをみる

2009年5月27日

5/26 (火)
今日のワインはレ シュマン デ バサック ”イザ” ブラン ’08

南仏、ラングドック・ルーション地方のヴァン ド ペイ ”コート ド トング”。
有機で栽培されたルーサンヌとヴィオニエをシュール リーで仕上げた、クリアさが魅力の一本です。

続きをみる

2009年5月27日

5月25日 (月)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2009年5月26日

5/25

すごーく、忙しいんですけど。。。。


P1210989.JPG

1本目 トートワーズクリーク シャルドネ ヴィオニエ 2008 サンプル試飲
おなじみのワインですが、航空便でワイナリーから届いた2008年のヴィンテージのサンプルです。
南仏の2008年は収穫量が極めて少ないそうですが、品質は最高と聞いていましたが、やはりかなり良いできです。
次からスクリューキャップに切り替わります。


2本目 トートワーズクリーク ピノノワール 2008 サンプル試飲
この、ピノもサンプル。ラベルのヴィンテージが、手書きで2008に修正されてます。
きちんと、ピノノワールの味がします。
これも、いままでのヴィンテージの中で、一番良いできにのように思われます。
入荷が楽しみです。こいつもスクリューキャップに切り替わります。


May 25

I am so busy.


1st Tortoise Creek Chardonnay Viognier 2008 sample tasting
It is a new vintage sample from the winery by air.
I heard you have very little production of white wine in 2008 from South France, but the quality is very good.
I am sure that the information is true.
This white is really good. I think it is the best one in all vintages I have drunk ever.
The cap is change for screw with this vintage.


2nd Tortoise Creek Pinot Noir 2008 sample tasting
It is also a sample bottle from the winery.
The indication of vintage on the label is changed to 2008 by hand writing.
This Pinot Noir has really Pinot Noir taste.
I think it is the best one in all vintages I have drunk ever.
I am looking forward to receiving this vintage.

2009年5月26日

5/24
お料理当番は、手巻き寿司。

P1210988.JPG

帆立とホッキ貝を捌きました。うまうま。

P1210991.JPG



1本目 ペスキエ シャルドネ 2007 ¥1200
ペスキエのシャルドネは、文句なしに美味しいです。
手巻き寿司にぴったりこん。


2本目 クロズリー デ リィ ルージュ 2007 \1050
この南フランスの赤も、自然でクセがなくて、手巻き寿司にぴったり。
リュットレゾネで栽培されたメルロー40%、カベルネフラン20%、シラー20%、グルナッシュ20%。


May 24
I cooked dinner, Temaki-Sushi.


1st Pesquie Chardonnay 2007 1200 yen
This South France Chardonnay is really tasty.
It is very good combination with Temaki-Sushi.


2nd La Closerie des Lys Les Fruitieres 2007 1050 yen
This South France red is also very good, very natural and tasty.
It is very good for Temaki-sushi, too.
Merlot 40%, Cabernet Franc 20%, Syrah 20%, Grenache 20%.

2009年5月26日

5月24日 (日)
今日のワインはフレデリック マニャン ブルゴーニュ ピノノワール ’07 ¥2,400。

ロゼに続いて、F マニャン新着のACブルゴーニュです。

続きをみる

2009年5月26日

5/23 (土)
午前中、都内某所で「秘密の・・・」準備。

続きをみる

2009年5月26日

5/22 (金)
今日のワインはフレデリック マニャン ブルゴーニュ ロゼ ’08 ¥2,100。

一月にフレデリック マニャン氏が店に来た時に話していた、「おいしいロゼ」がやってました。
08年収穫のピノノワール、はじける果実味とクリアな酸が魅力です。

続きをみる

2009年5月24日

5/23


P1210953.JPG

かねてより企画していた某所での秘密のワインイベントの日です。

続きをみる

2009年5月24日

5/21

仕事が追いつかなくて、不本意ながら休日出勤。
なんとかなるのかっ・・・・?


P1210984.JPG


1本目 ベルクール シャルドネ 2007 ¥1000
2007年のベルクールのシャルドネは、特に果肉の厚みを感じるスタイルです。
ブラインドでやったら、ニューワールド?、もしかして高いワイン? とか迷いそう。
でも、全然べたつかずに後味爽快。満足度の高い1000円ワインですね。


2本目 ベルクール カベルネソーヴィニヨン 2006 ¥950
これまた、ニューワールドちっくな、南仏カベルネ。甘みを強く感じるほどです。
でも、やっぱ、後味にベタツキ、モタツキが全くありません。
非常に口当たりが良い。
これで、1000円をきる価格は、うれしいですね。


May 21
It was day-off today for me.
But I have to work because I want to catch up my job.


1st Bellecourt Chardonnay 2007 1000 yen
I felt a big volume of flesh of fruit with this 2007 vintage.
If I taste this by blind, I would say, " it may be New World or some expensive".
I also found very good after taste, very cool taste.
It is very good 1000 yen wine.


2nd Bellecourt Cabernet Sauvignon 2006 950 yen
Well, It is also a kind of New World style Cabernet, isn't it ?
I felt sweet nuance a lot.
But it has also very sharp after, very easy to drink.
I am happy to sell it under 1000 yen.

2009年5月24日

5/22
某会議にオブザーバーとして出席。
皆さん、なかなか、やりますなあ。。

P1210985.JPG


1本目 ドメーヌ ド モンフォコン レ ガルデット ロゼ 2007 \1050
ルディの造るローヌのロゼ。ワイナリーのトップキュヴェ”バロンルイ”を仕込む際にセニエで抜いた果汁から作るようです。
最高のブドウが原料ですから、やっぱ美味しいです。さっぱりしたフルーティーな味わいの奥にきらりと光る厚みがあります。
いま、遠田さんがドットコム店で、お勧めしてますね


2本目 バロン ド ボーラン ルージュ 2008 \650
うん、大丈夫。おいしい。なんの変哲もないワインですが、しっかりとした味わい。
じゃまな、へんてこな、風味が全くないのがうれしいです。
すいっと、気持ちよく飲み干しました。
いま、ワタシがドットコム店で、お勧めしてますね


May 21
I participated some wine-sales conference as an observer.
I was impressed a lot.


1st Domaine de Montfaucon Les Gardettes Rose 2007 1050 yen
This rose is made in South-Rhone from "Soignee" juice of "Baron Louis", which is the top cuvee of the winery.
You know, the finest grape let wine be fine.
It is a very delicious rose.


2nd Baron de Beau Rond rouge 2008 650 yen
It is a new Cave de Re-Lax original wine from Languedoc.
It is not special, but very clean, very easy to drink.
I like a lot such kind of an ordinary good wine

2009年5月23日

5/20

い、いそがしい。。。。


%A5%B7%A5%E3%A5%F3%A5%C9%A5%E9%A5%D9%A5%A4.jpg



1本目 ドメーヌ シャン ド ラベイ ブルゴーニュ ブラン \2400 新入荷
ブルゴーニュの小さな村アルーズにある1997年からビオデナミ農法でワイン造りを始めた新しい小規模なドメーヌ。ソムリエの資格をもつオーナーのアラン・アザール氏はパリでワインショップの勤務経験もあります。コート・デュ・クーショワ(どこ?)とシャロネーズで収穫されたシャルドネ100%で仕込まれる自然派ブルゴーニュ。自然な果実味、このクラスのブルゴーニュブランとしては、驚くほど厚みのある味わい。よいシャルドネです。美味しいです。掘り出し物です。お勧めです。


2本目 ドメーヌ シャン ド ラベイ ブルゴーニュ ルージュ \2500 新入荷
赤はピノノワール100%のビオデナミ農法による自然派ブルゴーニュ。やわらかく繊細なで、なおかつ果実の風味がジャムのように現れます。後味はとってもさわやか。とっても、美味しいです。カーヴドリラックス、久々の直輸入ブルゴーニュ・ピノノワールの新入荷です。


May 20

I was so busy.


1st Domaine Les Champs de L'Abbaye Bourgogne Blanc 2007 New arrival
Domaine Les Champs de L'Abbaye is small winery located at Aluze, a very small village in Burgundy, produces " Biodynamie" wines. This Chardonnay is very natural and has very good minerals and big volume of fruits. It is very nice.

2nd Domaine Les Champs de L'Abbaye Bourgogne Rouge 2007 New arrival
The standard red of the winery is made from 100% Pinot Noir grown by Biodynamie. It is very elegant and has jamy red fruits. It is really nice natural Burgundy. I love this !

2009年5月22日

5/21 (木)
今日のワインはシャトー ラ サラグル ベルジュラック ’05 ¥1,050。

ドルドーニュ河を遡ったボルドーのお隣ベルジュラック。エコスール認定の自然派ワイナリーから、期待の新人が到着です。
平均樹齢25年のメルロが70%とカベルネソーヴィニョンのブレンド。そして良作年の4年熟成。なんかヤギ好みな予感に胸がときめきます。

続きをみる

2009年5月21日

5/19

お料理当番。

マグロのお刺身サラダ仕立て

P1210933.JPG

続きをみる

2009年5月21日

5/20 (水)
今日のワインはポール ジャクソン ブルゴーニュ ルージュ ’07

1946年、アンリ ジャクソンによってコートシャロネーズのリュリーに創設されたドメーヌ ジャクソン。
1972年に息子のポールが引き継ぎ、同地区を代表する生産者として名声を不動のものとしました。
ブーズロンのドメーヌ ド ヴィレーヌとは、お互いを「アリゴテの先生」、「リュリーの先生」として敬意を払い合う間柄だそうです。

続きをみる

2009年5月21日

5/19 (火)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2009年5月19日

%A3%E820090519-1.jpg


ままなかファームへようこそ♪
(日記自体久々なのに突然ファームのコーナーです・・)

さてさて・・先月、H見さんよりいただいたサンジョベーゼの苗、店頭でヤギ店長が育てておりますが、ままなか宅にも一本栽培中です。市販で買った培養土(ふつーの果樹木用)、赤玉土(小)を半々に混ぜて土作り。マンションベランダ西向きで日当たりのいい場所。植え込みしてから一ヶ月ちょい(アバウト)ですが、すでに新梢が30cmほど伸びました。つるも出てきています。ほかに2本の枝が出そうになっていたので、こちらは芽かきをしました。


%A3%E820090519-2.jpg


新梢は1本に絞ることがよろしいようです。早くこの枝を木質化させて葡萄らしい
枝ぶりにしたいものです。来年はあんどん仕立てで実を成らす予定です。
このコーナー機会があればまた近況を報告します。この第一回でコーナーが
つぶれないことを僕自身祈っています。。
葡萄栽培にお詳しい方がもしこのブログをご覧いただいていたら、プランターで
栽培するに当たり、ここが大切!というようなアドバイスいただければ嬉しい
です!ぜひお立ち寄り願います〜

2009年5月19日

5/18 (月)
今日のワインはミシュロ ブルゴーニュ シャルドネ ’06

ムルソー村にドメーヌを構え、ムルソーを中心にピュリニーモンラッシェ、ポマールなどに約23haの畑を所有。
歴史は17世紀に遡りますが代々畑仕事大好きの家系で、自然を尊重しそれぞれの畑の個性を重視した葡萄栽培を行い、それらをより引き出せるよう自然酵母を用いて醸造を行います。
樽は新樽、2年樽、3年樽、4年樽をそれぞれ25%づつ使用するのが同家のきまりだそうです。

続きをみる

2009年5月19日

現在日本でも感染が広まっている
「新型インフルエンザ」が
まだ「豚インフルエンザ」
と呼ばれていた頃の夕食。


y090519.jpg


アメリカ産豚肉とキノコの煮物。

続きをみる

2009年5月19日

5/17 (日)
今日のワインはマルキ ド ボーラン シャルドネ ’07 ¥750。

続きをみる

2009年5月18日

5/17

きょうもオージーワインの試飲です。


P1210915.JPG

続きをみる

2009年5月17日

5/16
多摩川沿いをウォーキング後、ふらりと入ったお蕎麦屋さんで、つい生ビール。
勢いあまって純米吟醸、もとの木阿弥。


夜はお食事当番。

鯛・ホタテ・桜エビのカルパッチョ

P1210902.JPG

続きをみる

2009年5月17日

5/16 (土)
今日のワインはヴィッラ アニータ テンプラニーリョ ’07 ¥850。

カーヴドリラックスの安ウマスペインと言えばノストラーダがダントツの人気を誇りますが、忘れちゃいけないヴィッラ アニータ。
能天気なまでに溢れんばかりの果実味が魅力のアニータです。

続きをみる

2009年5月16日

5/15 (金)
今日のワインはルフレ デュ シャトー シサック ’05 ¥1,600。

サンテステフとポイヤックの境目あたりを内陸へ向かった先に位置するシサック村。その村の名を冠し、クリュ・ブルジョワの中でもトップクラスの評価を得ているシャトー シサックのセカンドラベルです。
カベルネソーヴィニョンを主体にメルロをブレンド。セカンドながらボディのしっかりとしたメドックらしさが魅力の一本です。

続きをみる

2009年5月16日

5/14 (木)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2009年5月15日

5/14
南アフリカから、サウス・アフリカン・ファインワイン のルネ・レイザー氏と、ウェーヴァーレイ・ヒルズ&ディクソンズ・ピーク のコブス・トワ氏 がご来店。記念撮影。


P1210887.JPG

続きをみる

2009年5月14日

5/13
北海道の山崎ワイナリーから、待望の新入荷です。

P1210889.JPG


1本目 山崎ワイナリー バッカス 2008 ¥2300 (ワイナリーの売店価格より若干高くなります。ご了承ください。) 新入荷
甘口と表記がありますが、きれいな酸があるので、全くべた付きいた感じはありません。
充分に食事と一緒に楽しめます。
奥行きのある深い果実味は、山崎ワイナリーならではのもの。
うーん、やっぱり、美味しい。


2本目 山崎ワイナリー ツヴァイゲルトレーベ 2007 ¥2800 (ワイナリーの売店価格より若干高くなります。ご了承ください。) 新入荷
底力を感じるツヴァイゲルトであります。
ステンレスタンクでの発酵後、フレンチオーク樽で9ヶ月熟成したそうです。
初め、心地の良い樽のニュアンス、つぎに複雑なハーブ。
きわめて高いレベルの酸とタンニン。最後に、ヴォリュームあふれる果実味。

やはり、北のワインです。上質なピエモンテのバルベーラを思わせる感じでしょうか?
うーん、素晴らしい!
こういうワインを扱える喜びを感じます。
個人的には非常に推したいワインなのですが、酸味が得意でない方にはおすすめしない方が良いのかなあ...?


May. 13
We are very happy that have received very rare wines from Yamazaki Winery in Hokkaido Japan.

1st Yamazaki Winery Bacchus 2008 2300 yen New arrival
The label says it is sweet type.
However, it is very good for foods because it has very good enough acidity.
It is very elegant, very stylish.
This deep-complex fruits smell and flavor is the feature of the winery, I think.
Delicious ! Delicious ! Delicious !

2nd Yamazaki Winery Zweigeltrebe 2007 2800 yen New arrival
I am sure it is an outstanding Zweigeltrebe !
After the fermentation, it was matured in a French oak cask for 9 month.
At first, I felt very good oak cask nuance then complex herb flavor.
Then I felt very high level tannin and acidity.
Finally, I found really big volume of fruits.

The taste reminded me of a fine Barbera in Piemonte Italy.
Wonderful !
I am very happy that I am able to deal such a fine wine.

2009年5月14日

5/12 (火)
今日のワインはアンリ ブルジョワ プティ ブルジョワ ソーヴィニョン ’08

ヴァン・ド・ペイ デュ ヴァル・ド・ロワールのソーヴィニョンブラン。
昨日と同じアンリ ブルジョワのカジュアルレンジですが、親しみやすいシンプルな味わいの中にもソーヴィニョンブランに対するドメーヌのこだわりが感じられる一本です。

続きをみる

2009年5月14日

5/12 (火)
今日のワインはアンリ ブルジョワ サンセール ラ ヴィーニュ ブランシュ ’07

10世代に渡りサンセールを代表する銘醸蔵としての名声を守り続けてきたアンリ ブルジョワ。
サンセールを特徴づけるのは、ジュラ紀に由来する泥灰土の上に、ロワール河が運んだ石英や石灰岩といった堆積物が幾層にも重なるテロワール。
ミネラル豊富なこの土地に根付いたソーヴィニョンブランの特性がしっかりと封じ込められた一本です。

続きをみる

2009年5月13日


おいしそうな生メカジキがあったので
エリンギとともにガーリック炒め。
y090513.jpg

続きをみる

2009年5月13日

5/12
わけあって、大磯の名店、VENTO MARINO で、豪華なランチ。


P1210872.JPG

続きをみる

2009年5月13日

5/11
いろいろあった最後に、ホテルオークラ ワインアカデミーの講師をつとめました。


P1210870.JPG

今日は本当に疲れました。

休肝日。


May. 11
No wine day

2009年5月12日

5/11 (月)
今日のワインはダニエル リオン ブルゴーニュ シャルドネ レ プティ リオン ’07 ¥1,900。

ニュイサンジョルジュの南、プレモー村に蔵を構えるドメーヌです。
コートドニュイの各村に17アペラシオン、約20haの畑を所有。凝縮感のある力強い赤ワインに定評がありますが、ニュイサンジョルジュの白を始めとしたミネラル感溢れる白ワインも秀逸です。
レ プティ リオンはオートコートドニュイの若木からつくられる一本。瑞々しくシンプルなおいしさが魅力です。

続きをみる

2009年5月12日

5/10 (日)
今日のワインはフルーロ ラローズ サントネイ ’06¥2,400。

1843年サントネイ村に設立以来、代々家族経営でワインづくりをしてきたドメーヌです。
かのDRCが所有していたサントネイの1級畑クロ デュ パスタンを単独所有し、これまで1級畑のみのリリースでしたが06年に初めて仕込んだヴィラージュものだそうです。

続きをみる

2009年5月11日

5/10
ワインつながりの、修平さんのお誕生ワインパーティーにお招きいただきました。

P1210841.JPG

続きをみる

2009年5月10日

5/9
お食事当番。

岩手産ホタテのカルパッチョ

P1210816.JPG

続きをみる

2009年5月10日

5/9 (土)
今日は休肝日。

続きをみる

2009年5月 9日

5/8
早朝、茨城県土浦市に到着。


P1210812.JPG

続きをみる

2009年5月 9日

5/8 (金)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2009年5月 9日

5/7
ホテルオークラ・ワインアカデミー、マスターコースにて、「南フランスのワイン」について講義しました。
受講いただいた皆様に、了解をいただき記念撮影。
みなさん、変なセンセイと思われたことでしょう。

P1210781.JPG


今日は休肝日。


May. 7
I held a wine seminar at Hotel Okura Wine Academy.
I lectured about South France wine.
I got a permission to update from students and took a photo.
Everybody must be thinking that I'm a strange teacher.

2009年5月 8日

5/7 (木)
今日のワインはノストラーダ クリアンサ ’04 ¥1,350。

カーヴドリラックスの安うまスペイン代表ノストラーダ。そのプレミアムな一本がこのクリアンサです。
とは言えプレミアムといっても¥1,350なあたりがノストラーダのいいところ。
『クリアンサ』の基準は「樽または瓶での熟成期間が24ヶ月、内樽熟成が6ヶ月以上」ですが、ノストラーダのクリアンサは新樽での熟成が8ヶ月、その後瓶熟が14ヶ月という贅沢さ。
で、¥1,350・・・安いなぁ・・・。

続きをみる

2009年5月 8日

5/6 (水)
今日のワインはフランソワ ミクルスキー ブルゴーニュ パストゥグラン ’05

なんと言っても白ワインをつくらせたらのミクルスキーですが、このパストゥグランもなかなか侮れない一本です。
パストゥグランに使われるピノノワールとガメイが植えられたのは1929年。歴史の教科書でいくと、世界恐慌の年です。
せっかく元気なのにもったいないし、と植え替えなしでミクルスキーが大事に育てる老ブドウ樹。世界的大不況を経験し、世界大戦を乗り越えてきたブドウ樹のパストゥグラン、なんかすごいです。

続きをみる

2009年5月 7日

5/6
連休最終日。
お出かけだったの人も、そうでない人も、お疲れさまでした。

P1210779.JPG


1本目 ラ クロズリー デ リイ ブラン 2007 ¥1050
おや、このロット、3月入荷したてに飲んだときは、結構固い感じだったんですが、
ここにきて、グーンと果実味が増しています。
ワインって、変わるんですね。酸とミネラル感がバッチシ。
南フランス・リムー地区の、シャルドネ・ソーヴィニヨン・ヴェルメンティーノから造られています。


2本目 シャトー サンジャック ダルバ 2007 ¥1200
これ、ワタシのツボ。
えもいえぬ深い味わい。完熟フルーツの味わい。
南フランス・ミネルヴォワの自然派。うみゃあです。
グルナッシュ40%、カリニャン40%、シラー20%


May. 6
It was the last day of holidays week.
Good job !


1st La Closerie des Lys Les Fruitieres Blanc 2007 1050 yen
When I drank a same wine with the same lot as soon as arrival on March, I felt some hard nuance.
However, it has changed today, very mild and fruity.
Only taking 2 months, wine can mature.
I like this acidity and minerals.
It is form Limoux in South France.
Chardonnay, Sauvignon Blanc and Vermentino.


2nd Domaine Saint Jacques d’Albas Minervois 2007 1200 yen
This is my style. This is my wine.
I love this Minervois very much.
It is so deep !
Grenache, Carignan and Syrah.

2009年5月 6日

5/5
手巻き寿司。
やはりワタシは、手巻き寿司が、この世の食べ物の中で一番好きです。

P1210775.JPG

1本目 ドメーヌ ニコラポテル ブルゴーニュ ブラン 2007 2800円
今回のセールで見つけました。ニコラポテルのサンロマンの自社畑ドメーヌもののブルゴーニ。
めずらしいですね。蝋づけキャップに、通しナンバー入り。生産量3000本のみの稀少品。
気合を感じます。味は、とてつもなく、ものすごく、超美味。
これは、明らかにグランヴァン。
残念ながら、発売即完売。

2本目 ドメーヌ ニコラポテル ブルゴーニュ ルージュ 2007 2800円
赤はポマールの自社畑から。こちらも蝋づけキャップに、通しナンバー入り。
さても超美味。ふかーいピノノワールの滋味が、はちきれそう。
(ほんとはピノファンのマサルセレクションだそうですが。)
ワタシという人間は、こういったワインを飲みたいが故に、この世に生きているかのように思われます。
赤は、まだ、ちょこっと、在庫残ってます。


May. 5
I cooked Temaki-sushi.
I was sure again Temaki-sushi is my first food.


1st Domaine Potel Bourgogne Blanc 2007 2800 yen
I bought this fine white at our GW sale.
It has a cerated cap seal and serial number, looks a great wine.
Oh ! It is a really great wine !
I felt the quintessence of wine. Only 3000 bottles are produced.
It has been out of stock as soon as released.

2nd Domaine Potel Bourgogne Pinot Noir 2007 2800 yen
The red is also great wine.
It is made from the estate vineyard in Pommard.
I love this Pinot Noir very much.
I feel I am a only human who want to drink a such kind of wine.

2009年5月 6日

5/5 (火)
今日のワインはベルクール ソーヴィニョンブラン ’07 ¥950。

「気軽に楽しめる安くておいしいワインを作りたい」という南フランスの良心的生産者の思いと、「気軽に楽しめる安くておいしいワインを売りたい」と言う虎ノ門の良心的(であるよう日々務める)ワインショップの思いが見事結実したカーヴドリラックスのオリジナルブランド『ベルクール』。
ちょっとウマすぎじゃない?のピノノワールやシャルドネに隠れてやや目立たない存在ですが、このソーヴィニョンブランもベルクールのラベルに恥じない安ウマぶりな一本です。

続きをみる

2009年5月 5日

5/4
ゴールデンウィ−ク真っただ中ですが、ワタシは、お面のようにおでこに線の入った顔で働いています。

P1210773.JPG

1本目 トゥルクハイム シルバーナー 2006 \1380
久々に飲みましたが、すっきりとした味わいに、微妙な厚みと蜜香が現れて、いい感じです。
シルバーナーってこんな熟成するんですね。ブラインドなら、リースリングって言いそうです。
そういえば、ワイン上級者がよく、さっぱとしたリースリングをブラインドで「シルバーナー」って間違えるのに遭遇します。
アルザスならではの味わい。おいしいです。


2本目 チェスコン ラボッソ セレクション 2007 \1380
ご存知イタリアワイン、小枝のチェスコンのトップキュヴェです。
2006年ヴィンテージまでは、リゼルヴァと名乗ってましたが、
現地のワイン法が変わって、ラボッソ種はリゼルヴァを名乗ってはいけないことになってしまったそうです。
どうやら、ラボッソで唯一素晴らしいワインを造るチェスコンへの、やっかみ混じりという噂も。。。
どこにでも、よくある話ですね。
名前は変わっても、このワインのクオリティーは、以前にまして素晴らしいです。
深い果実味、なめらかなタンニン、きれいに伸びるアフター。うーん、素晴らしい。


May.4
We are in holidays week in Japan, but I have to work with masked face.


1st Turkheim Sylvaner Cave Tradition 2006 2006 1380 yen
It is the first time I have drunk this Alsace for a year.
I found a very good mature, not only fruity but also richness and honey touch.
It teaches us the fabulousness of Alsace Sylvanar.


2nd Cescon Raboso Selection 2007 1380 yen
It is the top cuvee of Cescon winery.
Until vintage 2006, the wine is called as Riserva.
However Cescon had to change the name to Selection because of the regulation switch in the region.
Raboso can not be called as Riserva from the vintage.
I suppose that only Cescon can produce a excellent wine from the grape, the others disturb Cescon with envying of the success.

Anyway, even though the name has changed, the quality of the wine has never changed.
It is a really outstanding red wine in Veneto !
I love it !

2009年5月 5日

5/4 (月)
今日のワインはジャン ピエール ボニー ブルゴーニュ ピノノワール ’06

ジャン ピエール ボニーがニュイサンジョルジュに蔵を立ち上げたのは1963年。以来30年以上の間、生産量のほとんどをネゴシアンに販売していた為、ドメーヌの名が表にでることはほとんどありませんでした。
2001年、ジャン ピエール氏が急逝。娘のファビエンヌ ボニーがドメーヌのあとを継ぎ一念発起、ドメーヌ元詰めを始めました。
「現当主」であるファビエンヌ ボニーは幼い娘3人のお母さんでもあり、育児の傍らわずか数年で評価を得るに至るその努力と才能たるや、ちょっとスゴイです。

続きをみる

2009年5月 5日

5/3 (日)
今日のワインはドメーヌ ド ラ ボングラン マコンヴィラージュ キュヴェ トラディション ’04

マコネ地区における最上の生産者として知られるドメーヌ ド ラ ボングラン。15世紀から続く名門ドメーヌの伝統は、現当主のジャン テヴネ氏と息子のゴーティエ氏によって引き継がれています。
畑でも蔵でも独自のこだわりを持つテヴネ氏ですが、醸造における頑固なまでのこだわりは低温での長期に渡るアルコール発酵。自然酵母により約10〜16度で行われる醗酵は、キュヴェ トラディションで16ヶ月に及びます。
オーク樽は使用せずに、オリとの接触面が広い横長のステンレスタンクを用い、アルコール発酵後3〜4ヶ月のマロラクティック醗酵。その後半年から1年の熟成を経て瓶詰めされ、しばし落ち着かせた後蔵出しされます。
収穫から蔵出しまで、おおよそ2年半以上もかかるわけで・・・う〜む、このマコンヴィラージュ、やっぱりただ者じゃなさそうです。

続きをみる

2009年5月 4日

5/3
お判りになるでしょうか?

P1210772.JPG

昨日の強い日差しの中の野球観戦。
アタマにタオルを巻いていたら、くっきりと日焼けの後が。
まるでワタシの顔は、お面のようです。
超かっちょ悪いです。


今日は休肝日。


May. 3
Can you find it?
I got a suntanned line on the face because I put a cap during a watching baseball game yesterday.
My face is like a mask.
Looks so bad....

No wine day today.

2009年5月 3日

5/2 (土)
今日は休肝日。

続きをみる

2009年5月 3日

5/2
快晴の中、ひさびさのデイゲーム観戦。日差しが超強かったです。


P1210762.JPG

続きをみる

2009年5月 3日

5/1
おお!もう5月だ!


P1210771.JPG


1本目 バロンドボーラン ブラン 2008 ¥690 新入荷
ついに、バロンドボーランの登場であります。
マルキドボーランと同じく、カルカッソンヌにある生産者協同組合 フォンカリューに生産を委託したワタシのオリジナルワインであります。
昨年の9月には、わざわざワイナリーまで押しかけて、この最終ブレンドを決定してきました
ヴァンドペイですが、産地とキュヴェには、かなりこだわりました。

溌剌とした果実味とミネラル感たっぷり。まったく欠点はみつかりません。
グルナッシュブランとマルサンヌといった生産量の多いローカル品種を使うことで、価格を低く抑えることができたのと、
かえって、土地の特徴が良く現れています。
うーむ、まんだむ。


2本目 バロンドボーラン ルージュ 2008 ¥650 新入荷
赤も良いです。とても良いです。あふれるような南の果実。なめらかなタンニン。充分な飲みごたえ。
カリニャンとグルナッシュのブレンドです。産地は、ドーマガサックのあるラングドックのエロー地区。
これが、600円台で飲めるのは嬉しいです。
バロンドボーランとは、「男爵の美しい庭」という意味です。ルネッサンスー! です。
ちなみに、マルキドボーランは 「侯爵の美しい庭」。


3本目 バロンドボーラン ロゼ 2008 ¥690 新入荷
勢いあまって3本目。ロゼもあります。グルナッシュ、シラー、サンソーのブレンド。
うーむ、今回のこのシリーズは、ロゼが一番出来がよいかも。


May 1
Oh ! May has come !


1st Baron de Beau Rond Blanc 2008 690 yen New arrival
Baron de Beau Rond is our new original private brand produced by Foncalieu in Carcassonne, France.
I went to the winery and decided the final blend on last September. Grenache Blanc and Marsanne.
It is very fresh and fruity. It also has enough minerals.
Good job !


2nd Baron de Beau Rond Rouge 2008 650 yen New arrival
The red is also very good.
The reasonable price is achieved by the use of local popular grapes, Carignan and Grenache.
It has a lot of fruits taste and very mild tannin.
I like this red very much.


3rd Baron de Beau Rond Rose 2008 690 yen New arrival
This rose may be the best one in this brand.
Grenache, Syrah and Cinsaut.
Lovely wine !

2009年5月 2日

5/1 (金)
今日のワインはマルキドボーラン シラー ’07パンゴリン カベルネソーヴィニョン ’02

いわずと知れた我らがマルキドボーランと、昨日ちょっと残ったのをもらってきたままなかさん秘蔵、最後の一本だったパンゴリンの02年です。
7年熟成で抜栓2日目の安ウマカベルネソーヴィニョンですが、この熟成感、結構ヤギのツボだったりします。

続きをみる

2009年5月 2日

4/30 (木)
閉店後、スタッフ千葉さんの送別会&勉強会。

続きをみる

2009年5月 1日

『読売生活情報誌 リエール 2009年5月創刊号』
に掲載されたワインをご紹介します。

z090501hyoshi.jpg


続きをみる

2009年5月 1日

4/30
棚卸、終了後、今日でお店を去るスタッフの千葉さんの送別会を兼ねたワイン勉強会。


P1210741.JPG

続きをみる

2009年5月 1日


キノコのトマトソースパスタ。

y090501.jpg


パスタは色々好きですが、
トマトソースにすると、ソース自体が野菜なので
ヘルシーかなー?と思ってトマトソースにすることが多いです。
ワンパターンという言い方も出来るかもしれません。

尚、写真は二人前であって
決して一人前ではありません。

続きをみる



▲ このページの先頭へ