2009年4月30日

4/29 (水)
今日は休肝日。

続きをみる

2009年4月29日

4/28 (火)
今日のワインはシャトー アントニャック リムー テール アムルーズ ’07 ¥2,100。

温暖な気候の南フランスにあって、内陸で標高が高く冷涼なワイン産地リムー。
自社畑に植えられた樹齢の高いシャルドネを手摘みで収穫、小樽を用いて醗酵と熟成を行うしなやかにして味わい深い一本です。

続きをみる

2009年4月29日

4/28
プチお料理当番。

鮭イクラのマッシュポテト by インカの目覚め


P1210733.JPG

続きをみる

2009年4月28日

ボルドーを飲もう、と思った日は
すき焼きにすることが多いです。


y090428.jpg


鶏モモ肉と、国産牛を使用。

続きをみる

2009年4月28日

4月27日 (月)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2009年4月28日

4/26 (日)
今日のワインはボルドー ド モーカイユ ’05 ¥1,800。

ムーリスとリストラックにまたがるクリュブルジョワ、シャトー モーカイユ。同地区のシャススプリンと並び「メドックらしい堅実さ」には定評のあるこのシャトーが、2003年に取得したボルドーシューペリウールの畑からの一本です。
カベルネソーヴィニョンを主体にメルロとフランのセパージュ。ニューワールドを思わせる濃厚な果実味とボルドーとしてのツボを押さえた隙の無い仕上がり。ラベルもモーカイユっぽくて、なんかおいしそうです。
シャトー モーカイユ、かなか商売上手ですね?

続きをみる

2009年4月28日

4/27
お店のバーで、ワイン会です。


P1210718.JPG

続きをみる

2009年4月27日

4/26
人見さんが、丹波ワインさんから頂いたブドウの苗木を自宅の庭に植えました。


P1210651.JPG


できれば、水捌けのよい南向きの斜面に植えようと思ったのですが、
あいにくウチの庭には、そういった場所が無かったので、普通のところに植えました。
果たして根付くのでしょうか?

続きをみる

2009年4月26日

4/25 (土)
GWセール初日はあいにくの雨模様。
雨にも負けず、風にも負けずご来店くださったお客様、ありがとうございます。

続きをみる

2009年4月25日

4/24
インポーター・日本リカーさんのお招きで、なんと、あの、親も同然なシャトー パルメの、ランチ・ワイン会に参加しました。
会場は、なんと、あの親も同然な、シェ イノ。いわずと知れた我が国を代表するフランス料理店。
うーむ、豪華なランチであります。

P1210576.JPG

続きをみる

2009年4月25日

4/24 (金)
今日のワインはバロン ド ボーラン ロゼ ¥690。

先日の赤男爵、白男爵に続き桃色男爵参上です。
マルキ、バロンの両ボーランを送り出す協同組合「フォンカリュー」の本拠地カルカッソンヌ近郊で収穫されたグルナッシュ、シラー、サンソーのブレンド。これからの季節に嬉しい一本の入荷です。

続きをみる

2009年4月24日

4/23
今日もサンプル試飲。


P1210561.JPG

1本目 ドン サモエル マコン シャルドネ 2007 サンプル試飲
自然派ワインのアルノー・コンヴィエが新しくリリースしたスタンダードレンジ。
いま、うちで輸入しているサンヴェラン ¥2000 よりもお安く提供できます。
ワタシ、こっちの方が好きです。
自然な果実味はサンヴェランに同じですが、果実味と蜜香が、マコンの方がハッキリ出てきます。
こえは、おいしいです。これ、買います。

2本目 ドン サモエル ブルゴーニュ ルージュ 2007 サンプル試飲
ピノワール100%だそうです。
これは、完全にイチゴジュースです。栃乙女のように、香の強いイチゴジュース。
おいしいです。かなり、いけてます。これも、必ず買います。
最近、買いが多いですね。だいじょうぶでしょうか?
いや、これは、おいしいから、だいじょうぶです。


Arp.23
I also tried to taste sample wine today.


1st Dom Samoel Macon Chardonnay 2007 sample tasting
It is a standard range of Arnaud Combier.
The price is cheaper than Saint-Veran I already imported.
Actually, I prefer to this Macon than Saint-Veran.
It has same natural touch with Saint-Veran and also has much more fruits and honey flavor.
It is very tasty. I am going to buy this.

2nd Dom Samoel Bourgogne rouge 2007 sample tasting
Oh ! It is really nice, It is just my taste.
It is a strawberry juice. It must be not Pinot Noir but a strawberry juice.
I love this Burgundy red.
I am going to buy this.

2009年4月24日

4/23 (木)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2009年4月24日

4/22 (水)
今日のワインはチェスコン ラボッソ セレクション ’07 ¥1,380。

ながらく忘れ去られていたヴェネトの地ブドウ「ラボッソ」。大学教授だったチェスコン氏がこの品種を復活させ、カーヴドリラックスオープン以来、欠かせない一本となっていました。
昨年新たに仲間入りした「セレクション」は、慣れ親しんだ枝付きボトルとは趣を異にするスタイリッシュなパッケージ。07年収穫の厳選ラボッソを、フレンチオークの小樽で熟成させたちょっと贅沢で洗練された一本です。

続きをみる

2009年4月22日

蓮根ステーキ、というか、
厚切り蓮根のソテー、というか・・。

y090422rencon.jpg

弱火でじっくり火を通して焼きました。
柚子胡椒をつけて食べると美味しいです。


続きをみる

2009年4月22日

4/21
今日もお料理当番。

北海道産 天然帆立貝と天然甘エビのカルパッチョ

P1210539.JPG

続きをみる

2009年4月22日

4/21 (火)
今日のワインはドメーヌ ド ラ コロンジェ プイィフュイッセ ’07

ワインづくりを行うのはジル ノブレ氏。3代目となる彼の手腕により、ワインの品質が一気に向上したと評判のドメーヌです。
プイィフュイッセの畑はヴィエイユヴィーニュが多く、ブドウの粒が小さく機械収穫に不向きとの理由で全て手摘みでの収穫だそうです。
白の生産者泣かせとなった07年ですが、さてノブレ氏の一本は・・・。

続きをみる

2009年4月21日

4/20 (月)
今日のワインはドメーヌ デ シャン ヴィニョン シノン ヴィエイユ ヴィーニュ ’07

ワインをつくるのは1972年生まれ、今年37歳のニコラ ロー氏。メロン栽培農家に生まれた彼がワインを志し農学校に入学したのは1998年のこと。
本格的にワインづくりを始めてからまだ5年ほどですが、ヴィオロジックで手入れされた良好な畑を手にし、ヴィエイユ ヴィーニュへのこだわりと持ち前の熱心さから瞬く間に評判のドメーヌとなっています。

続きをみる

2009年4月21日

4/19 (日)
今日は小瓶のワインをいろいろ。

続きをみる

2009年4月21日

4/18 (土)
今日は休肝日。

続きをみる

2009年4月20日

4/20
Jigen さんのお招きで、西麻布73にてワイン会。
自然派の超レアワインをいただきました。

P1210529.JPG

続きをみる

2009年4月19日

4/18
手巻き寿司です。


P1210523.JPG

本日のネタは、サーモンを除いて、すべて天然モノ。
タイ、ヒラメ、キハダ、ヤリイカ、イクラ。
赤貝、ホタテ貝は殻つきを捌きました。
赤貝は、めんどっちいですね。
しかし、うまーい! やっぱ、天然は違いますね。


P1210525.JPG


1本目 ドメーヌ プティ コトー ヴーヴレ ブリュット サンプル試飲
ロワール地方・ヴーヴレ産の、ビオロジック認定クレマンです。
ブドウはたぶんシュナンブラン。
やわらかい泡と自然な果実の風味。これとっても良いです。

2本目 ドメーヌ ドゥローネ トゥーレーヌ ソーヴィニヨン 2008 サンプル試飲
これも、ロワールから届いたサンプル。ブドウは自然農法のテラヴィティスで仕込まれているそうです。
ソーヴィニヨン種の持つグリーンパッパーの香りがハッキリとあらわれるタイプ。
甘い果実の香り。キレのある後味。うーん、おいしいです。

3本目 ドメーヌ ドゥローネ トゥーレーヌ ガメイ 2008 サンプル試飲
あ、これはすばらしく美味しい!
時おり、ロワールのガメイで、ガメイっぽくない、果実味があふれでるジャミーなガメイがありますが、
これは、そんなガメイです。これもブドウはテラヴィティスだそうです。
いやあ、おいしいなあ。これは、おいしいなあ。
手巻き寿司にもピッタリ。
これ、たぶん、買います。


Apr.18
I cooked dinner, Temaki-Sushi.
All sashimis today are wild fish except Salmon.
A wild fish is quite different from a sea-farm-fish.
They were so delicious.


1st DOMAIN PETIT COTEAU Vouvray Brut Sample tasting
It is a biologique sparkling wine with traditional method from Loire.
It is probably made from Chenin Blanc.
I enjoyed for this creamy babbles and natural fruits touch.
Very good !

2nd DOMAINE DELAUNAY Touraine Sauvignon 2008 Sample tasting
This white wine is also from Loire made by Terra Vitis, natural grape grown method.
It has a typical Sauvignon flavor, green pepper.
It also has sweet smell and very nice after. Tasty !

3rd DOMAINE DELAUNAY Touraine Gamay 2008 Sample tasting
It is an outstanding Gamay wine in the class !
I rarely find this style Gamay in Loire, which has concentrated "jammy" fruits.
It is that. The grape is grown by Terra Vitis method, too.
It is so delicious, very good for Temaki-Sushi.
I probably buy this.

2009年4月18日

4/17 
月に一度の、お取引き先からの請求書をチェックする日でした。
こういう細かなデスクワークは苦手です。でも、とても大切な仕事です。
今月もがんばりました。

P1210518.JPG

1本目 ボデガリュルトン ランドオブファイアー ホワイト 2008 ¥850
果実味たっぷり。さわやかな切れ味もあります。うーん、フルーティー。うーん、アルゼンチン〜。

2本目 マルキドボーラン シラー 2007 ¥700
マルキドボーランってのは、どうしてこうもバランスよく、味わい豊かにできているでしょう。
シラーは、一番通好みかもしれません。私にはドンピシャです。
恐るべき700円ワインと言っておきましょう。


Apr.17
It was a monthly check day for all invoices from suppliers.
I do not like the work but I have to do it.


1st Bodega Lurton Land of Fire White 2008 850 yen
I like this Argentina fruity white wine very much.
It is very easy to drink and refreshing.

2nd Marquis de Beau Rond Syrah 2007 700 yen
Why is Marquis de Beau Rond so nice, very good balanced, rich, clean and tasty ?
This Syrah may be my most favorite one in Marquis de Beau Rond variety.
Horrifying 700 yen wine...

2009年4月18日

4/17 (金)
今日のワインはバロン ド ボーラン 赤と白。

カーヴドリラックスの稼ぎ頭、マルキ ド ボーランの弟分。期待の大型新人がいよいよ入荷です。
マルキ(侯爵)に続いてバロン(男爵)です。
傑出したコストパフォーマンスを見せ付ける侯爵に負けじと、赤男爵¥650、白男爵¥690!(ロゼ男爵¥690も入荷します。)いいぞ!男爵!!

続きをみる

2009年4月17日

得体の知れない物体に見えるかもしれません。
テキトーに作りました。

y090417.jpg

ナガイモと小エビのふわふわ焼き。

ソースをかければお好み焼き風、
あっさり食べたければポン酢で。

続きをみる

2009年4月17日

4/16 (木)
今日のワインはマルキ ド ボーラン シャルドネ ’07 ¥750。

うまいのはわかってるんですが、やっぱウメェ〜〜〜!!!です。
よけいなものはなんにもなくて、ちゃんと味があるシャルドネ。晩ご飯ワインの鏡です。
これで750円だって言うんだからホント参っちゃいます。

続きをみる

2009年4月16日

4/15
特記事項なし。


P1210517.JPG


1本目 ニールエリス ソーヴィニヨン 2007 \1650
南アフリカのソーヴィニヨンならではの、強いグリーンペッパーの風味。
厚みのある果実味。飲み応えあり。

2本目 ノストラーダ ガルナッチャ 2007 \780
自分で輸入してて、言うのもなんですが、やっぱ、これは美味しいです。
果実味、タンニン、酸が、高い位置で丸くおさまっています。
780円という値段は、とってもリーズナブル。


Apr.15
Nothing special.

1st Neil Ellis Sauvignon Blanc 2007 1650 yen
It has a typical South African Sauvignon taste, big volume fruits and strong green peppers.

2nd Nostrada Garnacha 2007 780 yen
I am sure again this Spanish red is very special.
I can not believe that it is only 780 yen.
Delicious !

2009年4月16日

4/15 (水)
今日のワインはブシャール P&F ブルゴーニュ コトー デ モワンヌ ルージュ ’05¥2,300。

ブシャール P&Fの隠れた力作『コトー デ モワンヌ』。良作年のみつくられるスペシャルキュヴェです。
コートドボーヌの複数のテロワールが絶妙に組み合わされ、ACブルゴーニュの枠を超えたポテンシャルが感じられます。
インポーターの資料によれば・・・
ボーヌエリアはボディーを与え、
ショレイ レ ボーヌは暖かさと丸みを。
サヴィニー レ ボーヌはエレガンスと細やかさ。
サントネイはインパクトのある果実味を。
マランジェはボディーと強さ。
う〜〜〜む、まさにいいとこどりですね。

続きをみる

2009年4月16日

4/14 (火)
今日のワインはレ カーヴ ド ラ コロンブ ブルゴーニュ ルージュ ’07 ¥2,100。

99年に設立されると瞬く間に高い評価とおいそれと手の届かないプライスを手にしてしまったルシアン ルモワンヌ。そのルモワンヌのオーナー醸造家が手がけるACブルゴーニュがレ カーヴ ド ラ コロンブです。
ACブルゴーニュですが、07年はガメイが7割とピノノワールのセパージュ。
ACブルでそんなのありなの、と言うとクリュ ボジョレーの格付け変更の場合ありだったりします。コロンブはシエナとモルゴンのブドウが主だそうです。

続きをみる

2009年4月15日

y090415tomato.jpg

まずは完熟トマトのサラダ。
しらすをオリーブオイルでカリカリに炒めてトッピング。

続きをみる

2009年4月15日

4/14
連日のお料理。きょうは、プチモードでご勘弁。


お刺身の盛り合わせ

P1210510.JPG

続きをみる

2009年4月15日

4/13
私が非常勤講師をつとめるホテルオークラ・ワインアカデミーから、
最上級クラスの ”濃い目” の受講生さんにお集まりいただき、ラックスバーにてプライヴェートなワイン会。

P1210472.JPG

続きをみる

2009年4月14日

4/14 (火)
今日はグランヴァン。シャトー ド サル ’99

ポムロールの中でも早熟で若いうちから親しみやすいイメージのド サルですが、なにげに淡々と熟成を続ける力を秘めているのもこのシャトーの魅力です。
99年はカーヴドリラックスの誕生年。いつのまにやらもう10年ですが、さて、うまい具合成長できているでしょうか・・・

続きをみる

2009年4月14日

4/14 (火)
今日のワインはニール エリス ソーヴィニョンブラン ’07 ¥1,650。

南アフリカでワインと言えばのステレンボッシュで、抜きん出て高い評価を受けるニール エリス。
ソーヴィニョンブランの畑は大西洋からの風が吹く冷涼なグローエンクルーフに位置し、樹齢15年ほどのブドウから仕込まれる早飲みが心地よい爽快な味わいの一本です。

続きをみる

2009年4月13日

4/12
お料理当番。最近多いです。

藤沢・井出さんトマトとモッツァレラ


P1210458.JPG

続きをみる

2009年4月12日

4/11 (土)
今日は休肝日。

続きをみる

2009年4月11日

4/10
北海道から戻り、朝から晩まで、一日中日記を書いてました。
ワイナリー巡りは、楽しいのですが、その後の日記作成が...

さらに、今日はお食事当番。

カツオのたたき風カルパッチョ


P1210448.JPG

続きをみる

2009年4月11日

4/10 (金)
今日のワインはシャトー デュ シャン ド トレイユ ‘06

ドルドーニュ河を遡り、アントル ドゥー メールの先に位置するのがサント フォア ボルドーのアペラシオン。
この地に10haほどの畑を所有し、ボルドーではめずらしいビオディナミでの葡萄栽培に取り組むのがシャトー ポンテカネの元醸造長ジャン ミッシェル コム氏とその奥さんです。
メルロを主体にカベルネフラン、ソーヴィニョンとこだわりのプティヴェルドが少々のセパージュ。果実味にとことん磨きをかけ、樽熟成無しの直球勝負なボルドーに仕上げます。

続きをみる

2009年4月10日

4/9
北海道、最終日です。
昨夜泊めていただいた、山崎ワイナリーのロッジは、素晴らしいログハウスです。

ワイナリーのある空知地方は、北海道のちょうど真ん中。
ワイナリーとロッジは周囲が360度見渡せる小高い丘の上、絶景の場所に建っています。

P1210261.JPG

続きをみる

2009年4月10日

4/9 (木)
今日のワインはトーレス サングレデトロ ’06

焼き肉にはトーレスです。

続きをみる

2009年4月10日

4/8
北海道二日目。
最初の訪問先は、岩見沢の中澤ヴィンヤードさん。

P1210195.JPG

続きをみる

2009年4月10日

4/8 (水)
今日は小瓶に残したワインをいろいろなどなど。

続きをみる

2009年4月10日

4/7
今日から北海道です。
ワイナリーを回ります。
今朝は午前4時前に起床し、一番の飛行機で千歳に到着。

P1200934.JPG

最初に訪れたのは、千歳空港近くにあるグレイス千歳ワイナリー。
工場長代理の青木さんと久しぶりの再会。

続きをみる

2009年4月 8日

4/7 (火)
今日のワインはロペラ デ ヴァン (ジャン ピエール ロビノ) シンフォニー デュ タン

ジャン ピエール ロビノ氏は自然派ワインの魅力を広めたワインバー『L’Ange Vin』のオーナーを10年ほど続けた後、自ら自然派ワインをつくるべくロワールにワイナリーを立ち上げました。
ロベラ デュ タンはビオロジックの生産者から葡萄を購入して仕込むネゴシアンラベルです。
AOCジャニエールのシュナンブラン100%ですが、「味わいも見た目も普通じゃない」とINAOには認められず、ヴァンドターブル。No 03とそれとなく記してある通り、2003年の葡萄です。

続きをみる

2009年4月 7日

4/6

本日、親も同然な、シャブリのドメーヌ・ラロッシュ、5代目当主ミシェル・ラロッシュ氏を囲むランチ・テースティングにお招きいただきました。



P1200906.JPG

続きをみる

2009年4月 7日

4/5
休日です。


P1200889.JPG

桜が満開の麻生川沿いを散歩していたら、マルキドボーランを飲んでいるお花見のカップルに遭遇。
うれしいです。思わず近寄って握手をしたくなりましたが、うざいと思い我慢しました。

今日は休肝日。


Apr. 5
It was a day-off today. I walked around a near creek to watch cherry
blossoms.
I found some Ohanami-party drinking Marquis de Beau Rond.
I was so happy.
No wine day today.

2009年4月 7日

4/6 (月)
今日のワインはドメーヌ デュ ヴァル ド ソーヌ ブラン アリゴテ ’06

ニュイサンジョルジュの東約10km。ACブルゴーニュをちょっと外れた、ソーヌ河を望む地に蔵を構える小さなドメーヌです。
父親が手塩にかけた小さな畑を引き継ぎ、現当主のギィ ビュシエール氏が仙人のようなワインづくりを行っています。
もともと自然に即した栽培を行っていましたが99年にはビオディナミに移行。
アリゴテ主体にムロンドブルゴーニュをちょっとだけ。10年ものの古樽で醗酵後、10年ものの古樽で12ヶ月熟成。おまじない程度に亜硫酸を添加して、清澄・ろ過は行わずに瓶詰めします。
もちろんワインはいい感じ濁ってますが、それがまたなんだかおいしいそうです。

続きをみる

2009年4月 7日

4/5 (日)
今日のワインはグリモウ カベルネソーヴィニョン レゼルヴァ ’01

ペネデスのカベルネソーヴィニョン100%。12ヶ月の樽熟成と36ヶ月の瓶熟を経て出荷される、なかなかゴツい飲み応えが魅力です。
先月のイベントで支配人のジョアンさんが自ら持ってきて、スタッフにおいていってくれました。ワインは売るほどありますが、ワインをもらうとやっぱり嬉しいです。

続きをみる

2009年4月 6日

4/4
大井町ポットリーで、プライヴェートなプチワイン会。

P1200556.JPG

続きをみる

2009年4月 6日


今日も大豆レシチンが入っている厚揚げを使ったメニュー。
厚揚げと茄子のピリ辛炒め。
豆板醤と甜麺醤を使いました。
(ちなみに、「トウバンジャン」と打つと漢字が変換されましたが、
「テンメンジャン」では変換されませんでした。)

y090406.jpg

続きをみる

2009年4月 5日

4/4 (土)
今日は休肝日。

続きをみる

2009年4月 4日

4/3 (金)
こんどこそお花見です。

続きをみる

2009年4月 4日

4/3
東京は桜が満開。

P1200543.JPG

続きをみる

2009年4月 3日

4/2 (木)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2009年4月 3日

4/2
休日。

2009_0402_005.jpg


近所の日帰り温泉でのんびり入浴後、生ビールと菊正宗。


P1200527.JPG

帰宅後、ローヌギャング・ホールドアップ 2007年 ¥1800
2007年は、ブルゴーニュ産のピノノワール70%とローヌ産グルナッシュ30%。
ローヌと名乗るのに、中身はブルゴーニュ主体とは、さすがはギャングですね。


Apr. 2
It was a day-off.
I went to some "onsen" public bathhouse. After a taking bath, I drank beer and sake at the house.

After I came back to home, I drank Rhone Gang Hold Up 2007 1800 yen.
It is made by 70% Pinot Noir from Burgundy and 30% Grenache from Rhone.
The name is Rhone, the grapes from mainly Burgundy.
Oh ! It is a real gang's job !

2009年4月 3日

4月1日 (水)
今日のワインはDRC ロマネコンティ ’91

晩ご飯の買い物に近所のスーパーへ行った奥さんが、タイムサービスでゲットした一本です。
「新鮮なうちに開けちゃいましょう。」と言うので、さっそく開けてみました。

続きをみる

2009年4月 2日

4/1
あれっ? あんたの日記、昨日で終わったんじゃないの? か、って?
やだなあー、ご隠居。ほら、例の、あの、4月バカってやつですよお。
もう、9年もやってっるじゃあ、ないですかあ。。
アップした桜の写真もうそぴょん。あれ、去年の。まだ、さいてないぴょん。


最近のお気に入り。中沢フーズのクロテッドクリーム。


P1200522.JPG

続きをみる

2009年4月 1日

y090401salade.jpg


フツーのグリーンサラダも食べたのですが、その他にタマネギ1個を使ったオニオンスライスサラダも。

続きをみる

2009年4月 1日

3/31 (火)
今日のワインはラ ドモワゼル ド ソシアンドマレ ’04

遡ること40年前。現オーナーのジャン ゴートロー氏が、ジロンド河を臨む好立地ながらイマイチぱっとしない状況にあった畑に一目惚れし、このシャトーの栄光は始まりました。
メドックの格付けとは無縁ながら、その傑出した「メドックぶり」にますます磨きをかけるソシアンドマレのセカンドラベルが今日の一本です。
ところでなんでトンボなのかなと思いためしに辞書をひいてみると・・・

ラ ドモワゼルにはとんぼの意味もあったんですね。

続きをみる

2009年4月 1日

4/1
もう4月です。

P1100793.JPG


9年間にわたって、掲載をつづけたペログビワイン日記ですが、都合をもちまして本日で終了することになりました。
長らくのご愛読、ありがとうございました。


Apr.1
April has come.
Unfortunately, I quit this diary by today.
Thank you very much for your reading a long time.



▲ このページの先頭へ