2009年3月31日

3/30

きょうも寒いです。お花見は、当分お預けでしょう。


P1200514.JPG

1本目 チェスコン ピノ ヴェネッツェ 2007 ¥1050
イタリア・ヴェネト州産。農薬は、ほとんど使わない自然農法で栽培したピノグリージョ と ピノビアンコの混醸。
そういえば、これも昨日のビオっぽい味わいがあります。
メリハリは、こっちの方がはっきりとしています。これは、おいしい。


2本目 トートワーズクリーク ピノノワール 2007 ¥1050
新しいヴィンテージで入荷したばかり。円高で、うれしい値下げ。千円で飲めるピノノワールって、どうよ?
すごーく美味しいピノってわけではないけど、ちゃんとおいしいピノノワールです。
実は、今回入荷した100ケースのうち、76ケースに液モレが・・・(涙) どーして? どーしよー?
これは、数少ないセーフだったやつ。ダメージは全くなし。

3本目 由布院ワイン 大地の響 ¥1050
1本目、2本目が飲みやすく、すいすい飲んでしまったため、禁断の3本目。
スクリューキャップがいいなあって、ワイン冷蔵庫をからピックアップ。
今月、ワイナリーの売店で購入したやつ。九州のブドウで仕込んだって売店のスタッフの方はおっしゃっていました。
ブドウ品種は不明。軽くて、やわらかくて、でも、しっかり果物の味わいが生きています。
思ったより、かなりいけてます。欠点は全く見当たりません。なんだ、おいしいや。これ、結構いけてますね。


Mar. 30

It was also a cold day. Why ?


1st Cescon Pinot Venezie 2007 1050 yen
It was made in Veneto Italy, from almost organic grape of Pinot Grigio and Pinot Bianco.
I felt the taste was something similar with Bio Burgundy I drank yesterday.
This white has much more fruits taste. I like this very much.


2nd Tortoise Creek Pinot Noir 2007 1050 yen
It is a new arrival with new vintage. We reduced the price because of the strong yen.
I am happy that you can drink a nice Pinot Noir with only 1000 yen.
I am not happy because I received 76 cases of leaked bottles in 100 cases arrivals.
Why ? What shall I do ?
This bottle is only a few no problem one.


3rd Yufuin Wine Daichi-no- Hibiki 1050 yen
Because the two bottle I drank today was so easy to drink, I accidentally tried to drink the third.
It is made in Kyushu, Japan. The bottom range of the winery.
I bought this at the shop of the winery.
It was an exceed my expectation, easy to drink, tasty.

2009年3月31日

3/30 (月)
今日のワインはドメーヌ デ ボーマール ル ヴェール ド ロール セック

おおよそがスペインで栽培されているヴェルデホ種を用いた、よっしーの好きそうな歪み系。なんかただ者じゃないぞ感がラベルからも伝わってくるようです。
れっきとしたロワール、アンジュー地方産ですが、もちろんAC上認められるはずも無くヴァンドターブルに甘んじています。
収穫年は01年。ちなみに同じラベルで02年収穫分は貴腐が付いたため甘口だそうです。
むかしむかし、昭和の時代。この蔵のコトー デュ レイヨンを口にした天皇陛下がいたく感動し、御自信がサインをしたボトルを蔵へ届けさせたという逸話も残っていたりします。やはり、ただ者じゃなさそうです。

続きをみる

2009年3月31日

3/29 (日)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2009年3月30日

春めいてきたので、そろそろ冷奴も。
豆腐に含まれる大豆レシチンは中性脂肪を少なくする効果に期待が持てます。
そんな豆腐にめかぶをトッピング。ヘルシーです。

y090330tofu.jpg

続きをみる

2009年3月30日

3/29
寒いですね。うちの周りのサクラは、じぇんじぇん咲きません。
で、今日はお料理当番。地鶏のコラーゲンたっぷり鍋。


P1200503.JPG

よっしーとかと違って、ウチでは鍋は寒い日だけなので、たぶん今シーズン最後の鍋でしょう。


P1200513.JPG


1本目 アルノー コンビエ サンヴェラン 2006 ¥2000 新入荷
2006年ヴィンテージで新入荷。アルノー コンビエは、ブルゴーニュ・サンヴェランに6haの葡萄園をもつヴァン・ナチュールの生産者。前の2005年に比べて、より、いわゆるビオっぽくなっています。のれんに腕押し、ぬかに釘。例の”ふ抜けた”味わいです。どーして、亜硫酸無添加で白ワインを造ると、みんなこんな味になるのでしょうか?最近飲んだビオの中では、ロワールのミュスカデ、ソーヴィニヨン、シュナンブラン、アルザスのリースリングとか、地域や品種が違っても、みんな似たような味わいです。なんだか、いまいち納得がいきませんが、なんだかんだ言って、すいすい自然に飲めちゃって、やっぱおいしいんだな。亜硫酸無添加ビオの好きな人には、とてもおすすめです。

2本目 ミシェル・ピカール ブルゴーニュ ルージュ 2006 ¥1900
ミシェル・ピカールは、安心して飲めるブルゴーニュ。バランスよく、香りも味わいもよく、価格もよいです。
これは、きっと、誰が飲んでもおいしい。


Mar. 29
It is so cold today even though Spring has come according to the calendar.
Cherry blossoms near by my house never bloom yet.

I cooked dinner, Chicken Nabe.
It probably be the last Nabe in this season because I cook Nabe only on a cold day.

1st Arnaud Combier Saint-Veran 2006 2000 yen New arrival
It is made in Saint-Veran, Burgundy from 100 % Chardonnay with no sulfur added.
The taste is a typical "BIO" wine, very natural, very simple. I like it very much.
I can't help wondering, why "BIO" wine has such a same taste even though using different grape from different area.

2nd Michel Picard Bourgogne Pinot Noir 2006 1900 yen
I recommend this very good Burgundy red for all.
Not so surprised, but very tasty.

2009年3月29日

3/28 (土)
今日は休肝日。

続きをみる

2009年3月29日

3/28

P1200502.JPG


宮崎・都農ワインの小畑工場長がご来店。今月12日にワイナリーに伺ったばかりです。
こうして、お互いに、行ったり来たりって関係は良いですね。
内緒のお話とか、で、盛り上がりました。


今日は休肝日。


Mar. 28
I received Mr. Obata, the general manager of Tsuno Winery in Miyazaki.
I went to the winery in this month, on 12th.
I like such a relationship, a visit and receive each other, very much.

We talked up about some secret theme.


No wine day today.

2009年3月28日

3/27 (金)
今日のワインはオリヴィエ メールラン ブルゴーニュ シャルドネ ’06 ¥2,100。

ジュラ地方やカリフォルニアでワインづくりに携わったオリヴィエ メールラン氏がマコネにドメーヌを購入したのは1987年。前オーナーの献身的な畑づくりのおかげもあり、瞬く間にその才能を開花させるに至りました。
ACブルゴーニュはマコン ラロッシュ ヴィヌーズの若木とプイィフュイッセのデクラッセをブレンド。親しみやすい味わいのコストパフォーマンスに優れた一本です。

続きをみる

2009年3月28日

3/27
ホテルオークラ・ワインアカデミーの第6期修了パーティーにお招きいただきました。

P1200484.JPG

続きをみる

2009年3月27日

3/26 (木)
今日は閉店後、恒例のカーヴドリラックス大お花見会・・・

続きをみる

2009年3月27日

3/26
気象庁発表の桜開花予想に沿って、本日は店のスタッフとお花見をする予定でしたが、
会場の日比谷公園は、じぇんじぇんサクラ咲いてないので、それに寒いので中止。
代わりに店内でワイン勉強会とあいなりました。

P1200477.JPG

続きをみる

2009年3月26日

3/25 (水)
今日のワインはアンリ ノーダン フェラン コートドニュイヴィラージュ ’05

今月のヤギおすすめノーダン フェラン。絶妙な熟成感も心地よいオートコートドボーヌに続いての一本です。
ますます絶好調のドメーヌが仕込む05年。ぬかりはないでしょう。

続きをみる

2009年3月26日

3/24 (火)
今日のワインはヴァル コンデ レゼルバ ’98

カーヴドリラックスのバックヤードのそのまた奥にひっそりとたたずむパンドラの木箱から出てきてしまった謎の一本です。
ボトルにまとったアミアミも腐食し始める10年越えの熟成テンプラニーリョ。どんなもんでしょう?

続きをみる

2009年3月26日

3/25
世田谷区の某自然派ワインバーにお邪魔しました。
最近うわさのお店です。連日満席だそうです。


P1200460.JPG


グラスで、初めて見る自然派ワインをカポカポとオヤジ飲み。どんどん飲めてしまいます。
お店の人に何度もついでいただき恐縮。
だって注がれるそばから、ひとくち・ふたくちで飲んでしますのですから。
”オレはギャル曽根か?”
グラスワインには、どうも向かない体質かも。


お料理もとても美味しく、最後の会計でびっくり。
西麻布のワインバーの半額くらいでしょうか?
禁煙だともっと良いのですが・・・・


Mar. 25
I went to some wine bar, which is popular with an organic wine selection.
I drank many glass of organic wine I had tried first time.
I like the bar very much.

2009年3月25日

3/24
本日は休日。

しかしながら、全身全霊全力でWBC決勝戦をテレビ観戦したため、全く休んだ気がしません。
しびれました。感動しました。疲れました。

その後、お料理当番。

マグロ・オクラ・山芋のタルタル


P1200438.JPG

続きをみる

2009年3月25日

みなさま、大変ゴブサタしております。(よ)こと吉田でございます。
今年からは週1回以上の更新を、と思いつつ、早くも挫折しておりました。
最近冬眠しているハラペコさんの分までがんばりたいと思います。

y090314.jpg

和食のあっさり&さっぱり料理が多い(よ)宅では珍しく、「バル風のおつまみで夕食」のある日。

続きをみる

2009年3月24日

3/23 (月)
今日のワインはマルク モレ ブルゴーニュ ブラン ’06

ピエール モレ、ベルナール モレ、アルベール モレ・・・石を投げれば、ワインづくりが上手なモレ家の門にあたる(?)シャサーニュモンラッシェ村。
そんなモレだらけの村でマルク モレがドメーヌを立ち上げたのは1920年。現在は3代目のモラール夫妻がワインづくりを切りもりしています。

続きをみる

2009年3月24日

3/22 (日)
今日のワインはカテリーヌ エ ピエール ブルトン ブルグイユ エポール ジュテ ルージュ ’06 ¥2,200。

1985年にピエール氏が奥さんのカテリーヌさんと一緒に立ち上げたドメーヌ。設立当初からビオロジックを意識した栽培を行い、1996年以降はビオディナミに移行、現在ロワール自然派の牽引役をになうドメーヌのひとつとなっています。
看板ワインのブルグイユは粘土石灰質の畑に植えられたカベルネフラン100%。その土地の自然酵母を用い、過度のタンニンが出ないよう注意をはらいながらの醗酵を行った後3ヶ月間ステンレスタンクで熟成、瓶詰めされます。

続きをみる

2009年3月23日

3/22
店のすぐ近くの日比谷通りが東京マラソンのルートの関係で、昼過ぎまで店の前の外堀通りは車両通行止め。


P1200424.JPG


3万5千人のランナーが通り過ぎるのは壮観です。

続きをみる

2009年3月22日

3/20 (金)
今日は休肝日。

続きをみる

2009年3月21日

3/20
風邪が悪化してしまいました。咳が苦しい・・・

そんな中でも、手巻き寿司。


P1200417.JPG


1本目 ドゥース ナチュール シャルドネ 2006 ¥1380
南フランス産、エコスール認定ビオロジックワイン。素直な果実味がいっぱい。

2本目 ドゥース ナチュール メルロー 2006 ¥1380
南フランス産、エコスール認定ビオロジックワイン。自然で、とても親しみやすい風味。


Mar. 20
My cold was getting worse.
I cooked Temaki-sushi.

1st Douce Nature Chardonnay 2006 1380 yen
It is an organic wine from Soth France.
I enjoyed a lot for this natural fruits touch.

2nd Douce Nature Merlot 2006 1380 yen
It is an organic wine from Soth France.
It is very natural, very easy to drink.

2009年3月21日

3/20 (金)
今日のワインはドメーヌ メシオル ゲヴュルツトラミネール ’06

18世紀から続くドメーヌで、アルザスの中でも花崗岩土壌のキャラクターが強い畑を所有します。
エキス感に溢れながら、テロワールが反映されたキレのある酸と豊かなミネラル感を引き出すために早くからビオロジックを実践。
ゲヴュルツトラミネールは樹齢15年ほどの比較的若い葡萄樹ですが、豊かなアロマに包まれた華やかさが魅力の一本です。

続きをみる

2009年3月20日

3/19 (木)
今日のワインは訳あって数日前に抜栓の一本、ニコライホーフ イムヴァインビルゲ グリューナーフェルトリーナー フェーダーシュピール ’04。じゅけむじゅげむみたいです・・・。

1970年代からビオディナミ農法に取り組んできた筋金入りの自然派にしてオーストリアを代表する銘醸蔵ニコライホーフ。
ドナウ河流域のバァッハウ地区にある醸造所の建物は、985年(古代ローマ時代!)に建てられた聖ニコライ修道院の建物だそうです。
リースリング種とグリューナーフェルトリーナー種を主に、大樽での古典的な醸造法を頑なに守りながら洗練されたワインをつくり続けています。

続きをみる

2009年3月20日

3/18 (水)
今日は仕事を終えた後に某ワイン会。
3月に入ってずっとすれ違いシフトだった大魔王と、会場でほぼ2週間ぶりに顔を合わせます。
ちゃんと挨拶するのよ、と朝送り出されました。

続きをみる

2009年3月20日

h090319.jpg

明日から名古屋遠征。B級グルメツアーと題し、当店の『ダイエット倶楽部』を一時脱退して、名古屋名物をたんまりと堪能してきます!ワインも飲む予定ですが、おそらくビール中心・・となりそうで、こってり系、ジャンク系でまとまりそうだから体重が・・・心配でありますが、これはこれと割り切り、食べて痩せる!その美しいスローガンを胸に抱き、しっかりと前に進む!その『けじめ』を自分に言い聞かせ、帰宅後にはあらゆる手段を講じ目標達成につなげたいと思うのでした。ちなみに目標はプラマイゼロね。。。。目標小さくてすんまそーーーーーーん。

続きをみる

2009年3月19日

3/18
インポーターのファインズさんにお招きいただき、来日中のドメーヌ・AP・ド・ヴィレーヌ の総責任者、ピエール・ド・ブノワ氏を囲むワイン会に参加しました。


P1200393.JPG

続きをみる

2009年3月18日

3/17
また、風邪をひいてしまいました。
長く苦しんでいた、自宅の新しいパソコンの設定がようやく終わりました。
XP → VISTA への引越しは難しいですね。

お料理当番。

赤エビ・ホタテ・イクラのカクテル


P1200377.JPG

続きをみる

2009年3月18日

3/17 (火)
今日は休肝日。

続きをみる

2009年3月17日

3/15(日)、16(月)
連休をいただき、温泉に行ってきました。

続きをみる

2009年3月17日

3/16
イタリア・モリーゼ州のワイナリー、Borgo di Colloredo のオーナー、エンリコさんが初来日。
カーヴドリラックスにやってきました。



P1200315.JPG

続きをみる

2009年3月17日

3/14 (土)
今日のワインはルネ ロスタン コートロティ ’04

1971年にドメーヌを立ち上げた後、親族間に分散していた畑を年々買い増しその名声を高めてきたルネ ロスタン。
不動産業から転身のヴィニュロンですが、ロバート パーカーが気前良く高得点を献上するコート ブロンドやランドンヌなど早々たる畑を擁し、瞬く間にローヌのライジングスターへと登りつめました。
キュヴェ クラシックと称されるこのスタンダードキュヴェはロティらしい力強さと洗練されたしなやかな味わいでローヌ好きのみならずファンの多い1本です。

続きをみる

2009年3月16日

3/15
Club Re-Lax のコア会員、道端さんが、「内藤さん、これ絶対、美味しいから試して。」 とくださった中沢フーズのクロテッドクリーム。


P1200310.JPG


「おいしいフランスパンにのせると、最高。ワインが飲める。」 そうです。

続きをみる

2009年3月16日

3/14
昨夜(朝)、daimajo さま、大ドボンのダメージ大きく、ワタシ、ひとりワイン。



P1200314.JPG

1本目 エッセイ ホワイト 2008 ¥750
これは、すごーく美味しい750円。非の打ち所無し。完璧。南アフリカ恐るべし。シュナンブラン主体。

2本目 エッセイ レッド 2008 ¥750
これは、普通に美味しい。750円で、普通に美味しいってことは、価値ありです。
ややある、煙っぽさが、私にはちょっとだけ、引っかかります。
シラーズ 82%、サンソー 15%、ヴィオニエ 3%


Mar. 14
Daimajo-sama had a terrible hungover. Then I drank alone.

1st Essay white 2008 750 yen
It is a very good white wine in the class, far outstanding. Perfect !

2nd Essay red 2008 750 yen
It is a good red wine in the class. Very good.

2009年3月14日

3/13
九州最終日。あいにくの雨模様。

P1200216.JPG

まずは、由布院ワイナリーに伺いました。

続きをみる

2009年3月14日

3/13 (金)
今日のワインはシャトー ド バルブブランシュ ’06 ¥2,200。

サンテミリオンの北に位置するアペラシオン、リュサック サンテミリオンのプチシャトー。
粘土質の性格が強い丘陵地から麓にかけての畑に植えられた葡萄は平均樹齢30年。メルロが80%とカベルネフランが20%のセパージュです。

続きをみる

2009年3月13日

3/12
熊本県から、高千穂連山を横断して宮崎県へ。
最初の訪問先は、阿蘇の外輪山を望む絶景の山間にたたずむ五ヶ瀬ワイナリー。



P1200063.JPG

言葉では表現できないほどの見事な絶景です。

P1200062.JPG

続きをみる

2009年3月13日

3/12 (木)
今日のワインはシャトー オーテリエ ’05 ¥1,900。

ジロンド河を挟んでオーメドックの対岸に位置するブライ地区のプチシャトー。
150年以上の歴史を持つこのシャトーを1974年に手にした現在のオーナーによって、その潜在力が花開きました。
通好みで希少な白がちょっとした話題となりましたが、メルロを主体とした赤も秀逸です。

続きをみる

2009年3月13日

h090311.jpg


完全にジョギングに開眼。先日、人生2度目の自主20キロジョギングを止まらずに完走。タイムはジャスト2時間。これは自己新!そして消費カロリーはMET法計算で約1260キロカロリー消費!すばらしい!そして何より素晴らしいのは翌日の筋肉疲労がほとんどなかったということ。膝をすぐ壊す今までの走りは足の着地点に問題があったと分析。今回は着地に意識しながらと長距離を意識しながらのペース配分がうまくいった。でも正直なところ今の自分では20キロがやっとのところ。心肺機能は問題がなさそうですが足がついていかない。乳酸がたまるのか、足全体がだるくなり進まなくなるし、筋肉がまだ発達していないからでしょう、走り途中に感じる筋肉痛が走行を妨げます。もっともっと鍛えて心身ともに磨きあげまっせ!

皇居マラソンが5月にあるらしい・・50キロと30キロの2パターン。参加するとすれば30キロですが、初の大会参加で自分にプレッシャーを与えるため参加してみよっかなぁ。。。

続きをみる

2009年3月12日

3/11 (火)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

なんかローテーションがグダグダです・・・。

続きをみる

2009年3月12日

3/11
福岡から熊本へ移動。


P1200015.JPG


まず、市内にある熊本ワイナリーを見学。


P1190942.JPG

続きをみる

2009年3月11日

3/10 (火)
今日のワインはジョルジュ デコンブ レニエ ’06

1988年にドメーヌを引き継ぎ、現在手腕を揮うのはジョルジュ デコンブ氏。
ボジョレーにおける有機農法の祖ともいえるマルセル ラピエールの蔵で多くを学び、現在のスタイルを確立しました。
リュットレゾネで栽培されるレニエの畑は樹齢45年以上のヴィエイユ・ヴィーニュ。自然酵母を用い醗酵後、シュール・リーの状態で8ヶ月の熟成を経て瓶詰めされます。

続きをみる

2009年3月11日

3/10
福岡にやってきました。
九州で、カーヴドリラックスのワインを飲食店さんに卸売いただいていいる食材商社の丸菱さんの新しい福岡支店。

P1190887.JPG

続きをみる

2009年3月11日

3/9 (月)
今日のワインはポール サパン ボジョレー ’06 ¥1,100。

ボジョレーのテロワールと伝統を尊重しつつ、「味わいしっかり」のワインづくりが評判の生産者。
ブドウの栽培はリュットレゾネ。醸造に際しては密閉タンクに予めCO2を注入する「マセラシオン カルボニック」ではなく、醗酵過程で自然に生じるCO2の作用を活用する「マセラシオン ボジョレー」を採用。
ボジョレー地区のガメイ種ならではの軽快さと深みのある味わいが共存する一本を仕上げます。

続きをみる

2009年3月10日

3/9
昼はいそがしい、夜はくやしい、一日。


P1190875.JPG


1本目 マルキドボーランソーヴィニヨンブラン 2007 \750
40円値下げになりました。いつものように、とても美味しいです。
非の打ち所がありません。

2本目 シャトーフォングラーヴ ルージュ 2006 \1380
良いボルドーです。キメの細かさ、口当たりのなめらかさが、とても好ましいです。

3本目 リオンド ブリュットヴァリエ \1280
いきおい余って禁断の3本目。くちあたりさわやか。
いきおい余って全部飲んじまったぜい。


Mar. 9
I was so busy today, and so disappointed tonight.
Because our national baseball team was beaten by Korean team.

1st Marquis de Bolland Sauvignon Blanc 2007 750 yen
We priced cut, 40 yen, for this nice white wine.
It was so nice, so tasty.

2nd Chateau Fongrave rouge 2006 \1380
It is a very good Bordeaux red.
I like this soft and mild touch very much.

3rd Riond Brut Valier 1280 yen
Accidently, I had tried the third bottle today.
It was very nice sparkling wine.
At last, I drank up a whole bottle.

2009年3月10日

3/8 (日)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2009年3月10日

3/7 (土)
今日のワインはティボー リジェ ベレール ブルゴーニュ ルージュ ’06¥2,800。

2001年、ドメーヌとして新たなスタートをきったティボー リジェ ベレール。
当主のティボー氏は大学で醸造学を学んだ後しばらく都会暮らしをしていましたが、2001年、両親が所有していた畑を相続したのを期に一念発起。故郷へとUターンしてヴィニュロンになりました。
当初からビオロジックを実践した栽培を行っていましたが最近はビオディナミに転換。瞬く間にその才能を発揮した注目株の新星です。
ACブルゴーニュは蔵のあるニュイサンジョルジュ周辺のブドウを用い、ドメーヌのスタイルがしっかりと表現された一本です。

続きをみる

2009年3月 8日

3/7
男、むらた! 内川よくやった!

P1190874.JPG

1本目 シャトー フォングラーヴ ブラン 2006 \1050
セミヨン100%のボルドー白。きれいな果実味がたっぷり。
いきなり、いいぞおっ。

2本目 ノストラーダ クリアンサ 2004 \1350
カーヴドリラックス人気NO.1 スペインワイン、ノストラーダの上級キュヴェ。
選び抜いたカンポ・デ・ボルハ産のガルナッチャ60%とカベルネ・ソーヴィニヨン40%。
8ヶ月の新樽熟成と14ヶ月間のビン熟成を経て出荷されます。
最近、熟成感がでてきて、アクセントとなっていますね。完勝です!


Mar. 7
Our national baseball team beat Korean team in WBC !
I am so happy !

1st Chateau Fongrave Blanc 2006 1050 yen
It is made from 100% Semillon in Bordeaux.
I like this nice fruits very much.

2nd Nostrada Crianza 2004 1350 yen
It is an upper class cuvee of Nostrada, the best cellar Cave de Re-Lax Spanish wine.
It is made from 60% Garnacha and 40% Cabernet Sauvignon in Campo de Borja.
The wine spent 8 months in new oak cask and 14 months in the bottle.
I felt very good mature nuance.

2009年3月 7日

3/6
今日はカナダ・トロントより来日中の、サヴィアワイン社代表のパブロ・ガリッド氏を連れて山梨です。
パブロ君は、カナダに日本のワインを輸入するというプロジェクトを計画中。
ワタシのブログに出会い、カナダで毎日読んでいただいていたご縁で、昨年の7月に知り合いました。
カナダと日本で頻繁にメールを交換していましたが、実際に会うのは今日が2度目。でも、なんだか親しみがあります。不思議です。
もしかすると前世で兄弟だったとか?

P1190806.JPG

続きをみる

2009年3月 7日

3/6 (金)
今日は休肝日。

続きをみる

2009年3月 7日

3/5
久しぶりの晴天。


P1190841.JPG


1本目 カライア ヴィオニエ 2007 ¥1000
シチリア産のヴィオニエです。人見さんのお勧めマークがついていました。
ヴィオニエとは思えないきれいに伸びる酸。いやー、これ、おいしいや。
直輸入じゃなくって、1000円ぽっきり。
うーむ、シチリア、恐るべし。

2本目 ノストラーダ ガルナッチャ 2007 ¥780
凝縮した上品な果実味、クセのない抜群のバランス感。
見事な美味しさ。
これで、780円。うーむ、カーヴドリラックス、恐るべし。


Mar. 5
It is fine day today. We finally got some sunshine.

1st Carraia Viognier 2007 1000 yen
It is made from Viognier in Scilia.
I was surprised at drinking with a nice acidity that rarely appears in this grape.
It is delicious !
The price 1000 yen is very reasonable.

2nd Nostrada Garnacha 2007 780 yen
I admired this very elegant-concentrated fruits, very good balance.
It is delicious !
The price 780 yen is so reasonable.

2009年3月 7日

3/4
お料理当番。
今日は、和風モード。

北海道産甘海老とイカのお刺身



P1190792.JPG

続きをみる

2009年3月 6日

3/5 (木)
今日のワインはドメーヌ サーブル ボーヌ ブラン ‘07

1978年、ジャンクロードサーブル氏がボーヌに立ち上げたドメーヌ。
2000年にサーブル氏が亡くなった後、未亡人がドメーヌの管理を託したのは自然派ブルゴーニュの大御所、フィリップ パカレ氏でした。
フィリップ パカレが栽培と醸造を行った時期を経て、現在はパカレの教えを踏襲したマダムの娘、ファニーさんがドメーヌの看板を守っています。
もともとピノノワールの畑だったところにシャルドネを植えたボーヌ ブランは、まだ10年に満たない若木とは言えパカレ仕込みのビオな魔法にかかればほらこの通りな仕上がり。生産量の少なさも手伝い何かと話題の一本です。

続きをみる

2009年3月 5日

3/4 (水)
今日のワインはマルキドボーラン シャルドネ ’07 ¥750。

3月からの値下げも嬉しいマルキドボーラン。今日はシャルドネです。

続きをみる

2009年3月 4日

3/3 (火)
連休を終えて店に出てみたら、おなじみの安くておいしいワインたちがさらにお安くなっていました
もともと十分安かったのに、円高恐るべしです。
そんなわけで今日の一本はマルキドボーラン カベルネソーヴィニョン ’07

なんと¥700になっちゃいました。

続きをみる

2009年3月 4日

3/3
国際食品飲料展示会「フーデックス」が幕張メッセ始まりました。

P1190772.JPG


スペインから、弊社が輸入するグリモウ社が出展。

続きをみる

2009年3月 3日

3/2 (火)
今日のワインはカテリーヌ ピエール ブルトン ヴーヴレイ エポーレ ジュテ ブラン ’07 ¥2,600。

ニコラ ジョリーのお友達、ロワール自然派の牽引役として高い評価を受けるドメーヌです。
ヴーヴレはシレックス混じりの粘土石灰質土壌の畑に植えれれた、平均樹齢45年のシュナンブラン100%。
マロラクティック発酵を経た柔らかな果実味と、なるほどテロワールがイメージされるミネラル感のバランスが絶妙な一本です。

続きをみる

2009年3月 3日

3/1 (月)
連休を頂いて栃木に行ってきました。

続きをみる

2009年3月 3日

2/28 (土)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2009年3月 2日

3/1
おっと、もう3月だ!
2月、”逃げる月” って言うそうですが、ほんとそんな感じ。

P1190759.JPG

1本目 シャトー ラタステ ブラン 2007 ¥980
ラベル不良でインポーターさんの処分価格。アウトレットセールで購入。
きわめてドライ。自分ではこのタイプのボルドーは輸入しませんが、こういうワインも良いですね。
良いボルドーです。

2本目 ボデガ リュルトン カベルネソーヴィニヨン 2005 \1400
アルゼンチンのきわめて良質なカベルネ。これも在庫処分のためのアウトレットで購入。
900円でした。こんなに美味しくて、900円はありえない価格です。
飛ぶように、売れました。


March 1
Oh ! March has come. So fast !


1st Chateau Lataste Blanc 2007 980 yen
It is a big discount price because of a label damage.
It is very dry style.
I don't import this style Bordeaux blanc professionally.
But personally, I like the style very much.
It was a really nice wine.

2nd Bodega Lurton Cabernet Sauvignon 2005 1400 yen
It is a really good Argentina Cabernet.
I also bought this with big discount price, 900 yen, because of our stock clearance.
It was a donkeys fly price ! It was sooooo gooooood !
It was flying off the racks.



▲ このページの先頭へ