2009年2月28日

2/27
東京は雪。さむいっ!


さて、お料理当番。日向鶏と広島牡蠣の水炊き鍋。
日向鶏の手羽先とガラをコトコト5時間煮込んでスープを取りました。

P1190745.JPG

続きをみる

2009年2月28日

2/27 (金)
今日のワインはアンリ ノーダン フェラン ブルゴーニュ オートコートドボーヌ ルージュ ’02¥2,200。

ニュイとボーヌの境目に位置するマニィ レ ヴィレ村に5世代続くドメーヌ。ドメーヌにその名を冠するアンリ ノーダン氏の娘、クレア ノーダンが現在ワインづくりを行っています。
ちなみにクレア女史の旦那さんは今をときめくジャン イヴ ビゾー。ワインにも「似たもの夫婦」がフムフムと感じられ、最近注目株のドメーヌです。

続きをみる

2009年2月27日

2/26 (木)
今日のワインはサドヤ 善光寺北原 ロゼ プリムール ’08

山梨県甲府市にある自社ぶどう園で収穫されたカベルネソーヴィニョン。そのセニエで仕込まれたロゼワインです。

続きをみる

2009年2月26日

2/25
「帰りに豆腐を買ってくるように。」という命令をdaimajo様より拝受し、地元鶴川の Odakyu OX に立ち寄ったら、なんと入ってすぐの場所にマルキドボーランが、どーんと大量陳列されていました。


P1190740.JPG


ああ、すてき。うれぴい。ありがとうございますっ♪


P1190742.JPG


1本目 シャトー モンフォコン ガルデット ロゼ 2007 ¥1050 新入荷
ローヌギャングのルディの新作。昨日、"m" という高級ワインのサンプルで感激したばかりですが、このロゼも素晴らしい。
上級赤ワインのセニエ、サンソー&クノワーズ70%、シラー10%、グルナッシ%、カリニャン10%から僅かに仕込まれています。ブドウの素性のよさがにじみ出るエレガントな果実味、品格の高さを感じる上品な味わいです。今回は、1000本のみの限定入荷。ご興味のある方はお早めに。これ、おすすめです。

2本目 シャトーソーリエール 2005 ¥1380
ボルドー地方アントルドメール地区にある27ha規模の伝統あるシャトー。エコセール認定のビオロッジックワインです。
えっ! こんなに美味しかったっけ、このワイン! うわー、おいしいや。ビオならではの優しさに加えて、しっかりとした飲み応え。
なによりもバランスが良いですね。2005年のボルドーは、やっぱ格別のようですね。


Feb. 25
In order to following a command from daimajo-sama to buy a tofu by the way to my home, I went to Odakyu OX supermarket Turukawa store.
Then I saw a big display of Marquis de Beau Rond. Amazing ! I am so happy !


1st Chateau de Montfaucon Gardettes Rose 2007 1050 yen New arrival
It is a new arrival from Rudi. I admired so much for his top cuvee sample "m" yesterday.
This rose is also very nice, really beautiful.
It is made by "saigne " juice from 70% Cinsaut/Counoise, 10% Grenache, 10% Syrah and 10% Carignan.
It is very elegant, very charming. It is really tasty.
Only 1000 bottles arrived. Hurry up !

2nd Chateau Soulieres 2005 1380 yen
Chateau Soulieres is located in Entre-Deux-Mers, Bordeaux.
It is a 100% organic wine.
I was surprised at the quality first. I did not remember such a high quality taste.
I am sure it is an outstanding Bordeaux red in the class.
It has both elegance and richness, very good balanced.
I noted well that the vintage is outstanding.

2009年2月26日

2/23 (月)
今日のワインはドメーヌ メシオール ピノグリ ’06

18世紀からの歴史を誇るドメーヌで、現在は2000年に当主となった兄ステファンとクリストフの兄弟がドメーヌを仕切ります。
長年ビオロジックを実践し(現在ビオディナミに転換中)、アルザスの中でも花崗岩のキャラクターが強く表れる畑からミネラル感豊かなワインをつくりだしています。

続きをみる

2009年2月26日

2/24 (火)
今日のワインはユドロ バイエ ブルゴーニュ パストゥグラン ’06 ¥2,100。

最近すっかり人気者になってしまったユドロ バイエ。
今日のスタイルを築き上げたヴィニュロン、ドミニク ルグエンの前職はなんとフランス空軍のメカニックだそうです。
1998年ドメーヌにマスオさんしたルグエン氏は義父の厳しい指導のもとワインづくりを徹底的に仕込まれその才能を開花。2004年からは栽培から醸造、ボトリングまで全てまかされ、徐々にドメーヌ元詰めの量を増やしてきました。人生何が起こるか分からないですね・・・。
パストゥグランは蔵のあるシャンボールミュジニー村のACブルゴーニュ区画が70%で残りは隣村のACブル区画。ガメイを主体に、ドメーヌのスタイルがしっかりと表現された一本に仕上がっています。

続きをみる

2009年2月25日

2/25
お料理当番。
いつもの事ながら、昨夜も六本木からの帰宅が遅く、大魔女さまはご機嫌ななめ(?)。
ご機嫌をとるべく、大魔女さまのリクエストにそったお料理を心をこめて作りました。

水蛸と帆立のカルパッチョ と香草サラダ(画像は6人分: いつも6人分つくってます。)


P1190725.JPG

続きをみる

2009年2月25日

2/23
某所でワイン会食後、六本木の祥端へ。西小山(どこ?)カフェ・カウラの大山夫妻とお友達と同行しました。
オーナーの勝山さんが、上機嫌で出来上がって(?)いました。

P1190720.JPG

勝山さん、お久しぶりです。相変わらず愉快な方です。

会食のときに、飲み残した「ダイアモンド酒造 シャンテ CS et PV 2005年 ¥3370 」を勝山さんに飲んでいただきました。
これ、最高です。山梨産のカベルネとプティヴェルドです。こんな凄いワインが日本で出来るんですね。
勝山さんもビックリしてました。とにかく美味しい!!


P1190721.JPG


われわれは、アルザスのピノノワール。これもすばらしい。
なぜか、最近、祥端にくるとアルザスのピノノワールばかり飲んでいます。

さて、おうちに帰ろうと思ったのですが、大山夫妻は、まだ帰りたくなさそうだったので、モータウン。
変な外国人のおっちゃんに、むりやり一緒に踊らされました。


Feb .23
I had some wine dinner at Roppongi with Mr. Mrs. Oyama and their friend.
After the dinner, we went to Shonzui, a secret wine bar in Roppongi.
Mr. Katsuyama, the owner of the bar, a famous wine man,, welcomed us.

I had him taste "Chanter CS et PV 2005 3370 yen" brought from the previous dinner.
It was really an outstanding Japanese red wine made from Cabernet Sauvignon and Petit Verdot grown in Yamanashi Japan.
He was also so surprised at the quality.

We drank Alsace Pinot Noir.
I found myself always drink Alsace Pinot Noir at Shonzui recently.
Why ? I don't know.
It was delicious !

After Shonzui, I wanted to go home but Mr.&Mrs. Oyama seemed to not want to go home.
Then we went to Motown and danced.

2009年2月24日

2/23 (月)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2009年2月24日

2/22 (日)
今日のワインはポテル アヴィロン ムーランナヴァン キュヴェ エクセプショネル ’06

カーヴドリラックスの棚ではすっかりおなじみのニコラ ポテルとステファン アヴィロンのコラボによるネゴシアン『ポテル アヴィロン』
テロワールの個性と伝統的な醸造法を尊重し、味わいの凝縮した高品質なクリュ ボジョレーを送り出しています。
メゾン ニコラ ポテルのコンセプトそのままに、樹齢50年以上のヴィエイユ ヴィーニュにこだわり、若いうちから楽しめる素直なおいしさプラス格上のボジョレーとしの深みのある味わい、そして熟成のポテンシャルが秘められたワインをつくります。
このキュヴェ エクセプショネルはより樹齢の高い(70年を越えるそうです)区画のブドウが満足の行く収穫を迎えたヴィンテージのみ仕込まれるスペシャル キュヴェ。なんか、すごそうです。

続きをみる

2009年2月23日

2/22
恒例のアウトレットセール初日。ラベル不良などのB級品を破格値で放出。
いつものように、すごい来客。
今日一日だけで、約300名のお客さまに、約3000本のワインを購入いただきました。

P1190707.JPG

で、わたくしは店の裏の通路で、終日、ワインの発送業務にいそしみました。

P1190713.JPG


今日は休肝日。


Feb.22
It was our outlet sale today.
We sold slight package damaged bottles with a super discount price.
We sold about 3000 bottles today.

I was so busy for the delivery all day long.


It was a No wine day.

2009年2月22日

2/21
明日から恒例のアウトレットセール。準備、準備。

P1190703.JPG


1本目 カヴィポル カテドラル ブランコ 07 ¥1100
たまには、いつもと違ったワインと、ポルトガル。ダンという、ポルトガルおなじみのワインです。
すっきりとよいワインで、おいしいのですが、ちょっと違う感じの酸味が。。。
裏ラベルを見ると、ビタミンC添加とあります。
アスコルビン酸ですね。酸化防止に効果があります。
合成保存料のソルビン酸をワインに使用するよりは、ずうっとマシなんですが、やっぱどうしても余計な感じは否めません。
私には、CCレモンみたいな味。CCレモンは嫌いではないのですが。。。
ワイン自体は、おいしいのですが。。。。

2本目 マルキドボーラン シラー 07 ¥750
CCレモンのあとにマルキドボーランを飲むと、なんか外国から日本に帰ってきて、和食を食べているような感覚。
750円は素晴らしい!


Feb.21
We will be having an outlet sale from tomorrow. I worked hard for it.

1st Cavipor Catedral Blanco 2007 1100 yen
I want to drink something different tonight.
Then I chose Portuguese white wine first.
It is fresh and fruity, a good wine.
I felt something unique acidity. What is it ?

2nd Marquis de Beau Rond Syrah 2007 750 yen
After the Portuguese, I drank Marquis de Beau Rond.
I felt as if I ate a Japanese dish after came back from a foreign country.
It is the my taste.

2009年2月22日

2/21 (土)
今日は休肝日。

続きをみる

2009年2月21日

2/20
朝冷たい雨、お昼にご馳走、午後は晴れて気持ちが良かったです。


P1190702.JPG


1本目 ロスヴァスコス ソーヴィニヨンブラン 2007 ¥1300
ご存知、ラフィットロートシルトがチリで造るワインです。バランス抜群。
いやあ、これおいしいなあ。¥1300は、安すぎませんか?
ラフィットは、どこで造っても、その土地の水準を大きく上回りますね。

2本目 ロスヴァスコス カベルネソーヴィニヨン 2006 ¥1300
赤は見事。よいワインのお手本です。煙っぽさがまたよい。
他のチリにない独特のエレガントさがあります。
素晴らしい!!


Feb. 20
It was cold raining in the morning.
I had a big lunch today.
Then the weather was getting better afternoon.

1st Los Vascos Sauvignon Blanc 2007 1300 yen
It was made by Chateau Lafite-Rothschild in Chile.
I admired the high quality of this, very good balanced.
It is so nice. I think the price is too much cheap.

2nd Los Vascos Cabernet Sauvignon 2006 1300 yen
Oh ! The red is also outstanding !
I think it is the sample of very good wine.
I like very much the bit of a smoky nuance.
The wine has something very unique elegance.
Wonderful !

2009年2月21日

2/19
ボルドーから、シャトーフォングラーヴのフランソワ・ブルワル氏が来店。昨年9月のワイナリー訪問以来の再会です。


P1190695.JPG


エージェントのギーさんと一緒に、記念撮影。 今日は休肝日。


Feb. 19
I received Francois from Bordeaux.
It was the first time we had met since I went to his winery last September.

No wine day today.

2009年2月21日

2/20 (金)
今日のワインはA.P.ド ヴィレーヌ ブーズロン ’07 ¥2,100。

コートドールの南、コートシャロネーズでアリゴテ種のアペレシオンとして独自の個性を主張するブーズロン地区。コートドールで一般的なアリゴテは収穫期を迎えても緑色ですが、このエリアは粒が小さく収穫期には黄金色に熟すより古いDNAを持ったアリゴテが多く栽培されています。
ドメーヌの所有者はDRCの舵取りとしてその名を知られるヴィレーヌ氏。アリゴテってこんなにおいしかったんだ、という目からウロコの味わいには一見堅物な氏のワインに対するエスプリが感じられる一本です。

続きをみる

2009年2月20日

2/19 (木)
今日のワインはベルクール ピノノワール ’07¥1,200。

カーヴドリラックスのオリジナル、南フランスの安ウマピノノワール。
先日の勉強会のブラインドテイスティングで、ヤギはもっと高いソーヌエロワールのピノノワールと間違えました。
「ピノノワール」と「安い」というおおよそ相反するキーワードが見事に融合した、さすがカーヴドリラックスな一本です。

続きをみる

2009年2月20日

2/18 (水)
今日は昨日の復習。

勉強会でちょっとずつ残ったドイツワインをいろいろ。

続きをみる

2009年2月19日

2/18
たまらず耳鼻科へ。
かかりつけの店の近所の耳鼻科の先生(女性)は、コテコテの関西弁。
診察室には、阪神タイガースの色紙。

P1190693.JPG


1本目 マルキドボーラン ソーヴィニヨンブラン 2007 ¥790
うーむ。毎日飲みのワインは、かくあるべし! といった感じ。よいですねえ。


2本目 ジョルジュ ヴィグルー ヒストリアリ マルベック 2006 サンプル試飲
フランス南西地区・カオールから届いたサンプルです。おっと! これ、いけてます。
かなり濃厚、スパイシーかつエレガント。アフターの心地よさが抜群。
これ、すごく美味しい。たしか値段も・・・ おっと! これ、買います。
一発合格、久しぶりです。


Feb.18
Because I could not stand for my hay fever any more, I went to a nose hospital.

1st Marquis de Beau Rond Sauvignon Blanc 2007 790 yen
I think it is the very good sample of a daily table white wine for all wineries.
Goooood !

2nd Georges Vigouroux Historialis Marbec 2006 Sample tasting
It is a sample red wine from Cahors South-West France.
Oh ! It is really, really nice red wine, quite full-bodied, spicy and elegant.
It is a very hard wine but easy to drink and have an excellent after.
I love this. The price is also very reasonable.
I have decided very quickly that I buy this.

2009年2月18日

2/17
本日、仕事はお休みでしたが、某所要があり一日忙しく。
家に帰宅後、あわただしくお料理当番。


マグロのタルタル”山かけ” 風


P1190686.JPG

続きをみる

2009年2月18日

2/17 (火)
今日は閉店後、ドイツワインの勉強会。

続きをみる

2009年2月18日

2/16
急に花粉症が発症。今年のは重い。最強。

P1190692.JPG


1本目 マルキドボーラン シャルドネ 2007 790円
今回のロットは非常においしい。最強。

2本目 マルキドボーラン メルロー 2007 750円
とても美味しい。香り、味わい、バランス、品格、アフター、とも申し分なし。


Feb. 16
A hay fever appeared on me. The symptom in this year is ultra strong.

1st Marquis de Beau Rond Chardonnay 2007 790 yen
This lot is very delicious, very tasty.

2nd Marquis de Beau Rond Merlot 2007 750 yen
Very delicious. Its aroma, taste, balance, elegance and after taste are very good.

2009年2月17日

2/16 (月)
今日のワインはシャトー ラタステ ブラン ’07

アントル ドゥー メールのプティシャトー。
昨日のミュスカデに続いて、リスト外入荷のアウトレットアイテムです。
どこが不良なんだろうと思ったら、裏ラベルの隅っこがちょっとだけシワになっていました。フランス人が聞いたらきっと悪い冗談だと思うはずです。

続きをみる

2009年2月17日

2/15 (日)
今日のワインはドメーヌ ド ラ ロジェ ミュスカデ セーヴル エ メーヌ ‘06

ミュスカデ最上の造り手の一人としてその名が挙げられるセシェ家が5世代に亘って所有してきた家族経営のドメーヌ。
この地にムロン ド ブルゴーニュ(ミュスカデ)種が最初に植えられた区画を含め、現在30haの畑を所有します。
自然を尊重した畑仕事を行い、醸造は天然酵母を用いてミュスカデならではのアロマを引き出せるように低温で醗酵。マロラクティック醗酵は行わずに心地よい爽快さを楽しませる一本に仕上げます。

続きをみる

2009年2月15日

2/14
なんと東京は24℃。暖かいじゃなくて、暑い!
しかも、花粉症が始まりました。
昨年はほとんど症状が出なくて忘れていましたが、今年のはいきなり辛いです。

さて、今日はバレンタインデーですね。

P1190682.JPG


バレンタインデーといえば、日本人ならば、やはり手巻き寿司でしょう。


P1190683.JPG


1本目 ドメーヌ マデュラ クラシック ブラン 2004 ¥1800
南フランス・サンシニアンのガレージワイン。自然派のソーヴィニヨンブランです。
まったりトロリとした濃厚な果実味とミネラル感。はじめ手巻き寿司には重すぎるかと思ったくらい。
でも、飲むほどに心地よくなりました。よいワインですね。

2本目 シャトー サラティ メルロー・ピノノワール 2005 ¥1050
ルーマニアの赤ワイン。これ、非常に高いレベルでバランスよくまとまっています。美味しいです。
1000円 のワインのレベルではないと、私は思います。


Feb.14
The high temperature in Tokyo today was 24℃ !
It is not warm but hot. It's really crazy weather in February.

It is a St. Valentine Day today.
All of the Japanese families have a Temaki-Sushi party in the day.... it is not true.....

1st Domaine la Madura Classic Blanc 2004 1800 yen
It is a "garage" wine from Saint-Chinian, South France. It is a "nature" Sauvignon Blanc.
It has a full-bodied fruits and minerals. At first, I thought it was too heavy for sushi.
But it was getting better and better by drinking. Very good !

2nd Chateau Sarati Merlot - Pinot Noir 2005 1050 yen
It is made in Romania from Merlot and Pinot Noir.
It is a really high quality red wine with very good balanced.
It is delicious. I can not believe this price.

2009年2月15日

2月13日
銀座カーディナスで、プライヴェートなプチワイン会。
谷川シェフおまかせのフレンチに、ちょっと一風変ったレアなワインを合わせてみました。


P1190680.JPG


メルシャン 穂坂のあわ
マトゥア パレタイ・ヴィンヤード マルボロウ ソーヴィニヨン・ブラン 2007
ニールエリス シャルドネ エルギン 2005
ルバイヤート プティヴェルド 東白坂収穫(限定525本) 2007
テラスデリース プラデル 2003
マルキドボーラン メルロー 2007

続きをみる

2009年2月15日

2/14 (土)
バレンタインデーだし・・・
とかなんとか言ってグランヴァン。

ペリエジュエ ベルエポック ’00とシャトー デュアールミロン’04。
すげぇ〜!

続きをみる

2009年2月14日

2/13 (金)
今日は休肝日。

続きをみる

2009年2月13日

h090213.jpg


先月の話になるけど面白い話。行きつけのクリーニング店に衣類の引き取りに出向いたある日。つい引換券を持参し忘れ、サインで受け取ることになった私。サインをするにあたり、差し出してくれたボールペン。あれ?どこかに見覚えが・・・それはそう。だってそれ僕のですー!!!!!!僕のボールペンはただの100円ボールペンでも名前を入れています。無くしやすいのでサイン(紙にハンコを押したものをペン内側に入れています)しているのですが。。なんでこのお店にマイボールペンが?きっとスーツの上着をクリーニングお願いする際、内ポケに差したままのペンを預けちゃったんでしょうね。そして僕に返そうと思っていながらも忘れたのか?いつのまにかマイボールペンへ変化したのでしょう。それが巡って僕に渡されるとは。。僕、このクリーニング屋さんとは5年くらいのお付き合い。僕の名前も当然知ってて、衣類の受け渡し時にはかならず会話があって・・という仲のはずなのに・・。ペンを渡された僕があせっちゃいました!震えながらに受取のサインをして、衣類を受け取ったのですが、クリーニング屋さんはいつもの通り満面の笑顔。返せだなんて到底言えませんーーー。もう、わかりました。差し上げます。だから大事に使ってくださいね。でもできればその僕の「名前」だけ取ってくれればなぁ。。。。はははははは。

続きをみる

2009年2月13日

2/12 (木)
青空が気持ちよい穏やかなお天気。

試飲会で有楽町へ。

続きをみる

2009年2月13日

2/12
突然遠方よりアポなし来客あり、予定外の外飲みとなりました。
六本木の後藤さんでお寿司とワイン。久しぶり。。
いろいろお話させていただきました。

P1190660.JPG


Feb. 12
Accidently, I received important clients in far from Tokyo.
Then I invited them to Sushi & wine dinner in Roppongi.
We talked about a lot.

2009年2月13日

2/11 (水)
今日のワインはカトヌック エステート メルロ ’02 ¥2,800。

スコットランドからの移民ジョン リドックが最初のヴィンテージを送り出したのは1895年。その頃の醸造は羊小屋で行っていたそうです。
サウスオーストラリアの最南端に位置するクナワラ。同地区の中でもテラロッサ(赤い大地)の表土と粘土、石灰岩質のキャラクターが強いエリアに畑を所有します。
現醸造責任者ステベンス氏の「リラックスして気軽に楽しめる世界最高のワインづくり」と言う言葉通り若いうちからその気取らないおいしさを楽しませてくれますが、作り込みではない密度ある味わいは熟成を待つ楽しみも秘めています。

続きをみる

2009年2月12日

2/11
おかげさまで体調回復。なんだったんだろう?


P1190656.JPG


1本目 オーシエール ブラン シャルドネ 2007 ¥1350
ご存知、シャトー ラフィット ロートシルト が南フランスのコルビエールで経営するワイナリー。これは、ワイナリーで一番スタンダードな白ワイン。南のシャルドネとは思えぬ、しっかりとした酸が印象的です。きれいに透き通った果実味に存分なミネラル。美味しいですね。これで、1350円はお買い得。「南仏のラフィットの白だよ。」とウンチクをたれやすい一本。

2本目 レス シュペートブルグンダー トロッケン 2003 ¥2480 (処分特価)
めずらしいドイツ・ラインガウのピノノワールです。なんか長い名前がついてますが、読めないので省略します。ガツンとくるような衝撃的な果実味はありませんが、だんだんと湧き上がる心地のよいピノノワールの香りと味わい。よいピノです。本来、インポーターの希望小売価格は6000円を超えていたようですが、処分価格です。6000円のドイツのピノって、どんなに美味しくっても確かに売りにくいですよね。この価格なら、お釣りがくるくらい満足できます。あと在庫、残り僅かです。


Feb. 11

I have got better. What happend on me ?

1st Aussieres Blanc Chardonnay 2007 1350 yen
Chateau Aussieres is owned and operated by Barons de Rothschild, Ch.
Lafite-Rothschild, in Corbieres South France.
It is a standard range white wine in the winery made from 100 % Chardonnay.
I felt very good acidity, which is not usual to find in South, and very
clean fruits and minerals.
It is very tasty.
1350 yen from Ch. Lafite-Rothschild may be very reasonable.

2nd Ress Rheingau Spatburgunder Trocken 2003 2480 yen, a clearance price
It is rare to find that Pinot Noir from Rheingau, Germany. It is not so
aggressive style but very elegant Pinot Noir.
It is a special discount price because the importer want to clear all its
stock.
I think it is very reasonable.

2009年2月11日

2/10 (火)
今日は小瓶のワインと日本酒をちびちび。

続きをみる

2009年2月11日

y090211daikon.jpg


以前、メルマガで大根の皮の浅漬けについて書いたら
お客様から「大根の皮のキンピラもおいしいですよ」
とのメッセージをいただきました。
そのアイディアを使わせていただいた大根皮のキンピラ。


続きをみる

2009年2月11日

h090210-1.jpg

カニにハマる年頃?2009年序盤贅沢三昧。今年早くも毛ガニ2杯目であります。入手経路は近くのスーパー。2週間くらい前かな?この大ぶりの毛ガニがなんと2980円のところ半額シールが!重さもたしかな手ごたえ。これは重い!中身詰まってるぜい。でもなぜこの1個だけ半額?3個売られていたのですがどれもこれも同じ産地で同じ鮮度同じ販売経路。あとの2個は定価どおりの2980円。なぜい?販売員に聞こうにも付近に誰もいないし・・安いから・・ま、深いこと考えず、いいっしょ!で。そして今日がやってきました。大切に冷凍保存していた毛ガニ様を自然解凍。カニさばき歴数回・・でも様になってるでしょ?盛り付けが。すべて食べやすいようにはさみ入れています。はさみに、はさみね・・・・・ってこれぐらいにしといて、なんとも旨い!!ミソは当然のこと、毛ガニは足が旨い!毛ガニの足はエキスたっぷり。旨味が他のイカいやカニと違います!1490円の幸せ。今年早々いいことありました〜

続きをみる

2009年2月10日

2/9
昨夜、布団に入ってから急に悪寒、なぞの発熱。「DRCあたり」かもしれません。
休みをとって、抗生剤を飲んで一日寝て、夕方なんとか復活。
夜は、だるい体をおして某所でワイン会。
なかなかメンバーが集まらず、天井がガラス張りの部屋だったので暇つぶしセルフフォト。


P1190628.JPG

続きをみる

2009年2月10日

2/9 (月)
今日のワインはダニエル リオン ブルゴーニュ ピノノワール ’06

1955年に当時24歳だったダニエル リオンが興したドメーヌ。う〜む、24歳で・・・すごいなぁ・・・。
現在シャンボールミュジニーからニュイサンジョルジュにかけて約20haを所有し、2000年以降ワインづくりはダニエルの息子クリストフとオリヴィエが行っています。
樹齢の高い葡萄樹の底力を感じさせる骨太で力強い味わいが持ち味ですが、作り手の技量が試された06年。さてこのACブルゴーニュは・・・。

続きをみる

2009年2月10日

2/8 (日)
今日のワインはA&P ド ヴィレーヌ ブルゴーニュ コートシャロネーズ レ クル ’07 ¥2,400。

ブルゴーニュの至宝、ワインであることを超越してしまったワイン、ドメーヌ ド ラ ロマネコンティ。
アンリ フレデリック ロックと共に、このDRCの舵取りをするオーベル ド ヴィレーヌがコートドールの南、コートシャロネーズに所有するドメーヌがA&P ド ヴィレーヌです。
秀逸なアリゴテを産することで知られるブーズロン村。村内に位置する3haほどの『レ クル』区画に植えられたシャルドネから仕込まれたのが今日の一本です。

続きをみる

2009年2月 9日

2/8
本日は、DRCの第二回発売開始日。前回の発売日に、今日2回目やりますとお話しただけで、いっさいの告知をしなかったにも関わらず、開店前から約70名の行列が。。。。


P1190589.JPG

やっぱり抽選販売になりました。

続きをみる

2009年2月 8日

2/7 (土)
今日は休肝日。

続きをみる

2009年2月 8日

2/7
今年の上越は、雪が少ないです。


P1190547.JPG

続きをみる

2009年2月 8日

2/6
お休みをとって新潟にやってきました。


2009_0206_082.jpg


途中、三国峠で貝掛温泉の温湯につかり一句。
「 山深し ぬる湯頬うつ 細雪」

続きをみる

2009年2月 7日

2/6 (金)
シャブリの名門、ウィリアム フェーヴルから醸造責任者のデディエ セギエ氏が来日。
輸出責任者の西山さんも交えたランチセミナーに僭越ながらお邪魔せていただきました。

続きをみる

2009年2月 7日

2/5 (木)
今日のワインはパンゴリン シラーズ ’07 ¥880。

「開かないからあげる。」と大魔王がくれました。ヤギはマルゴーもラフィットも大好きですが、タダでもらったワインが一番好きです。どれどれ、さっそく、と思ったのですがホントに開きません。
「簡単・便利」が取り得のスクリューキャップがクルクル空回りして、丸まった「パンゴリン」よろしくどうにも開いてくれません。
ヤギはこういうとき意地になってしまうので、ソムリエナイフでこじ開けましたが、もし万が一こんなスクリューキャップに当たってしまった時は手を怪我してしまったりと危ないので無理にこじ開けるのはお止めください。速やかに交換させて頂きます。
多分ブショネほどにも遭遇することは稀かと思いますが、ヤギからのお願いです。m(_"_)m

続きをみる

2009年2月 7日

2/4 (水)
今日のワインはロゼ ド カロン ’05

『我ラフィットとラトゥールをつくりしが、我が心カロンにあり』
その想いをハートのラベルにしたためたシャトー カロンセギュール。そのグランヴァン カロンセギュールを醸造する際にセニエしたジュースからこのロゼは仕込まれます。
カベルネソーヴィニョンを主体としたフルーティーながら骨格のしっかりとした味わい。ロゼというと早飲みのイメージがありますが、なかなかどうして熟成も楽しめるカロンの心意気が感じられる一本です。

続きをみる

2009年2月 6日

久しぶりにパスタの日。

y090206.jpg


続きをみる

2009年2月 5日

2/4
新宿・煮炊きや楽太朗さん で、延期のために遅れていた某新年会。
楽太朗さんの荒井店長のお料理は、ますます磨きがかかり、とっても美味しいです。
素材を大切に、洗練された自然で優しい和食が、リーズナブルに楽しめます。


地鶏のお刺身盛り合わせ


P1190416.JPG

続きをみる

2009年2月 4日

2月3日
山梨から、旭洋酒・ソレイユワインの鈴木夫妻がご来店。
いつのもように、ワイン談義がはずみました。

P1190404.JPG

続きをみる

2009年2月 4日

2/3 (火)
今日のワインはダイヤモンド酒造 ひしやま甲州 ’07

ブルゴーニュのシモン ビーズやオリヴィエ ルフレーヴでみっちりと修行を積んできた若き醸造家雨宮 吉男氏のこだわりが詰まった個性派甲州。
菱山地区で収穫された甲州種を冷凍濃縮。ブルゴーニュ産の樽で醗酵、熟成、さらには乳酸醗酵まで行っているそうです。

続きをみる

2009年2月 3日

2/2 (月)
勉強会の日。

続きをみる

2009年2月 3日

2/2
営業終了後、スタッフのワイン勉強会。
今日は、エノロジストの湯目英郎先生をゲストにお迎えし、湯目先生にご紹介いただいたサドヤワインの超古酒をテースティングします。


P1190386.JPG


シャトー ブリアン カベルネソーヴィニヨン 1962年
シャトー ブリアン カベルネソーヴィニヨン 1977年
シャトー ブリアン カベルネソーヴィニヨン 1992年

シャトー ブリアン セミヨン 1962年
シャトー ブリアン セミヨン 1970年

続きをみる

2009年2月 3日

2/1 (日)
今日は小瓶に残したワインをいろいろの日。

続きをみる

2009年2月 2日

2/1 おお! もう2月だ!
お料理当番。
ホタテとヤリイカのお刺身と、


P1190382.JPG

続きをみる

2009年2月 1日

1/31 (土)
今日のワインはシャンドン ド ブリアイユ サヴィニーレボーヌ ’06

ドメーヌにその名を冠したシャンドン ド ブリアイユ伯爵夫人はモエ エ シャンドンの親戚筋にあたるセレブリティ。代々パリに居をおく貴族で、ワインのスタイルも極めてエレガント。時にエレガントすぎるあまり庶民には理解し難いとの批評もありましたが、「金持ち喧嘩せず」、我が道を突き進んできました。
変化が起きたのは80年代後半。当主のナディーヌ ニコライ伯爵夫人がパリを離れサヴィニーに移住。ドメーヌで働くスタッフを一新し、畑でも自然農法を取り入れ献身的なワインづくりがはじまりました。
そして現在。ワインはエレガントなスタイルをまもりつつ、庶民にも理解できる優しい果実味をまとい庶民の懐具合を気遣った良心的プライスで食卓に華を添えてくれています。

続きをみる



▲ このページの先頭へ