2008年10月31日

10/30
都下、某所で外飲み。

イタリア白ワイン→ 新潟本醸造酒 → ワシントン・ピノノワール → ギムレット&ギムレット


P1170005.JPG

日本酒とギムレットの組み合わせにより、案の定、ドボン。


Oct. 30
I went to some dinner party.

Italian white → Sake → Washington Pinot Noir → Gimlet & Gimlet

Sake and Gimlet made me almost dead.

2008年10月31日

10/30 (木)
今日のワインはヴェラモンテ カベルネソーヴィニョン レゼルヴァ ‘06 ¥2,100。

VERA=端っこ、MONTE=山。
アンデス山脈の東端、カサブランカヴァレーに1000エーカーの広大な畑を切り開らき1990年に設立されたワイナリー「ヴェラモンテ」。オーナーはコンチャイトロの経営に携わって財を成しての独立だそうです。うらやましいですね。
有機農法で栽培したカベルネソーヴィニョンを主に10%のメルロをブレンド、フレンチオークとアメリカンオークで約8ヶ月の熟成です。
ところで1000エーカーってどのくらい「広大」なのでしょう。
「広さ」と言えばの「東京ドーム」に換算してみると約87個分に相当します。・・・うまくイメージできませんがかなり広そうです・・・。

続きをみる

2008年10月30日

20081030221325.jpg

本日は健康診断日。バリウムデビューの日でした。その診断中の大苦戦話も多いにネタがありますが、それよりなにより、出ません。。。。。。下の剤は飲みました。でも水分をきちんと取るということを担当医に聞かさせていなかったので薬をのどに通す分の少量しかとりませんでした。だからかまったく反応のないこの腹。職場のヤギ店長に相談した結果、水分を十分にとらないと・・・とアドバイスくれたので緊急オペで黒烏龍茶をガブ飲みしましたが結果今に至る・・・約12時間すぎますが反応なしです。。。。僕は朝型なので明日まで様子を見てみますがまさかこんなことになるとは・・バリウムって検査後も引きずるんですね。これ苦手かも。バリウム恐怖症?あぁ来年の検査がはやくも怖いです。はっきりいって拒否したい。。

続きをみる

2008年10月30日

10/29

8日ぶりの休日。お食事当番。


イカ刺し
ポテト&グリーンサラダ


P1160990.JPG

続きをみる

2008年10月30日

10/29 (水)
明日健康診断につき、今日は休肝日。

続きをみる

2008年10月29日

10/28 (火)
今日のワインはダヴィッド デュバン オートコートドニュイ ブラン ’06

おなじみ(?)”バランスの良いつくり手”ダヴィッド デュバンがお得意のオートコートドニュイでつくる白ワインです。
さて白のバランスは、とキャップシールを剥がしてちょっとびっくり・・・

続きをみる

2008年10月29日

10/27 8 (月)
今日のワインはルー P&F サンヴェラン ’06

サントーバンを拠点に4世代にわたり家族経営を続けるドメーヌ。
ムルソーやピュリニー、シャサーニュモンラッシェなどに65ヘクタールの畑を所有しますが、比較的カジュアルな価格帯のワインに見られる「ブルゴーニュらしい素直なおいしさ」に定評があるつくり手です。

続きをみる

2008年10月29日

10/28
今日は宇都宮。


P1160986.JPG

続きをみる

2008年10月27日

10/26
恒例のアウトレットセール初日。それは大勢のお客様にお越しいただきました。
でも今回は、たっぷりと入荷していますので、まだまだ掘り出し物が多数残ってます。
今月中に是非一度ご来店ください。


P1160935.JPG


1本目 ラ クロズリー デ リイ ロゼ 2007 ¥1050
ままなか氏もお勧めしていますね。
いやあ、まったく掟破りの美味しさだわ。
あっという間に空ボトル。こりゃ、いかん。


2本目 サンコム コートデュローヌ 2007 ¥1600
しっかりとした濃厚な味わいながら、きわめて上品。
コクがありながら、サラサラ。
抜群のバランス。シラー100%でこのエレガンス。普通じゃないです。
だれも真似のできないルイの世界。
ルイルイ! by Yosuke Tagawa


Oct. 26
It is the first day of our outlet sale.
We received a lot of customers.
Thank you.


1st La Closerie des Lys Les Fruitieres Rose 2007 1050 yen
I drank it again and found it was a violation for the pricing.
I am sure 1050 yen is too much cheap.
What a wonderful rose it is !

2nd Sanit Cosme Cotes du Rhone rouge 2007 1600 yen
It is concentrated but elegant.
It is dark but easy to drink.
It is an outstanding well-balance red wine.
I think nobody can make such kind of elegant wine from 100% Syrah.
I really admire it.

2008年10月27日

10/26 (日)
今日のワインはシャトー マルゴー ’83

続きをみる

2008年10月26日

10/25 (土)
今日のワインはマルク テンペ リースリング ヴィエイユ ヴィーニュ ’00

献身的に畑仕事を行い真摯なワインづくりを続ける一方で、大のビールラヴァーでもあるマルク テンペ。
粘土石灰質をベースに多様な個性の畑を有するツェレンベルク村がドメーヌの本拠地です。
93年にドメーヌを立ち上げた当初からヴィオロジックを実践、96年にはビオディナミによる葡萄栽培を始めました。
このリースリングは樹齢約40年のヴィエイユ ヴィーニュ。ステンレスタンクでの醗酵の後、大樽で2年間熟成、5年の瓶熟を経て蔵出しされつい先日届いた一本だそうです。

続きをみる

2008年10月25日

10/24
九州・丸菱さんの自家牧場で飼育された”阿蘇放牧黒豚”を焼きました。
せっかくなので、塩と胡椒だけで、じっくりと焼いてみました。



P1160928.JPG

こ、こ、こ、これが、衝撃の激美味。こんなに香り高く、甘みと、ほっこりジューシーなお肉は、いままで食べたことがありません。
吉田さん(よっしーに非ず)、これは美味いですね。ありがとうございます。


P1160930.JPG


1本目 ドメーヌ アントニャック シャルドネ テート アムルーズ 2007 ¥2100 新入荷
きのう飲んだクロズリー デ リィの上級版。南フランス・リムーの標高300m-500mの冷涼な自社葡萄園で、樹齢35年以上のシャルドネから手摘みで収穫された完熟ブドウのみで仕込んでいます。小樽発酵・熟成ならではのゴージャスなニュアンス。奥行きの深い滋味あふれる味わい。もちっと寝かせると、間違いなくさらに良くなるぞ、これ。


2本目 ドメーヌ アントニャック シャルドネ ピノノワール コートピエール リイ 2007 ¥2100 新入荷
ワイナリーで最も高い標高500mの自社葡萄園で栽培されたピノノワールを100%使用。これは、南フランスにおける特別格のピノノワール。
インパクトは、おとなしい。全然DRCやカレラやオレゴンみたいな感じはなし。
しかしながらにして、この上品さ。おとなしく、奥ゆかしさの内側に隠れた高貴な気品。

ちなみにこんな葡萄園です。

いやあ、見事。さすがは、ダヴィッド、ピノおたく。 リムー恐るべし。


Oct. 24
I received a very special natural grown pork from Marubishi, Kyushu.
Then I grilled it very carfully with only salt and pepper.
It was really, really delicious. It is the best pork in my life !
Thank you very much for Mr. Yoshida.

1st Chateu d' Antugnac Chardonnay Terres Amoureuses 2007 2100 yen
It made from Limoux in Languedoc, one of the coolest area in South France.
It is a really elegant and deep Chardonnay. I found the typical character for Chardonnay fermented and matured in French oak cask.
I am sure it will grow more and more with taking time.

2nd Domaine d' Antugnac Pinot Noir Cote Pierre Lys 2007 2100 yen
It made at the beautiful vineyard located the highest mountain altitude 500 m.
I am sure it is the very special Pinot Noir in Languedoc.
It is not an aggressive Pinot Noir. It is very quiet.
However, I felt really elegant, deep, outstanding potential.
I moved a lot.
What a fearful area Limoux is !

2008年10月25日

10/24 (金)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2008年10月25日

2年ぶりにおすすめワインを更新したスタッフ寺内のおすすめコメントを読んでいたら、文章の中に何度も何度も「サンマ」が出てきて、あまりにサンマ、サンマ、とうるさいので、ついワタクシもサンマが食べたくなってしまいました。

y081024samma.jpg

ワインは前日の残りが少しだけあったスパークリング。

y081024vin.jpg

エルカヴィオ エスプモーソ
マルヴァジアとマカベオのブレンド。辛口ではありますがたっぷりとした果実の甘さを後味に感じます。
サンマとはベストマッチではありません。(マリアージュさせようとして飲んだわけではないですが)
一般的にはフルーティで飲みやすいスパークリングだと思います。ただ、酸っぱいのが好きな同居人は酸が足りないとつぶやいていました。好みの問題ですね。
ちなみに、アンチョビ入りオリーブ、チーズ等を入れ、ヴァージンオイルを使った野菜サラダには合いました。

2008年10月24日

10/23
朝早く宮城県南部の町、船岡に入りました。


P1160842.JPG

続きをみる

2008年10月24日

10/23 (木)
今日のワインはシャトー トゥールサンボネ ’02 ¥2,200。

サンテステフの北、ジロンド河の川岸に位置するクリュ・ブルジョワシャトー。
砂利質の個性が強く現れる畑にカベルネソーヴィニョン、メルロ、プティヴェルドのセパージュです。
タンニンが強いクラシカルなスタイルのワインをバリックではなく大樽で熟成。「ハードボイルド」でなかなか通好みなボルドーを、比較的手軽なプライスで楽しませてくれる一本と言えます。

続きをみる

2008年10月23日

10/22
夜遅く仙台に移動。

P1160828.JPG

続きをみる

2008年10月23日

10/22 (水)
今日のワインはアンリ グージュ ブルゴーニュ ブラン ’05 ¥2,800。

1920年代、ブルゴーニュの価値を混乱させる偽装ラベルワインの存在を憂い、ドメーヌ元詰めを始めた草分けの一人アンリ グージュ。
4代目となる今日も土地の個性、葡萄の個性を尊重したワインづくりを続け、ニュイサンジョルジュを代表するドメーヌとしてその名を知られます。

続きをみる

2008年10月22日

10/21
来日中の、ブシャール・ペール・エ・フィスの広報担当、西山氏を囲むワインパーティーにお招きいただきました。

P1160816.JPG

続きをみる

2008年10月22日

10/20
キムチ鍋。今季、初の鍋物です。何を入れるのか、どうやってベースをつくるのか戸惑いました。


P1160825.JPG


1本目 エーデルワイン 五月長根葡萄園 2007 \2300
岩手産のリースリングリオン100%で仕込まれた素晴らしい白ワイン。リースリングリオンは、その昔サントリーが、甲州三尺とリースリングを掛け合わせた交配種。山梨では、あまりパっとしなかったブドウが、この岩手の地で見事なワインを造るのですから、不思議です。とにかく長く伸びるきれいな酸と、エレガントな甘みを感じる果実の風味。ミネラルもいっぱい。ちょうど甲州にリースリングの上品な酸が加わった感じです。やっぱ親子ですね。。
キムチの甘みによく合います。キムチ鍋を引き立てる白ワインって、すごい。


2本目 丸藤葡萄酒 シャリオドール メルロー 2003 \3171
シャリオドールは、ルバイヤーとのセカンドの位置づけ。塩尻産のメルローを使用しています。
おとといワイナリーで大村さんに試飲させてもらい、おいしさに感激。売店で自分用に買いました。
濃さは中庸ながら、おぎなってあまりある存在感。果実味と熟成感が絶妙。
ちょっと、強めのブルゴーニュに似ています。キムチ鍋にも負けない。
こういう5年熟成のワインが、売店に三千円でさらっと並んでるところに、大村さんの凄みを感じます。
いやあ、おいしい!


Oct. 20
I cooked Kimuchi-Nabe, a kind of Korean pot-au-feu. It was the first time in the
season.

1st Edel Wein Satsuiki-Nagane Vineyards 2007 2300 yen
It was made from 100% Riesling Lion, a hybrid Japanese grape between Koshu
and Riesling, in Iwate.
I like very much this beautiful acidity and sweet fruits nuance. It also has
enough minerals.
It was very good for Kumuchi-Nabe.

2nd Chariot d'Or Merlot 2003 3171 yen
Chariot d'Or is the second brand of Rubaiyat in Marufuji Winery.
It was made 100 % Merlot grown in Shiojiri, Nagano.
I tasted it in the winery and was surprised a lot at the quality.
Then I bought this one for me at the shop of the winery.
It is medium body but has huge fruits and fines. I also like the nuance of
mature very much.
Oh ! It is delicious. I am sure again Marufuji Winery is very special.

2008年10月22日

10/21 (火)
秋旅行2日目。

続きをみる

2008年10月22日

k080929-flamingam-sb.jpg

9月ある日の晩ご飯。ワインは、フラミンガム ソーヴィニヨンブラン 07.お食事は、テイクアウトのお寿司、ベジタブルソテー、オクラと海草の冷奴、お味噌汁。ワインはニュージーランド・マルボロ。この地域のソーヴィニヨンブランは、時には攻撃的なくらいの青々としたツーンと突き抜けるような高い香りが特徴的ですが、このワインはその香りが比較的優しく、柑橘系の心地よい香りと清涼感のあるフレッシュな酸でペロッと飲み干してしまいました。お寿司にもぴったり!

2008年10月22日

10/20 (月)
秋旅行に出かけてきました。

続きをみる

2008年10月22日

10/19 (日)
今日のワインはドメーヌ ド ラ シガリエール シラー ’07 ¥1,200。

南仏、コトー デュ ラングドックでビオロジックによる葡萄栽培を行う家族経営の小さなドメーヌ。
ミネラル感あふれる岩清水を飲むようなソーヴィニョンブランがヤギのツボでしたが、シラー100%の赤もかなり気になります。

続きをみる

2008年10月21日

10/19
DRCのバックヴィンテージ特別販売会。

DSCN0344.jpg


こんなご時勢にも関わらず、販売本数をはるかに上回る鬼のようなお客様に大勢お越しいただき、抽選販売となりました。


DSCN0351.jpg

なんと、すべて完売。

きょうは休肝日。


Oct.19
We had a sepecial wine sale today.
Too many customers came.

No wine day today.

2008年10月21日

k080902%20Emaina%20char.jpg

9月ある日の晩ご飯。ワインは、E&E Eマイナーシャルドネ2006 ¥1900.お食事は、ゴーヤのワタのピカタ、ゴーヤの塩ナムル、トマトのせ冷奴、キンピラゴボウ、おくらの生姜マリネ、カボチャのガーリック風味。メインディッシュがなかったので、ちょこちょこ作っていたら居酒屋ばりのお惣菜が並んでしまいました。
ワインは、オーストラリア・バロッサヴァレーの白。オーストラリアでは珍しい、協同組合で栽培、醸造まで手掛けています。軽やかで、爽やかなシトラス系の清涼感のあるシャルドネ。オークのニュアンスはほとんど感じられず、クリーンでフルーツのアロマが前面に出るタイプ。

【カボチャのガーリック風味】
1、適当なサイズに切ったカボチャを少し水を足してラップしてレンジでチン。
2、醤油、ミリン、砂糖各大匙1とすりおろしニンニク(お好みで適量)をまぜたものとカボチャを和えて、更にレンジで1分程加熱。
3、ゴマを散らして完成!

2008年10月20日

k080830%20sunsett%20sb.jpg

9月ある休日のブランチ。ワインは、サンセット・ロード ソーヴィニヨン・ブラン 2007 ¥1250.お食事は、初めて挑戦した自家製ジェノベーゼ、細切りじゃがいものソテー カレー風味、まるごとシイタケのチーズ焼き、サラダ。ワシントンで作られる、果実味たっぷりのワイン。メロンやピーチを連想させる香りと果実の甘味たっぷりの味わいで、一般的なソーヴィニヨンブランのすっきりしたスタイルではなく、ボリュームあり。

【まるごとシイタケのチーズ焼き】
シイタケのカサにマヨネーズを少し、その上にとろけるチーズと白ゴマをのせ、オーブンで焼くだけ!

2008年10月19日

10/18
今日は一日、高校同窓会の80周年記念式典のお手伝い。
旧制中学時代の第一期卒業生(お幾つだろう?)をはじめ、出席者300人の大パーティー。


ワタシは、栄えある照明係( 適材適所? ほっといてください!)の重責を果たしました。


会の終了後は、そのまま幹事年の我ら同期生の同窓会。
懐かしい顔があふれました。


P1160762.JPG

今夜はいっぱい飲んだけど、休ワイン日。


Oct. 18
I was a staff of the annual 80 th party for my high school alumni all day long.
I was in charged of linghting for the celemony.
I done my job very well.

Afer the celemony, we held the close party with the old school mates, graduate in the same year.

I drink beer, sake and shochu but " no wine day".

2008年10月19日

k080826%20robert.jpg


9月ある日の晩ご飯。ワインは、ドメーヌ・ド・ロベール ヴァン・ド・ペイ・ドック 2006 ¥1050.お食事は、蒸し茄子の中華風、冬瓜とひき肉の煮物、山盛りサラダ、大根と人参の煮物。ワインは、フレッシュな果実味でメルローよりサンソーのイメージが強め。安心して気軽に飲める自然派テラヴィティス。UPしないでぐずぐずしているうちに、すでに品切れでした。ごめんなさい。 おまけ画像は・・・

続きをみる

2008年10月19日

12/18 (土)
今日は休肝日。

続きをみる

2008年10月18日

20081015222719.jpg


通勤途中、ボクシングジムの目の前を通ります。帰りの夜の時間帯になると夢見るボクサーたちのするどいパンチ音が聞こえてきます。その多彩なパンチが奏でる音の中に「シュッ、シュッ」っとした音が。これって口で言ってるんですよね??なんでこんな音出すのでしょうか?昔から疑問でした。TVではよく聞くものの実際聞くと、やっぱりそうなのかって。闘っている人たちにとって気合とかおまじないとかあるのでしょうか??ああ聞きたい知りたい。でも聞けないこのもどかしさ。他にも卓球の愛ちゃんの「サー」も気になるところ。ああどうして出すのさその音。聞きたい!知りたい!理解したい!

続きをみる

2008年10月18日

10/17 (金)
今日のワインはダヴィッド デュバン オートコートドニュイ ルージュ ’06 ¥2,800。

オートコートドニュイに蔵を構えるダヴィッドデュバン。父親の後を継ぎ、自身のドメーヌを興したのが1991年という新進気鋭の若手醸造家です。
ビオディナミを取り入れつつリュットレゾネで葡萄を栽培。樽のアクセントも心地よいモダンなスタイルながら、押し付けがましさが感じられない誰もがおいしいと言ってしまいそうな味わいは、やはり葡萄の素直さの表れでしょうか。

続きをみる

2008年10月18日

10/17
早朝、小淵沢をあとに勝沼に向かいます。
最初に訪問したのはフジッコワイナリー。ちょうど、最後の収獲の甲州が到着したところ。


P1160725.JPG

続きをみる

2008年10月17日

20081010215705.jpg


ままなかファームへようこそ。
今年はこのまま農場閉鎖を予感させていましたが、たくましくもピーマンたちが育ってくれたので喜びのUPとなりました!

ベランダ栽培で自然農法・・といいたいところですが土に化学肥料入っていることでしょう。やるのは水だけで追肥はしていませんけど。。。。これ普通のピーマンなんですが、ピーマンってほっとくと真っ赤になるんですね。見た目やばいかな?って思ったけど大丈夫。緑色も茶色も赤色もすべて美味しくいただきました〜

続きをみる

2008年10月17日

10月ある日の晩御飯(←最近復活してますね)。

y081017.jpg


ニューワールド担当バイヤーのハラペコさんから、チリの瓶内二次発酵で安いのがあると聞いたので、買って飲んでみました。

バルディビエソ エクストラ・ブリュット
Valdivieso Extra Brut

シャルドネ60、ピノ・ノワール40で瓶内二次発酵してますから、タイプとしてはやはりシャンパーニュタイプです。24ヶ月瓶熟してるそうです。
お値段がお値段だけに、「驚愕!シャンパーニュかと思った味わい!」なんて大袈裟なことは言えませんが、シャンパーニュを小振りにしたようなすっきりした味わいです。クセがなく、イヤミのない飲みやすいワインです。
お料理はいつもの通り、野菜中心。もやしのナムル、ほうれん草のナムル、グリーンサラダ、キャベツ炒め。
ヤギさんが我が家にホームステイしたら、1日で肉禁断症状になるでしょう。

2008年10月17日

10/17 (金)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2008年10月17日

10/15 (水)
今日のワインは登美の詩 ¥1,540。

風邪をひいて行き損ねたサントリー登美の丘ワイナリーのワインです。
山梨県と長野県で収穫されたマスカットベリーAとメルロのブレンド。参加したみんなは、青空のもとバーベキューを食べながら味わったそうです。いいなぁ・・・

続きをみる

2008年10月17日

10/16
早朝、東京を出発し、九州・丸菱さんのスタッフとお連れして長野へ向かいます。
昼過ぎに小布施に到着。

ちょうど収穫期の小布施ワイナリーに伺いました。最繁忙期に、お邪魔虫ですみません。

P1160627.JPG

続きをみる

2008年10月16日

10/15
熊本から食材卸商社・丸菱さんのスタッフをお招きし日本のワインについてのセミナーを実施。

P1160565.JPG

続きをみる

2008年10月16日

k080805%20spark.jpg

9月ある日の晩ご飯。ワインは、アッケルマン レミパニエ ソミュール ブリュット。お食事は、たっぷり野菜のトマトソースパスタ、ジャーマンポテト、チーズ入りグリーンサラダ。ロワールのスパークリングは、軽やかで優しい味わい。泡も軽め。オリオルのボリュームに慣れている私には、ちょっと物足りない・・・。

2008年10月15日

某日の夕食。
只今、大好評発売中の「秋冬に飲みたい自然派ワインセット」に入れるワインをテイスティングコメント書くために飲みました。



y081008.jpg

モント・グラス ソレウス・ソーヴィニヨン・ブラン 2007
Montgras Soleus Sauvignon Blanc


ドットコム限定新入荷。
赤も白も両方同時に飲みましたが、白好きのワタクシなので、白ばかりがどんどん減りました。
写真の後ろに写ってるのはキノコのトマトソースパスタ。
パスタもいいですが、翌日食べたアボガドサラダとかマリネとかにもとても合いました!すっきり系で、レモンをかけたいような料理にピッタリです。

2008年10月15日

10/14 (火)
今日はスゴイワイン。

続きをみる

2008年10月15日

10/14

ハンスさんと、ヨークベニマルひたちなか店さんと赤塚店さんを訪問。


P1160559.JPG

続きをみる

2008年10月15日

10/13
南アフリカより来日中のニールエリスとスターク・コンデとパンゴリンのオーナー、ハンス・シュローダー氏をお連れして水戸に入りました。


P1160506.JPG

続きをみる

2008年10月15日

10/13 (月)
今日のワインはエミリー ジャンテ ブルゴーニュ グランオーディネール ’06

ジュヴレシャンベルタンの銘醸蔵、ドメーヌ ジャンテ パンシオ。ドメーヌの現当主ヴァンサン ジャンテの娘、エミリーが06年に興したネゴシアンがエミリー ジャンテです。
父親の厳しい(?)指導の下、醸造はジャンテ パンシオの蔵で行われます。このグランオーディネールはこだわりのガメイ100%。
ニュイのテロワールとガメイ種のコンビネーション、つくり手の手腕が問われる06年にどんな一本が仕上がったのか興味津々な一本です。

続きをみる

2008年10月15日

10/12 (日)
今日のワインはシャトー ラローズトラントドン ’04

サンジュリアンの西側、サンローラン村とポイヤックにまたがる広大な敷地を所有するメドック最大のシャトー。
教科書的「メドックらしさ」を手堅く、気軽に楽しませてくれるこのワインには、ヤギもワインにはまり出した頃から大変お世話になりました。
ここのところのボルドー高騰の例に漏れず「庶民派」からやや逸脱してしまった感がありご無沙汰でしたが、久しぶりに飲みたくなっての04年です。

続きをみる

2008年10月13日

ダイエット強化月間のある日の晩御飯。

y081013.jpg

つい、うっかりおでんを作ってしまったら、おいしくて食べ過ぎてしまいました・・。

そんな日のワインは
シャトー・ド・モンフォコン レ・ガルデット・ルージュ 2005
Chateau de Montfaucon Les Gardettes

南ローヌらしい熟した果実味がありますが、酸もしっかりあります。「果実味たっぷり濃い目なワイン」がお好きな方には少し物足りないと感じるかもしれませんが、ワタクシのような酸が好きな人間には好印象です。
ダシと醤油味が染み込んだおでんに合いました。

2008年10月13日

10/12
手巻き寿司。ふふふ。

P1160490.JPG


P1160492.JPG


1本目 井筒ワイン ピノブラン 2007 ¥1470
長野県・塩尻の名門ワイナリー。へえー、ピノブランなんて造ってるんですね。
これは、きわめてドライでシンプルなスタイル。これは結構上級版ですね。

2本目 アルプス ミュゼドゥヴァン マスカットベリーA 赤 ¥1600
同じ塩尻産マスカットベリーA。こっちは一転、あふれる甘い風味。ジュクジュクの完熟フルーツ。
コンコードを思わせるニュアンスも現れます。贅沢にも樽熟100%とのこと。
25%は旧樽とありますが、前はコンコードが入ってたのかな?
どっちにしても、おいぴい。


Oct. 12
I cooked Temaki-Sushi.

1st Izutsu Wine Pinot Blanc 2007 1470 yen
It is from Shiojiri, Nagano. I didn't know the winery produces Pinot Blanc.
The style is very dry and simple. I think it is good for professionals.

2nd Alpus Musee du Vin Muscat Bailey A 2006 1600 yen
It is also from Shiojiri. The style is quite different from the first white.
It has very sweet flavor from some mature red fruits.
The back label says it matured in 100 % oak cask.

2008年10月12日

10/11
ラックスバーで某プライヴェートなワイン会。

P1160450.JPG

続きをみる

2008年10月12日

10/11 (土)
今日のワインはポテル アヴィロン マコンヴィラージュ ヴィエイユ ヴィーニュ ’06 ¥1,800。

ポテル アヴィロンはカーヴドリラックスではすっかりおなじみの「正直者」メゾン、ニコラ ポテルとステファン アヴィロンのコラボによるネゴシアン。
テロワールの個性と伝統的な醸造法を尊重し、味わいの凝縮した高品質なクリュ ボジョレーを送り出していますが、マコネの白も出色です。
メゾン ニコラ ポテルのコンセプトそのままに、ヴィエイユ ヴィーニュ(樹齢の高い葡萄樹)にこだわり、おいしさプラス含みのある味わいのワインを良心的プライスで楽しませてくれます。

続きをみる

2008年10月11日

10/10 (金)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2008年10月10日

ドットコムトップページに2008年産ワインのコーナーを作ってみました。
その中の1本。


y081002vin.jpg

続きをみる

2008年10月10日

10/9
インポーターのファインズさんのお誘いを受けて、サントリー登美の丘ワイナリーでのブドウの収獲体験に、うちのスタッフ4名を引き連れて潜入しました。


P1160256.JPG



P1160270.JPG

続きをみる

2008年10月10日

10/8
今日も忙しかった。明日は山梨で朝早いから、ワインはいつものように2本飲むことにしよう。

P1160448.JPG


1本目 ブルゴーニュの白 サンプル試飲
と、いうわけで、今日は某ブルゴーニュ。ユーロ高が落ち着いたところで、久々にブルちゃんでオリジナルのPBを作ろうかな、などと思っとります。

2本目 ブルゴーニュの赤 サンプル試飲
うむ、さっきの白も、この赤も美味いです。価格もまずまず。問題は発注ロットだな。


Oct. 8
I was busy today as well.
Because I have to wake up very early morning tomorrow and go to Yamanashi, I drink two bottles of wine as well.

1st Burgundy white Sample tasting
2nd Burgundy red Sample tasting

I am planning to produce some Burgundy original bland new wine. Both of them are very good.
The important matter is a volume.

2008年10月10日

10/7
なにかと忙しい。よく働く、仕事人間な私。

P1160449.JPG


1本目 ドメーヌ シガリエール ソーヴィニヨン 2007 ¥1200
ラングドック産のビオロジック・ワイン。澄みきったきれいな果実味。

2本目 ドメーヌ シガリエール シラー 2007 ¥1200
赤もビオロジック・ワイン。澄んだ優しい味わいに加えて、芯の通ったボディがたっぷり。
シラーというよりも、ボルドーの大きなワインを飲んでいるような錯覚を覚えました。


Oct. 7
I was very busy today. I work so hard.

1st Domaine de la Cigaliere Sauvignon 2007 1200 yen
It is a biologique wine from Languedoc. I love this very clean fruits taste very much.

2nd Domaine de la Cigaliere Syrah 2007 1200 yen
This red is also biologique wine. It has clean fruits as well a big body.
I felt as if I drunk some Bordeaux grand vin.

2008年10月10日

10/9 (金)
今日も休肝日・・・

続きをみる

2008年10月10日

10/8 (水)
今日は休肝日。

続きをみる

2008年10月 8日

h081008.jpg


長らく・・・そう、その期間は2年くらいでしょうかね。ずーーーーーっと勘違いしていた恥ずかしい話。それはおとこ教室。え!?って、それどんな教室よ!!ずーーーーーーっとどんな教室なのかドキドキハラハラとその教室風の一軒家の前を通るたびに想像をふくらましていたあの頃。まさかおこと教室だったとはね。。。ひらがなで書くんじゃない!!!

続きをみる

2008年10月 8日

10/7 (火)
今日のワインはヤギとしてはめずらしくチリワインです。コノ スル ピノノワール コンバージョン ’07 ¥1,050。

コンバージョン=「転換中」。現在有機転換中の畑では、せっせと害虫をついばむアヒルの姿も見られます。
収穫されたピノノワールは贅沢にもフレンチオーク(50%が新樽)で熟成。それで1,050円って・・・なんか安すぎてちょっと不安になっちゃいますが・・・

続きをみる

2008年10月 7日

10/6 (月)
今日のワインはドメーヌ ド ラ シガリエール ソーヴィニョン ’07 ¥1,200。

南フランスのコトー デュ ラングドックで家族経営を続ける小さなドメーヌです。ビオロジックで栽培したブドウを丁寧に仕込む澄んだ味わいが魅力の一本です。

続きをみる

2008年10月 7日

10/5 (日)
今日のワインはレ ブリュリエール ド ベイシュヴェル ’02

ご存知シャトー ベイシュヴェルがサンジュリアン村の南に所有する、AOCオーメドックの畑です。
12haの区画にカベルネソーヴィニョンが60%、メルロ35%、フラン5%のセパージュ。醸造所は持たずシャトー ベイシュヴェルの蔵でワインを仕込みます。
グランヴァン ベイシュヴェルのスタイルを踏襲しながらも、肩の凝らないシチュエーションで楽しめる庶民派の一本です。

続きをみる

2008年10月 6日

10/5
お料理当番。

カツオのたたき 辛子マヨネーズ和え


P1160205.JPG

続きをみる

2008年10月 6日

10/4
ガラにもなくタキシードで正装し、サントリーホールのガラコンサートに行きました。


P1160200.JPG


P1160192.JPG

なにかと緊張して画像ほとんどなし。開演前にアンリオ ブリュット・スーヴェラン、休憩時間に白ワイン。
コンサート終了後、山崎シングルモルト 1990年と1993年。
いやあ、ガラでもないですが、クラシックのコンサートもたまにはいいものですね。堪能しました。


Oct. 4
I went to a classic concert at Suntory Hall in Akasaka.
Before the stage, I drank a glass of Henriot Brut Souverain.
At the rest time, I drank a glass of white wine.
After the concert, I drank Yamazaki single malt 1990 and 1993.

It is a very special thing that I attend to a classic concert with black
tie.

2008年10月 5日

k080801-simonsich-rose-spar.jpg

9月ある日の晩ご飯。ワインは、シモンシッヒ ブリュット ロゼ 06 ¥2500.お食事は、焼き厚揚げ、ナスのピリ辛みそ炒め、きゅうりの浅漬け、玉ねぎとわかめのお味噌汁、黒米入り玄米。ワインは、南アフリカ ステレンボッシュ産。ピノタージュ 77%、ピノムニエ 18%、ピノノワール 5%でシャンパーニュ方式のスパークリング。珍しいブレンドですが、メリハリのある味わいで、程よい果実味とキレのあるバランスの良いワイン。淡いサーモンピンクの色合いも美しく、泡立ちも細かい本格派!

2008年10月 5日

10/4 (土)
今日は休肝日。

続きをみる

2008年10月 4日

10/3 (金)
今日は勉強会でスパークリングワイン、シャンパーニュをいろいろ。他にもいろいろ。

続きをみる

2008年10月 4日

10/3
2日おとなしく寝てたら、だいぶ回復。
これは庭で収獲した自家製無農薬バジル。


P1160149.JPG


で、今日はワイン勉強会の当番です。

続きをみる

2008年10月 4日

10/2
休日。扁桃腺の腫れがひかず、今日は一日おきているとき以外は寝てました。16時間くらい寝たかな?


P1160184.JPG


1本目 ソレイユ 甲州 2007 ¥1575
鈴木さんの甲州は、本当にきちんとしています。はじめは極めてドライ、あとから優しい果実の風味。味わい深い逸品。

2本目 シャトー モンフォコン ガルデット ルージュ 2005 ¥1200
ルディのワインも本当にきちんとしています。骨太で、かつ繊細。やわらかく、かつ飲み応えあり。美味しいです。
シラー50%、サンソー20%、カリニャン20%、ムールヴェドル 10%のブレンド。


Oct. 2

It was a day-off today. I still had a cold. Then I was sleeping all days
long except I am waking up.

1st Soleil Koshu 2007 1575 yen
It is a really decent Koshu. I like it very much. It is one of the most
favorite Koshu for me. Great !

2nd Chateau de Montfaucon Les Gardettes 2005 1200 yen
Oh ! It is really decent Rhone red, as well. It is big and delicate, soft
and strong, easy to drink and very deep.
I like it very much. Delicious !

2008年10月 4日

10/2 (木)
今日のワインはバーマスター人見さんもおすすめのアンリ ボワイヨ ブルゴーニュ ルージュ ’06 ¥2,800。

ヴォルネーで最も古い家柄のひとつであるボワイヨ家の5代目当主アンリ ボワイヨ。自他共に認める完璧、潔癖主義者で仕事は畑でも蔵でも一切の妥協を許しません。
ヤギとは違い、とことん自らに厳しい彼のつくり出すワインは官能的にして緻密で繊細。赤も白も飲むたびにヤギは虜にされてしまいますが、どうやら人見さんも虜にされてしまったようです。
そんなボワイヨの唯一の弱点はよく「吹きこぼれ」を起すこと。ほんのちょっとした温度変化で中身が滲み出してくる、在庫管理泣かせのワインです。
今日の一本もセラーから出して暫らく室温に立てておいたら・・・

ばっちり吹いてしまいました。
まぁこれもこのワインの個性の一つと割り切って、気にしない気にしない。

続きをみる

2008年10月 2日

h081002.jpg

相撲 九州場所で座布団を土俵に投げ入れないように座布団の形を変更するというニュースが飛び込んできた。相撲協会さん、いくつもの問題を抱えながらこんなことに・・・と思うのは僕だけでしょうか。。。

続きをみる

2008年10月 2日

9/29
急に寒くなりました。風邪をひいたようです。喉が痛い。


P1160146.JPG


1本目 ルパラドゥー ブラン 2007 ¥1200
きのうに引き続き、シャトーペスキエのプロデュースするパラドゥーです。白は今回の新入荷から大きなモデルチェンジ。
前のローヌ・ブレンドのヴァンドペイから、南フランスで収穫されたヴィオニエ100%の単一セパージュに切り替わりました。
ドライでミネラル感あふれる味わい。ヴィオニエの強いフルーツ香はひかえめ。食事によくあうスタイルだと思います。おすすめです。ぜひ一度お試しあれ。

2本目 ルパラドゥー コートデュリュベロン 2007 \1200
グルナッシュとシラーのブレンド。最初、微妙に還元臭。すぐに消えてなくなりました。きのうのトリカスタンと比べるとヴィンテージの若さもあってか、溌剌と元気で力強い味わい。飲み応えがあります。さすが、ペスキエ。


9/30 休肝日


10/1 休肝日


Sep. 29
It has become very cold. I seemed to catch a cold.

1st Le Paradou Blanc 2007 1200 yen New arrival
It's style has changed a lot. It was Rhone blend white before. But this new arrival is 100% Viognier from South France.
It is clean, dry and has a lot of minerals. A typical strong fruits flavor of Viognier is moderate. I think this Viognier is good for Japanese foods. I like it very much.

2nd Le Paradou Cotes du Luberon 2007 1200 yen New arrival
It was made from Grenache and Syrah grown in South Rhone. At first, I felt small reductive smell but it soon disappear.
The taste is more vivid, blight and strong than Tricastin I drank yesterday. It is tasty. I always trast Chateau Pesquie.

2008年10月 2日

10/1 (水)
今日のワインはマルキドボーラン メルロ ’07¥750。

おなじみカーヴドリラックスの定番ワイン、マルキドボーラン。
その安ウマぶりは広く世に知れ渡るところですが(?)、カベルネやシラーなど他の品種に比べてちょっと地味な存在に甘んじている感のあるメルロです。
ヤギもうっかり気付かないうちに、おっと、ヴィンテージが替わっていました。

続きをみる

2008年10月 1日

9/30 (火)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる



▲ このページの先頭へ