2008年7月31日

7/30 (水)
今日のワインはヴァンサン リシャール クレレット ド ディ

ヴァンサン リシャールは同地区で5世代続く家族経営のドメーヌ。標高の高い場所に畑を所有するため病虫害が少なく、かねてから農薬の類は使ったことが無いという自然派のワイナリーです。
そんなヴァンサン リシャールのこだわりは“泡”。スティルワインのAOCも認められるエリアでありながら、スパークリングワインのみを作り続けてきました。
クレレット ド ディはローヌ渓谷の東側に位置するAOC。シャンパーニュ製法でつくられ、クレレット種が用いられます。
ややこしいのは「メトド クラシコ アンセストラル」とラベルに表記のあるもの。こちらは同じクレレット ド ディでもミュスカ ブラン種を75%以上用いなければならず、酵母は自然酵母のみ、糖分の添加もせずにブドウの糖分だけで醗酵を行う伝統的製法でつくられます。
また、同じエリアで産される発泡性ワインで使用するブドウ品種が異なるAOC、クレマン ド ディもあり、ますますややこしい・・・。
さて、今日の1本はクレレット種100%のクレレット ド ディ。ややこしくないシンプルなおいしさを期待しつつ・・・

続きをみる

2008年7月31日

7/29 (火)
今日は閉店後にスタッフの勉強会。

続きをみる

2008年7月30日

7/29
今日は水戸です。
ヨークベニマル赤塚店さんで、茨城地区の全酒売り場のマネージャー、ご担当者といっしょに売り場つくりの勉強会。

P1120758.JPG

続きをみる

2008年7月29日

7/28

夜、水戸に入りました。

本格的な北イタリア料理が評判の、オステリア・ラ・リングラツィオさんでディナー。


P1120702.JPG

続きをみる

2008年7月29日

7/28 (月)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2008年7月29日

7/27 (日)
今日のワインはルノー ボワイエ ブルゴーニュ ルージュ ’05 ¥2,100。

ブルゴーニュにおけるビオディナミ先駆者の一人であり、叔父であるティエリー ギュイヨ氏から畑の一部を譲り受けドメーヌを興したのが2005年。叔父に倣いビオディナミを実践、畑に生息する天然酵母だけで醸造を行います。
ルノー28歳での一念発起。そして彼の船出を祝福するかのような良作年、05ヴィンテージ。
もちろんヤギも始めてのテイスティング。楽しみです。

続きをみる

2008年7月29日

h080728.jpg


PC買い換えました。FMV DESKPOWER A50です。すごいなー。めっちゃ速いです。容量も機能も5年前に買ったPCと比べて蟻と象。天と地。日進月歩。携帯電話とかPCとかって身近に感じる科学の進歩です。これぐらのスピードで医療の進歩や地球環境の問題解決がなされればいいのにね。きっとできる!!

続きをみる

2008年7月28日

7/27


P1120695.JPG


先週の木曜日に飲んで、いたく感銘を受けた岩手・大迫町エーデルワインの社長、藤舘さんから「たまたま東京に来ているので、カーヴドリラックスを訪問したい。」との連絡が入り、びっくり。これ、日記のためのヤラセではありません。エーデルワインをご紹介くださったリースリング・リオンを交配した生みの親、湯目先生と営業の佐藤さんと3名でご来店。話に花が咲きました。ご縁です。
さっそく来月から、カーヴドリラックスでエーデルワインの取扱いが、とんとん拍子でまとまりました。
ありがとうございます。

今日は休肝日。


Sep. 27
Surprise !
Mr. Fujidate, the managing director of Edel Wein in Iwate, came to the shop with no appointment.
Accidentally, I drank Edel Wein first time and moved a lot three days ago.

We talked about wine a lot and have decided to start our new business relationship.
It's a small world !

2008年7月27日

7/27
暑い。

お料理当番。

枝豆

P1120689.JPG

続きをみる

2008年7月27日

20080726214609.jpg


大変ご無沙汰。皆様へ。そして自分へ。


今日は久し振り。てんこもりの内容です〜
まずジョギング。ままなかは夏動きます。先々週から走り出しました。
今日は10キロコース。オーバーで約11キロ完走。走行時間65分。
カロリー消費計算のMETS法によると今回の消費カロリーは616キロカロリー!
ジョギングの場合、時速6キロ=4METS。8キロ=8MTS。10キロ=11METSとなるそうです。計算式は『体重×METS数×運動時間=消費カロリー』だそうです。あ、この計算式逆算すると僕の体重が・・。


そして今日は運の良い日です。きっと星座占いも血液型占いも良かったのでしょう!
一つは近所の某一流企業の本部敷地内、貯水場?プールのような水がたっぷり入った大きな水桶にカルガモが泳いでいるのが歩道から見えるのですが、なんとそこにはカワセミが!青い鳥。お腹はオレンジ。とても美しい鳥。実際実物を見るのは人生で2度目。なんと美しい鳥なのだ!感激です。そしてもう一つは花火。自宅のベランダから午後8時頃からバシバシ上がるではないか!多摩川に近いのでどこかの花火大会でしょうね。ラッキー。今夜はダイエットは忘れてカワセミと花火に乾杯!

続きをみる

2008年7月27日

7/26 (土)
今日は休肝日。

続きをみる

2008年7月26日

7/24
ワイン研究家・湯目英郎先生のお招きで、麹町の東京グリンツィング。
オーナーの日本ソムリエ協会名誉会長・熱田貴さんがお出迎えくださいました。

P1120681.JPG

湯目先生にご紹介いただいたワインは、岩手県花巻市大迫町のエーデルワインの自社葡萄園から生まれた 「五月長根葡萄園 リースリングリオン」。 うわさには聞いていましたが、実際飲むのは初めて。

続きをみる

2008年7月26日

7/25 (金)
今日のワインはポール ジャクソン ブルゴーニュ アリゴテ ‘06 ¥2,100。

アンリ ジャクソンにより1946年に創設されたドメーヌ。コートドールの南、コート シャロネーズに約13haの畑を所有し、リュットレゾネでの葡萄栽培を行っています。
現在、ワインづくりを仕切るのは息子のポール ジャクソン。父の代から変わらずにテロワールが表現されたワインは、トゥール ダルジャンやレオン ド リオンといった著名なレストランのリストには欠かせないものとなっています。
雹まじりの真夏の嵐に見舞われた06年。いつにも増して丁寧な畑仕事と細心の醸造が求められたヴィンテージですが・・・

続きをみる

2008年7月26日

7/24 (木)
今日のワインはドメーヌ デ スーリエ マルサンヌ ルーサンヌ ‘02

南仏ラングドック地方のサンシニアンの小さなドメーヌ。ヤギが生まれる以前から有機栽培に取り組んでいる筋金入りの自然派ワイナリー。
丁寧な畑仕事で健全に実ったマルサンヌとルーサンヌ。仕込みはぶどうの力を尊重してクラシカルに行われ、こだわりの熟成を経て蔵出しされた「参りました」の安ウマワインです。
じっくり澱を沈めてから、と思っているうちにタイミングを逸してしまい、店頭の在庫は既になくなってしまいました。
では、澱がまわらないように静かにグラスへと注いで・・・。

続きをみる

2008年7月25日

7/23 (水)
今日のワインはラ ドモワゼル ド ソシアンドマレ ’98

メドックの”スーパーアウトロー”シャトー ソシアンドマレのセカンドラベルです。
「先日テイスティングしたら、すご〜く良かったんで」と、某インポーターの担当さんが暑い中を持ってきてくれました。
さっそく開けてみたのですが、「あれっ?ん〜〜〜〜?もっとバランスが良くて、優しい味わいだったんですけど・・・。ワインって生き物なんですね・・・。」とイマイチ納得の行かない様子。
ヤギ的には10年熟成のラ ドモワゼル ド ソシアンドマレ’98かくありきな、とても満足な香りと味わいなのですが、担当さんは不満げです。
「て、言うか人間も生き物なので、きっと暑い中歩いてきてその時と味覚が違ってしまってるんですよ。いやいや、ほんと、セカンドラベルとは言え、さすがですね。うん、すごく、よいですよ。」とフォローし、ワインを前にソシアンドマレの魅力、熟成を経た98年というヴィンテージの魅力、セカンドラベルとしての魅力を話すヤギ。どっちがセールスなのか分からなくなってきてしまいました。
で、誉めたお礼に残りのワインは頂いた次第です。
ところで「ソシアンドマレ」と聞いて「タカアンドトシ」を連想するのは・・・ヤギだけですね。スミマセン・・・

続きをみる

2008年7月24日


ある日の夕食。野外バーベキュー。

y080720.jpg


ワインは新入荷
シャトー・エリー・スメール レ・ゾルフェーヴル・ヴィニュロン・サント・ヴィクトワール・ロゼ 2006
プロヴァンスのワインは、野外で飲むのにピッタリですね!雑味のないクリーンな味わいで、ミネラル感があり、(よ)好みのロゼです。これは白に近いロゼです。赤に近いロゼが好きな人には軽いかも。
こちらの夏のヴァカンスセットにも入ってます。
気分爽快、ひっかかりのない澄み切った味わいで飲みやすくてグビグビ飲んでいたら、テイスティングコメントをメモるのを忘れました。商品説明のコメントは、薄い記憶をたよりに書きました。プロ意識はありません、ただの飲兵衛です。

2008年7月24日

7/23
地元法人会の会合で、帝国ホテル。

P1120679.JPG

P1120667.JPG


ワインたっぷり用意してありました。さすがは帝国ホテル。
飲み放題でローヌの赤と白。おいぴい。さすがは帝国ホテル。


P1120668.JPG


会合は時間通りに行われました。さすがは定刻ホテル。


Jul. 23
I atteded to a local club party at Imperial Hotel Tokyo.
I drank Rhone red and white. They were nice.

2008年7月23日

7/22
連休明け。私は久しぶりのお休み。
日帰り温泉に行こうと思ってクルマをだしましたが、あまりの暑そうなゆらゆらとした景色に嫌気がさして、途中で引き返しちゃいました。

P1120661.JPG


1本目 アルノー コンビエ サンヴェラン 2005 ¥2000
ブルゴーニュ、ビオロジックの白。熟成とともに厚みが増してきました。よいワインですね。

2本目 ミシェル ピカール ブルゴーニュ ピノノワール 2005 ¥1900
おっと。これ、スクリューキャップなんだ。便利でいいですね。味わいも、とてもバランスがとれていて、欠点は皆無。
この品質で、いまどき2000円を切るブルゴーニュは掉尾解読(ん? なんだ?)
じゃなくて、超お買い得だと思います。
これは、私の輸入ではありませんが、ミシェル・ピカールは個人的に人のつながるワイナリーです。さすがは、わたしつながり。ピカっと光るものがあります。


Jul. 22
It was too hot. I am going to die mostly because of the temperature.

1st Arnaud Combier Saint-Veran 2005 2000 yen
It is a biologique wine from Burgundy. It has become better and better
thanks of a good mature.

2nd Michel Picard Bourgogne Pinot Noir 2005 1900 yen
Oh ! it is a screw cap Burgundy. I like a screw cap very much. It's really
easy to open and keep.
It is a very good-balanced Pinot Noir. It is delicious.
I could not find any fault with this red. The price is super discount, I
think.

2008年7月23日

7/21
ダイエットのつもりで、お昼はざる蕎麦1杯のみ。
その後、寒い店内を出て炎天下、市場調査(?)で大崎あたりを歩いていたら、暑気あたりか、めまいでクラクラ。
血糖値が下がったかと思って、コンビニでキャンディーを買ったつもりが、ノンカロリーガム。
効果なし。動悸、息切れ。


P1120666.JPG

1本目 ベルクール ソーヴィニヨン 2005 ¥1000
新しいロットですが、ヴィンテージは前のまま。熟成から、最初わずかにペトリアム。
個人的には、もう少し酸味が欲しいところですが、普通の人にはこれくらいがちょうど良いかも。

2本目 ベルクール カベルネソーヴィニヨン 2006 ¥1000
こちらは新しいヴィンテージ。前に私の語学力のつたなさから出来ちゃったブルゴーニュ・ボトルから、やっと本来のボルドー・ボトルに切り替わりました。
やっぱ、カベルネは、こっちのボトルですよね。
味わいも、心なしか、前のヴィンテージより、カベルネらしくなっているように感じます。
こりゃ、よいカベルネです。カベルネソーヴィニヨンの味わいの見本のようです。


Jul .21
It was too hot today. I felt a sick.

1st Bellecourt Sauvignon Blanc 2005 1000 yen
We have received a new lot but the vintage is still same.
I felt a slight petroleum nuance at first.
Parsonally, I want more acidity. But normal parson accepts this soft acid, I think.

2nd Bellecourt Cabernet Sauvignon 2006 1000 yen
It is new arrival with new vintage. The bottle shape has changed to Bordeaux from Burgandy that I made mistake to choose.
I prefer to this bottle for Cabernet. I think the quality is also getting better. I am so happy.

2008年7月23日

7/22 (火)
今日は休肝日。

続きをみる

2008年7月22日

7/21 (月)
今日のワインはシャトー カントメルル ’03

メドックの南、グラーヴとの境マコー村に位置するグランクリュ・クラッセ。
1855年の格付けではラフィットから数えて61番目、最後の一行にその名を刻む、地味にして侮り難い個性を秘めたヤギ好みのシャトーです。
40%というメドックとしては高いメルロの作付け比率。加えてマルゴー的ともグラーヴ的とも取れる独特のテロワールゆえか、メドックとしては中性的で早熟なスタイルに通年仕上がります。
猛暑に見舞われた03年。前回の抜栓ではやや焦点の定まっていない”ゆるさ”と”乗り切らない化粧”がちょっと切なげ。「通好み」と言えないスタイルだったものの、内に秘めたしなやかな果実味の芯には紛れも無いカントメルルの個性が感じられました。
「熟成を待て、答えはそこにある!」ヤギ野生の勘がそう訴えてから数年が経過。
さて、どのような味わいを楽しませてくれるでしょう。

続きをみる

2008年7月22日

7/20 (日)
今日のワインはアンコーラ トレッビアーノ ダブルッツォ ’07 ¥850。

ヤギの大好物、”水みたいに”おいしいイタリアワインです。油断すると、こればっかり飲んでワインに対する向上心を無くすので極たまにしか飲むことを許されません。
夏場に”水みたいに”おいしいイタリアワインをおいしく飲むためにはとにかく良く冷やすこと。
傍らに氷をタップリのワインクーラーをお忘れなく!

続きをみる

2008年7月21日

7/19 休肝日 No wine day


7/20
夏のセール初日。まあまあ、の来客。まあまあ。
やっぱ、この暑い中、連休の中日にワイン買いに行こうって奇特な方はそれなりですね。
暑い中、ありがとうございました。


P1120660.JPG

1本目 パイン&ポスト シャルドネ 2007 サンプル試飲
おっと、素直できれいなシャルドネです。おいしいです。アメリカ・ワシントン州から届いたサンプルです。
ワシントン州の、清涼な気候とシャルドネは好相性のようですね。

それにしても、アメリカには首都のワシントン市と、正反対の太平洋側にワシントン州があって紛らわしいですね。
日本に、首都の東京都と、九州に東京県があるようなもの。

そういえば東京都と、大阪市と、札幌市と、さいたま市と、千葉市と、神戸市と、福岡市と、新潟市に、いずれも中央区がありますね。
うーん、紛らわしいですね。なんか芸がないネーミングですよね。
さらに言えば、中央の「央」って中央以外では、ほぼ使わない漢字ですよね。よく見ると変な字。(ちなみに松井 稼頭央は芸名だそうです。)


2本目 パイン&ポスト メルロー 2006
あれま、こりゃ、おいぴい。こりゃうまいぞ。すなおで、なめらかな、甘い果実味がいっぱい。
ラベルも手抜きっぽいし、ほぼ買うつもりのない試飲でしたが、こころが動きます。
あらためてよく見ると、ラベルもシンプルで ”自然っぽく” もあります。
あれま、あっというまに飲んじゃったぞ。。。


Jul. 20
It was the first day of The summer sale of the shop.
We received so, so, customers. It was too hot today...

1st Pine & Post Chardonnay 2007 Sample tasting
Oh ! It is very nice Chardonnay. The taste is very clean. I like this fresh- natural fruits very much.
It is a sample bottle from Washington State, USA.
A cool climate is good for Chardonnay, I have found again.

2nd Pine & Post Merlot 2006 Sample tasting
Oh ! This Merlot is also very good, very nice. It's very delicious !
My first impression for the front label was too flat. But I may be able to see it is very natural.
The quality is so nice.
Before the tasting, I was not going to buy it but my heart may change or not ?

2008年7月20日

7/19 (土)
今日は休肝日。

続きをみる

2008年7月19日

7/18
六本木ヒルズは、グランドハイアット東京のThe French Kitchen Brasserie and Bar で開催された、某ワインパーティーに潜入。


P1120656.JPG


会費も払わずに、高価なワインと豪華な料理を堪能しました。

P1120658.JPG

Jul. 18
I stole into some wine party held at The French Kitchen Brasserie and Bar of Grand Hyatt Tokyo.
I did not pay and enjoyed for very expensive wines and gorgeous foods.

2008年7月19日

7/18 (金)
今日のワインはレ カーヴ ド ラ コロンブ ブルゴーニュ ピノノワール ’06 ¥2,100。

99年に設立された新しいネゴシアンながら既に高い評価を得るに至ったルシアン ルモワンヌ。高評価に伴って、おいそれと手の届かないプライスになってしまったルモワンヌですが、そのオーナー醸造家が手がけるACブルゴーニュがレ カーヴ ド ラ コロンブです。
アウトレットセールで大好評だったシャルドネに続いてピノノワールが入荷しました。
今回は(残念ながら?)ピカピカの新ヴィンテージにつき通常プライスですが、もちろん内容もちゃんと伴って・・・いるはずです。

そして、このあとムシの話しです。
いきなりムシの写真です。

続きをみる

2008年7月19日

7/17 (木)
今日のワインはドメーヌ マビー タヴェル ロゼ ’07 ¥2,200。(7月下旬入荷)

コートデュローヌに60haの畑を所有する、1972年設立のドメーヌ。なかでも20haほどの畑に、樹齢35年以上の葡萄が植えられたタヴェルの畑がマヴィー氏お気に入り。
小石、石灰、砂のテロワールにグルナッシュ、カリニャン、サンソー、ムールヴェドル・・・。品種ごとに熟度を確かめながら丁寧な収穫作業が行われます。
熟成も楽しめる骨太なロゼですが、若飲みの魅力も捨て難いマビーのタヴェル。まずは良く冷やして・・・

続きをみる

2008年7月18日

7/17
ひさしぶりの手巻き寿司。


P1120649.JPG

続きをみる

2008年7月17日

7/16 会津若松です。


P1120646.JPG

続きをみる

2008年7月17日

7/15
郡山経由で夕方、会津若松に入りました。


P1120613.JPG

続きをみる

2008年7月17日

7/16 (水)
今日のワインはシャトー フォンレオー ‘01¥2,200。

リストラックからムーリスにかけて55haの畑を所有するクリュ・ブルジョワシャトー。4割近い高いメルロ比率で若飲みも心地よいフォンレオーですが、熟成して古典的スタイルに仕上がる力も十分に備えています。
7年熟成のオーメドック。飲み頃感に期待大です。

続きをみる

2008年7月16日

7/15 (火)
今日のワインはシャトー オープショー ’01

当主のジャン リュック氏は国の文化遺産にも指定されている13世紀のお城に住む”お殿様”。
その彼が目下傾倒しているのがオーガニックです。その熱い想いが凝縮された葡萄は、アペラシオンこそボルドーACですが熟成して尚しっかりとした味わいを残すワインとなりボトルに詰められます。
オーガニック”お殿様”謹製、カベルネ主体の7年熟成やいかに・・・

続きをみる

2008年7月15日

7月ある日の晩御飯。

y080711vin.jpg


夏のデイリー白ワインセット第3弾
に入れる候補のワインを晩酌に。


お料理は、キノコたっぷり和風パスタ、グリーンサラダ、
野菜たっぷりスープの3品。
y080711.jpg

肉三昧の某氏と正反対な、ヘルシーな食卓です。
でも、どうして肉三昧でもやせているんでしょうか?不思議です。

飲んだワインは
ボデガス・ウガルデ リオハ・ヴィーニャ・セラーダ・ブランコ 2006
うむ、すっきりしてるけど、シャバっと軽いんではなくて、芯がしっかりしてます。キリっと冷やして飲みたい、正に夏向きのワインです。これ、第3弾に採用決定。
お料理にもイヤミなく合います。ごくごく、プハ〜♪

2008年7月15日

7/14 (月)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2008年7月15日

7/13 (日)
今日のワインはシャトー トゥールセギュール ’03¥1,100(375ml)。

暑くなってくると冷やしておいしいさっぱりとしたワインの消費が多くなりがちですが、ふとクラシカルなボルドーが飲みたくなることがあります。
疲れた体がボルドーワインの持つ何か“滋養”のようなものを求めているのでしょうか?

続きをみる

2008年7月15日

7/14
恐れていた季節が、ついにやってきました。
暑さは、私とワインの敵です。これは戦です。(??)

P1120610.JPG

1本目 チェスコン ソーヴィニヨン 2007 ¥1150
フレッシュなワインらしい綺麗に伸びる酸が印象的。レモンやグレープフルーツを思わせる柑橘系の酸です。これは夏向き。
わりとフラットなワインと思いきや、あとから出る出る複雑なボディ。よーく冷やして飲んでみてください。

2本目 チェスコン ラボッソ 2006 ¥1150
夏は冷やして赤ワイン。まずはキリキリに冷やしてみると、最初はかなりライトな印象。
だんだんと温度の上昇とともに、ベリー系のフルーツのニュアンスがじゅくっと出てきます。
おいしいです。


Sep 14
It was very hot. I hate summer.

1st Cescon Sauvignon del Veneto 2007 1150 yen
I was impressed with the long - fresh - beautiful acidity of this white wine.
I felt a nuance of grape fruits or lemon. I think it is very good for summer time.
At first, I thought it is simple wine but gradually it came strongly that big - complex - nice body.
Very good !

2nd Cescon Raboso del Veneto 2006 1150 yen
I drank it with very cool temperature.
Initially, I felt light touch, then very good - complex berry flavor gradually came by the temperature going up.
Delicious ! I recommend all that you should drink red wine with very cool temperature on summer.

2008年7月13日

7/12
東京も暑くなりました。いきなり、かーっときましたね。
今日はサンマ。北海道産の初物です。奮発しました。おいしいです。
もちろん、ハラワタも全部きれいにいただきました。
この時期のサンマは丁寧に漁をするので、ハラワタにウロコが入っていませんね。


P1120562.JPG

P1120563.JPG

1本目 ドメーヌ ボングラン マコンヴィラージュ 2002
ボングランのマコンは別物。濃厚で密のような果実味と深いミネラル感。うーむ、高級ワイン。

2本目 シャトー カントメルル 2001
メドックのグランクリュを自宅で飲むのは珍しい。
このシャトーを最初に設立したのは、お兄さんのカンと、妹のメルルであることはよく知られています。
「カン と メルル」。もちろんウソです。おいしいです。


Jul. 12
It was very hot in Tokyo.
I had Sanma at dinner tonight. It was the first time in this season.

1st Domaine Bongran Macon-Villages 2002
Bongran's Macon is far different with others. It is outstanding.
I was really impressed in the heavy fruits and deep minerals. Excellent !

2nd Chateau Cantemerle 2001
It is not usual that I drink Bordeaux Grand Cru at the home. It was very good.

2008年7月13日

7/11
某外飲み。まずは後藤さんで、でらうま寿司。シャンパーニュに北海道産ワイン。

P1120553.JPG


で、いかない筈だったもう一軒は渋谷のバー、猫八さん。
熊本のエスキーナ・グループのお店です。
思えば、6年前の丸菱さんの展示会に出張のとき、ふらっと立ち寄ったのがそもそもの出会い。


P1120559.JPG

続きをみる

2008年7月13日

7/12 (土)
今日のワインはソメーズ ミシュラン マコンヴィラージュ レ セルトー ’04 ¥2,300。

ヴェルジッソン村の名所、「ロッシュ ド ヴェルジッソン」の丘の中腹に1978年、ドメーヌを興したロジェ ソメーズ。1982年にクリスティーヌ ミシュランと結婚し現在のドメーヌ名となりました。
自然の力を尊重するワインづくりはとにかくまず畑仕事。トラクターなどで土が踏み固められることを嫌う彼は、自らの手をフル稼働し畑を手入れします。これからの季節、マコネの降りそそぐ太陽の下、暑さと戦いながらの作業はきっとすごく大変なんだろうなぁ、と思いってしまいます。

続きをみる

2008年7月12日

7/11 (金)
今日のワインはエミリー ジャンテ ブルゴーニュ アリゴテ ’06 ¥2,100。

ジュヴレシャンベルタンの銘醸蔵、ドメーヌ ジャンテ パンシオ。ドメーヌの現当主ヴァンサン ジャンテの娘、エミリー ジャンテが06年に興したネゴシアンです。
可愛い娘の為にヴァンサンの目が届くよう、醸造はジャンテ パンシオの蔵で行われます。
厳しくも愛情に満ちた父親のアドバイスのもと(?)丁寧に仕込まれたエミリー厳選のアリゴテ。ニュイのテロワールはどのような表情を見せてくれるのでしょう・・・

続きをみる

2008年7月11日

7/10
お食事当番、ひさしぶり。

えだまめ、谷中生姜、マグロ刺身

P1120543.JPG

続きをみる

2008年7月11日

7/9
熊本です。丸菱さんの展示会には、全国からいろいろな食材・設備の専門業者さんがあつまります。
見ているだけで楽しいです。たとえば・・・

ピザ釜専門商社

P1120503.JPG

続きをみる

2008年7月11日

7/10 (木)
今日は休肝日。

続きをみる

2008年7月10日

7/9 (水)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。
そして、焼きとりをいろいろ。

続きをみる

2008年7月10日

お久しぶりです。(よ)です。

夏休みをいただいて、南仏巡りしてきました〜。
帰ってきて久しぶりウチのブログ見てみたら、あの日記が更新されてますね。
カキがデカイですね〜。ワインがハーフボトルに見えます。

y080702cave.jpg

続きをみる

2008年7月10日

7/8 (火)
今日のワインはミッシェル ピカール ブルゴーニュ ピノノワール ’05 ¥1,900。

オスピスドボーヌの大手落札者として、毎年その名があがる大手ネゴシアン、ミッシェル ピカール。大手=大量生産=それなりの・・・の図式を気持ちよく裏切ってくれる丁寧な仕事ぶりと価格設定には、このご時勢頭が下がる思いしきりです。
コートドボーヌとシャロネーズ、樹齢30年以上のピノノワールから仕込まれたACブルゴーニュ。画竜点睛がスクリューキャップというのも潔いです。

続きをみる

2008年7月10日

7/8
熊本です。朝から気温は軽く30度を超えとても暑いです。
今日は丸菱さんの大展示会の初日。

P1120476.JPG


P1120480.JPG


丸菱さんの展示会には毎年九州全域からたくさんの製菓、製パン、外食関連のお客様がおこしになります。

続きをみる

2008年7月 9日

k080318%20TT%20OR.jpg


某月ある日の晩ご飯。ワインは、毎度お馴染みオリオール・ロッセール キュヴェ・エスペショネル ¥1280トートワーズ・クリーク メルロー・カベルネ 2007 ¥1000.お食事は、レンコンの挟み焼き、きんぴらごぼう、ほうれん草の胡麻和え、キムチ、大根のお味噌汁、玄米。ワインが2本並んで、まるで大魔王様と大魔女様の晩ご飯のようですね。トートワーズクリークは久しぶりに飲んだのですが、恐るべし!リラックスワイン。本当においしくて、大満足の1000円ワインです。

2008年7月 8日

7/7
今日から熊本です。


P1120471.JPG

続きをみる

2008年7月 8日

7/7 (月)
今日のワインはノエル ミュスカデ セーヴル エ メーヌ シュル リー ’05

蚊やり→スイカと思いうかんだら、ミュスカデが飲みたくなりました。

続きをみる

2008年7月 8日

k080428%20faivrey%20chablis.jpg

某月ある日の晩ご飯。ワインは、フェヴレイ シャブリ 2006 ¥2200.お食事は、ほうれん草ときのこのパスタ、牡蠣のガーリックソテー、サラダ。牡蠣とシャブリなんて、とってもベタな組み合わせ。夏に牡蠣の写真を載せるなんて季節感ないですね・・・。実際に食べたのは数ヶ月前です。でも、シャブリはこれからの暑い季節にぴったりの、きりっと引き締まった味わいです!

2008年7月 8日

7/6 (日)
今日のワインはダヴィッド デュバン オートコートドニュイ ルージュ ‘06 ¥2,800

1970年に父親がドメーヌを興した翌年に生まれたダヴィッド デュバン。父親の後を継いだ彼は、ブルゴーニュにおける若手醸造家の中でも注目度筆頭株。
その手腕が遺憾なく発揮された、圧巻のオートコートドニュイ‘05に続いて06年が入荷しました。このご時勢に価格は嬉しい据え置きですが、さてその味わいや如何に・・・

続きをみる

2008年7月 7日

k080421%20obuse.jpg

某月ある日の晩ご飯。ワインは、小布施ワイナリー ソガ・ペール・エ・フィス・セパージュ・ヨーロピアン 2006 ¥1780。お食事は、豚肉とキャベツのサッパリポン酢和え、青菜のお浸し、いろいろ野菜の浅漬け。野菜中心のあっさりした和食にぴったりの、優しい味わいのワインです。

2008年7月 7日

7/5
東京は暑いです。湿度も高くてベタベタ。北海道は良かったなあ・・・


P1120457.JPG

1本目 グレイス千歳ワイナリー レシラ ¥1050
ワイナリー売店で購入。ピノノワールのセニエで仕込まれたロゼです。ほのかに甘いチャーミングな味わい。でも飲み応えあり。しっかりとした酸があふれます。うーむ、おいしい。約1000本の限定醸造。

2本目 原茂ワイン 甲州シュールリー 2006 ¥1795
しっかりとしたボディ。ミネラル感としっとりとした果実味。山梨の甲州シュールリーのなかで、いちばん厚みのあるしっかりとしたボディでしょうか。原茂ワイン、相変わらずよいですね。

3本目 J ローアー パッソロブル シラー 2005
これは頂き物。うーむ、濃いけどエレガント。トロリと濃いけど、まったくイヤ味がありません。飲みごたえあり、飲みやすい。これ、とても良いです。


Jun 5
It is very hot in Tokyo. Hokkaido was very cool. I want to be back to Hokkaido.

1st Grace Chitose Winery Resira 1050 yen
I bought this rose at the winery three days ago. It is made from 100 % Pinot Noir.
It is a really charming rose wine with very good acidity. It was delicious. Only 1000 bottles were produced.

2nd Haramo Wine Vintage Koshu Sur Lie 2006 1795 yen
This white has a enough body as mad from Koshu. It also has very good minerals. I think this is one of the best Koshu wines in Yamanashi. Haramo produces only fine wine as usual.

3rd J Lohr Paso Robles Syrah 2005
It is my private stock. It was really full- bodied red wine. It was really concentrated but also very elegant, easy to drink. It is a very good California Syrah. Very good !

2008年7月 6日

7/5 (土)
今日は休肝日。

続きをみる

2008年7月 5日

7/4
北海道訪問の疲れを色濃く残しながらも、某所で外飲み、画像なし。
ソアヴェとシチリアの赤。で、帰宅後、ばたんきゅー。

2008年7月 5日

7/3
札幌です。

P1120284.JPG

札幌の中心地下街、ポールタウンにある「ワインショップ フジヰ」さんに伺いました。

続きをみる

2008年7月 5日

7/4 (金)
今日のワインはシャトー ド ラ マルトロワ ブルゴーニュ ルージュ 06 ¥2,600。

シャサーニュモンラッシェ村を見下ろす15世紀の城館「シャトー ド ラ マルトロワ」。
1940年にダニエル ピカールがこのシャトーを手に入れてドメーヌを立ち上げました。
バタールモンラッシェを筆頭に、赤6.5ha、白8.5haの畑をシャサーニュモンラッシェ村に所有。その畑を切り盛りしワインを醸すのは3代目当主のジャン・ピエール コルニュ。
彼の手腕は特にシャルドネにおいて高い評価を得ていますが、ミネラル感豊かな“しみじみ系”ピノノワールも結構ヤギの好みです。

続きをみる

2008年7月 4日

7/2
午前3時50分に起床。始発の小田急線で羽田へ。朝一便の札幌行きに乗って、朝9時すぎに千歳に到着しました。

P1120201.JPG

続きをみる

2008年7月 4日

7/3 (木)
今日のワインはクロ ルネ ’02

高騰著しいポムロールにあって、比較的(比較的です)庶民的プライスを維持し続けてくれているありがたいシャトー。
80年代からミッシェル ロランにコンサルティングを仰ぎ果実味に凝縮感が加わったものの、クロ ルネの魅力だったブルゴーニュを思わせるしなやかさも健在です。
開花期の天候不順による結実不良に始まり、天候に苦しめられた02年のメルロ。つくり手の力量が問われた右岸ですが、さて5年の熟成を経たクロ ルネや如何に・・・

続きをみる

2008年7月 3日

7/2 (水)
今日は外食。

泡盛をたらふく頂きワインは無し。

続きをみる

2008年7月 3日

7/1 (火)
今日は小瓶に残したワインをいろいろ。

続きをみる

2008年7月 2日

7/1
おお、7月! 今年もすでに半分以上終わったんですね。


P1120196.JPG


1本目 マルキドボーラン グルナッシュ・シラー ロゼ 2007 790円 新入荷
久々の大型新製品の登場です。カーヴドリラックスのベストセラーワイン、マルキドボーランにロゼが登場しました。
地中海にほど近い古都カルカッソンヌ周辺のブドウ園で収獲されたグルナッシュとシラーのブレンド。
淡いきれいなバラ色、味わいはすっきりとした辛口。ほどよい酸味と素直なブドウの果実味が心地よいです。
これ、美味しいです。とっても美味しいです。ぜひ一度お試しください。

2本目 コロレード モリーゼロッソ 200? 1280円
イタリア中部モリーゼ州産の自然派ワイン。モンテプルチアーノ種100%。濃厚で飲み応え十分でありながら、さらっとやさしい味わい。
きわめてキメこまやかなタンニンに驚きます。あっというまに飲み干してしまいました。

明日は午前4時起きで、北海道です。さ、もう寝よっと。

Jul. 1
Oh ! July has come ! SO fast !

1st Marquis de Beau Rond Grenache -Syrah Rose 2007 790 yen New arrival
Rose has come in Marquis de Beau Rond, the best seller wine in Cave de
Re-Lax.
It is made from Grenache and Syrah grown in Languedoc, South France.
I enjoyed first for the beautiful color, rose pink, then I felt very good
acidity and fresh fruits taste.
It was so delicious. I would like to recommend this rose for all strongly.

2nd Colo Molise Rosso 200 1280 yen
This red is made from 100% Montepulciano grown by natural method in Molise,
Italy.
It is full-bodied and very rich, also very soft and mild.
It is really delicious and easy to drink. It is the most of my favorite
style of red wine in this class.
I drank up the bottle very first.
I have to wake up at 4:00 a.m. tomorrow morning and take the first airplane
to Hokkaido.
I am going to go bed soon.

2008年7月 1日

6/30 (月)
今日のワインはフランソワ ミクルスキー ブルゴーニュ オートコートドボーヌ ルージュ ’06 ¥2,800。

先日のアリゴテに続いての入荷です。
なんと言っても白の評価が高いミクルスキーですが、ストラクチャーのしっかりとした骨太なピノノワールも出色のキャラクターです。
ドメーヌを立ち上げる前にはカリフォルニアのカレラ ワイナリー、ジョシュ ジェンセンの元での修行経験もあるミクルスキー。さてクラシカルと評される06年のピノノワールは・・・

続きをみる

2008年7月 1日

メルマガ会員様対象

お買い物 DE ワインプレゼント 当選者発表第6回

・神奈川県 O様
・神奈川県 S様
・埼玉県 N様

がご当選されました。おめでとうございます。

*今回の当選者発表分で抽選は終了となります。ありがとうございました。

*プレゼント企画についての詳細は

>>こちらをご覧下さい



▲ このページの先頭へ