2008年1月31日

1/30
東京は、ひさしぶりに気温が10℃を越えたそうです。そういえば少し暖かかったかな?

P1100159.JPG

1本目 シャトー フォングラーヴ ブラン 2006 ¥1050
セミヨン100%で仕込まれたボルドーの辛口。これはおいしいです。

とっても自然な果実の風味。1000円はお買い得。

2本目 シャトー フォングラーヴ ルージュ 2004 ¥1350
なめらかで、しなやかな本格派ボルドー。
平均樹齢30年のメルロー 90%、カベルネフラン10%を使用しています。
するするっと飲めちゃいます。あっという間に完飲。


Jan. 30
It is the first time that the temperature in Tokyo is over 10℃ in these days.

1st Chateau Fongrave Blanc 2006 1050 yen
It is not an usual dry Bordeaux white, made from 100 % Semillon. It is delicious.

The wine has big natural fruits. I think 1000 yen is very reasonable.


2nd Chateau Fongrave Red 2006 1350 yen
The red is made from 90 % Merlot and 10 % Cabernet Franc from old vines.

It is very elegant, really very elegant. It is also very deep, very deep and complex.

It is also very easy to drink, very delicious.

I drank up whole bottle very quickly.

2008年1月31日

1/29
手巻き寿司。ひさしぶり。


P1100154.JPG


先週ずっと出張だったので、やることがたくさん。いそがぴい。


P1100157.JPG


1本目 ルモワスネ ジヴリー ブラン 1999 ¥2600
ルモワスネは古いヴィンテージがお買い得価格で入手できる貴重なネゴシアン。おいぴい。

2本目 ジェラール ミニュレ ブルゴーニュ ピノ ノワール 2005 ¥2800
ジェラール ミニュレだし、2005年だし、ブルゴーニュAOC でも良いお値段。仕方ないですね。おいぴい。



Jan 29
I was very busy because I had business trips almost all days in last week.
I had a Temaki-sushi tonight.

1st Remoissenet Givry Blanc 1999 2600 yen
I admire the winery has a lot of old vintage wine with reasonable price.
This white is also very good.

2nd Gerard Mugneret Bourgogne Pinot Noir 2005 2800 yen
Our wine buyer says there are two reasons why the price of this Bourgogne
AOC is fine.
One of them is great 2005 vintage, the another one is great Gerard Mugneret.
This red is also very good.

2008年1月31日

1/30 (水)
晴れたり曇ったり。

朝、メールを開いてみるとこんな文章が。
「後は中、有り難うございます!」
アトはナカ?なんの暗号??
あ〜「御発注、有り難うございます!」ですね。
誤変換には注意ですよ。N商店のKさん。


休憩時間は快晴。

ちいさな雲を飛行機が突き抜けて行きました。
近くの郵便ポストにハガキを投函。

北海道旅行が当たる懸賞です。
ヤギ夫妻は「当たる」のとか「ためてもらえる」のとかが結構好きで、マメに応募してはたまに当たっています。
最近ではデパートの催事場でもらったアンケートハガキを応募して、秋田から日本酒が届きました。大物では長野県蓼科高原にある有名旅館のペア宿泊券が当たりました。
「ためてもらう」の方は、現在お茶とコーヒーのクーポンをためています。お茶は10枚たまるともれなく「幸せ」(幸せってなんだぁ?)が送られきます。コーヒーは色々コースがあるのですが、5000ポイントためて「ディズニーシー、ペアでご招待」を狙っています。

現在500ポイント。30代のうちにはたまる予定です。それまでこのキャンペーンやっているのかな・・・。
今日は休肝日。
お待ちかね「アタリだよー!」付きコイケくん。
今回も残念ながらハズレだよー。

次回の休肝日に乞うご期待。メェ〜〜〜。

2008年1月30日

1/29 (火)
くもり→雨。

思い返せばやぎ日記、北海道・旭川にある旭山動物園の話しから始まりました。
そんな親も同然な旭山動物園が、入園料の値上げをめぐり苦渋の決断を迫られているいう話しを耳にしました。大人580円から800円への値上げだそうです。
アザラシや北極熊、ペンギンやオランウータンなど、その生態を活かしたライブな施設で新しい動物園のあり方を提示した旭山動物園。
そんな流れに取り残され、さびしい思いをしている動物たち・・・キリンやサイなど・・・の為に新たなライブ施設を建設したい。それが値上げの理由だそうです。
遠慮なく値上げしてください。外から出かけてゆくヤギ(人間も)にとって、220円は空港でのコーヒー一杯分にも満たない金額です。地元の人は、逆に80円値下げというのも良いことだと思います。
予想もしない動きをしながら、生き生きと活動する動物たちに子供も大人もワクワクしながら一日過ごせて800円は十分に良心的です。カーヴドリラックスの安ウマワインなみに良心的です。

「ペンギンのお散歩道路整備目的」あたりの適当な名目で道路特定財源とかこっそり使っちゃえばいいのに、なんて思ったりもするのですが、そういうこと出来ないところが多分旭山動物園なんだと思います。
あっという間に過ぎてしまった動物園での一日を通して、ヤギは動物園で働く人たちの「正直」さを随所に感じました。「ワイン」と「動物たち」、対象こそ違え何か同じ思いを感じました。
今年も雪解け前にペンギンの散歩を見に行ければな、と思っています。
ガンバレ、旭山動物園!


今日のワインは山梨の中央葡萄酒が北海道は余市でブドウを育て、千歳のワイナリーで仕込みを行うグレイス ピノノワール ’06

透明感の中に落ち着きのあるどこか山葡萄を思わせる色合い。
色調がそのまま移ったような繊細で鮮やかな香り。開花を待つ椿の蕾。
口数の少ない箱入り娘かと思いきや、ボンゴレロッソとマリアージュしてしまうあたり何気にちゃっかり国際派。

心のこもった丁寧な仕事がしのばれるこの1本。北海道のテロワールとピノノワールの可能性がギュッと詰まった感じです。
ガンバレ、日本のピノノワール!ウメェ〜〜〜!

2008年1月29日

h080129.jpg


住所パワーご存知?最近になって知ったのですが実に面白い。文字通り住所のパワーを調べるものですが、独特の分析により、その住所のパワーを数字に表すもの。ちなみに僕ん家の住所パワーは『2449Pt』Bクラスでした。。やや低めで悲しいーけど永住する場所ならこんなぐらいがちょうどいいのかな?って。あとオマケの機能として「この位置から半径1.5km内のコメント」も見逃せませんね。。

続きをみる

2008年1月29日

1/28 (月)
くもり。

曇り空の飛行機雲はなんか寂しそう・・・。
地下鉄の入り口にある地図で動物園を発見。

近所にこんな楽しげなところがあったなんて。でも、おとなが行っても良いのでしょうか?
地下鉄に乗って新宿へ。
大学で上京し、東京での生活を始めてからずっと、なぜか買い物というと新宿です。
池袋で働いていたこともあるし、今住んでいる板橋からだとやっぱり池袋の方が近いのですが、勝手知ったる新宿へと足が向いてしまいます。渋谷や六本木あたりに至ってはここ10年、試飲会以外で足を踏み入れたことすらありません。

今日は器を買ったり、「コテンとならずにちゃんと使える」三脚を買ったりしました。

デパ地下のお肉屋さんで「ぼんじり」を買いました。最近、マイブームな食材です。

ぼんじりは鳥の尻尾部分。ちょびっと飛び出たした突起がチャームポイントのコラーゲンたっぷりなお肉です。
焼き鳥屋さんでは定番な一品ですが、当然のことながら鳥一羽から一つしかとれないので、近所のスーパーなどではあまり見かけない食材です。特別グルメにおいしいという訳でもないのですが、良く動かす部位だからでしょうか、ジミに味わい深く、ちょっと軟骨ちっくなアクセントのある食感が気に入っています。



今日のワインはドミニク ローラン ブルゴーニュ シャルドネ ’05 ¥2,200。(2月上旬入荷予定)

まずは洋梨の強い芳香。追いかけるように柑橘系の香り。
Dローランのイメージからは、ちょっと意外な硬質感に始まり、真ん中あたりに白桃のニュアンス。フィニッシュにかけてのアリゴテちっくなめりはりがぼんじりの焼き鳥にいいかんじ。

ある意味Dローランらしくない、周りへの気遣いを感じさせる(?)まとまりの良いACブルゴーニュ。
なにはともあれウメェ〜〜〜。

2008年1月29日

1/28
新しいノートパソコンを購入しました。
前のノートは、A5サイズであまりに小さく使いづらかったので、今度は思い切ってB4サイズにしたら大きすぎました。
とても大きく重いです。また、失敗しました。。 それにしても Vista はなれないと使いづらいですね。。


P1100152.JPG


1本目 カンヴェンドレル シャルドネ シャレッロ 2005 ¥1050
スペイン・カタルーニャ産のオーガニックの白。自然な果実味としっかりとした酸と、ちょっと煙っぽさがアクセント。

2本目
カンヴェンドレル テンプラリーニョガルナッチャ 2006 ¥1050
こちらもオーガニックのカタルーニャ産の赤。とっても、キメがこまやかで、口当たりがどこまでもなめらかです。
するするっと喉に流れる自然な果実味。うーむ、おいぴい。新ロットからスクリューキャップに変わりました。らくちんです。


Jan. 28
I bought a new note PC. My PC (A5) that I have been using is too small. It is easy to bring but difficult to use.
Then I bought a big one this time, B4 size.
It is too big for me. It is easy to use but hard to bring.

1st Can Vendrell Penedes Chardonnay Xarello 2005 1050 yen
It is an organic wine from Catalunya, Spain. I like this style, natural fruits with clean acidity, very much. A slight smoky flavor adds to complex taste.

2nd Can Vendrell Tempranillo Carnatxa 2006 1050 yen
It is also an organic wine from Catalunya, Spain. I love this very smooth and very mild touch. I enjoyed a lot for very natural and very rich fruits. Fruits, fruits, fruits and fruits. It is delicious. I also like a screw cap. I want to recommend this for all.

2008年1月29日

1/27 (日)
快晴。

どこへ向かう飛行機でしょう・・・。
ブログに貼り付ける写真を撮るようになって、空を見上げることが多くなりました。
もともとヤギの習性もあり、どちらかというと地面を見ながら歩くことが多かったのですが、最近は気が付くと上を見上げています。一緒に歩く奥さんからは「ヨシズミみたい。」と言われます。
改めて見てみると、青空ひとつにも様々な表情があり、空の表情に合わせていつも見慣れているビルや電柱や街路樹が表情を変えてゆきます。
雲が切れて陽がさしたりすると、もう我慢ができません。空を見上げつつ、あちこちキョロキョロと眺めてしまいます。そしてまた「ヨシズミみたい・・・。」と呆れられます。



今日のワインはティエリー ヴィオロ ギュイマール ブルゴーニュ ルージュ レ メゾン デュー ’05 ¥2,800。

グラスに注がれた液体は色素の粒子が見えるようなキメの細かいガーネット。
スミレと砕いた黒胡椒、赤い果実を真ん中にアクセントには土の香り。
雑味を全く感じさせない大吟醸的磨かれた味わい。しなやかさに始まり、充実したエキス感。随所に「土」を感じじさせつつも、まとまりはあくまでエレガント。余韻へと続く伸びのある味わいはポマールよりもポマールっぽい(?)超ACブルゴーニュ。ウメェ〜〜〜!!!

2008年1月28日

1/26
熊本から東京に戻りました。スカイネットアジア航空というヒコーキに初めて乗りました。


P1100134.JPG

1本目 パンゴリン ソーヴィニヨンブラン 07 ¥880 新入荷
南アらしい、青唐辛子の香りがいっぱい。シャープな味わい。おいしいです。

2本目 パンゴリン カベルネソーヴィニヨン 06 \880
うーむ、濃厚。バランスも良し。典型的なニューワールドの上等なカベルネ。ただし、880円。これは極めてお買い得です。


Jan. 26
I returned to Tokyo by Skynet Asia Airways. I took a local Airways first time in Japan.

1st Pangolin Sauvignon Blanc 2007 880 yen New arrival
It is a typical style of Sauvignon Blanc in South Africa, fresh fruits with pepper nuance. Refreshment !

2nd Pangolin Cabernet Sauvignon 2006 880 yen
Heavy and rich ! It is a typical style of a fine new world Cabernet Sauvignon. But this red has extraordinary point. It is only 880 yen ! It's a super bargain.

2008年1月27日

%A3%E8080127.jpg


UFOを見ました。時は1月24日。爆弾低気圧の過ぎ去った澄み切った青空の下、朝8時35分。場所は神奈川県自宅ベランダ。南西の方角。くっきりと白く染まった富士山が見えるその方角に、白く○い物体が浮かんでいます。それを見たときは『カメラ!』と思ったのですが、行動に移せずそれを目で追うこと以外何もできませんでした。徐々に徐々にそれは遠のきます。およそ20秒ぐらいの出来事です。その丸い白い物体は雪が溶けていくように小さく小さく遥か西の彼方へと遠のいていきました。ちなみに朝から酒を飲んだりして幻覚をみたわけではございませんから。寝ぼけてたり夢みたりするほどおとぼけでもございません。飛行機説もあるかもしれませんけど、それらしい音は一切聞こえませんでした。あれは一体何だったのでしょうか!?同じ条件であの物体を見た人募集中です。矢追さん、僕あなたを少し馬鹿にしてたかも知れません。もう二度とあなたのことを鼻で笑いません。もう二度とジュンイチ呼ばりしません。僕もできるかぎり空を見上げることにします。おっと、これを書いているのは真夜中。今は酒がまわっています。。
でも「あれ」本当に何だったんだろう・・・・・


今日は久々お料理参加(奥さんと一緒に作ります)。昨晩の「チューボーですよ」で影響受けて、わたり蟹のパスタを作りました。これ激旨!写真は盛り付け途中。後からソースが乗ってパスタもさらに盛られます。。今度もう一度作って同じく美味しくできたらレシピ公開しますね♪

2008年1月27日

1/25
福岡から熊本へ移動しました。

P1100080.JPG

今日は、カーヴドリラックス・ワインの九州一円の販売代理店、食材卸商社「丸菱」さんの営業スタッフの皆さんにお集まりいただきワイン講習会を実施しました。

P1100092.JPG

たっぷり5時間、試飲も含めたワインのお勉強をみっちり行いました。

P1100090.JPG


一度に五時間も勉強するのは大変ですね。お話をした私もたいへんでした。
ああ、おつかれさま。

お勉強のご褒美にセミナー終了後は、みんなでディナー。


P1100096.JPG


水道町のイタリアン、トラットリア・ロッソさんに伺いました。
オーナーシェフの浦田さんが腕を振るってくださったお料理はどれもとっても美味でした。
熊本ならではの馬刺のカルパッチョ(舌にとろけます)

P1100100.JPG

ピザ・パスタは抜群。

P1100106.JPG


ヒラメに子羊、美味の嵐。。

P1100113.JPG


P1100098.JPG

P1100118.JPG


ああ、大満足。
やっぱりワインは、美味しい料理があってナンボですね。勉強するものじゃなくっ
て、楽しむものですね。と、先生の立場をわきまえぬ発言。

P1100125.JPG


浦田さん、ご馳走様でした。丸菱のみなさん、今日は一日ありがとうございました。
ああ、熊本、よかとこね。

あ、川辺さん、大変ご馳走様でした。良いお店にお連れいただきありがとうございま
した。
??


Jan. 25
I move to Kumamoto from Fukuoka.
I held a wine seminar for staff of Marubishi, one of the biggest hotel &
restaurant suppliers in Kyushu, Cave de Re-Lax wine sales agent.
I lectured about wine sales and had a wine tasting. It took over five hours.
Every attendant study hard and was tired a lot, me too.

After the seminar, we had a nice dinner at Trattoria Rosso in Kumamoto.
All of us enjoyed very nice dishes and fine wines.
I like drink wine with good foods better far than study wine.

2008年1月27日

1/26 (土)
くもり→晴れ。

朝食で食べた立派なイチゴちゃん。

こう原油が高いと、おっきくて甘いイチゴをつくるのもきっと大変なんだろうと思います。
そんなイチゴちゃんのビニールハウスとは対照的に、カーヴドリラックスは今日もかなりの冷え込みです。荷受けをする手がかじかみます。
外が寒いのは冬なのだから仕方ありませんが、カーヴドリラックスは店内もバックヤードもパソコンのある事務所も寒い。とにかく寒い。出勤してタイムカードを押したら最後、「暖」とは無縁な職場での仕事です。
北関東の北部、中学校で習った「ケッペンの気候区分」では亜寒帯気候にはいる黒磯に生まれながら、もともと冷え性のヤギはとにかく寒いのが苦手。ワインのことを思えばこそなんとか耐え忍んでいます。
ためしに今日のパソコン周辺温度を計ってみると・・・

14℃をやや下回っています。
ワインの保管には理想的な環境といえますが、そこで働くヤギ(人間も)にはやはり低すぎる温度です。
すこし良い赤ワインを開けるにもちょっと低すぎます。シャンブレ(抜栓前にあらかじめセラーからワインを出してきて、室温・・・人が生活をしていて快適な温度・・・になじませる)が必要な温度です。
カーヴドリラックスほどではないにせよ、家に保管してあるワインも冬場は思いのほか冷たくなっているものです。
白ワインにはありがたいのですが、今日は赤ワインを開けようかな、と思い立ったら「シャンブレ」のことを思い出してみて下さい。楽しみにしていたとっておきの赤ワインが、「香りがしなかったり」、「すっぱかったり」、「しぶかったり」、「にがかったり」はたまた「味もそっけもなかったり」したら冷えすぎかも知れません。
そんな時は白ワインを冷やす要領で、ワインクーラーにぬるま湯を張ったところにボトルを漬けてみて下さい。待つことしばし。そろそろ良いかな、とグラスに注ぐと、以外なほどワインが「開き」香りにも味わいにもニュアンスがでてきてたりするものです。
その昔、すきま風が入り込むおんぼろアパートでデキャンタしたマルゴーを「ちょぽん」と湯せんし、飲み頃を待つ間に銭湯へ行って温まってきたことを思い出します。・・・あなたはもぅ忘れたかしらぁ♪


今日はまた焼き肉が無性に食べたくなり、近所の炭火焼き肉屋さんへ。

ワインはいつものこれ。

こういうカジュアルなワインは「裏の倉庫から今、取ってきました」的な温度がいい感じ。
もうもうと煙りが立ち込める中の焼き肉とサッポロポレール生葡萄酒、ウメェ〜〜〜!

2008年1月26日

1/24
今日は福岡です。飛行機は良くゆれました。


P1100015.JPG

西中洲の超繁盛フレンチ La Maison de la Nature Goh さんでワイン会です。

続きをみる

2008年1月26日

1/25 (金)
晴れ。

飲みすぎた翌日はヤギ、オジサンくさいんだそうです。
ワイン1本くらいまでならおじさん臭が出ることはなようですが、勉強会でついはりきってしまったり、次の日が休みとかでついつい飲みすぎると、翌日てきめんに「オジサンくさい」と言われてしまいます。
自覚できる臭気ではないので、どんなふうににおっているのかイマイチぴんと来ないのですが、まあオジサン臭いんだろうと推察します。
大魔王は一日2本のペースでボトルを開けているのにオジサン臭くならないのですからさすがです。常人ではありません。
ヤギももうオジサンなんだから仕方ないだろうと諦めることもできますが、スーツの似合うオヤジでいたいと思う気持ちもあり、飲みすぎないよう心がけています。


今日は仕上がったスーツを受け取りに新宿へ。

かっこいいスーツを見るにつけ、オジサンくさくなってなんかいられない、という気持ちになります。

裏地がまたカッコ良いです。
河童のお猪口も買いました。

河童のお猪口で日本酒、には「ぼんじり」。

ウメェ〜〜〜!



今日のワインはノストラーダ テンプラニーリョ ’06

これからはじまる晩ご飯をワクワクさせてくれるクリスピーな香り。
余計なものは何もなく、一日の終わりに、「ほっ」と力が抜けていくシンプルなおいしさ。
スペインバルの気取らない雰囲気をそのままボトルに詰めたような、幸せいっぱいの750円。ヤギの「ツボ」です。
餃子も喜ぶおいしさについついグラスが進みます。おっと、飲みすぎ注意、注意。ウメェ〜〜〜!

2008年1月26日

真冬の(よ)のベランダガーデン

y080124rose.jpg


秋に買ってきたバラの苗です。どこに植えるか悩み中なのでそのままベランダに置いていますが、ベランダの日当たりがあまりによいので、真冬に開花したようです♪

植物の変化や成長には、人間も元気をもらえる気がします。

2008年1月26日

1/24 (木)
晴れ。

今朝、朝食を作っていた奥さんは、使い終った包丁を冷蔵庫に仕舞おうとしていました。
ちなみにヤギは昨日、、買ってきたチーズを冷蔵庫に仕舞おうとしてメガネケースを仕舞いそうになりました。二人の行く末が心配です。
心配といえば、落ち着く気配が一向に見えないボルドーグランヴァンの価格が、いったいどこまで上がってしまうのか心底心配です。
カーヴドリラックスの店頭からも、「正直」な値付けをされ並んでいたラトゥールやマルゴーは完全に姿を消しました。もうヤギの仕入れ努力の範疇をはるかに越えてしまっていて、手も足も出ないのが本音ですが、5大シャトーが無いワインショップというのも夢が無く味気ないものです。
現時点での精一杯の正直さをもって仕入れ、値付けしたラトゥールやマルゴーが間もなく入荷します。
シャトー ラトゥール ’88 ¥90,000
シャトー マルゴー ’98 ¥74,000
シャトー マルゴー ’01 ¥62,000
シャトー オーブリオン ’93 ¥42,000
決してどさくさにまぎれて儲けようとしているわけではありません・・・。

ペトリュスがいっぱい・・・ミニチュアのマグネットですけど・・・


今日のワインはデュブルイユ フォンテーヌ ペルナンヴェルジュレス クロ ベルテ ’04

津軽の真鴨に合わせてグランヴァンです。
色調は深く、スパイシーな黒い果実とミネラルをイメージさせる香り。土のニュアンスも。
’04のクラシカルさとペルナンらしいミネラルのストラクチャーを、解きほぐされた滑らかな果実味がコーティングする絶妙なバランス。
旨いブルゴーニュを飲んでる感に満たされる、滋味あふれる充実した味わい。旨味の凝縮した鴨鍋との相性は見事!う〜ん、ウメェ〜〜〜!

2008年1月24日

最近ゴブサタしております。(よ)です。
何故最近ゴブサタかというと、飲んでるワインがオリオールばかりだからです。
しょっちゅう「今日はオリオールを飲みました」とブログを書くと、なんだかヤラセのような日記と思われてしまいそうなので、止めておりました。いや、更新してない言い訳ではございません。。

y080123ika.jpg

イカとしめじのソテー


y080123jaga.jpg
肉なしの肉じゃが(つまり「じゃが」?)

ワインは
フランソワ・ピノン ヴーヴレイ・キュヴェ・トラディション 2005
Francois Pinon Vouvray Cuvee Tradition

1月末まで開催の、「実店舗9周年便乗セール 69品ポイント9倍」の対象アイテムです。(←宣伝♪)

熟したリンゴの香り、酒かすを思わせる風味。力強さのある、やや甘口のヴーヴレイ。和食にも合います♪グビグビ飲んじゃいましたv

2008年1月24日

1/23(水)
雪→雨。

朝カーテンを開けると雪でした。
カーテンを開けて雨が降っていいると多少の差こそあれ憂鬱な気分になりますが、雪だといい歳をして妙にワクワクしてしまいます。
水滴のまま降ってくるのか、ちょっとシャーベット状なのかの違いなのに変なものです。
連日大盛況の9周年セールも、そんなお天気のせいもあり今日は小休止。
ヤギの肝臓も小休止の日です。
前回の休肝日では、コイケくんを買わなかったが為に金縛りでひどい目にあったので(?)、今日は前もって準備しておきました。今日のはいつもとちょっとパッケージが違います。
カーヴドリラックスは9周年ですが、コイケくんは50周年だそうです。
スゴイぞ、コイケくん。

そんなめでたいコイケくん、「アタリだよー!」が出たらいろいろスナック詰め合わせと「たのしいおまけをくれるそうです。「たのしいおまけ」ってなんだろう。すごく気になります。
今回は残念ながら「アタリだよー!」無し。あぁ、次の休肝日が待ち遠しい?メェ〜〜〜。

2008年1月23日

1/22
須賀川へ移動。

P1100006.JPG


2月1日に新しくオープンするヨークベニマル・メガステージ須賀川南店さんを訪問。

P1100010.JPG

陳列のお手伝いというか、お邪魔虫。


P1100007.JPG


P1100009.JPG


いやいや、きちんと商談とか、お仕事ももしてるんですよ。いや、ほんと。
東京へ戻り、遅くに帰宅。


P1100012.JPG

1本目 マルキドボーラン ソーヴィニヨンブラン 2006 ¥750
いやあ、良くなってます。シンプルで極めて真っ当な白ワイン。おいしいなあ!

2本目 ロス アルボリトス カベルネソーヴィニヨン 2006 ¥950
これも1000円を切るワインとはとても思えません。本格的なチリのカベルネソーヴィニヨン。最近のイチオシ!


Jan. 22
I moved to Sukagawa and visited at York Benimaru Mega-Stage Sukagawa Minami, which is a new store will be open on 1st February. I supported a wine display and had a meeting with staff there.
Then I went back to Tokyo late night.

1st Marquis de Beau Rond Sauvignon Blanc 2006 750 yen
I love this white, a simple wine but really nice. One of the best daily wines for me.

2nd Los Arbolitos Cabernet Sauvignon 2006 950 yen
I could not believe that this high quality Chilean red wine is under 1000 yen. It is a really rich, good-balanced Cabernet. One of the best red wine for me recently.

2008年1月23日

1/22(火)
くもり。

連休2日目。午前中から品川へ試飲会に出かけてきました。
ワイン以外にも、日本酒、焼酎、ビール、ウイスキーetc・・・古今東西の酒という酒が一堂に会する大きな試飲・商談会です。
この会の特筆すべきは、テイスティングしたワイン(その他のお酒も)を吐き出す吐器がほとんど見当たらないこと。つまり注がれた酒はきっちり飲み干すのが暗黙のルールなようで、試飲・商談会と銘打ちつつ、その実昼間っから酔っ払いオヤジ続出の大笑談会です。
初めて出向いた時には面食らいましたが、もう慣れました。郷に入りては郷にしたがえ。ヤギもテイスティングの後はグイグイ飲み干します。知った顔も多く、目が合えばスルーするわけにも行かず、ブースからブースへはしご酒、気がつけばいいかんじほろ酔いです。
いつもの試飲会では小難しい顔でテイスティングしているので、仕事が休みの日に出かけるこういう「試飲会」も楽しいものです。
〆はサントリーウイスキー「山崎」と「白州」の比較試飲。ふ〜、飲んだ飲んだ・・・。


今日のワインはミッシェル グロ ブルゴーニュ アリゴテ ’06 ¥2,100。

とても艶のある黄色い香り。真ん中にグレープフルーツ。
肉付きの良い、熟したブドウの果実味がたっぷり。中盤を引き締めるミネラル感。アフターにかけてはすだちを連想させる「おまけ」がギューッ。
これはこれは、いやはやなんとも。鍋の季節にもってこい。めずらしいだけじゃなくて、内容充実、さすがはM・グロ的なブルゴーニュ アリゴテ。ウメェ〜〜〜!!!

2008年1月22日

1/21(月)
くもり。

今日は「大寒」。暦通り寒い一日でした。
お隣さんに赤ちゃんが生まれました。休みで家にいると、すごく元気な泣き声が聞こえてきます。ヤギも負けずに鳴いてみます。メェ〜〜〜!
冗談はさておき、赤ちゃんを抱いたお母さんが「そば」をすすると、赤ちゃんは泣き止むって知っていました?
私は今日知りました。理由はそばをすする音が、まだお腹の中にいた頃の血流の音に似ているからではないかと「推察される」のだそうです。ちなみにそばでも「もりそば」の方が効果的で、汁ダクの「かけそば」だと効果イマイチなのだそうです。
でも、赤ちゃんが泣きだすたびにもりそばを食べていたら、いくらそばとはいえお母さん太っちゃいますよね。
そばをすする音をリアルに再現するグッズとか作ったら、結構売れちゃったりするのでしょうか。そうなると「夜泣き、疳の虫に」の宇津救命丸とかちょっとピンチです。

続きをみる

2008年1月22日

1/20(日)
晴れ。

昨晩はとても寝苦しく、金縛りにまであいました。
学生時代、部活動ですごく疲れた時とかによく金縛りなってましたが、大人になってからすっかり忘れていた感覚です。
ヤギは霊感とかとんと疎いので、金縛りがそっち的にどういうものなのかイマイチ分からないのですが、かなり不快で疲れる状況に陥るということは断言できます。ヨッシーに言わせると、ヤギはどちらかというとMなのだそうですが、こういう縛られ方はごめんです。
きっと昨日、コイケくん食べずに寝てしまったせいです。


空気が澄んでピリッとした冬の朝。

今日から9周年セール。
今回もたくさんのお客様にご来店頂きました。
おかげさまで9周年。本当にありがとうございます。
ヤギもなんだかハイテンションでがんばっちゃいました。がんばったご褒美は明日からの2連休。休肝日明け、今日は何飲もうかなとウキウキ、ワクワク。あと10分で「お疲れ様でした」のタイミングで取った電話は悲しい電話でした。
今日のセールで買ったワインを開けてみたのだけれど味がおかしい、という電話でした。きっとこれから晩ご飯で、楽しみに開けて頂いた1本だと思います。
ちょっと古いブルゴーニュ。真面目な生産者が選んだ、蔵出しの古酒です。
勉強会や試飲会でテイスティングして、こういうきれいに熟成した、しみじみおいしいブルゴーニュをぜひ味わって頂きたいと今回のセールに合わせ仕入れたワインでした。でも結果は開けてがっかりの1本が混じっていました。1本じゃなくて2本かも知れないし、たまたまヤギがテイスティングしたボトルが良かっただけかも知れなくて・・・かなりへこみました。切なくなりました。

続きをみる

2008年1月22日

1/21
久しぶりのお泊り出張で郡山。

P1100004.JPG


某新年会。福島ならではの新鮮な海の幸等を満喫しました。

P1090999.JPG


デカンタの白ワインと赤ワインを大量に摂取。酔っ払ってあちこちに電話をしました。
お電話がかかってしまったみなさん、夜遅くお電話をしてすみませんでした。
さぞやご迷惑だったことでしょう。みんな、この体の大きな人がいけないんです。


P1100003.JPG

名前は菅野です。


Jan. 21
I moved to Kooriyama by Shinkanse at night and had a Shinnenkai party with friends there.
I had really nice local seafoods and drank a lot of house wine by decanter.
Then we got to be drunker and call to many people by mobile.
I am sorry to trouble them. He was the worst,named Mr. Kanno.

2008年1月21日

1/21
9周年セール初日。予想を上回る大盛況でした。ありがたいことです。
ひとくちに9周年といいますが、9年といえば親も同然。ありがたいことです。


P1090996.JPG

1本目 バイエルン・マイスタービール
9年前に小学生だった息子も、すでに20歳。で、私が楽しみにとっておいた地ビールを勝手にあけて飲んでいます。おい、それ、オレのだよ。全部飲むなよ。おっと、おいしいです。こくのあるワインのようなビールですね。OGNさん、ごちそうさまです。

2本目 レオートヴァレ シャルドネ 2006 \1050
お買い得感、おそらく NO.1 の南仏のビオロジックワイン。きれいな果実味、ミネラル。この価格では信じられないような品質です。2007年は収穫量が異常に少なく、本日ワイナリーから約30% の値上げの連絡がありました。うーん、しょうがないかなあ。。この品質だもんなああ。

3本目 ドメーヌ シガリエール シラー 2006 ¥1050
これも、この価格では信じられないほど高品質な南仏のビオロジックワイン。これ、本当においしいです。いやみのないシラーの芳醇な果実味があふれます。ここからは、まだ値上の話は来てません。お願いだああ。上げないでえええ。


Jan. 21
It was the first day of the 9th anniversary sales of my shop. We received a lot of customers. Thank you very much !

1st Bayern Meister Beer
I was gifted this local Japanese beer. Very good !

2nd Les Hautes Ballees Chardonny 2006 1050 yen
It is a 100% organic white wine from South France. It is a really outstanding cost performance. Very good !

3rd Domaine de la Cigaliere Syrah 2006 1050 yen
It is a 100% organic red wine from South France. It is a really outstanding cost performance. Very good !

2008年1月20日

11/19
風邪がまだくすぶっております。


P1090994.JPG

1本目 カーヴ ドラ ロワール ボンヌゾー 1987 ¥4500
今日はすき焼き。すき焼きに貴腐ワインの古酒をあわせてみようと思いつき抜栓。おお! わたしってば天才?
これ合います。ぴたんこです。まず、20年熟成とはとても思えない驚くべきフレッシュな酸のヴォリューム。
酸味と絶妙なバランスをみせる蜜の香りと上品な甘み。すき焼きちゃんのお肉にぴったり。うーむ。

2本目 サンコム コートデュローヌ 2006 ¥1580
高級甘口のワインのあとってことと、おととい同じサンコムのサンジョセフをあけたばかりなので、ついつい比べるとさすがに舌にもたつき感がありますが、そんな贅沢な批評はワタシらしくもない。ちょっと飲み進めば、ローヌのたっぷりとした量感に満足。これはシラー100%のAOC CdR。けっこう珍しいですよね。


Nov. 19
I have still kept a cold, feel so bad.

1st Les Caves de la Loire Bonnezeaux 1987 4500 yen
I had a Sukiyaki party tonigt to celebrate my son's coming-of-age. Then I opened a same age wine with my son.
It is a "pourriture noble" from Loire. I was surprised at this big volume fresh acidity. It is still very young.
I enjoyed a lot a very good harmony of sweet honey flavor and acidity. It was really good for Sukiyaki.

2nd Saint Cosme Cotes du Rhone Rouge 2006 1580 yen
I thought it was difficult to drink any red wines after a "portraiture noble". But it is OK. At first, I felt something different but it got be better and better. I liked very much for a big structure of this Rhone. It was also very good for Sukiyaki.

2008年1月20日

1/19
晴れ。

明日からの9周年セールに備え、店内のレイアウトをちょっと変更しました。
今回のセールはこれまでに前例のない、グランヴァン99アイテム(’99オープンの9周年にかけてみました)一挙放出なので、普通に並べると外堀通りまではみ出すことになってしまいます。通常の棚を移動し、イベントスペースを拡げました。
閉店後、99アイテムを並べます。結構大変な作業ですが、並べ終えてみるとなかなか壮観な眺めです。

まるでワインショップみたいです。

続きをみる

2008年1月19日

1/18(金)
くもり。

夕方近くになって晴れ。

勉強会の料理に使う日本酒を買い忘れ、近所の非大手チェーンのコンビニで「ワンカップ大関」を買いました。
他に客のいない昼下がりの店内で品出しをしていた店員さんが、とっとっとっとっと走ってきてレジを打ってくれました。
「あたためますか?」
考え事をしていたので・・・今日の出汁に入れる日本酒は大さじ3、いやもうちょっとかな・・・さらっと断ってしまったのですが、店を出てからふと思い出し「えっ?あたためますか??ワンカップを???」。
たしかに「あたためますか?」と聞こえたのですが聞き間違えでしょうか。
ワンカップのラベルには、こんな注意書きがあるくらいですから、

なる程、今日のような寒い日に、レジでのお燗サービスが絶対にないとは言い切れません。
ヤギが寒そうにしていたので、気を使ってくれたのでしょうか。それとも私が知らないだけで、コンビニのお燗サービスは当たり前に行われているサービスなのでしょうか。
謎です。
ところで、ワンカップはなぜ「大関」止まりなのでしょう?純米大吟醸のワンカップ「横綱」とか、逆に超合成酒のワンカップ「小結」とかあっても楽しそうなのですが。
そんなワンカップ大関は閉店後の勉強会で鴨鍋に風味を添えました。
勉強会のテーマは北米、南米。鴨鍋はカリフォルニアのテレ ルージュ ノワール’99¥4,000と。

ちょい熟ローヌブレンドが津軽の真鴨といいかんじ。ウメェ〜〜〜!

2008年1月18日

1/17
寒い、寒い。うーん、寒い。体調は、またどうもいけてません。

P1090993.JPG


1本目 シャトー・ド・モンフォコン コンテス・マドレーヌ・ブラン 2006 ¥2000
丁寧な樽熟成、樽発酵からくる重厚なボディ。ミネラルもいっぱい。まるでモンラッシェを思わせるというといいすぎでしょうか?
古木のヴィオニエ40%、 マルサンヌ 30%、 ブールブラン15%、 クレレット15% のブレンド。

2本目 サン・コム サン・ジョセフ 2004 ¥3500
北部ローヌのシラー100%で仕込まれた赤。ご近所のコートロティやエルミタージュと比べると名前は地味ですが、その分掘り出し物がでてきます。
ルイの仕込むこれ、濃厚・芳醇でありながらデリケート、複雑で奥行きの深い味わいです。


Jan. 17
I was very , very cold in Tokyo today. I felt bad.

1st Chateau de Montfaucon Cotes du Rhone Blanc Comtesse Madeleine 2006 2000 yen
Rudi often produces a surprised quality wine. It is that. Using fine grapes from old vine, Viognier, Marsanne, Bourboulenc and Clairette.
It is a great wine with a really big structure, very rich complex fruits and elegant nuance from fermenting and maturing in a oak cask. I also felt a really fine minerals.
I am wondering I can say that it is like a Le Montrachet.

2nd Saint Cosme Saint-Joseph 2004 3500 yen
Sanit-Josepf is not so famous compared with Cote Rotie or Hermitage, neighbor vineyards.
That why you can often find a good cost performance wine here. It is that !
It is rich, deep, complex and concentrated. It is also soft, elegant, delicate and sophisticated.
It is a really fine Rhone.

2008年1月18日

1/17(木)
晴れ。

休日の朝は結露との戦いから始まります。

きれいに拭き取っても、また夕方には結露してしまうのですが、放っておくとポタポタ音をたてながら降ってきて床にシミをつくります。
今まで結露に悩まされたことなど一度もなかったのですが、今回の部屋は見事なまでに結露します。
マンションのつくりに問題があるのか、はたまた板橋のテロワールによるものなのか。何か良い対策はないものでしょうか。


午後、試飲会で渋谷へ。
やあやあ、ハチ公久しぶり。今日は寒いね。

続きをみる

2008年1月17日

1/16(水)
晴れ。

年が明けてもグランヴァンの価格上昇が止まりません。
特に所謂5大シャトーの価格高騰ぶりには目を疑います。取り引きのあるインポーターの在庫をあたり、今日現在最も安く仕入れられるシャトー ラトゥールは99年。カーヴドリラックスでの想定店頭売価は¥68,000(!!)です。
¥68,000と言ったら、週末に夫婦で小田急ロマンスカーに乗って、ロマンス弁当(というのが本当にあります。)を食べながら箱根に行き、温泉旅館でのんびりしながら美味しいものを食べてこれる金額です。
いやはや、なんとも・・・。どんなに覚悟を決めて、清水の舞台から飛び降りようとしても、もうヤギには手が届きません。

続きをみる

2008年1月17日

1/16

久しぶりにお医者さんに行って、抗生剤を飲んだら風邪は一気に快方に向かいました。って、体調が悪いとこの日記もつまんないですね。出歩けないし、ワイン飲めないし。。
ペログビ闘病日記に名前を変えなくちゃいけないかな? ドットコム店のセットも、ペログビ闘病セットとか。体温計、血圧計、湯たんぽ、氷枕とかが入ったヤツ・・・どうよ?


P1090990.JPG

1本目 アンコーラ トレビアーノ ダブルッツォ 2006 ¥800
実は昨日抜きました。全然飲みたくなくって、一口だけ飲んで赤にいったんです。スクリューキャップは飲み残した時も便利ですね。今日は、すごーく美味しい。素直でフェレッシュな果実味があふれます。すっきりと飲みやすい。良いわ。

2本目 アンコーラ サンジェベーゼ 2006 ¥800
きのうと一変して、すごーく美味しい。同じワインなのにこうも感じ方が違うんですね。
ワインが美味しいか美味しくないかの一番の要素は、飲み手の体調かもしれません。いや、これ、ほんと。


Jan. 16
I went to a doctor and had a medicine. Then I got be better drastically. Oh ! Recently, my wine diary is like a sickness diary.

1st Ancora Trebbiano d’Abruzzo 2006
Actually, I opened this white wine yesterday. But I could not drink because of the bad health. The screw cap is very convenience to keep a left bottle. It is very good for me today, very fresh and fruity.

2nd Ancora Sangiovese Rosso 2006
I didn't feel it very good yesterday but it is really nice, very good for me today. I think the first fact that decide a good wine or not a good wine may be the health of the drinker.

2008年1月16日

1/15
朝から体調がすぐれません。しかしながら風邪はこの間ひいたばかりなので、またひくことは無いという仮説をたてました。

よって、

風邪では無いが、やや喉が痛い。
風邪では無いが、咳が出る。
風邪では無いが、鼻づまり。
風邪では無いが、体がだるい。
風邪では無いが、頭が重い。
風邪では無いが、熱っぽい。

といった感じの一日。
ワインは南イタリアから入荷の、アンコーラ サンジョベーゼ 06 ¥800 。
スクリューキャップのお手軽さがうれしいです。美味しいはずです。邪魔な味の無い果実味主体。よいはずです。


P1090985.JPG


しかし、どうしたことでしょう。全然飲みがすすみません。飲みたくないんです。体がだるくてしかたがありません。
熱があるようです。頭も痛くなってきました。半分も飲まないうちに寝ることにしました。
一晩中、いやな夢にうなされました。やっぱ、風邪だわ、こりゃ。


Jan. 15
I didn't want to believe that I had caught a cold. I tried not to think that I caught a cold. I thought I was fine but I felt very bad.
At last I have to find I have caught a cold.

1st Ancora Sangiovese Rosso 2006 800 yen
I was surprised that I don't want to drink wine even though I tried to drink this very easy to drink Italian red.
I could not drink half of the bottle.
I found I was in very serious situation.

2008年1月16日

1/15(火)
くもり→晴れ。

腰が痛みます。
レベル3です。
ままなかさんの腰が快方に向かい出したと思ったら、今度はヤギの腰。カーヴドリラックス腰痛リレーです。
20日からのセール準備が始まり、狭いバックヤードでのハードでワイルド(?)な在庫整理が効いたようです。腰をかばいつつ作業したせいで腹筋も筋肉痛です。ワインショップにも専属のトレーナーがいるといいのにな、と常々思います。
今日は休日なのでシップを貼って養生します。
散歩もほどほどに・・・

続きをみる

2008年1月16日

1/14(月)
くもり。

成人式。
新成人の皆様、おめでとうございます。めくるめくワインの世界へようこそ!


閉店後、今年最初の勉強会。
さっそく泡モノのガス抜けが1本とブショネが1本。
きっとヤギのせいです。大殺界・・・。
でもこの2本がお客様の手に渡らなかったことを考えれば、逆に大吉ですね。
それにしてもこのブショネ。なんとか未然に取り除くことは出来ないものでしょうか。
検品の際、僅かな異臭を検知する機械をぜひとも誰かに開発して頂きたいものです。今こそ日本のテクノロジーと町工場の技術を世界に知らしめる時です!
あるいは空港や税関で麻薬を見つけ出す「麻薬犬」みたいに、訓練された犬がくんくんブショネを探し出す「ブショネ犬」なんてのも可能性ありなのではないでしょうか。密封された麻薬を嗅ぎ分けるのですから、キャップシールの下のコルク臭なんて余裕で嗅ぎ分けそうに思えます。どんなに訓練してもヤギには無理そうですけど・・・。
さて、そんな波乱の勉強会からの1本はシャトー ラグランジュ’04

まだ若いなりにグランヴァンの「格」を見せつけつつ「あぁ、おいしいなぁ・・・」と飲ませてしまう、磨かれた香りと味わい。
必要なもの全てがギュッと詰まっていながら、雑味というものが全く感じられません。洗練されつつも「ボルドー」に求めるオマージュを満たしてくれる古典的「ツボ」をしっかり押さえたスタイルに、この先長い熟成を経ての成長ぶりを期待させます。
とても正直な理由とは思えない価格高騰を続けるボルドーグランヴァンにあって、それでも購入する価値があるであろう¥4,980。20日からの9周年セールに60本入荷です。
やっぱりボルドー、ウメェ〜〜〜!

2008年1月15日

1/14
東京は寒いです。凄く寒いです。どうやらまた、違った風邪をひっかけてしまったようです。


P1090982.JPG

1本目 ボデガ リュルトン ホワイト 2007 ¥850
新しいヴィンテージに切り替わりました。シュナンブラン、トロンテス、トカイフルミントのブレンド。フレッシュな独特の果実味。ちょっとヴィオニエっぽい感じがあります。トロンテスの甘い香りがなせる業だと思います。おいしい!

2本目 ボデガ リュルトンレッド 2004 ¥850
こちらは古いヴィンテージ。このワインのニックネームは、ティエラ デル フュエゴ(スペイン語で「火の土地」の意) というのですが、新しいヴィンテージから、商標権の関係で、この呼称が使えなくなったそうです。ラベルの写真をよく見ると、新しいヴィンテージの白は、ランド オブ ファイア と英語になっています。でも見た目のデザインはそっくり。うまく誤魔化した、あ、いや、すぐれたデザインですね。味は美味しいです。

Jan. 14
It was very cold in Tokyo. I probably caught an another cold.

1st Bodega Lurton White 2007 850 yen
The vintage of this Argentina white has switched to 2007. I love this very charming fresh fruits. I think the flavor is something similar with Viognier. It is a very good wine !

2nd Bodega Lurton Red 2004 850 yen
The vintage of red is still old one. You probably have not found that the word on the label, a nickname of the wine, has changed from new vintage. "Land of Fire" is on the new one. "Tierra del Fuego" is on the old one. Both words means same. Both design of the word is very similar with. The taste is very good.

2008年1月14日

1/13(日)
くもり→晴れ。

お店正面のガラスにロールスクリーンを取り付けました。
控えめに言って、かなり大変な作業でした。
カーヴドリラックスの天井は石膏ボードなので、ネジや釘の類は利きません。結構な大きさのスクリーンなので、所謂アンカーのようなものでぶら下げるのも不安があり、天井裏から固定することにしました。
天井裏によじ登るにあたって・・・

かなり怪しいです。
天井裏はこんな感じ。

写真で見ると割と広そうですが、実際によじ登ってみると、かなり窮屈なのと配線やらの障害物。溜まったホコリがホテルのカーペットのようです。
よじ登ったことを後悔しましたが「簡単です、まかせて下さい。」と大見得切った手前、後には引けません。
しゃがんだ状態で梁から梁へと歩を進め、懐中電灯の灯りを頼りに金具を梁に固定しました。
天井裏を脱出し、梁に取り付けた金具とロールスクリーンのアジャスターを結合すれば準備完了。

あとはロールスクリーン本体をカチッと取り付ければ完成。

ふぅ〜、良くできました。

続きをみる

2008年1月13日

1/12
特記事項なし。健康が一番。。


P1090980.JPG

1本目 ロス コンデス ブランコ 2006 ¥1200
調布パルコ・ヴィーノメルカートさんで購入。スペイン・カタルーニャ産のすっきりとしたフルーティーな白。いわゆる味のないおいしいワインです。なにも考えずにグビっと飲めるのが良いですね。

2本目 ノストラーダ ガルナッチャ 2006 ¥750
これもスペイン産。ベーシックな味わい。ラベルなし。果実味たっぷりでおいしい。


Jan. 12
Nothing special. The most important thing is a health.

1st Los Condes Blanco 2006 1200 yen
It is a clean white wine made in Catalonia, Spain. I think it is a basic style of Catalonia, fresh and fruity, easy to drink.

2nd Nostrada Garnacha 2006 750 yen
It is also a basic style of Spanish wine, fruity and very good balanced. It sells well very much.

2008年1月13日

1/12(土)
雨→くもり。

せっかく子年なので、トイレの手拭いをねずみ柄にしてみました。

かわいいと思えばかわいいのですが、ちょっとたくさんいすぎな気がしないでもないです。
でも白いねずみは金運の神、大黒天の使いとも言われますから、これだけいればドラえもん貯金箱の貯まり具合も違ってくるかも知れません。ドラえもんがこの手ぬぐい見たら卒倒しそうだけど。

続きをみる

2008年1月13日

1月ある日の晩御飯。

y080110.jpg

豆乳鍋。
具は、ゴボウ、白菜、もやし、椎茸、油揚げ、鶏胸肉、とシンプルなお鍋ですが、色々なダシが出ておいしゅうございました♪
ワインはまたしてもこちら
オリオール・ロッセール キュヴェ・エスペショネル
Oriol Rosell Brut Cuvee Especial

実は年末にケース買いしてしまいました
冷蔵庫に常備してると、ついついあけてしまいます。
すっきりミネラル感もあり、バランスよくておいし〜!

2008年1月12日

h080112.jpg


腰の方ですが、おかげさまで驚異的な回復をみせています。歩くことは大丈夫。早歩きも大丈夫。階段も大丈夫。イナバの物置は100人乗っても大丈夫。でも重いものの持ち運びや、腰を曲げるという行為は自殺行為ですね。。大事にします。。。

続きをみる

2008年1月12日

k080111%20jlassare.jpg


1月ある日の晩ご飯。ワインは、J.ラサール キュヴェ・プレフェランス・プルミエ・クリュ・ブリュット ¥3900。お食事は、菜の花の瞬間蒸し、ホタテのカルパッチョ、ホッケ、冷奴、短冊切り山芋の小鉢。
なんだかとっても気分が晴れなかった日。「今日を良い日にするために」急遽お気に入りのシャンパーニュを開けました。そんなつもりじゃなかったから、ビールのつもりでホッケを焼いていました・・・。オイシイシャンパンで癒されたのもつかの間。なんと・・・

続きをみる

2008年1月12日

1/11
早いもので、1月も中旬。


P1090979.JPG


1本目シャトー ピュリニー モンラッシェ ブルゴーニュ クロデュシャトー 2004 ¥2800
これは、すごくおいしい。文句なし。。 まるでピュリニー。

2本目 ドメーヌ フェヴレイ フルーリー 2005 ¥2400
調布パルコのワインショップ、ヴィーノ・メルカートさんで購入。へえー、フェヴレイって、ボジョレーのフルーリーに自家ブドウ園を持ってるんですね。知らなかった。おっと、これ、すげー、おいしいです。良質なマスカットベリーAをランクアップしたような感じです。なんとも愛らしい、くだものっぽさが口いっぱいに広がります。なんという見事な果実味なのでしょう。いやあ、これは美味しいなあ。。。これ、わたし、どんぴしゃ。菅井さん、これ抜群に美味しいですね。


Jan. 11

1st Chateau Puligny-Montrachet Bourgogne Clos du Chateau 2004 2800 yen
It is really, really great. It is a AOC Bourgogne but like a Puligny-Montrachet.

2nd Domaine Faiverey Freulie 2005 2400 yen
I bought this Cru Beaujolais at Vino Mercato in Chofu Parco, a fine wine shop in Tama, Tokyo. I did not know Faiverey has its own vineyards in Cru Beaujolais. I was amazed a lot at the quality of the wine, so nice, so great. I love the huge volume of the fine-elegant-charming fruits taste. It is really delicious. Thank you very much for Ms. Sugai who is the buyer & manager of the shop, recommended me this wonderful wine.

2008年1月12日

1/11(金)
晴れ。
「晴れ」の画像なし。
今朝は地下鉄がつかえていて、止まったり進んだり。ギリギリの時間になってしまい、空を見上げている余裕がありませんでした。
昨日のブログでオンナのヒトの買い物に対する集中力に触れましたが、ヤギの買い物に対する集中力の無さも特筆に価します。
暗い所での撮影用にデジカメの三脚を買いました。畳めばポケットに入るコンパクトサイズで

伸ばすとこんな感じに。

勢い勇んでデジカメに装着してみると・・・

あれ?タコ??火星人???
ヤギのデジカメは三脚を取り付けるネジ穴が、普通に思いつく下部ではなく、側面についていて、当たり前に取り付けると縦アングルしか撮影できません。
一応、横にすることもできるのですが、当然バランスをとれず、コテッ・・・

買う時もポケットにはデジカメが入っていたのだから、ちょっと確認すれば僅かの想像力をもってすぐに気付くことなんですけど。大きさとかデザインとかにすっかり気を取られていて、肝心なところが役立たずなモノを往々にして買ってしまいます。ダメェ〜〜〜・・・

続きをみる

2008年1月11日

1/10(木)
晴れ。

連休2日目。
9:00AM 起床。
11:30AM パートに出かける奥さんを見送った後、植物の水やりとアイロンがけ。
1:00PM 近所のホームセンターへ。店の入り口にロールスクリーンを取り付ける為の金具を購入。ついでに園芸コーナー。春になったら植え替えようと思っていたオリーヴの鉢も買っちゃいました。春はまだ先ですけど・・・

ホームセンターの帰り道、道端の花。

2:00PM カーヴドリラックス。連休になのでやっておいたつもりの仕事にボロが発覚。ちょっとだけ仕事。ついでにブログ。
3:30PM 銀座線と丸の内線を乗り継いで新宿へ。
4:00PM 先に買い物をすませているはずの奥さんに電話。「えっ、これから買い物?」
仕方なく、靴をながめたり、皿をながめたり、ネクタイをながめたり、包丁をながめたりしてひとりで時間つぶし。
6:00PM やっと携帯が鳴りました。「ごめん、おそくなっちゃって」「ぜんぜん」オンナのヒトが買い物に向かう集中力ってすごいです。
7:00PM 板橋到着。今日はヤギが晩ご飯当番。鍋がメイン。鍋らくちん♪

続きをみる

2008年1月11日

1/9
やっとこさ、完全復活しました。今年は、突然胃がシクシク痛んで食欲がなくなり、激しくお腹を下す風邪が流行ってるらしいです。
で、お食事当番。

イカ刺、生牡蠣と焼牡蠣、温野菜サラダ


P1090971.JPG


P1090972.JPG

チキン・エビ・牡蠣のサフランドリア。

P1090975.JPG

すごくおいしい。 健康が一番ですね。


P1090977.JPG


1本目 デュブルイユ・フォンテーヌ ブルゴーニュ 2005 ¥2100
コルトンの隣村、ペルナン・ベルジュレスのドメーヌですね。いいワインのようですが、なにしろ硬いです。すべての味わいが閉じているようです。これは、もう少し待った方がよさそうです。

2本目 マルキドボーラン カベルネソーヴィニヨン 2006 ¥700
いやあ、おいしい。ブルゴーニュのあとに飲んでも、全然問題ありません。いやむしろ、おいしい?マルキドボーランは昨年のワイナリー・チェンジで赤ワインの品質が著しく向上していると思います。ぜひ、みなさんもお試しあれ。超売れています。あ、そうだ、年末に異常に売れていま欠品中でした。もう船は着いてますので、あと10日くらい待ってください。


Jan. 9
I have come back from a sick. I cooked dinner today.

Oysters, Ikasashi, Vegetables and Chicken & Seafood Doria. Very good.

1st Dubreuil-Fontaine Bourgogne Chardonnay 2005 2100 yen
Dubreuil-Fontaine is a small "Donaine" winery in Pernand-Vergelesses, a small village located next Corton.
It is probably very good wine but It is maybe too young to find any particularly taste for me. I think we should wait for a while.

2nd Marquis de Beau Rond Cabernet Sauvignon 2006 700 yen
It's so delicious. It is no problem after drinking fine white wine, or this red might be better ?
After switch the winery that produce this our private brand, the quality of red wines (Cabernet, Merlot and Syrah) has got be far better. Because of the crazy sales of the wines on the end of last year, it is out of stock now. The new arrivals are expected very soon.

2008年1月10日

1/9(水)
くもり→晴れ。

今日から2連休。
午後になって日が射してきたので散歩に出かけました。
風がなく穏やかなお天気。
猫遭遇率がいつもの5割り増し。こういう陽気の日はとびだし注意です?




極道ネコ・・・「おう、兄さん何か用かい?」
常々自分はイヌ科だと思って思っているのですが、路地裏散歩がたまらなく好きなあたりはネコ科です。初めての細い路地に行き当たると、もうワクワクしちゃいます。
卒業を前にして大学を一年休学。漬物石みたいに重たいカメラと、リュックに詰まるだけのモノクロームフィルムを詰めてフランスへ行ったのも、見たことのない路地への憧れが後押ししてのことでした。



続きをみる

2008年1月 9日

1/8
某新年会にて、聖跡桜丘のエルダンジュさん。新年は今日から営業開始とのことで、新春ディナー客、第一号の栄誉。
話に夢中で、画像少なく、ワインの画像も取り忘れました。そういえば病み上がりで4日ぶりの、きちんとしたお食事。
豊嶋シェフのお料理はいつもながら抜群においしいです。


P1090942.JPG


P1090943.JPG


P1090946.JPG


ワインはいつになく控えめ。
マネージャーの中山さんが、「内藤さん、今日は本当に飲みませんね。」と、驚いていました。
って、いってもボトル一本くらいは飲みましたよね。
いつも、わたしってば、ここで、そんなに、飲んでましたっけ??


パイパーエイドシック
ド・ヴィレーヌ ブルゴーニュ レクルー 2005
ムーランドラ ガルデット ジゴンダス キュヴェ ゾエ 1998 (BYO)


Jan. 8

I joined some dinner party at Ailes Dange in Seiseki-Sakuragaoka.
I enjoyed a big dinner first time in the new year.
I tried hard to have the dinner and forgot to take a picture for wines we drank.
It was a really wonderful dinner tonight.

Piper- Heidsieck Brut
De Villaine Bourgogne Cote Chalonnaise Les Clou 2005
Moulin de la Garedette Cuvee Zoe 1998

2008年1月 9日

1/7
病み上がりながら、ままなか氏のギックゴシゴシにより、店舗終了までがんばって勤務。帰宅後、湯豆腐にちょっとだけワインを飲もうとボデガリュルトン 白 2005年 (¥850)。このヴィンテージはこれが最後の1本。店頭はすでに2007年に切り替わっています。まろやかな熟成でおいぴい。半分だけ飲むつもりでしたが、半分より、も少し飲みました。



P1090966.JPG


Jan. 7
I have got be better. I tried to drink wine first time in these three days. I was going to drink a half of bottle but I drank slightly more.

Bodega Lurton White 2005 850 yen
It is the last one of the vintage at my shop. We sell 2007 vintage now. I like this very mild mature. Very good.

2008年1月 9日

きましたきました。やってきました。
お初、よくないニュースが。とってもよくないニュースが。腰です。そう僕、腰痛持ちでしたが、ついにその爆弾に引火したようです。その爆発は突然やってきました。近頃やや痛い傾向にありましたが、いつもの通りでこの調子なら温かくなってきた頃に治るだろうとふんでいた・・それがです、突然やつはやってきたのです。その日の夕方頃痛みが強くなり、寝ているときも痛くて寝返りさえできません。腰に枕を・・これがさらに悪化させたようです。翌日は歩行困難。それでもなんとか仕事場につきましたがダメ。すぐさま病院へ。結果、『分離すべり症』たる症状をおこしていました・・・・

続きをみる

2008年1月 8日

1/7(月)
晴れ→くもり。

裏庭のネコヤナギが膨らんできました。
「煮込みたい」衝動に駆られ、カレーをつくりました。
牛すじカレーです。
材料は・・・
牛すじ:1kg
タマネギ:中6個
ニンニク:ひとかけ
しょうが:にんにくと同じくらい
トマト缶:1缶
トマトペースト:大さじ1
りんご:1/4個
蜂蜜:小さじ1
カレー粉:大さじ4〜5
赤ワイン:750cc
鶏がらと野菜のだし汁:300cc(市販のコンソメで代用可)
ブーケガルニ

続きをみる

2008年1月 8日

1/6(日)
晴れ。
さて、この物体はなんでしょう?

カーヴドリラックスのご近所、新日本石油本社ビルの前には、外堀通りと日比谷通りの交差点を見つめるプロメテウス像が立っています。
写真は松明に灯された「火」。
ギリシャ神話でプロメテウスがこっそりと人間に与える為に太陽から持ってきた「火」です。

続きをみる

2008年1月 7日

1/5

午後、直輸入ワインの初荷を大量に下ろしたあとなんだか気分が悪くなり、激しい倦怠感を感じながら帰宅後、吐き気、酷い腹痛、悪寒、発熱に襲われダウン。もちろんワインも食事もいっさい受け付けらませんでした。七転八倒。年末の無理がでたのでしょうか?



I had a terrible stomachache. Of course, I couldn't eat nor drink.


1/6

昨夜はとても酷いめにあいましたが、今日になってだいぶ良くなりました。

でも、今日は一日安静にしてました。

昼にやっと雑炊、夜は納豆ご飯一杯で、休肝日。



I got be better. But I did nothing to do today. No wine day.

2008年1月 6日

%A3%EB080102-shougatu-awa.jpg

1月2日の晩ご飯。ワインの1本目は、ピエール ジモネ エクストラブリュット エノフィル 1998。一皿目は、チーズ・イクラ・キャビア?の盛合わせ、平目・鯛・鰤のお刺身盛合わせ。

続きをみる

2008年1月 6日

皆様、あけましておめでとうございます。
本年もカーヴドリラックスを宜しくお願い申し上げます。

さて、年末年始と、美食・飽食三昧で過ごしてしまいました。。
3が日も終わったので、野菜中心の食事に戻したいと思います。

小松菜のキムチ風味和え

y080105komatsuna.jpg

ザーサイスープ
(元スタッフ・旧姓浅木さんのレシピを元にしたスープ)

y080105soup.jpg

野菜たっぷりの焼きうどん

y080105udon.jpg

ワインも、連日自分としてはフンパツした「いいワイン」をあけてしまいました。。
そんな日が続くと、普通のワインが飲みたいと体が言っていますが、そうはいってもお正月なので、あんまり安いワインは気分でない。その結果、こちらのワインになりました。(←ペログビ風)
オリオール・ロッセール キュヴェ・エスペショネル
Oriol Rosell Brut Cuvee Especial

ウチの同居人も「オリオールはおいしいから好き」と言ってます。安いけど、うまい!バランスの取れた味わいです。

さて、「正月の飽食」といえば、アノ人・・。
ハラペコ日記で驚愕のお正月食事風景が公開されるのでしょうか・・?

2008年1月 6日

1/5(土)
曇り→晴れ

さて、ドラえもん貯金箱。

めでたく頭のてっぺんまで小銭が貯まれば、そのまま銀行へ持って行きます。
世知辛い昨今、両替するのも結構な手数料がかかります。で、賢い方法は、窓口で自分の口座に入金してもらう、です。
金額は空欄のお預け入れ用紙とドラえもんを、順番がきたらおもむろに差し出します。
窓口のお姉さん、リアクションは様々です。
「あら、ドラえもん」てな感じで、にこやかに受け取ってくれる優しいお姉さん。
「お子様の貯金ですね」的な卒の無い対応のお姉さん。
ほんの一瞬怯みつつ、「こんなドラえもん見なれてるわ」てな感じで、ビジネスライクに入金作業をする、多分冷え性なお姉さん。静まり返った、昼下がりの銀行にじゃらじゃら響き渡るコインカウンターをじっと見つめるクールな横顔がステキです。
普段大金を見慣れたお姉さん達ですが、ドラえもんから出てくるたかが知れた金額に丁寧な対応をしてくれます。
一見無愛想な銀行の、ATMにはない人間味を垣間見る感じがします。「さいごはやっぱりひとのこころがたいせつなんだよ」とドラえもんが教えてくれます。

続きをみる

2008年1月 5日

1/4 (金)
晴れ。

今年は子年。
ネズミと言えばドラえもん。
我が家のドラえもんは貯金箱、ユニクロのコラボTシャツのおまけです。

一日を終えて、お財布にある100円未満の小銭をドラえもんに入れるのがささやかな楽しみです。
貯金の出だしは好調に貯まるのですが、中盤以降なかなか目に見えて貯まりません。なぜならドラえもんは頭が大きい!そんなドラえもんパラドクスを乗り越えて頭のてっぺんまでがんばると、好きなネタと好きな地酒で思う存分寿司が食べらるくらい貯まります。
今回もいい感じ貯まってきました。寿司も良いけど、よっしーの庭、千葉の岬まで菜の花を見に行く日帰り旅行なんてのも楽しそうです。う〜ん、楽しみ♪
ところで、ドラえもん。”ドラ”がカタカナ、”えもん”はひらがなですが、「どらえもん」と打ち込んで変換すると、ちゃんと「ドラえもん」になります。
さすがドラえもん。
さて、今日のワイン。ムーラン ド デュアール ’04 ¥3,200。
シャトー デュアールミロンのセカンドラベルです。

若いが落ち着きのある濃い色調。
丸みがあり、大きく広がる期待通りに「ポーヤック的」な香り。
香りのイメージ通り、丸みのある口当たり、中盤は良く熟したタンニンも感じさせ充実した味わい。若いなりに余韻も伸びる。
セカンドラベルとしての早飲みスタイルでありながら、ラフィットの血統がしっかりと感じ取れる隙の無い仕上がり。グランヴァンに足を踏み入れたプライスながら、ケチのつけどころが見当らないさすがの一本。
こりゃ〜春から縁起がイイやぁ。ウメェェェ〜〜〜!

2008年1月 5日

1/4
毎年カーヴドリラックスの仕事始めは、早朝から棚卸しでスタート。今年もよろしくお願いします。


P1090936.JPG

1本目 トートワーズクリーク シャルドネ ヴィオニエ 2006 ¥1100
ずっと欠品中だったこのワイン、やっと再入荷しました。ひさしぶりの普通のワイン。溌剌とした果実味と酸味が心地よいです。とっても、おいぴい! そう、そう、こういうワインが飲みたかったのよ。

2本目 アラルディカ ピエモンテ バルベーラ 2005 ¥900
そう、そう、こういうワインが飲みたかったのよ。このシンプルで穏やかなフルーツの風味、きれいに伸びる酸。すいすい飲める口当たりのよさ。ああ、普通のワインっておいぴいなああああ。


Jan. 4
It is the first day of our business in 2008. At first, we made an inventory in the early morning.

1st Tortoise Creek Chardonnay-Viognier 2006 1100 yen
I had been out of stock for a while. We received this new lot last month. I am happy that I have drunk this kind of ordinary wine first time in the new year. I love this tender taste. It was really nice. I love daily wine !

2nd Araldica Piemonte Barbera 2005 900 yen
I have been wanting to drink such kind of normal wine. This is really nice. I love the style, simple-clean-fresh fruits and acidity.
It is really easy to drink. I am so happy. A happy new year !

2008年1月 5日

開けましてお目出とうございます!!今年も宜しくお願いし鱒!!!!
・・誤変換でご無礼申し上げます・・


さてさて、私ままなかは今年も昨年同様、年末年始は『24』で過ごしました。29日〜1月3日までの間、6日間はあっという間に過ぎ去りました。充実したようなしないようなしたようなしないような、ふわふわとしたのんびりとした時間を過ごしました。その中でも、おおぉ!っと叫びたくなるほどのドキんした日がありました。それは十数年ぶりとなる親兄弟との初詣での出来事。お参りをした後、境内を散策中、なんと地に二千年札が落ちているではないか!!!さてあなたならどうする!!!???とりあえず僕はその二千円札を拾いました。内に収めるか届け出るか、拾ってからの数十秒間、心の迷い、葛藤が。。。神社の外ならね・・そのままポケットに・・でも神社です。場所が場所。そりゃーバチが当たるってもんです。25秒ぐらいでしょうかね心の迷いは・・でも良心に返り、速やかに神子さんに返したのでした。

お金を拾うという行為自体、最近ない事ですが、まさか神社で拾うとはね。しかも二千円札。。。
今年一年いいことがありますように!お金を返した後、ふたたび両手を合わせて祈願したのでした。

2008年1月 4日

1/3
毎年恒例の箱根駅伝の応援は、諸事情により今年に限ってテレビ観戦となりました。

P1090934.JPG

1本目 エステザルグ テラヴィティス コート デュ ローヌ ブラン 2006 ¥1150
年末年始は、なんやかやと高級ワインを飲む機会が多く、普通のワインが飲みたいと体が言っていますが、そうはいってもお正月なので、あんまり安いワインは気分でない。その結果、こちらのワインになりました。まったりとした密度の濃い味わい。こりゃ、高級ワインの味ですね。


2本目 エステザルグ テラヴィティス コート デュ ローヌ ヴィラージュ プレミアム 2006 ¥1680
濃厚かつ、気品あふれるエレガントな味わい。バランスも大変良く、これは完全に高級ワインの味わい。とても美味しいのですが、いい加減、安いワインが飲みたい。。


Jan. 3
I have a lot of opportunities to drink fine wines in the holidays. Of course, I like fine wines very much but I want to drink ordinary wines.

1st Estezargues Terra Vitis Cotes du Rhone 2006 1150 yen
The price of this white is ordinary range but quality is similar with fine-expensive wine. It has a very good density fruits and lot of minerals.

2nd Estezargues Terra Vitis Cotes du Rhone Villages Signargues 2006 1680 yen
This organic red wine has really elegant and concentrated fruits. It is a real fine wine. It's so delicious. I am getting to want to drink cheap wine.

2008年1月 4日

明けましておめでとうございます。

栃木県・黒磯のお正月は晴れ。

時折り、那須連山から風が運んできた小雪が舞い散ります。
元旦の朝、おり込み広告でルクルーゼの福袋を発見。定価の半額につられて、散歩がてら近所のスーパーまで出かけてみました。
中身が分かる福袋で、鍋やココットなどいろいろ入っているのですが微妙に今使っているものとかぶります。確かに安いのですが、必要ないものも入っているし・・・。あれば使うかもしれないけど、無くても困らないし・・・。
去年までのヤギは、あとで後悔するのはいやなので、迷ったら買う、がモットーだったのですが今年は違いました。
「安いからほしい」ほしいのではなく「必要だからほしい」じゃなくちゃいけない。うん、買うのやぁめた。
一緒に出かけた奥さんにえらいね、と褒めてもらいました。一年の計は元旦にあり、今年のヤギはひと味違います。

父親の手打ちそば、ウメェ〜〜〜!食への飽くなき探究心・・・血は争えません。
栃木から奥さんの実家、群馬県・馬庭へ。群馬も晴れ。お正月の空に浮かぶ高崎ダルマ・・・。

庭先でみかん狩り。

採りたてみかん、ウメェ〜〜〜!

続きをみる

2008年1月 3日

1/2


P1090919.JPG

南アフリカから来日中の、スタークコンデ・ワインズのホセ・コンデ一家を我が家のお正月にお招きしました。

P1090921.JPG


おせちにラザニア、メインは鴨鍋。


P1090914.JPG


P1090920.JPG

子供たちは、とっとと町田へお買い物。
明日には帰国するのですが、大人の都合であっちこっち連れまわされて、ろくに買い物をする時間もなかったらしい。

大人は当然、昼からワイン。


P1090930.JPG


ジャックピカール ブリュット
ピヒラー グリューナー フェルトリーナ フォン デン テラッセン スマラクト 2003
シャトー ベイシュヴェル 2000
ムーラン ドラ ガルデット ジゴンダス キュヴェ ゾエ 1998
コンデ カベルネソーヴィニヨン 2002


さすがはお正月。我が家らしからぬ高級ワインばかりですね。みな素晴らしいワインでした。
中でもコンデのカベルネ2002年は難しい年だったため販売をしなかった幻のワイン。
わずかひと樽だけ仕込んだ中の1本。内藤家のセラーで寝かしてました。これが実に素晴らしい熟成。ホセもびっくり。


明日は南アフリカへ帰国です。長い道中お気をつけて。


Jan 2
I invited Mr. Jose Conde and his family to my home today.
He is the owner of Stark-Conde Wines in South Africa and staying in Japan during his Christmas holidays.
We had Osechi, a Japanese traditional dishes to celebrate a new year, Lasagna and Kamo-nabe.
After lunch, children went to shopping to Machida. They have stayed in Japan two weeks but they could not have shopping time enough because they were taken to a lot of place by adults.

Adults continued to drink wine, Of course.

Jacques Picard Brut
Pichler Gruner Veltliner Smaragd Von Den Terrassen 2003
Chateau Beychevelle 2000
Moulin de la Garedette Cuvee Zoe 1998
Conde Cabernet Sauvignon 2002

All wines were outstanding. Especially, Conde Cabernet Sauvignon 2002 is not for sale vintage because of a difficult year. Only few bottles were produced for family use.
This bottle is one of them has kept at my seller. It was really wonderful wine, amazing good mature !

Thank you very much for coming my home. Take care for a long trip to Cape Town tomorrow.

2008年1月 2日

1/1
あけましておめでとうございます。
このペログビワイン日記は、2001年1月12日にスタートしました。今日から足掛け8年目に入ります。まあ、よくもまあ、こんなくだらない日記を毎日飽きずに書いているものです。自分であきれます。初めからずっと読んでくれている人もいるらしい。ご苦労様です。

P1090911.JPG


今年も新潟・白龍酒造の吟醸生原酒賀正ラベルが届きました。おいしいです!やはり日本酒はしぼりたてが一番です。白井さん、いつもすみません。ありがとうございます。

P1090913.JPG


1本目 ルバイヤート甲州樽貯蔵 2006
最近、元旦は日本のワイン。勝沼町産ブドウで仕込んだ1487本限定の稀少品。ワイナリーの大村社長からの頂き物です。豊かな果実の味わいとリッチな樽の風味がベストマッチです。うーむ、おいぴい。

2本目 ルバイヤート メルロー 2004
塩尻産のメルローで仕込んだ3276本限定醸造。これも大村社長からの頂き物です。豊かな果実味と穏やかで気品のある酸味、日本の良いメルローらしいちょっとスモーキーなニュアンスが絶妙。おいしいなあああああ。

どうぞ本年もよろしくお願いいたします。


Jan. 1
A Happy New Year !

This stupid diary started January 2001 in Japanese and also started January 2004 in English.
I am surprised that I have been writing the stupid diary for long time.

As usual, I received a fine sake from Hakuryu-Shuzo in Niigata today. Thank you very much for Shirai-san, the owner of the sake brewery.

1st Rubaiyat Koshu Barrel Aged 2006
Recently, I always drink a Japanese wine on 1st January. This very fine Koshu was gifted by Mr. Omura, the owner of the Rubaiyat winery. It is produced only 1487 bottles. I love this soft and mild touch very much ! Delicious !

2nd Rubaiyat Koshu Barrel Aged 2006
This fine Japanese Merlot is produced only 3276 bottles. I love this rich and elegant fruits. A slightly smoky nuance gives wine a deep taste. It was very good balanced.
Delicious !



▲ このページの先頭へ