菊池のハラペコ日記

2009年1月13日

SA3D0035.JPG
2008年12月ある日のランチ。渋谷・セルリアンタワー内の某★フレンチにて。

続きをみる

2009年1月12日

k081224-lamiable.jpg

2008年クリスマスイヴの晩ご飯。ワインは、ラミアブル キュヴェ・レ・メレーヌ・ブラン・ド・ノワール 2004。お食事は、ズワイガニのトマトクリームパスタ、サーモンのソテー・バルサミコソース、ホワイトマッシュルームのサラダ。

続きをみる

2009年1月 8日

2008年12月ある日のディナー。大井町 ポットリーさんで、ちょっと遅めのクリスマスディナー。ワインは、J ラサール キュヴェ アンジェリーヌ ブリュット NV 、VIADER RED 1997を持参。

k081227wine.jpg

続きをみる

2009年1月 7日

k0102sasimi.JPG


さぼりまくっていた日記ですが、お正月より巻き戻しでちょこちょこアップしていきます。

2009年1月2日の晩ご飯。ワインは、ピエール ジモネ エ フィス ブリュット1erクリュ フルーロン 2000と
クリストフ ブリチェック モレサンドニ プルミエクリュ キュヴェ デュ パプ ジャン ポール2世 2005.お食事は、お刺身盛合わせ(鯛・平目&縁側も!・鰤)、レンコンのサラダ、サザエのエスカルゴ風、うにのクリームパスタ。

続きをみる

2008年11月 3日

k081022%20ducenature%20ch.jpg

10月ある日の晩御飯。ワインは、ドゥース・ナチュール シャルドネ 2006 ¥1380。お食事は、カブのアンチョビソテー、大豆ときゅうりのサラダ。ワインは、南仏の新商品。ビオロジックらしい、とっても透明感のある優しい味わい。ヒラメキの庶民派天才シェフ・人見さんが考案したカブのアンチョビソテーを早速試してみました。とってもおいしい!代打でレシピアップします!

【かぶのアンチョビソテー】
1、アンチョビをみじん切りにし、缶のオイルも全てフライパンに入れて弱火でじっくり火を通す。
(私はアンチョビペーストを使用し、オリーブオイルを足しました)
2、くし切りにしたカブを生のまま1のフライパンに入れて軽くソテー。
3、最後にブラックペッパーを振って完成。

○おまけ画像は・・・

続きをみる

2008年10月22日

k080929-flamingam-sb.jpg

9月ある日の晩ご飯。ワインは、フラミンガム ソーヴィニヨンブラン 07.お食事は、テイクアウトのお寿司、ベジタブルソテー、オクラと海草の冷奴、お味噌汁。ワインはニュージーランド・マルボロ。この地域のソーヴィニヨンブランは、時には攻撃的なくらいの青々としたツーンと突き抜けるような高い香りが特徴的ですが、このワインはその香りが比較的優しく、柑橘系の心地よい香りと清涼感のあるフレッシュな酸でペロッと飲み干してしまいました。お寿司にもぴったり!

2008年10月21日

k080902%20Emaina%20char.jpg

9月ある日の晩ご飯。ワインは、E&E Eマイナーシャルドネ2006 ¥1900.お食事は、ゴーヤのワタのピカタ、ゴーヤの塩ナムル、トマトのせ冷奴、キンピラゴボウ、おくらの生姜マリネ、カボチャのガーリック風味。メインディッシュがなかったので、ちょこちょこ作っていたら居酒屋ばりのお惣菜が並んでしまいました。
ワインは、オーストラリア・バロッサヴァレーの白。オーストラリアでは珍しい、協同組合で栽培、醸造まで手掛けています。軽やかで、爽やかなシトラス系の清涼感のあるシャルドネ。オークのニュアンスはほとんど感じられず、クリーンでフルーツのアロマが前面に出るタイプ。

【カボチャのガーリック風味】
1、適当なサイズに切ったカボチャを少し水を足してラップしてレンジでチン。
2、醤油、ミリン、砂糖各大匙1とすりおろしニンニク(お好みで適量)をまぜたものとカボチャを和えて、更にレンジで1分程加熱。
3、ゴマを散らして完成!

2008年10月20日

k080830%20sunsett%20sb.jpg

9月ある休日のブランチ。ワインは、サンセット・ロード ソーヴィニヨン・ブラン 2007 ¥1250.お食事は、初めて挑戦した自家製ジェノベーゼ、細切りじゃがいものソテー カレー風味、まるごとシイタケのチーズ焼き、サラダ。ワシントンで作られる、果実味たっぷりのワイン。メロンやピーチを連想させる香りと果実の甘味たっぷりの味わいで、一般的なソーヴィニヨンブランのすっきりしたスタイルではなく、ボリュームあり。

【まるごとシイタケのチーズ焼き】
シイタケのカサにマヨネーズを少し、その上にとろけるチーズと白ゴマをのせ、オーブンで焼くだけ!

2008年10月19日

k080826%20robert.jpg


9月ある日の晩ご飯。ワインは、ドメーヌ・ド・ロベール ヴァン・ド・ペイ・ドック 2006 ¥1050.お食事は、蒸し茄子の中華風、冬瓜とひき肉の煮物、山盛りサラダ、大根と人参の煮物。ワインは、フレッシュな果実味でメルローよりサンソーのイメージが強め。安心して気軽に飲める自然派テラヴィティス。UPしないでぐずぐずしているうちに、すでに品切れでした。ごめんなさい。 おまけ画像は・・・

続きをみる

2008年10月16日

k080805%20spark.jpg

9月ある日の晩ご飯。ワインは、アッケルマン レミパニエ ソミュール ブリュット。お食事は、たっぷり野菜のトマトソースパスタ、ジャーマンポテト、チーズ入りグリーンサラダ。ロワールのスパークリングは、軽やかで優しい味わい。泡も軽め。オリオルのボリュームに慣れている私には、ちょっと物足りない・・・。



▲ このページの先頭へ